2219文庫


[新規スレッド作成]  [ホームに戻る]  [使い方]  [ワード検索]  [過去ログ閲覧]  [管理用]  [ケータイ用]
新規投稿はこの上のメニュー[新規スレッド作成]からどうぞ!  /  この掲示板は携帯からでもご利用出来ます。携帯用のアドレスは http://www.2219.net/m です。

告白体験BBS 「2219文庫」 へようこそ!

官拍ャ説作家志望の方や、趣味で官拍ャ説を書いている方。
もちろん現役プロの作家の方も大歓迎です。
「妻と勃起した男達」は、皆様のおかげで月間100万以上のアクセスがありますので、1行感想文もたくさん寄せられます。
勃起力&濡れ濡れ度満タンの力作をドンドン投稿してくださいね。

※男女書込可。
◇誹謗中傷、プライバシー侵害、宣伝等は厳禁です。
◇その他、留意事項を守って楽しくご利用ください。

お知らせ
この掲示板は携帯からでもご利用出来るスグレモノです。
携帯用のアドレスは http://www.2219.net/m です。
妻と勃起した男達では、3P・乱交チャットと2ショットを除き、ほぼ全てのメニューが携帯から利用出来ます。
お出かけ先からでも「妻と勃起した男達」をどんどんご利用くださいませ。

- 新着スレッド -
25637:とある夫婦の愛のお話 / トラ (36)  21172:愛する優子 プロローグ / ダスティ・ローデス (20)  21238:愛する優子 初恋の終わり / ダスティ・ローデス (18)  21519:宇宙の果てで汚されて《それから…》 / アラン (16)  26439:熟毒玩味 / ライフシェア (60)  27057:トラウママゾ / 和也 (1)  26215:美少女の匂い / 霧積謙 (23)  27010:性感マッサージ / ケン (4)  26442:愛妻 / 修一郎 (12)  26771:2人旅行 / id ken◆BwmzwU (3)  26099:未亡人遊戯 / まきろん (40)  26428:刹那の瞬間 / 光 (1)  26405:昭和の田園風景 / 新田晋作 (4)  23061:現実なのか / ナカガワ (5)  26092:男の娘 / 勇気 (4)  25976:コンビニエンス物語 / 野々村 (60)  26084:倒錯と現実 / いぬっころ (2)  26007:海よりも深く / ヘンリー未羅 (1)  15344:嵌ってしまって・・・11 / 美和 (133)  15162:欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年 / ヒロ (198)  25650:異界の者 / 孝弘 (14)  23086:愛する優子 そのV / ダスティ・ローデス (2)  25663:人妻ヒロコさん No.1 / taka (7)  25555:年上妻の露出過去 / 良妻賢母と男爵方 (20)  17179:母娘ちゃんぽん? / やるお (76)  24577:ある日の美代子 / 最後のティッシュ (15)  24890:色は思案の外 / 最後のティッシュ (52)  25241:幸せです♪ / だめ嫁 (5)  24375:狙われた母 / スリル (111)  24682:腐れ縁(あぁ復活のキャンパスライフぅ♪編) / 琢己 (21)  23798:”Gスポット”vs”pスポット” / ディーン藤岡 (199)  24432:乱交 / 百合子◇i2VapE (19)  24680:昔話を思い出しながら・・・ / kaz (2)  24403:先生 / まきろん (3)  24347:女神は派遣社員 / 翔 (11)  22967:由里子の妄想OLライフ(奪還ぁん!編) / 琢己 (37)  24065:本能 / バサラ◆CgujzM (13)  19866:サインはH / セッター (55)  20871:スナックのママさんとNEO / 匿名 (13)  22277:五つ星の女 / 見城 大翔 (199) 

とある夫婦の愛のお話 - 現在のレスは36個、スゴイ人気のスレッドです! -

[1] スレッドオーナー: トラ :2018/02/15 (木) 02:22 ID:tRUE1fu. No.25637
はじめまして
トラと言います
まったくの素人ですが今回夫婦の愛について私なりに書いてみたいと思いチャレンジしてみようと投稿させていただきました
駄文も多いとは思いますがよろしければお付き合いください


[27] Re: とある夫婦の愛のお話  トラ :2019/01/25 (金) 16:59 ID:8Ve7z8TE No.26601
ある週末のことだった

幸太郎が仕事の知り合いを家に招きたいと絵理子にいってきたのだった

今までも会社の後輩を家に招いたことはあったが今回は後輩ではなく仕事先の知り合いだと言う

珍しいと思いながらも絵理子は旦那のためと思い酒宴の準備をしていた

そんな絵理子に幸太郎か声をかけてくる

幸太郎
「悪いな、急にこんな準備を頼んじゃって」

絵理子
「別にいいわよ、でも珍しいわね、どうしたの?」

幸太郎
「なに、仕事をうまくこなしていくためには酒の力も必要なのさ、特に家に招けば親密さが揚がるだろ」

絵理子
「まあね、でも次からはもっと早く教えてね」

幸太郎
「ごめんごめん、気を付けるよ」

そういうと幸太郎は部屋を出ていった




しばらくして絵理子の準備が終わった

絵理子
「さてと、もうそろそろね」

そろそろ客人の来る約束の時間だ

すると玄関の呼び鈴がなった

幸太郎が急いで玄関まで行き出迎える

幸太郎
「やぁいらっしゃい、どうぞあがって」

?
「お邪魔します」

客人は玄関を上がり部屋まではいってくる

?
「はじめまして、本日はありがとうございます」

絵理子
「はじめまして、いつも主人がお世話になっております、どうぞごゆっくりしていってくださいね」

絵理子は笑顔で客人を出迎えた


その客人とは誰なのか?

幸太郎
「達也くん、えんりょなくゆっくりしてくれよ」

幸太郎が言った

客人とは達也のことだったのだ

幸太郎
「そちらは彼女さんかな?」

幸太郎は達也の後ろにいる女性に声をかける

当然その女性とは美幸のことである

達也
「僕の彼女の美幸です、つれてきて大丈夫でしたか?」

幸太郎
「もちろんだよ、よろしくね美幸さん」

宗太郎も白々しく初対面を装っていた

美幸
「こちらこそよろしくお願いいたします、これつまらないものですが」

そういって美幸は手土産を手渡してきた

絵理子
「ありがとうございます、でもこんなに気を使わないでくださいね」

美幸
「いえいえ本当につまらないものですので」

女同士の社交辞令をかわす絵理子と美幸

今日の美幸は青い化粧ではなく普通だ

当然と言えば当然だがなぜか口紅だけはつけていなかった

幸太郎

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[28] Re: とある夫婦の愛のお話  :2019/02/01 (金) 15:52 ID:KWWxFw2M No.26645
楽しみにしておりました。
続きもお願いしたいです。


[29] Re: とある夫婦の愛のお話  トラ :2019/02/04 (月) 21:35 ID:wsOpk4Xg No.26668
誠さんありがとうございます
ゆっくりになりますがよろしくお願いします
ときどきメッセージいただけますと励みになります


[30] Re: とある夫婦の愛のお話  トラ :2019/02/24 (日) 13:14 ID:0efOZpvg No.26759
達也と美幸が帰ったあと

絵理子はキッチンで洗い物をしてきた

そんな絵理子を後ろから眺めている幸太郎

先程までの美幸とのプレイですっかり興奮していた幸太郎の股間はそそりたっていた

鼻歌を歌いながら洗い物をする絵理子


幸太郎はそんな絵理子を後ろから羽交い締めにした

絵理子
「きゃっ」

声をあげる絵理子

幸太郎
「いいだろ?」

そう言いながら幸太郎は自身の股間を絵理子に擦り付ける

絵理子
「ちょっと待って、今洗い物してるから」

幸太郎
「ダメだ、今すぐ俺の相手をしろ」

絵理子
「だめっおねがい」

そんなお願いを無視して絵理子の服を剥ぎ取る幸太郎

絵理子
「あっだめぇ」

幸太郎は無視して絵理子を裸にする

そして立ちバックの姿勢をとらせるとそそりたつ自身のぺニスを絵理子に挿入する

まだ濡れていない絵理子

絵理子
「いたいっだめ」

それでも構わず力を込める幸太郎

絵理子の膣はすぐに湿り気を持ち出した

快感ではない

自身の身体を守るために濡らしているのだ

ズポズポと絵理子の膣から幸太郎のぺニスが駆け抜けていく

絵理子
「だめっだめ」

絵理子は許しをこいながら犯されている

幸太郎
「いいぞっもっとだ…もっと泣け」

幸太郎にとっては絵理子の泣き声はスパイスとなっているのだ

絵理子
「お願い…やさしくしてぇ」

幸太郎
「うるさい…こんなに濡らしてなにいってるんだ」

絵理子
「ちがっそんなんじゃ」

もちろん幸太郎も絵理子が感じて濡れているわけではないのは分かっている

それどころか本当にやめてほしいのだろうということも理解していた

しかし興奮しすぎて止めることはできないのだ

幸太郎
「泣け、泣け…なけぇぇ」

サディズムが幸太郎を支配する

絵理子
「はぁはぁ…あっぁ」

多少ほぐれてきたのか絵理子の声が柔らかくなってくる

幸太郎
「こんな格好で犯され感じてるのか?」

絵理子
「あっちがあ…あっあっっあっ」

幸太郎
「声が変わってきたぞ、この淫乱が」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[31] Re: とある夫婦の愛のお話  トラ :2019/03/24 (日) 03:03 ID:qyNutMPw No.26941
数日後

幸太郎はお土産のケーキを手に持ちながら家へと向かっていた

理由はこの間のsexのお詫びだ

さすがに前回はひどいことをしてしまったと反省していたのだ

幸太郎
「お詫びがケーキとは我ながら芸がないものだ」

そう思いながらも他に思い付かずにいた

お詫びの言葉も考えていたが今更な気もしてどうしようか悩んでいた

幸太郎
「それにしても最近の俺は情緒不安定なんだろうか?」

やはり達也と美幸との関係から少しおかしくなっているのかもしれないと幸太郎は感じていた

まぁだからといって関係を切るつもりもないのだが

そうこう考えていると自宅についていた

幸太郎
「ただいまぁ」

幸太郎はなるべく普通に挨拶する

絵理子
「おかえりなさい」

絵理子が出迎える

あれから絵理子が不機嫌ということはなかった

次の日にはいたって普通だったのだ

そんなようすに幸太郎はホッとしたがそれでも内心は怒っているのではないかと不安だったのだ

幸太郎
「これおみやげ」

絵理子
「あら珍しいわね、どうしたの?」

幸太郎
「たまたま安かったからね 俺も食べたかったし」

絵理子
「ケーキよね、じゃああの子も呼んで来ましょう」

そう言って絵理子は部屋にいる娘を呼びに言った

しばらくして娘が降りてくる


「おかえりなさい」

幸太郎
「ただいま」

簡単に挨拶をすませる二人

最近はこれくらいしか会話がない

幸太郎
(無視されるよりかはましか)

そう思うことにした

そう思わないと寂しいからだ

そんな幸太郎の考えなど知らぬ存ぜぬで母親とはいたって普通に会話をする娘

幸太郎
(大人になったらまた普通に離してくれるんだろうか?)

今の態度が思春期なのは分かっているが不安を隠せない幸太郎だった





ケー子を食べ終わるとまたさっさと自分の部屋に戻ってしまう娘を見送り

幸太郎
「はぁ…」

とタメ息をつく幸太郎

絵理子
「どうしたの?」

幸太郎
「思春期なのはわかるんだけどな」

絵理子
「ああ、しょうがないでしょ…自分にも覚えがない? それにパパは忙しくてあまり家にもいないしね」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[32] Re: とある夫婦の愛のお話  トラ :2019/04/26 (金) 23:16 ID:zJEQB2JA No.27087
幸太郎が仕事をしていると携帯が鳴り出した


誰だと思いつつも携帯を覗いてみると達也からだった

電話に出たいとは思ったが仕事中だった幸太郎は電源を切り仕事に復帰した

しばらくは仕事に集中していた幸太郎だったがどうしても達也からの電話が気になりついにお得意様との打ち合わせと嘘をついて会社を出ていってしまったのだ

会社を出ると歩きながら達也の携帯にコールする幸太郎

達也はすぐに出た

達也
「もしもし」

幸太郎
「やぁ すまないねすぐに出れなくて」

達也
「いえいえ、お仕事中ですよね こちらこそすみません 今は大丈夫ですか?」

幸太郎
「あぁ 今は外出中だからね」

達也
「それはよかったですよ で、どうでしたか?あのあとは」

幸太郎
「あのあとっていうとこの間のかな?」

達也
「えぇ、こっちはあのあとすぐにホテルにいこうとしたんですけどね 美幸のやつが我慢できなくて近くの公園ではめてやりましたよ」

幸太郎
「すごいね、うちも僕が興奮してしまってね、妻をかなり無理やり抱いてしまって…しばらくは機嫌を直してもらえなかったよ」

達也
「それは大変でしたね でも楽しんでもらえたようで何よりですよ」

幸太郎
「そうだね、とてもいい時間だったよ」

達也
「どうですか?またしてみませんか?」

幸太郎
「したい気持ちはあるけど危険だからね、なかなかすぐには」

達也
「そうですね、でもしたい気持ちがあるならばするべきだとも思いますけど」

幸太郎
「それはもちろんだよ、少し時間をおいてじゃだめかな」

達也
「かまいませんよ、どうです?来月くらいなら」

幸太郎
「そうだね 来月なら大丈夫かな」

達也
「ではこちらもそのつもりでいますね」

幸太郎
「わかった」




達也との電話が終わり次回のことを考えている幸太郎は股間を膨らませていたのだった


[33] Re: とある夫婦の愛のお話  あしたか :2019/05/02 (木) 04:13 ID:9vipqzoI No.27091
奥様、どうなってしまうのでしょうか…
続き待望しております!

[34] Re: とある夫婦の愛のお話  ひろ :2019/05/11 (土) 06:59 ID:1.skAnU2 No.27097
その後の話をお願いします。

[35] Re: とある夫婦の愛のお話  トラ :2019/05/12 (日) 21:25 ID:diUC5k2U No.27098
あしたかさま ひろさまコメントありがとうございます

ゆっくりで申し訳ありません

少しずつでも頑張って更新しないとですよね


[36] Re: とある夫婦の愛のお話  トラ :2019/06/03 (月) 23:48 ID:W7lqZTYY No.27137
達也との約束の日

前回と同じように達也と美幸を家に迎え入れることになった幸太郎

絵理子も特にいやがる様子もなく受け入れていた

台所で料理の準備をする絵理子

テーブルの上には酒のつまみになりそうな料理が並んでいた

娘は友達の家に泊まりにいって不在だった

幸太郎にとっては都合がいい

準備が整った時…ちょうどよいタイミングで達也と美幸がやって来た

達也
「お邪魔します、すみませんね、前回に続いてまた」

幸太郎
「気にすることないさ、遠慮なくあがってくれ」

絵理子
「そうですよ、たいしたおもてなしはできませんけどゆっくりしていってください」

達也
「はい、失礼します」

美幸
「失礼します、奥様こちら大したものではないですけど」

絵理子
「あら、そんなに気を使わないでください」

美幸
「いえ、本当に気持ちばかりですので」

絵理子
「すみません、あら、このお店美味しいですよね 後でみんなでいただきましょう…さぁどうぞ上がってください」

美幸
「はい」

四人はリビングへと入っていく

達也
「わぁ…すごい料理ですね 奥さんのお料理美味しかったから楽しみにしてたんですよ」

美幸
「もう…達也さんはしたないですよ」

絵理子
「そんな…本当に大したものはありませんけど


達也
「ホントに美味しかったです 特にあの鶏肉の…」

美幸
「もう…いい加減にしてください」

達也
「はいはいわかったよ…」

絵理子はそんな二人のやり取りを笑いながら見ている

幸太郎
「さあ座って座って」

達也
「はい、じゃあ失礼しますね」

達也と美幸は並んで座った

そして幸太郎と絵理子も席につく

そしてそれぞれのグラスに酒を注ぎ

幸太郎
「それじゃカンパーイ」

と簡単ではあるが幸太郎の乾杯で始まった

前回顔を会わせているためか絵理子も達也と美幸と楽しそうに話し始めた

幸太郎も会話に加わりながら絵理子の様子を観察していた

絵理子
「それにしても二人は本当に仲がいいですよね」

達也
「そんなことないですよ、ケンカばっかりです」

嘘だなと幸太郎は心の中で笑った

達也と美幸の関係を知っているからだ

美幸
「そうですよ、でもケンカにはならないかなぁ 私が一方的に叱られてますから」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


▲トップ /全部読む /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

愛する優子 プロローグ - 現在のレスは20個、人気のスレッドです! -

[1] スレッドオーナー: ダスティ・ローデス :2015/06/21 (日) 17:02 ID:VW5KLxu. No.21172

私が「寝取られ」というものに生まれて初めて取り憑かれたのは約15年前、優子と結婚してから、

5年目頃だったと思う。出張先で何の気なしに入った古本屋で目にした「交際誌」を立ち読みして

瞠目してしまったことに端を発する。あの新鮮な感動と新鮮な欲情は凄いものだった。

立ち読みだけでは当然満足出来ない。二種類の交際誌を購入し、帰宅してもこっそり読んでは異常

なまでに興奮し、何度もオナニーしたのを今でも鮮明に思い出すことが出来る。

30代に入ってからの狂態である。


夫公認で他の男性に身を任せる妻・・・。もし我が妻・優子がそんなことになったら?

妄想は興奮を呼び、どうにも我慢出来ない状態にまで昂ぶってしまうのに時間はかからなかった。

ある日のSEXの最中「いま優子を抱いてるのは違う男と思ってごらん」と言ってしまったのだ。

佳境に入りつつあったSEXはやはり、ものの見事に中断してしまった。

「そう言うことを言われたら冷めちゃうんだけど!」

「ごめん、優子興奮しないかな?って思ってさ・・・。」

「長い付き合いなのにまだ分かってないかな?わたしMッ気ぜんぜんないから!」

「うん、分かってる。そういうの想像して俺が興奮してた」

「マンネリ?それともそういう性癖に目覚めっちゃった?とにかくそういうのイヤよ!」

(けんもほろろ)とは正にこの時の優子の反応だった。


私たち家族は中国地方の某都市に暮している。

現在夫の私は47歳。妻の優子は43歳、そして一人娘がもう19歳になる三人家族である。

小さな建築系のデザイン事務所の私が社長、優子が専務。従業員はゼロという零細企業だ。

とは言うものの私は設計やデザイン業務が納期に間に合うようにデスクに噛り付いているだけ。

そのほか一切の切り盛りは交渉も経理も何もかも専務である優子が仕切っている状況であり、

しかもその上に今までは子育てもあったのだから、実はゼンゼン私は頭が上がらないのである。

考えてみれば、初めて「他の男性とSEXしないか」と口走った15年前と言えば、

娘はまだ幼稚園。そして独立して事務所を立ち上げてまだ2年にも満たない頃だった。

母として、駆け出しの経営者の妻として、優子が最も苦労し、駆けずり回っていた時期である。

変態夫の阿呆な要求に(けんもほろろ)であったのは当たり前だった。


それからは私も我慢してそんな事を言うことはなかったし、もちろん仕事も一生懸命頑張った。

愛する娘も健康にすくすくと成長してくれたし、事務所の経営もなんとか順調な軌道に乗せられた。

これすべて優子のお陰だ。「明るくてしっかり者。あそこは奥さんでもっている。怒らせたら怖い」

世間の優子に対するこんな評判は正にその通りなのである。

こんな事ばかり書いていると色気の欠片もない「肝っ玉かあさん」を想像されてしまうかも知れない。

しかし決してそうではなく、夜の方も情熱的で献身的な面もあるのだ。

長年の阿吽の呼吸で「今晩しよう」というその夜は、下着もセクシーなデザインを選びエッチになる。

本当に言うことなしの妻であり、母であり、仕事のパートナーなのである。


そんな人も羨むような人生であるにも関わらずだ。

やはり消えない、消すことの出来ない「寝取られ願望」に阿呆な私はずっと悶々としていた。

そして15年前に拒否された数年後に出会ったのが「妻と勃起した男たち」だった。

最初は見るだけ、読むだけで我慢していた。その内容と優子を重ね合わせて興奮していた。

夫以外の男性と交わる女神の如き奥様たちの写真を見て、その奥様を優子と思うようにするのだ。

そしてオナニーをしたり、私が他の男性になったつもりで優子とSEXしたりもした。

優子が新しい下着を買ったのを知ると必ず身に着けて貰い誉めそやし、そしてSEXに持ち込んだ。

いやそれだけでは飽き足らず「頼む!写真に撮らせてくれ!オカズにする!」と頼み込みもした。

「オカズ?なに!?わたしの写真でオナニーなの?喜んでイイの?悲しいことなの?」

娘が中学・高校と成長するにしたがって、その頻度は下がったけれど「下着姿撮影」は続けていた。

そして何度かその写真を「妻と勃起した男たち」に投稿した。もちろん優子には秘密で。

何人もの方が優子のヌードにコメントを呉れたことに、どれだけ興奮させて頂いたことであろうか。


去年の春、娘が京都の大学に入学し優子と夫婦水入らずの生活となった。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[11] Re: 愛する優子 プロローグ  タマコン :2015/06/23 (火) 17:07 ID:ne0KArnw No.21202
もう完全に虜です。
ほんとドストライクなんです。
特に会話の中の「パパありがとう!!」なんて文章読むと
ゾクゾクしてしまいます。
私の中では永久保存版決定です。
続き楽しみにお待ちしています。


[12] コメントありがとうございます  ダスティ・ローデス :2015/06/23 (火) 19:49 ID:zGmnxkx. No.21205

kei様こんばんは。毎度ありがとうございます。

遅々として進まない状況、お許し下さい。

妻・優子の心の内を描こうとしますと、どうしても長くなってしまって・・・。

これからも宜しくお願い致します。


[13] コメントありがとうございます  ダスティ・ローデス :2015/06/23 (火) 19:53 ID:zGmnxkx. No.21206

タマコン様こんばんは。コメントありがとうございます。

ドストライクとは恐れ入ります。ありがとうございます。

永久保存版とは誠にお恥ずかしゅうございます。

クドクドと長い駄文でありますが、これからも宜しくお願い致します、


[14] 愛する優子 プロローグ 3  ダスティ・ローデス :2015/06/24 (水) 08:41 ID:B8NlkqRo No.21212

寝不足もあったのだけれど、それよりもなによりも興奮がずっと続いて仕事にならない一日だった。

もう優子は晋太郎クンに連絡したのだろうか?

初めての二人っ切りのデート。。。もう決めたのだろうか?

いや、今日も何かとバタバタと忙しかった。そんな時間的余裕はなかったに違いない・・・。

色んな思いが興奮となって錯綜し、疲れ切って帰宅したのは午後7時頃だった。

優子はもう先に帰っていて夕食の用意をしている。

「お疲れさま!眠くない? (笑) お風呂入る?」

「あぁ、先に風呂にしようか・・・。」

「じゃぁその間に夕飯の用意しとくね、今日は軽いものにしとこうね」

風呂から出て食卓に付く。いつもだったら至福の瞬間であるはずの一杯のビールが苦い。


「ねぇパパ、早速なんだけど来週東京でセミナーあるでしょ?あれ、わたしが行ってもイイ?」

「はっ?おまえあんなの大嫌いだったんじゃないの?」

「うん、そうなんだけど晋太郎クンも誘って一緒に参加するんだったらOKかなって・・・」

あまりにも「あっけらかん」と言われてしまってキョトンとしてしまった。

「うん、おまえが行ってくれるんだったら俺は助かるよ、頼むわ」

「サンキュー!明くる日は夕方までには帰るからね」

「おまえ!サラッと言ったけど、それって晋太郎クンと初デートってことだよな!?」

「そうだよぉ〜!パパが許してくれたら一緒に行く?って晋太郎クンにも言ってあるよ」

「えっ!?晋太郎クンに俺公認って言ったのかよ!?」

「バカ!!言わないって!!東京出張を許して貰えたらっていう意味でしょうが!」

「あっ、そうか、そうだよな。。。で、晋太郎クンは行くって言ってるの?」

「うん!大喜びしてたよ・メールの文章が踊ってたね」

「そうか!アドレス聞いてたからいきなりお誘いメールしたんだな!」

「そう!そう!メールくれるだけでも嬉しいのにお誘いまでって感激してた」

「わかったよ、じゃあ出張OKだってメールしてやれよ」

「うん、ありがと。食事終わったらね。今は大切なパパと大切な時間だからね」

上機嫌でニコニコしながら泣かせるセリフを吐く優子が少し怖く感じた。

食事が終わり、わたしはテレビを視ている「ふり」。優子は後片付けを終わらせて風呂に入る。

冷静を装うのも限界がある。矢も盾もたまらずわたしもバスルームに入って行った。

「なに!なに!もう!また興奮してるの?イヤだ、勃ってるじゃない!信じられない!」

「しょうがないだろ、なぁ優子。いよいよ優子が他の人とデートするんだぞ」

「もぉぉ〜まだ100%決まりじゃないでしょぉ〜、彼に下心ないかも知れないじゃない」

「ダメだよ!ここまで来たら絶対抱かれて来てくれよ。なっ、優子」

「分かってはいたけどパパってガチの変態だよねぇ〜。昨日あれだけシタのに凄く勃ててる」

「SEXしてる動画とか写真は無理かな?途中、電話で声聞かせてくれるとかさ!」

「ちょっと落ち着いてよ。。。そんなの無理に決まってるでしょ!パパ公認は内緒なんだよ!」

「そうか、そうだよな。。。じゃあせめて帰ってから詳しく聞かせてくれるか?頼むよ!なっ!」

「体中にキスマーク付けられてたりしたら興奮MAXなんじゃない?」

「おぉぉぉーー!!優子!!そうなんだ!そうなんだよ!!」

バスルームの中で優子を立たせてバックから問答無用で挿入した。優子も充分に濡れていた。

「ああああーーー!パパすごい!すごく固い!今日もすごく固い!あぁいいーーー!!」

「優子!優子もすごく締まるぞ!ああ!もうダメだよ!中で出すからな!中で出すからな!」

アッと言う間に終わってしまった。たぶん3分にも満たない早漏状態だったろう。

「もぉ〜パパ興奮し過ぎだよぉ〜、もう少し頑張って欲しかったなぁ〜 (笑)」

「すまん優子、とにかく先に寝室行ってるよ、ゆっくりして来てくれ、ごめん」


綿の如く疲れ切っているはずなのに、先にベッドに入っても優子が来るまでは寝付けなかった。

30分、いやもっと待っただろうか?やっと寝室に入って来た優子に声をかける。

「遅いなぁ〜、待ってたのに!」

「わっ!ビックリした!もう寝てると思ってたもん!まだ興奮してるの!?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[15] Re: 愛する優子 プロローグ  kei :2015/06/24 (水) 12:54 ID:kkJIYXhs No.21215
プロローグの終了ですね。
今度からは、寝とらせの
始まりですね。
楽しみに待ってます。


[16] Re: 愛する優子 プロローグ  タマコン :2015/06/24 (水) 13:31 ID:9F5Vngzw No.21216
プロローグお疲れ様です。
奥様優子さんへの歯止めが気になります。
本編ではそこら辺が判るんですよね。
私、もう小悪魔な優子奥様に夢中です。


[17] コメントありがとうございます  ダスティ・ローデス :2015/06/26 (金) 07:28 ID:zJS7Ni9I No.21231

kei様おはようございます。コメントありがとうございます。

スムマセン・・・。やっとプロローグ終わりました(苦笑)

これからもよろしくお願い致します。


[18] コメントありがとうございます  ダスティ・ローデス :2015/06/26 (金) 07:33 ID:zJS7Ni9I No.21232

タマコン様おはようございます。コメントありがとうございます。

夫である私が歯止めになった。。。と思いたいんですがねぇ。

基本はホントに最近になって起きたことなので、まだ途中の段階でもあるのです。

これからもよろしくお願い致します。


[19] Re: 愛する優子 プロローグ  ゆん :2015/06/26 (金) 09:11 ID:NEUoSwWE No.21233
素晴らしい。

[20] コメントありがとうございます  ダスティ・ローデス :2015/06/26 (金) 19:42 ID:zJS7Ni9I No.21237

ゆん様こんばんは。コメントありがとうございます。

寸鉄刺すが如き一言!お褒め頂いたと捉えさせて頂きます。

これからもよろしくお願い致します。



▲トップ /全部読む /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

愛する優子 初恋の終わり - 現在のレスは18個、人気のスレッドです! -

[1] スレッドオーナー: ダスティ・ローデス :2015/06/26 (金) 20:12 ID:zJS7Ni9I No.21238

その日、優子から来たメールは「今からセミナーです」

「セミナー終わり渋谷の居酒屋さんで夕食です」

「今日泊まる○○○○○ホテルのBARに来ました」このたった3つだけだった。

これではまるで拷問ではないか。私としてはこんなはずではなかったのだ。

確かに晋太郎クンには私公認ということは秘密なので、頻繁に報告はし難いだろう。

しかしそれにしてもアッサリし過ぎではないか!一晩中イライラしていた。


晋太郎クンとの事を認めたあの日から3日間は毎晩優子を抱いた、

優子も相当興奮していたと思う。まるで獣のように交わった。

しかし4日目の夜から優子はピタッと私を受け入れる事を拒んだのである。

「なんでなんだよ優子!どうしたんだよ!」

「パパごめんなさい。今日から晋太郎クンに会う日までエッチしたくない!」

「なんだって!?身を清めとくってことか?感度良くなるように干すってことか?」

「干すって言い方、なんかイヤだけど。うん、その両方の理由です、ごめんなさい」

開いた口が塞がらないくらいに驚いてしまった。

これも「寝取られ夫」が乗り越えなければならない宿命なのだろうか?

腹立ちとイライラと興奮で自分が自分でなくなったように感じた。


そして当日、優子は普通に出張に出掛けるのとなんら変わらない雰囲気だった。

「なぁ優子どんな下着付けてるか見せろよ」そういう私は息も絶え絶えである。

「こんなだよぉ〜。新しいの買ったんんだよぉ〜。可愛いでしょ〜」

薄めの紫の生地が基本で黒のレースがあしらわれている艶っぽくも可愛いものだった。

強烈な嫉妬心が湧き上がり優子に襲い掛かって下着を剥ぎ取ろうとした。

「ダメ!パパ、ヤメて!破けちゃうよ!ホントにヤメてってば!!!」

「ハァ、ハァ、ハァ。。。興奮して悪かった。優子、ちゃんと経過報告してくれよ」

「ごめんねパパ。うん、報告メールするからね」

「晋太郎クンとは何処で待ち合わせなんだ?」

「セミナー会場だよ。先ずはお仕事からね。じゃ、行って来ま〜す」


翌日は仕事も手に付かない。食欲も失くしてしまう。極度のイライラで倒れそうだった。

「夕方までには帰るから」と言ってたのに5時になっても連絡がない。

「○○駅に着きました」とメールがあったのはなんと7時過ぎていたのだ。

駅から我が家までタクシーに乗って30分はかかる。この30分が長かった。

「ただいま〜。ごめんね遅くなって〜」買物から帰って来たような感じじゃないか。

「晩飯まだだろ?寿司の出前註文してるんだ。食うだろ?」私も努めて平静な振りをした。

「わっ!ラッキー!じゃあお寿司来るまでにシャワー浴びちゃうね!」

優子が着替えを持ってバスルームに入った直後に寿司が来た。

スグにでもバスルームに入って行って裕子の身体を確認したかったのだがしょうがない、

寿司を受け取り、冷蔵庫で冷やしておいた吟醸酒と共に食卓にスタンバイさせた。

しかしやっぱりジッと待っていられない。

「あーん!やっぱり入って来たぁ〜!ヘンターイ!今はダメ!すぐに出るから!」

「だけどおまえ、体の点検は必須だろうよ!エッチしなくてイイから身体見せろよ!」

「もぉー!見たらスグ出てよ、わたしお腹空いてるんだし、ホラッ!」

こちらに向き直った優子の胸に数個、見事な濃さのキスマークが付けられていた・・・。

「ハイ!終わりぃー!出て!出て!わたしもスグ出るから!」

同好の士には分かって頂けると思う。茫然自失とはこの時のことを言うのだろう。

愛する妻の「寝取られ」が「浮気」が、その現実が、目の当たりに現出したのだった。

全くの腑抜け状態で心臓だけが異常に鼓動している。

震える手で寿司桶のラップをはずし、酒を二人のグラスに注いで優子を待つ。

「うわぁ〜、美味しそ〜!パパありがとねぇ〜、乾杯しよっか〜」

「何に対しての乾杯なのかな?晋太郎クンに乾杯か?」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[9] コメントありがとうございます  ダスティ・ローデス :2015/07/02 (木) 10:40 ID:ipvZOLgU No.21280

tetu様こんにちは。コメントありがとうございます。

忙しくしておりまして更新が出来ておりませんでした。

これからもよろしくお願いします。


[10] Re: 愛する優子 初恋の終わり  kei :2015/07/02 (木) 12:43 ID:zSyWberM No.21282
男女を問わず、誰しもMになったりSになったりで、
シチュエーションや相手によって変わるんじゃ無いでしょうか?


[11] Re: 愛する優子 初恋の終わり  タマコン :2015/07/03 (金) 05:49 ID:bV42Qp7Y No.21288
ローデスさんお忙しくされているでしょうか?
毎日更新確認しにスレを覗いてます。
優子奥様と晋太郎くんの新たな展開ワクワクしながら待ってます。
やはり、優子奥様が二人の男性をいい様に扱って欲しいですね。
優子奥様を応援しています。私としては、降臨して欲しいなぁ


[12] コメントありがとうございます  ダスティ・ローデス :2015/07/03 (金) 07:09 ID:Tf9pSPd. No.21289

kei様おはようございます。

そうなんですねぇ〜。優子のSは不動だと思っておりました。

M性が開花したらイイのになぁ〜。

これからもよろしくお願い致します。


[13] コメントありがとうございます  ダスティ・ローデス :2015/07/03 (金) 07:16 ID:Tf9pSPd. No.21290

タマコン様おはようございます。毎回嬉しいコメントありがとうございます。

バタバタと忙しくしておりました。申し訳御座いません。

晋太郎クンとの展開・・・予想外の展開になってしまうのです。

タマコンさんに嫌われてしまいそうな展開に・・・。

なにしろ頑固で気の強い女なので・・・(涙)

「降臨」・・・そうなんです。

僕としてはこのサイトで募集することが夢なのです。

そういう「寝取られ」が理想なんですがねぇ〜。

これからもよろしくお願い致します。


[14] 愛する優子 初恋の終わり  ダスティ・ローデス :2015/07/03 (金) 09:49 ID:Tf9pSPd. No.21291

「パパお寿司食べようか?」という優子の言葉で我にかえった。

「そうだよな、せっかく冷やしてた酒もヌルくなっちゃったかな?」

愛する妻、優子が。私だけのものであるはずの優子が他の男性と遂に・・・。

そしてその詳細をなんと、妻・優子本人から聞いているのだ。

こんなに興奮し、ショックを受けるとは正に想像以上だった。

長年憧れ、乞い願い、そして半分以上諦めていた私公認での「寝取られ」だった。

文章にしてしまうと流暢に艶っぽく話しているようだけれど、決してそうではなかった。

恥ずかしくもあり、遠慮もあり、言葉を選びながら、詰まり・詰まり語られた「寝取られ模様」だっ

た。


「それで、目が覚めてからはどうしたんだ?」

「うん、私が先に目が覚めてシャワーして、髪も洗ってゆっくり髪を乾かして、1時間近くかな?

 ベッドに戻っても彼、まだ寝てたから起こしてやろうと思ってフェラしたの。

 そのまま一度SEXして、ルームサービスの朝食を食べて、運ばれてきたテーブルに手をついて後

 ろからされて。

 高層階の部屋だったんだけど、窓の外を観ながらまた後ろからされて、お風呂でまたして。

 そして最後にまたベッドでした。うん、全部ナマだった、中出しだった。ごめんなさい・・・。」

「おい、おい、前の晩と違って話がシンプル過ぎないか?そんなに回数したんだろ!?

 なんか変わったこととかしなかったのか?」

「変わったことってなによ〜?縛るとか?ない!ない!ぜんぜん、全部ノーマルだったわよ。

 残念でしたねぇ〜(笑)でもあのパワーには驚いたわ。えっ?まだ勃つの?って感じ。

 お昼にチェックアウトして、八重洲でランチした。そこではゆっくり色んなお話ししたなぁ〜。

 それで新幹線一緒に乗って、彼は京都で降りた。。。以上です!」

「おい!おい!ちょっと待てよ!以上じゃないだろ?次の約束とか、なんかあるんじゃないの?」

「うーん、変わったことと言えば新幹線でね、二人で備え付けの毛布を借りてひざ掛けにしてね、

 それでその毛布で隠して彼にあそこ触ってもらってた、ズッと。

 彼、クリちゃんの触り方が絶妙なんだよねぇ〜。東京から京都の間に5回逝っちゃったわ。

 でもね、もうこれで晋太郎クンとは会わない。いくら誘われてももう会わないことにした」

優子の一方的な宣言に私は我が耳を疑い、瞬きも呼吸でさえも忘れてしまったような気がした。

「えーーっ!!なんで!?なんでなんだ??イイ奴みたいだし、SEXも最高みたいじゃない

 か!!」

「うーん、そうなんだけどね。今日ランチしてる時なんだけどね、ゆっくり話が出来たって言ったで

 しょ。それで彼にはカノジョがいて、もう結婚は暗黙の了解で、そのカノジョはもう彼の会社手伝

 ってて、みたいなことも聞いたのね。カノジョは27歳でね、もう8年の付き合いなんだって。」

「優子、おまえそれが辛くてもう会わないって決めたのか?」

「ちがうの。彼のことだからカノジョの1人や2人くらいは居るだろうって思ってたし。

 だけど彼、わたしを誉めそやしてくれるのはイイんだけど、カノジョを引き合いに出すのよ。

 わたしと居るほうが楽しい、タメになる、SEXも段違いにイイ。大人と子供っていう感じ!みた

 いに・・・。

 それって最低な発言じゃない!?私がカノジョの立場だったら絶対に許さないよ。

 本心かどうか知らないけど、浮気相手にそんなこと言って御機取るバカが何処に居るのよ!

 わたしだってそんな言われ方したって嬉しくないしね。ガッカリしちゃった・・・。

 好きになってたからね。カノジョとか居るのも我慢しようって覚悟してたし、

 彼の足を引っ張ったり、カノジョに嫉妬したり、ましてや略奪とか、絶対に慎もうって。

 パパも彼と付き合うの認めてくれたし、わたしが彼に合わせられる、彼に無理させない!

 そんな風に覚悟してたの。それくらい好きだった。フラれるまで抱かれたいって思ってた。

 わたしからカノジョのこととか聞いたんじゃないんだよ。彼から言い出したの。

 どれだけ優子さんがカノジョより素晴らしいかって、嬉しそうに語り出すのよ。

 ごめんねパパ。せっかくパパの望み通りになったのにね。

 でも10歳上のおばさんが若い不倫相手にそんなこと言われて喜ぶって悲しくない?

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[15] Re: 愛する優子 初恋の終わり  kei :2015/07/03 (金) 19:23 ID:tQHa4ZmE No.21294
更新ありがとうございました。
優子さん、駄目だったんですね〜。
何だか失恋みたいでかわいそう。
でも、きっかけがあって結果的には
旦那さん的には、良かったんじゃない?
でも、募集する際は、相手を知らないと駄目
じゃないでしょうか?
何かあったら困るでしょ。


[16] コメントありがとうございます  ダスティ・ローデス :2015/07/03 (金) 19:49 ID:Tf9pSPd. No.21295

kei様こんばんは。毎度コメントありがとうございます。

優子の葛藤や懊悩、私には文章で表現する力がありません。

まことに申し訳ありません。

そうなんです。私的には理想に近付いて喜ばしいのですが、

現在色々と話し合っております。

これからもよろしくお願い致します。


[17] Re: 愛する優子 初恋の終わり  タマコン :2015/07/04 (土) 06:20 ID:JfP.enIk No.21301
更新有り難うございます。
ローデスさんが言われてた予想外、理解しました。
結果がどうあれ、私としてはよかったのかないと思います。
優子奥様の発言は表の顔で、ローデスさんの意見が優子奥様の裏の顔(心境)と言うことなのですね。
お二人の思いが同じ方向でこれからも進むのなら、
私はそれが理想ですね。
寝とられでも、本当に取られてしまうのは嫌ですから。
優子奥様とローデスさんが楽しまれる、良い関係を続けてください。優子奥様は、やはり最高でした。


[18] コメントありがとうございます  ダスティ・ローデス :2015/07/15 (水) 09:46 ID:ii8e84fo No.21375

タマコン様おはようございます。

お返事が遅くなり大変失礼致しました。

本当に取られてしまうのは嫌・・・そうなんですよね!

最初は晋太郎君と一度だけで終わるのが私としても残念だったのですが、

今にして思えばその方が良かったのかも知れません。

「最高」とのお言葉、本当にありがとうございます。

見た目は年齢相応のオバサンですが(苦笑)

現在はお互いの「寝取られ」に対する認識を話し合って、確認する毎日です。

「夫公認で夫以外の男性とのSEX」というものに異常なまでに興奮したと言う優子。

チャンスがあって、イイ人が居たら「またしたい」とハッキリ言うようになりました。

ただ、どうしてもサイトなどを利用した「募集」は嫌がるのです。

変態夫としては、色々と策を練っているところで御座います。

二人目の他人棒実現の暁にはまた報告投稿させて頂きたく思います。

よろしくお願い致します。



▲トップ /全部読む /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

宇宙の果てで汚されて《それから…》 - 現在のレスは16個、人気のスレッドです! -

[1] スレッドオーナー: アラン :2015/08/18 (火) 10:51 ID:0SYbD3.Y No.21519
剥製と変わり果ててしまった妻。

肉感ある四十路の裸体は、硬く冷たいブロンズ像へと変わり、丸みを帯びた部分、豊満な乳房、乳首の先端が灯りに照らされ、輝きを放ち……

妖艶なオブジェとなって、巨大宇宙怪物の宮殿の大広間の雰囲気を一層不気味な空間へと引き立てていました。


《オ前ニモ、カツテノ伴侶ノ新タナ姿ヲ、特別ニ拝見サセテヤロウト思ッテナ…》

ジャバは、自分の妻を己に捧げ、マゾ奴隷となって遣える私にも、裸像と化した妻の姿を拝ませてやっても良い気持ちになり、私を呼びつけたのです。

《…ドウダ?…(お前が)コノ儂ニ貢イダ、妻トヤラノ新タナ姿ハ?…美シイ姿トナッタデアロウ…?》

得意気に、妻の剥製を自慢するジャバ。

その冷徹な言動に言葉を失いながら、
ブロンズ色の剥製となった惨めな妻の姿を、釘付けになって見つめてしまう私……

おしどり夫婦と呼ばれていた、私達夫婦……

それが今や、
勃起したままの破廉恥な全裸姿で、卑猥な剥製像と化した惨めな姿となった妻と対面していたのです………。

[7] 穢れの惑星……  アラン :2015/11/12 (木) 12:37 ID:5Yr1Iw52 No.22053
最果ての惑星に連れてこられるまでは、ごく平凡な生活を送ってきた私達夫婦。

その生活は一変し、夫婦共に異星人達と関係を持ってしまう事になってしまうとは……

子供もいる私達夫婦、
その妻は異様な姿をした宇宙怪物のペットとして飼われ、凌辱の日々を送り……
そして妃として、宇宙怪人と再婚させられてしまいました。

妻が宇宙怪人との子作りに励まされている頃……

夫の私は、最下級の裸奴隷…"マゾ奴隷"として、劣悪な環境の地下窟で、下働きの身分に陥れられ……

宇宙怪人達の性の対象として、異種間同性愛をさせられていました!


思えば、夫婦の間を引き裂かれ……
それぞれ別々の星で、妻は宇宙怪人に全身を愛されている頃……

私は宇宙怪人の労働者達と肌を重ね…… 互いの性器の兜合わせを強いられていたのです。

そして、妻が亡くなった後の今……

私は、毛むくじゃらのイエティーの様な巨怪物と相手をさせられています。


促されるままに唇を重ね、勃起した己の性器をシゴかれれば、愚かにも性欲は高ぶられ……

私は興奮した女の様になって、 毛むくじゃらの巨怪物の巨体に抱きつき……

恥ずかしい程に息を荒くしていました、そして……

互いに生々しく射精を遂げてしまうのです!

互いに精液まみれになっても、戯れ続ける毛むくじゃらの怪物と私……

互いに性器を握り合い、唇を重ね、やがて舌を絡ませながら互いの全身を触り合い、そして強く抱き合ってしまう……

なんておぞましい行為に身を投じてしまったのでしょうか……

毛むくじゃらの宇宙怪人と人間の、毒々しい異種間同性愛は終わる時を知りませんでした………。

[8] Re: 宇宙の果てで汚されて《それから…》  ジン :2016/06/28 (火) 23:01 ID:8.83JVMw No.23223
結構楽しみにしていたのですが、、。
是非続けて下さい。

[9] 御無沙汰してました…  アラン :2016/07/13 (水) 13:38 ID:FsqmRD2. No.23319
色々と有りまして、
投稿が遅れてしまいました。

得体の知れない宇宙の生物に夫婦の仲を引き裂かれてしまった私達夫婦、

妻の全てを宇宙怪人に奪い取られた上に、
恥ずかしい裸奴隷へと陥れられてしまった私。

妻は、私達人間とは全く風貌の異なる宇宙怪人達に散々抱かれていく妻、

そんな陰惨な光景を目の当たりにしながら、

宇宙の中で最も身分の低い"マゾ奴隷"として、常に素っ裸で彼等に虐げられる日々を送らされていました……


かつて夫婦でありながら、
それぞれ、姿形全く異なる宇宙怪物と新たな関係を持ってしまう、私と妻……

やがて、正気を失っていった私達夫婦……


妻は、おぞましい姿形の宇宙怪人達と肉体を重ね……

夫の私は、別の場所で更に別な同性の宇宙怪物と男雄同士で肌を重ねていました……

妻は、
その四十路の熟れた女体を隈無く舐め回され……
姿形の全く異なる宇宙怪物の生殖器が妻の腟内に押し入っていくと、妻は股を大きく広げ、その歪な雄茎を体内へと招き入れ……

その不気味な巨体の背中に両腕を回し、互いに抱き合いながら、それぞれ種の異なる生殖器で深く繋がっていってしまう……

その頃、夫の私は……
宇宙怪物と男雄同士の接吻、互いに強く抱き合いながら兜合わせ……

妻も私も、人間の理性を完全に忘れ……
種を越えた性の虜と化していました。

夫の私の存在を忘れ、宇宙怪物と新たに絆を深めていく妻……

そして、妻を奪われた事を忘れ、雄の宇宙怪物と同性愛に陥っていく私、同性愛には否定的だった筈なのに……

そして、妻の子宮内に宇宙怪物の精液が注ぎ込まれる頃……

全身に宇宙怪物の精液を浴びせられていく、私……


私達夫婦は、それぞれ相手の異なる宇宙怪物と関係を持ってしまっていたのです。

[10] 悲劇恥辱の夫婦……  アラン :2016/07/17 (日) 01:11 ID:cvKaTwTw No.23346
宇宙怪物の嫁となってしまった妻は、その宇宙怪物と子作りセックスに励まされ……
やがて宇宙怪物との間に子供を身籠り……
遂には出産してしまいます!

そして……
宇宙怪物の子供を出産する負担に身体は耐えきれず、命を落としてしまう事に……


そして、夫の私は……

宮殿の地下層で、宇宙労働者が巣食う地区で劣悪な環境の中、全裸の奴隷として、彼等に蔑まされ辱しめられる日々を送り続けていたのです……

品性悪い下働きの宇宙怪物達に性の対象にされる屈辱、

彼等の不気味で汚い精液を浴びせられながら、彼等の肉体の刺激に屈し、不本意にも射精に達してしまう羞恥感……

そこは、人間の尊厳など完全に失わされた世界でした。

[11] 絶望から……  アラン :2016/07/26 (火) 09:59 ID:8q7yGxU. No.23397
"マゾ奴隷"
下層階級の異星人達からも卑下される、この惑星で最も身分の低い全裸奴隷として過ごしてきた私、

その地下窟に、突然異変が起きました!

"コナン・ザ・グレート"や"へヴィーメタル"に出てくる様な、半裸姿に鎧を身に着けた様な人間らしき姿の集団が地下窟に突入してきたのです!

方々に逃げ惑う異星人達、
突然の出来事に、思わず狼狽えてしまう私!

私達を監視してきた猪豚の怪物共が、その戦士達に次々と捕らわれ、制圧されていきました、

大混乱に陥る地下窟……


そして、
一人の女戦士らしき女性が、怯える私を見つけました!

アンジョリーナ●●によく似た、筋肉質で凛とした女性……

その女戦士は、私の恥姿を目にして言葉を失っていました。

美しい女戦士に身体を直視され、恥ずかしさと恐怖で、思わず股間を両手で隠してしまう私。


すると、女戦士は私にゆっくりと近づき、

「大丈夫…カ?」

と、片言の日本語で話し掛けてきたのです。

突然話し掛けられ、私は震えながら小さく頷くと、

女戦士は私の肩に手を掛け、

「コンナ姿ニサセラレテ…酷イ仕打チヲ受ケテイタノダナ、可哀想ニ……モウ大丈夫ダ。」

と、励ましの言葉を掛けてくれたのです!

私は、その言葉に安堵感を覚え…その場に泣き崩れてしまいました!

すると……
女戦士は、私の背中を優しく擦りながら、

「サァ、此処カラ解放シテカゲヨウ……」

と、傷ついた私を励ましてくれたのです……


女戦士に肩を抱えられながら、恥辱の日々を送った地下窟を脱出する私。

半勃ちながら、未だに勃起したままの股間を微かに恥じらいながらも、美しき女戦士に付き添われて悪夢の様な地下窟を後にしました………。

[12] Re: 宇宙の果てで汚されて《それから…》  Rockon :2017/07/16 (日) 17:18 ID:y4oCC/Ng No.24842
そろそろ、続きが欲しいです・・・。
ここから、どうなっていくのか。
奥様は・・・?
是非、お願いします。


[13] Re: 宇宙の果てで汚されて《それから…》  待ち人 :2017/12/01 (金) 17:26 ID:yQ2grEto No.25354
アランさん、続きを是非ともお願いします。

[14] Re: 宇宙の果てで汚されて《それから…》  紀夫 :2017/12/02 (土) 04:39 ID:U36pZ6ZE No.25357
アランさん・・首を長くして、お待ちしておりました。
また、お願いします。


[15] Re: 宇宙の果てで汚されて《それから…》  Rockon :2017/12/09 (土) 11:55 ID:nBXNthuM No.25388
待っていらっしゃる方、やはり、私だけではなかったのですね。
アランさん、なんとか、完結まで、お願いします。


[16] Re: 宇宙の果てで汚されて《それから…》  ジン :2019/06/20 (木) 19:27 ID:w0Dt78V6 No.27159
アランさん。続きをお願いします。


▲トップ /全部読む /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

熟毒玩味 - 現在のレスは60個、スゴイ人気のスレッドです! -

[1] スレッドオーナー: ライフシェア :2018/12/09 (日) 23:30 ID:vNuGEQwE No.26439
熟毒玩味(じゅくどくがんみ) 


「瞳美! なっ、何してるんだ!」
「ヒッ・・・」
素っ裸の女は突然現れた中年の男に驚き、這うようにして、ベッドサイドに移動し、そこにあった毛布で身体を覆いました。
大きいが垂れ気味のオッパイ、たるんだ下腹部、そして帝王切開の傷跡、若い女性ではありません。
明らかに熟女と呼ばれる年齢層です。
その女は、覆い被さるような格好で男のペ○スを口に含んでいたのでした。
男は、均整のとれた身体に、まだあどけなさの残る甘いマスク、高校生か、大学生といった若者でした。
そして、その下になっていた若者は女の股間に顔を埋め、愛液にまみれながらオ○コを舐めていたのです。
そう、シックスナインの真っ最中でした。
若者は、勃起させたペ○スが天を仰いだ間抜けな格好で天井をうつろな目で見つめています。
「中島―っ! 何だ!?」
「ヒッ」
その声に、一瞬、たじろぎはしたものの、愛液でベトベトになった口の周りを手でぬぐいながら、ベッドの上に正座し、うつ向いたまま固まっていました。
「あっ、あなた・・・私・・・あぁぁぁぁ・・・」
女は裸の身体を毛布で隠すようにして震えていました。
「お前は黙ってろっ! そんなに若いチ○ポがいいのか?! この淫乱女! 尻軽女がぁー!」
男は顔を真っ赤にして言いました。
二人は返す言葉もなく沈黙が続きます。
「・・・」
「そうか、こういうことだったのか・・・」
乱入してきた男はまるで自分に言い聞かすようにしゃべり始めました。
「前から、おかしいと薄々感じていたんだ。妙に最近、色っぽくなった・・・俺はそんなに鈍感じゃない!」
男は顔を真っ赤にして言います。
「乳繰り合って、瞳美のオ○コにチ○ポを突っ込んでたのは中島・・・お前だったんだ。まさか、飼い犬に手を噛まれるとは思いもしなかった・・・」
さすがにさっきまで、いきり立っていた若者のペ○スはダラリと萎えていました。

事は大阪の近郊、とある駅前にある学習塾兼自宅ビル4階部分の寝室でのことです。
築40年を超える古いビルで、1階が小さな喫茶店と駐輪場、2階、3階が学習塾、4階はビルオーナーで塾の経営者である妻を寝取られた男と、その浮気妻の自宅でした。
女は、通称「ママさん先生」こと立川瞳美 44歳。
若者は、大学生で塾のアルバイト講師 中島祐一 19歳。
そして、乱入してきたのが瞳美の旦那で塾長の立川学 52歳です。
立川夫婦には娘がいますが、東京の大学なので、今は二人っきりに生活でした。
旦那である塾長が出張中をいいことに、真昼間から妻の瞳美が祐一を自宅に招いてセックスに耽っていたところに夫が突然、帰ってきたというわけです。


[51] Re: 熟毒玩味  tomo :2019/04/06 (土) 09:56 ID:4eldthW2 No.27044
投稿 ありがとうございます。まだまだ序盤な感じ。
この先どんな展開が待ち受けてるんでしょうか。
楽しみにしております。


[52] Re: 熟毒玩味  ライフシェア :2019/04/19 (金) 15:59 ID:mWlmvcIE No.27074
tomo さん

お待たせしました。
なかなか、筆が進まなくて申し訳ありません。
よろしくお願いします。


[53] Re: 熟毒玩味  ライフシェア :2019/04/19 (金) 16:04 ID:mWlmvcIE No.27075
「もっ、もう、もうダメ、イッちゃう、イッちゃう、アァァァ・・・
 イクーッ、イクーッ、イクーッ! アァァァ、アァァァ、アァァァ、・・・」」
四つん這いの格好で瞳美は絶頂を迎え、身体を小刻みに震わせています。
「ねぇ、何回目?」
「・・・」
「瞳美、返事! 何回目?」
「ハァハァハァハァ・・・ごっ、5回目・・・5回目イキました。」
祐一はわかっていましたが、敢えて瞳美に言わせたのです。
「よーしっ! 5回。」
太いマジックインキを手に取り、瞳美のお尻の右側に横一本を加え、『正』字を完成させました。
「じゃ、オッパイもだ。」
「はい」
瞳美は前を向いて左の乳房を前に突き出します。
祐一はそのオッパイをむんずと掴みました。
「うれしいか?」
「・・・はい。
 いっぱい気持ちよくさせていただいて・・・
 うれしいです。」
瞳美は祐一の顔を物欲しそうに見つめながら、ニコリと笑って答えました。
「よし、5回」
祐一はオッパイにも『正』の字を完成させました。
「休憩する?」
「イヤッ! もっと・・・もっと・・・いっぱい感じさせて・・・」
「そう来なくっちゃ!」

セックスの快楽に溺れる瞳美と若いエネルギッシュな祐一のセックスは朝方まで続きました。



『チュチュチュ、チュチュン、チュチュチュ、チュチュン、・・・』
「うーん、どこかで鳥が鳴いてる?」
「ツグミの声よ。」
「えっ?
 どこ?」
「何を寝ぼけてるのよ?
 目覚ましよ、目覚まし時計。
 これっ、小鳥のさえずりで起こしてくれるのよ。」
「なっ、なーんだ。
 ところで、今、何時ですか?」
「6時30分。」
「まだ、早いじゃないですか?」
「だから・・・」
裸エプロン姿の瞳美は、近寄りながらエプロンを外して素っ裸になってベッドに入ってきました。
「ねぇ、しよっ!?」
瞳美は祐一の股間に手を伸ばします。
「まぁ、もうビンビン・・・うれしいわ。」
「そのノリ、大好きです。」
瞳美は祐一のオチ○ポを『パクリ』と口に頬張りました。
『ペチャペチャペチャ・・・』
「ウグウグウグウグ・・・アァーン・・・アァーン、・・・」
わざとらしく、イヤらしい音を立て、声を上げました。
その瞳美のお尻には『正』の字が2つと『丁』が書かれています。
昨夜は12回の絶頂を迎えたという証でした。
祐一はしばらく瞳美の好きなようにさせていましたが、瞳美の両方の足首を掴んで、体勢を入れ替えるようにして、股を大きく開かせ、顔を瞳美の股間に近づけたのです。
『フーッ! フーッ! フーッ! ・・・』
割れ目から顔を出した大きめのクリトリスに息を吹きかけます。
「アァァァァ、アァァァァ、アァァァァ、・・・」
祐一は、大陰唇の上の部分に親指を置いて、斜め上方向に引き上げるようにしました。
ドドメ色のラビアがパックリと開き、クリトリスがむき出しになり、潤ったきれいなピンク色の膣内が丸見えです。
「こんにちは、クリちゃん・・・中もグッショリ濡れてるし・・・」
「いやーん、エッチ・・・」
「ヘアをきれいにしたから、よく見えるし、舐めたくなっちゃうよ。」
「もう、焦らさないで・・・舐めて・・・」
『フーッ! フーッ! フーッ! ・・・』
「アァァァァ、アァァァ、・・・感じるぅ・・・」
(大豆ぐらいあるけど、このクリトリスをもっともっと大きくしてみたい。乳首も・・・いやいや、そんなことさせてくれる? 変態だと思われるかな・・・)
祐一は以前から、そういうAVを観ていたのでしたが、まだまだ、本音が出し切れません。
瞳美に対してまだまだ遠慮がありました。

「アーッ、アァァァ、アーッ、アァァァ、気持ちいいっ!」
「ここっ! 感じる?」
「アァァァ、感じるーっ!
 アァァァァ、アァァァァ、・・・」
『ペチャ、ペチャ、ペチャ、・・・』
祐一はわざと音を立てるようにしてオ○コを舐め回します。
少し塩味がして、それが美味しく感じるのは相性がいい証拠でした。
「ねぇ、私にも、あなたのオチ○ポを味わわせて・・・」
瞳美は私のオチ○ポをむんずと掴んで、そして、口に含みました。
「ウグウグウグウグ・・・がががぼじがっだ。」
フェラしながらで、わかりにくかったですが、『これが欲しかった』と言ったつもりでしょう。
『ペチャペチャペチャ・・・』
上に下にのシックスナインは数分続きました。

『ズポッ!』
瞳美はオチ○ポを吐き出しました。
「ウーーーーン、アーーンッ、気持ちいいっ!
 アァンッ、ダメーッ、ダメーーーッ!
 もうダメッ!
 イッちゃう・・・、イクイクイクイクイクイク・・・」
瞳美は身体をヒクヒクと痙攣させました。
「何回目かな?」
「・・・」
瞳美はまだ口が利ける状態ではありません。
1〜2分、身体の痙攣が収まるのを祐一は待ちました。
「瞳美、何回目かな?」
瞳美は自分のオッパイを一度見てから、「13回目イキました。」と答えました。
「よろしい。」
祐一はベッドのヘッドボードに置いたマジックインキを取って、お尻とオッパイに横棒を一本足しました。
「あーん、また、イッちゃった。」
「いいんですよ。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[54] Re: 熟毒玩味  ライフシェア :2019/04/27 (土) 09:31 ID:pFoUoDz. No.27088
オ○コから口を外して、瞳美のオッパイにまず17回を記し、次に腰に手をやって四つん這いの格好にさせました。
「アァァ、早く書いて・・・
 もう、入れて・・・
 オチ○ポ、ちょうだい!?」
「フフフ、いい格好だよ。
 正直でよろしい。」
お尻にも正正正丁とマジックインキで書き、そのまま、割れ目にオチ○ポを当てがいました。
「アァァ、キテ!
 入れて!」
瞳美はおねだりするようにお尻を後方に押し出してきます。
「わかった、わかった。
 じゃ、入れるよ!」
「キテッ、入れて!」
『ズブズブズブ・・・』
祐一はゆっくりとオ○コにおチ○ポを差し入れました。
「アァァァァァァ・・・アァァァァァ・・・アァァァァァ・・・」
ジッとしていると、瞳美のオ○コがまるで生き物のようにオチ○ポに絡みついてきます。
「・・・アァァ・・・いいよ。
 すごくいい。」
「アァァァ、入ってる、入ってる。
 固くて、大きなオチ○ポが・・・アァァァ、入ってるぅ。」
しばらくジッとして、その感触を味わいます。
祐一は四つん這いの格好で牛のように垂れ下がった瞳美のオッパイを鷲掴みにし、オ○コの中をオチ○ポでかき回すようにゆっくり腰を動かし始めました。
「アァァァァァァ・・・感じるぅ・・・アァァァァァ・・・感じるぅ・・・アァァァァァ・・・感じるぅ・・・」
瞳美はうわ言のように艶めかしい声を上げました。
頃合いをみて、今度はゆっくり腰を前後に動かし、出し入れします。
「ヒィィィィ、アァァァァ、奥に、奥に当たる。
 いいわ、いいわ、すごくいい。
 アァァァァァ・・・奥までいっぱい・・・アァァァァァ・・・感じるぅ・・・」
祐一のオチ○ポを押し出す動きに合わせ、瞳美もお尻を突き出すように腰を動かしました。
「アァァァ、いっぱい・・・アァァァ、奥に・・・アァァァ、気持ちいい・・・」
かなり感じてはいますが、1分、2分、3分・・・と時間は過ぎていきました。
敏感なクリトリスへの刺激が強すぎたようで、中ではイカなさそうです。
祐一はオッパイを鷲掴みしていた両手のうち、右手を外し、その人差し指を自分の口に含み、先端を唾液まみれにしました。
そして、その指を瞳美の股間に持っていき、クリトリスに近づけます。
「ヒィィィィィ・・・アァァァァァ・・・イィィィィ・・・」
クリトリスに指が触れた瞬間、瞳美は大きな声を上げ、オ○コがキュンキュンと収縮しました。
このまま弄ってやればすぐにイキそうだったのですが、一旦、指を離し、腰の動きも止めました。
「ハァーッ、ハァーッ、ハァーッ、ハァーッ、・・・」
(やはり、こっちは敏感だな・・・今日はちょっと、クリトリスを弄り過ぎた。)
「どう? 気持ちいい。」
「・・・はい・・・すっごく、気持ちいい。
 今、また、イキそうだった。」
「フフフ・・・わかったよ。
 どこが気持ちいいの?」
「オ○コはずっと、気持ちよくて、オッパイも気持ちいい。
 でも、一番はクリちゃん。
 クリトリスが危ないの。
 危険なスイッチなの。
 もう、触られたら、すぐにイッちゃいそう・・・」
「イッちゃいそうね?
 なんか、意味深な言い方・・・
 イキたい? イキたくないの?」
「うんッ、もうっ、意地悪っ!
 ねぇ、焦らさないで、イカせて・・・イキたい。
 いっぱい、感じさせて・・・」
「昨日から17回もイッてるのに???」
「もうっ! 意地悪っ!
 それはもう済んだことでしょ!
 今、イキたいの。
 今、感じたいの。
 ねぇ、イカせて・・・お願い!」
瞳美は甘えるように言います。
祐一は優越感でいっぱいになりました。
「よしっ!」
『バシーッ!』
「アァァァ・・・」
祐一は腰をゆっくり動かしながら、まず、瞳美の右のお尻を打ちました。
『バシーッ!』
「アァァァ・・・」
今度は左です。
『バシーッ!』
「アァァァ・・・」
『バシーッ!』
「アァァァ・・・」
 ・
 ・
 ・
 ・
祐一はすぐにイカさず、少し意地悪をしたくなったのでした。
「アーン、それいいっ!
 すごくいいっ!
 止めないで・・・もっと、もっと、打って・・・」
意に反して、瞳美はこれがよかったようです。
「よーしっ! じゃ!」
『バシーッ!』
「アァァァ・・・」
『バシーッ!』
「アァァァ・・・」
 ・
 ・
 ・
 ・
「アァァァァ、入ってるぅ・・・アァァァ、固いぃ・・・」
『バシーッ!』
「アァァァ、ダメーッ・・・」
『バシーッ!』
「アァァァ、イッぢゃうぅぅぅ・・・」
『バシーッ!』
「アァァァ、ダメーッ!

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[55] Re: 熟毒玩味  ライフシェア :2019/05/17 (金) 15:34 ID:MemtAcJE No.27109

大きな声で「イグッ」を連発したあと、瞳美は身体を反り返らせたまま、身体を小刻みに震わせていました。
この間、ずっと、イキ続けていたのでしょう。
しばらくして震えが止まったので、結合が解けないように注意しながら、瞳美の身体を横転させ、向かい合い、正常位の格好にしました。
すると、瞳美は祐一の背中に手を回して抱き着いてきました。
「凄い、凄いの、アァァァ、素敵・・・素敵よ、祐一!
 あぁ、もう、大好き!」
そう言うと、腰を激しく振り出しました。
「アァ、アァ、アァ、・・・」
大きな声を上げながら、一心不乱に腰を振ります。
主導権は瞳美にありました。
きっと、このリズムが今、一番気持ちいいのでしょう。
「アァァァァ、また、イッちゃう・・・イッちゃう・・・イッちゃう・・・
 イクイクイクイク・・・・」
より強く抱き着いてきます。
目を閉じて、ジッとしていますが、オ○コがヒクヒクするのがよくわかりました。
絶頂は19回目でした。

その後、強く抱き着いていた手を緩めると「ウーーーーン、アーーーーン、ウーーーーン、アーーーーン、・・・」と声を上げました。
少しは落ち着いたようです。
この間も祐一のオチ○ポは瞳美のオ○コに挿入したままで結合は解きません。
「凄いよ、凄いよ。
 感動的・・・
 だっ、大丈夫?」
「・・・ハァーッ!
 凄かったぁーっ。」
瞳美は髪の毛をかき上げながら言いました。
「よかったんだね?」
「良かったも何も・・・ビックリした。
 こんなの初めて・・・」
「何が?」
「自分でもよくわからない。
 この身体は自分の身体なんだけど、コントロールが不能になって・・・暴走したって感じ・・・マジでビックリした。
 ホント、ビックリした。」
「ビックリしたってどういうこと?」
瞳美は目をそらし、顔を赤らめます。
「今まで、生きてきて、こんなに凄いセックスは初めてってこと・・・」
「ホント?」
「ホントよ。
 ねぇ、もう一回しよ!」
祐一はそれを聞いて、オチ○ポを『ビクンッ』と更に固く勃起させたのでした。
「よーし、わかった。
 さっきので19回目だからね。」
「はい、19回目イキました。
 イカせていただきました。
 ありがとうございました。」
「よろしい。」


[56] Re: 熟毒玩味  ライフシェア :2019/05/17 (金) 15:55 ID:MemtAcJE No.27111
言葉では偉そうにいいましたが、瞳美の従順さ、可愛さに彼女を離したくない気持ちでいっぱいになっていました。
(これだけ、感じてるんだ。僕とのセックスなしでは生きていけないぐらいに思ってるだろうか? いやいや、まだまだ・・・もっと、いっぱい感じさせてやる。)
祐一は瞳美の左足の膝を曲げながら、身体を起こし、結合が解けないように注意しながら、瞳美の身体を横向きにして、その左足を大きく持ち上げます。
そう、松葉くずしの体位にしたのでした。
「アァァッ、アァァッ、そこーっ、アァァッ、凄く気持ちいいわ、・・・」
5回、10回、20回とゆっくり腰を振りましたが、やはりさっきとは違い、感じ方が物足りません。
やはり、お尻を打たれないとさっきみたいにはならないようです。
「どう?」
「アァァ、気持ちいい・・・」
「でも、さっきのビックリしたほどじゃないよね。」
「・・・うん、でも、これも好き!」
瞳美は小声で答えました。
「打たれたら、激しく感じるんじゃない?」
「・・・うーん、わからない。
 試して・・・」
「よーしっ!
 じゃ、お尻を打つよ!」
「はいっ!
 お願いします。」
まず優しく左右のお尻を撫でてやると瞳美は身体を震わせました。
打たれる期待感でしょうか?
打たれる前から、感じているのがよくわかります。
撫でていた手を離し、振りかぶって上になった左のお尻を打ちました。
『バシーッ!』
「ヒィィィ・・・」
次は下になった右です。
『バシーッ!』
「アァァァ、これよぅ!」
「何が、これよう?」
「感じるの・・・
 もっと、もっと、打って・・・」
『バシーッ!』
「アァァァ、凄いっ!」
 ・
 ・
 ・
『バシーッ!』
「アァァァ、アワワワワワ・・・」
『バシーッ!』
「ヒィィィィ、・・・イクッ・・・」
『ビックン、ビックン、ビックン、・・・』
身体を何度も大きく痙攣させます。
20回目の絶頂を迎えたようでした。

「・・・」
「イッたの?」
「・・・にっ、・・・20回目イキました。
 イッちゃいました。
 アァァァァ、これも気持ちいい。
 こんなに気持ち良くていいの???」
「いいんですよ。
 いっぱい感じてください。」
「ありがとう。
 これ以上したら・・・」
「これ以上したら、何?」
「・・・いや、何でもない・・・」
「何でもないことないんじゃない?
 正直に言いなさい。」
瞳美は『やめられなくなっちゃう。離れられなくなっちゃう。』そんな思いでいっぱいでしたが、さすがに口には出せません。
「違うの・・・私ばっかし感じて、次は一緒に・・・
 お願い、一緒にイキたい。
 これ以上、私ばかりイッたら、情けなくて悲しいの。
 貴方のこと、嫌いになっちゃう。」
「えっ?」
「ねぇ、お願い、一緒に感じたいの。
 女はね、男に満足してほしいの。
 貴方にイッてほしい。
 中に出して欲しい。」
「わかりました。
 キリがいいとか、よくないとかもう関係ないね。
 出すよ、瞳美の中に・・・」
「はい、ありがとう。
 出すときは正常位で・・・シテ・・・」
「わかった。」
祐一は結合が解けないように瞳美の腰に手を当てながら、身体を横転させました。
瞳美は祐一に首に手を回して、祐一の顔を引き寄せ、唇を重ねます。
しばらく舌を絡み合わせたあと、ジッと、祐一を見つめました。
「アァンッ、もう・・・」
投げ出していた足を膝を曲げるようにして、「大好き! 大好き! 大好き! ・・・」と叫びながら腰を振り出しました。
「素敵です。
 瞳美 僕も大好き・・・」
「アァッ、うれしい。
 アァァ、いいわ。
 アァァ、いいわ。
 アァァ、アァァ、アァァ、出して・・・アァァ、出して・・・アァァ、中に出して・・・アァァ、ちょうだい・・・アァァ、ちょうだい・・・」
祐一も腰を激しく振ります。
「アァァァ、イッちゃう・・・アァァァ、イッちゃう・・・」
「出すよ!」
「アァァァ、キテーッ、イクーッ、イクーッ、イクーッ、・・・」
『ビュンッ、ビュンッ、ビュンッ、・・・』
祐一は勢いよく中に射精しました。
「アァァァァァァァァ・・・アァァァァァァ・・・アァァァァァァ・・・」
二人はタイミングよく一緒に絶頂を迎えたのでした。


[57] Re: 熟毒玩味  :2019/05/20 (月) 13:49 ID:H0n7lxEE No.27113
ライフシェア様
初めて書き込みさせて頂きます。

このサイトは、よく利用させて頂いていたのですが
「2219文庫」は、ほとんど見ることもなくいました。

数年前に
Kindleで「弄妻堕夫」を購入させて頂いて
今までに無いSM小説で
ドキドキが激しく読ませていただきました。

実は、またそのドキドキを感じたく
Kindleで「弄妻堕夫」読み始めようとしたところ
「2219文庫」なんだ!と初めて知った次第です。

「弄妻堕夫」は、不可能ですが
映像にして欲しいくらい衝撃的でした。
全てが斬新な責めで、獣姦も含めて
描写も細かく、凄かったです。

「熟毒玩味」もどんな展開になるのか楽しみにしています。


[58] Re: 熟毒玩味  ライフシェア :2019/05/20 (月) 21:59 ID:Gm27yUVo No.27115
D(ディー)さん

コメントありがとうございます。
また、Kindleで「弄妻堕夫」を購読いただきありがとうございました。
初めて執筆したものでした。
2219文庫のものはいろいろ気に入らないところもあって、
Kindle版ではかなり修正をしています。
犬の生態や医療的な内容など、いろいろ勉強したのもいい思い出です。
あの頃は、バイタリティもあったし、怖いもの知らずで思ったことをそのまま書いてました。

「熟毒玩味」はどうしようかと自分でも試行錯誤中・・・
「弄妻堕夫」もそうでした(笑)
テーマは「寝取られ」です。
今後ともよろしくお願いします。


[59] Re: 熟毒玩味  ライフシェア :2019/05/20 (月) 22:03 ID:Gm27yUVo No.27116

1分、2分、3分と時間は過ぎ、瞳美は絶頂の余韻に浸っていました。
一方、祐一のオチ○ポは萎えることもなく、未だに勃起したままです。
5分は過ぎたでしょうか・・・
「ねぇ、何か、まだ、固くて元気なままなんだけど・・・」
「そう、まだ、出来そう・・・」
「ホント?」
「瞳美が魅力的だから・・・」
「まぁ、うれしいわ。」
瞳美は唇を合わせてきます。
『ペチャ、ペチャ、ペチャ、・・・』
わざとらしい音を立てるようにキスをしてきます。
オチ○ポはより固さを増しました。
キスをしながら、祐一はオ○コの中をえぐるようにオチ○ポを回すように動かします。
「アァァァァ、そこーっ!
 すっ、すっごい!
 アァァァ、カタい、アァァァ、大きい、アァァ、素敵!」
「すごくいいよ。」
「アァァァァ、幸せっ!
 アァァァァ、幸せっ!
 アァァァァ、イクーッ!
 イクーッ!」
ゆっくり動かしただけでしたが、瞳美はすぐにイッてしまいました。
オ○コが絡みついてきます。
「すごい、吸い付いてる。」
「アァァァ、溶けちゃう、アァァァ、オ○コが溶けちゃう・・・」
瞳美は腰を激しく振り出しました。
「ねぇ、出して・・・アァァァァ、キテーッ、お願い。
 また、出してっ!
 ちょうだい!」
「出すよ!」
「アァァァァ、キテーッ!
 アァァァァ、キテーッ!
 アァァァァ、イクーッ!
 アァァァァ、イクーッ!」
さっきは瞳美がイクと腰の動きを止めていましたが、今度は止めません。
「アァァァァ、アァァァ、アァァァァ、アァァァァ、アァァァァ、キテーッ!
 アァァァ、イクーッ!」
瞳美はまたイッたようでした。
しかし、祐一はまだ腰の動きを止めません。
「アァァァァ、アァァァァ、アァァァァ、アァァァァ、・・・」
「瞳美、また出していい?」
「いいわ、ちょうだい、アァァァァ、早くーっ!
 アァァァァ、キテーッ! アァァァァ、早くッー!
 アァァァ、イクーッ!
 イクーッ!
 イクーッ!
 ・・・」
『ビュンッ、ビュンッ、ビュンッ、・・・』
祐一は勢いよく、朝、2度目の射精をしました。
「イクーッ!
 イクーッ!
 イクーッ! ・・・」
反り返っていた瞳美の身体は、徐々に戻ってぐったりとなりました。
また、時間が過ぎ、1分、2分、3分・・・オチ○ポはさすがに萎えてしまい、遂にはオ○コからオチ○ポは抜け落ちました。
『ズボッ・・・』
「アァ、凄かったわ。
 こんなに感じたの初めて・・・
 アァ、何だろう・・・」
「何?」
「うーん、もう、すっごく幸せ。
 ありがとう、大好きよ、祐一。」

瞳美は仰向けに寝た祐一に覆い被さるようにして、真剣な眼差しで見つめました。
「ねぇ、いろいろエッチなことに興味あるんでしょ?」
「・・・えっ?」
「あんなにお尻を打ったりして・・・ヒリヒリしてるわ。」
瞳美は自分のお尻をなでなでしながら言いました。
「ごっ、ごめんなさい。
 つい、興奮して・・・」
祐一は目をそらします。
「こらっ!
 ちゃんと目を見なさい。」
「だって・・・」
「だって、何?」
「そんな真剣な眼差しで見つめられたら、困る。
 オッパイ丸出しだし・・・」
「キャッ、もう、エッチ!」
「エヘヘ・・・」
「エヘヘじゃないわ・・・
 もう・・・
 何か、何かしたいことはないの?」
「瞳美を感じさせたい。
 いっぱい感じさせたい。」
「違う! もう・・・
 もっと具体的によ!」
「もちろん、いろいろやってみたいことがないことはないですが・・・」
「もうっ、ハッキリしないわね。
 縛ったり・・・SMとか・・・してみたくない?
 私は経験はないけど、興味があるの。
 貴方なら何をされてもいいの・・・
 いえ、貴方にして欲しいの!」
瞳美は訴えるように言いました。
「えっ、ホントですか?
 僕も・・・すっごく興味があります。」
「あぁ、よかった。
 こんなこと、女に言わせるものじゃないわ。」
「ごめんなさい。」
「でも、賛成してくれたから許す・・・
 裕一がしたいことは私のしたいこと。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[60] Re: 熟毒玩味  :2019/05/22 (水) 10:48 ID:K7m4JhWU No.27120
ライフシェア様
「弄妻堕夫」は、色々と勉強されたのですね。
よく色々なことをご存知なんだなと勃起しながら感心していました(笑)
試したくなりたくなるくらいでした。
「弄妻堕夫」では、夫の心情も書かれていて引き込まれました。
私は、SM歴長いですが、
寝取られの話だと、投稿された書き込みでもそうなのですが、
寝取られる夫(M?)の心情が書かれていると
私自身は、Mではないのですが、引き込まれてしまう傾向があります。
そんな訳で、「弄妻堕夫」は、大好きな作品でした。

「熟毒玩味」もこれからの展開が楽しみです。

作者のライフシェア様から返事を頂き嬉しく思っています。
ありがとうございました。



▲トップ /全部読む /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

トラウママゾ - 現在のレスは1個です -

[1] スレッドオーナー: 和也 :2019/04/12 (金) 19:36 ID:bPQGIO.. No.27057
則夫は小学生3年のとき、生涯のトラウマとなる体験をした。

休みの日に遊びに出かけた則夫は友達が風邪をひいたということで、少し遊んでから家に帰ることにした。
玄関を開けると大人の靴があった。
お客さんなんだと思って静かに家に入り、二階の自分の部屋に行こうとしたとき1階の茶の間の異様な光景を見てしまった。

お父さんもお母さん、そして知らないオジサンが三人とも全裸でいた。

則夫は変な雰囲気なのでそっと覗いてみた。

よく見ると、お父さんは全裸で正座していた。

オジサンとお母さんは互いにアソコを手でもぞもぞしている。
オジサンのオチンチンがすごく大きくなっているので、則夫はびっくりした。

則夫はすでにオナニーをするようになっていたが、その光景を見て、自分のオチンチンが堅くなるのを感じた。

そして、どういうことなのか
不思議な気持ちになった

やがて、オジサンはお母さんを抱きしめて横になった。
オジサンはお母さんにの首筋や頬に頬ずりしている

オジサンはやがてお母さんを強く抱きしめて、腰を動かしはじめた。

お父さんはそのオジサンに小さい声で何かを言っていた。

オジサンは大きな声で
「ダメだ!
  昨日もやらせただろう!
  まだ、我慢してろ!」

お父さんはオジサンに「はい」といっているようだった。

お母さんが泣くような声をあげていた。

オジサンはお母さんに何かを命令しているようだった。
お母さんは『はい、させません』といって泣き声のような声をあげた

そして、お母さんは『いい』とか『気持ちがいい』とか泣きながら言っているようだった。

しばらくすると、オジサンはお父さんに何かを命令するように言った。

お父さんは「お願いします」といって頭をさげていた。

オジサンの腰が早くなった。
お母さんの泣き声が大きくなって『逝く』となんども叫んでいた。
オジサンは何かを叫んで動きが止まった。
そして、ゆっくり腰を数回動かすとそのままお母さんを抱きしめてじっとしていた。

則夫はびっくりして、そっと二階に行こうと思ったとき
オジサンがお母さんから離れてお父さんに「掃除しろ」といった。

お父さんは「はい」というと、お母さんの近くに行って、お母さんのアソコ舐めているようだった。


少ししてお母さんが起き上がってオジサンと並んでお父さんの方を未ながら座った。

オジサンは「よし、やっていいぞ」というと
お父さんはオジサンに何かを頼んでいるようだった

オジサンは「手もダメだ、自分の手があるだろう」と命令していた。

お父さんは「わかりました」と言ってオジサンとお母さんのほうを向いて
お相撲さんのようなかっこうでしゃがんで、オチンチンを自分でいじり始めた。

お父さんは何かを言いながらものすごい速さでオチンチンをいじっている。

お父さんはオジサンに何かを尋ねているように小さい声でつぶやいた

オジサンは
「まだだ、何度でもとめろ
 そして続けろ」

お父さんはオチンチンをすごい速さでいじっては、止めて、またいじりだしていた。

お父さんが大きな声で「もう、もう、我慢できません、逝かせてください」という泣きそうな声で叫ぶのがはっきり聞こえた。

オジサンは「ほら」と言ってお母さんのパンツをお父さんに投げた。

お父さんはそれを掴むと、パンツでオチンチンさすりだした。

そして、お父さんは「ありがとうございます、逝く」と言って手の動きが止まった。

則夫は一部始終を見ると、一旦、そっと外に出た。

そして、公園のトイレに入ると自分のオチンチンを摩り始めた。
すぐにオチンチンが痙攣したが、それでも異常な興奮が鎮まらず
そのまま3回もトイレでオナニーをした。

そして、しばらくして家に帰った。

小学校三年にもなれば親がセックスというものをしているというのは友達たちの間でも話をして知っていた。
あれがセックスなのかと思うと興奮してしまった。

そして、お父さんとお母さんがセックスしていのではなく、知らないオジサンがお母さんとお父さんに命令しながらお母さんとセックスしていたことに理解ができなかった。


それからというもの、則夫はお父さんやお母さん、そしてオジサンがやっていることに興味を持ち覗こうと持った。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


▲トップ /全部読む /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

美少女の匂い - 現在のレスは23個、人気のスレッドです! -

[1] スレッドオーナー: 霧積謙 :2018/09/21 (金) 17:25 ID:I1V6zwRY No.26215

美少女の匂い

私の名は高遠健司40歳、
大手総合商社の営業課長で、都内のマンションに妻の雅子38歳と住んでいます。
子供はいません、なぜか出来なかったので、どちらかに原因があるのでしょう。
雅子は衣料メーカの事務職で結婚前からの会社に勤めています。

マンションは二人でローンを払っているが、もともと中古なのでローン残はわずかです。
部屋は3LDKで十分な広さがあり、
妻とはだいぶ前から別々の部屋に寝ている、実質的に別居夫婦です。

家庭内別居になった理由?
それは、雅子とのセックスで、中折れになった時、
雅子の態度が悪かったので、気分を悪くしてから、
別々の部屋に寝るようになった事がきっかけ。

(何よ、気持ちがこもってないんじゃない?)
(ごめん、)
(まだ、できなくなる歳じゃないでしょ、)
(こんなんじゃ浮気するわよ、)
(・・・・・・・)

こんなやりとりが始まりでした。


[14] Re: 美少女の匂い  霧積謙 :2018/10/08 (月) 05:57 ID:23WPw2hk No.26278


●結婚式・新婚旅行



それから程なくして、
親戚数人だけの質素な結婚式を協会でおこない、披露宴もつつましく行いました。
本来なら盛大に結婚披露宴をするべき所ですが、
私も沙羅も派手な事を望みませんでした。
少し可哀そうかな、とは思いましたが、・・

沙羅は心底嬉しそうでしたし、
お母さんお婆ちゃんもとても喜んでくれました。

私の親戚は、沙羅の美貌に一様に驚き、これは何かの間違いか?
どっきりTVだろう、と言っていました。
年齢差、沙羅の尋常じゃない美貌、普通は誰でも疑うと思います、
まして沙羅はニコニコして嬉しそうなので、
余計不思議なようでした。
この美女が私に惚れた?、まさか?、という反応です。

ハワイに向かう飛行機の中、

「沙羅、私の妻になってくれてありがとう、君を妻にできるとは思っていなかったので、
 本当に嬉しいよ、」
「ううん、私の方よ、嬉しいのは、私は、高校生の頃からあなたのお嫁さんになると決めていたの、」
「でも、最初は変なおっさんだと思っただろ?」
「ええ、少し(笑)、でもすぐこの人は違うと思ったの、
 父がなくなって寂しかった事もあるけど、それだけじゃないわ、」
「考えてみれば変な縁だよね、人には言えない(笑)、」
「そうね、母には絶対言えないわ(笑)、」
「でも、こうして沙羅が弁護士になり、私の妻になったんだから、幸せになろうな、」
「いつまでも可愛がってね、」
「神に誓って約束する、沙羅を必ず幸せにする、」
「ふふふ、嬉しい、」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ねえ、毎日私と一緒で嬉しい?」
「ああ、もの凄く嬉しいよ、」
「沙羅を抱いても、ショーツの匂いを嗅いでも、沙羅は自分の家に戻っていってたからね、」
「これからは、いつでも沙羅を抱けるし、匂いも嗅げる(笑)、覚悟しておいて、」
「わかってるわ、私もあなたの家から戻るのは寂しかったの、本当は毎日一緒のベッドに居たかったの、」
「もう戻らなくていいので、嬉しい、」
「沙羅の心も肉体も全部あなたの物よ、」

天使のように美しい沙羅が私の妻、有り得ませんが、現実なのです。

「ところで、沙羅、」
「本当に君は芸能界とか考えた事はないの?」
「考えた事は多少あるけど、浮き沈みが激しいし、収入も安定的じゃないし、魅力が感じられないわ、」
「誘いはあっただろ、」
「あら、沢山あるわよ、いまでもあるわ(笑)、相手にしないけど、」
「世の中の沙羅ファンに申し訳ないね、」
「そんなオーバーなものじゃないわ、私は以前から健司一筋よ、」
「私の匂いを始めて嗅いだ人、処女をささげた人、旅行に初めていった人、
 セックスの喜びを初めて感じた人、だから、私は生涯あなた以外の男に興味はないわ、」
「ありがとう沙羅、」

楽しい会話をしているとあっと言うまにハワイ、
長時間フライトも気になりません、(不思議です)。
ホテルに着き、荷物を解く、今日はもう予定はありません。

「ねえ、あなた、今日の予定は?」
「何も入れてないよ、沙羅を抱く事だけ(笑)、」
「もう、それだけなの?」
「時差ボケ解消はセックスが一番、」
「そうなの、じゃ好きにして(笑)、」
「沙羅、・・・・」

美しい沙羅を抱き寄せます、
もうこの女は私の妻なのです、私専用なのです。
嬉しさが込み上げます。

信じられない程の美貌に、柔らかな唇、良い匂いのする身体、
全てが極上の女、・・・
沙羅の唇を貰ぼるようにキス、舌を絡ませ、吸って吸われて、・・・
沙羅の服を脱がせて下着だけにします。
白のブラとショーツ、純白の花嫁、
柔らかな下半身のライン、白のショーツに包まれたヒップがそそります。
なんていい寝姿なんでしょうか、・・

そっと、後ろから沙羅を抱きしめます。
全身から漂う沙羅の匂い、・・・・
ショーツに顔を埋めます。処女の刺激臭ではありませんが、
若い女のたとえようのない良い匂い、勃起します。
長時間のフライトで下着も汚れている筈です、
じっくりと沙羅の匂いを堪能します、
沙羅は、私の嗜好をよく知っていて、自由にさせます。
普通の花嫁なら汚れたショーツの匂いを嗅がれる愛撫など嫌がると思いますが、
沙羅は自分の陰部の汚れや匂いの価値をしっているのです、・・・

「沙羅、いい匂いだよ、」
「いや、恥かしい、」

少し嫌がる新妻の声にさらに勃起します。
ショーツを脱がせると沙羅が尻をあげて協力します。
いよいよ沙羅の汚れた女性器を眺めます、時間をかけてじっくり見ると嫌がるので、
あまりした事はありませんでしたが、もう妻だから、構いません。

沙羅の陰部、

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[15] Re: 美少女の匂い  araki :2018/10/08 (月) 16:55 ID:Oj07UOaw No.26279
初めまして、始めにご結婚おめでとうございます。
全て一気に読ませて頂き感動しました。
こんなスレは今まで記憶にないほどに、感動してます。
男として、理想的な展開ですね。
これからも期待してます。


[16] Re: 美少女の匂い  霧積謙 :2018/10/09 (火) 06:02 ID:PIRv2SkY No.26281


●新婚旅行2日目



隣で静かに寝息をたてている沙羅は裸のままです。
シーツの間に見える沙羅の肉体、
若さに溢れ、眩しい程の美しさ、本当にビーナスのようです。
ベッドにはタオルが敷いてありますが、二人の体液で濡れています。
沙羅の身体の上に移動し、
足を少し開かせ、そのまま静かにペニスを挿入、

(ずるっ、・・・)

沙羅が目をさましました。

「えっ、ああん、」
「おはよう、奥様、」
「ああ、あなた、おはよう、またするの?」
「ああ、沙羅もしたいだろ、」
「えっ、ええ、ああん、」
「あん、あん、ああん、んん、」

ペニスに翻弄される沙羅、きつい膣に締め付けられ、
たちまち射精したくなる程の沙羅のヴァギナの良さ、痺れます、・・・
静かに、時に烈しく、ストローク、

「あ、ああ、ああ、うぅぅぅぅぅ、」

沙羅の官能に合わせて、激しく射精します。
ドクドクと、・・・・
結婚が決まってから、
沙羅は病院にいって避妊処置をしてきています。
私に生でセックスさせたい、味わせたい、という気持ちからです。
若いのに心理が判る素晴らしい妻です。

余韻に浸る二人、
ごそごそ起きだし、沙羅がシャワーを浴びます。
その間に、ルームサービスで朝食を頼んで置きます。
そして、沙羅が戻ると私がシャワー、
ソファでくつろいでいると食事がきました。
それをテーブルにおかせ、
外のベッドメイクに声をかけ、中のシーツやバスタオルなどを
交換して、余分に2セット置くように頼みました。

(xxxxxxxx、xxx、)
(xxx、xxxx)

ベッドメークしている最中に食べ始めます。

「ねえ、何を頼んだの?」
「シーツの交換とバスタオルを余分にと、」
「ワイフは綺麗だろう、と、」
「嘘、聞いていたけど早口で解らなかったわ、」
「さすが現役の商社マンね、英語が堪能ね、」
「我が旦那様はレベルが高くて素敵、」
「聡明な沙羅奥さまの目にかなった男だからね、英語くらいしゃべれないと恥かしいでしょ、」
「うん、合格(笑)、」
「あなたと海外旅行は楽でいいわ、」
「さ、食べましょう、お腹すいたわ、」
「昨日の夜からずっとだからね、」
「ほんと、ね(笑)、」

むさぼるようにパン、サラダ、卵、を食べ、
オレンジジュース、コーヒー、を飲む。
それに厚切りのハムが素晴らしくうまい、

「ねえ、このハムは特別注文?」
「ああ、典型的なアメリカの朝食なんだけど、付いていないとなんだか物足りなくて頼んだ、」
「本当に美味しいわ、」
「奥様の方がもっと美味しいけど(笑)、」
「もう、何いってるのよ、」
「ははは、」

新婚旅行は始まったばかりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ねえ、もうこんな時間だけど、この後どうするの?」
「そうだね、もう一度抱いてから、外に散策、夕方適当なレストランを見つけて食事はどう?」
「ふふふ、もう一度するのね、」
「レストランも楽しみ、英語がしゃべれない人が旦那様だとはらはらして楽しめないと言うから、
 私は楽だわ、」
「外を散歩して、沙羅のビキニを他の男に見せる?」
「いやよ、私は、あなた以外の人に肌なんか見せたくないし、見られたくもないわ、」
「そういうな、折角の美貌なんだから、・・でも嫌じゃしょうがない、」
「ビキニは私だけに見せてくれ、ホテルのプールで、」
「それならいいわよ、」

沙羅は他の男に興味がないのです。
ホテルでもどこでも人が振り返る程の美貌なんですが、
中年のおっさんの私の専用なんです(笑)、
しかも、弁護士、誰も信用しないと思いますね、出来すぎで。

沙羅を抱きよせ、ベッドに誘います。

「うふふふ、もうするの?」
「ああ、する、ずっとしてる、」
「きゃっ、・・・」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[17] Re: 美少女の匂い  霧積謙 :2018/10/10 (水) 06:43 ID:WtynPhrA No.26283


●新婚旅行3日目



3日目の朝、
朝食を食べた後、窓辺でくつろぎました。
下着姿の沙羅、
いつもの白い下着ではなく、派手な色の上下、そそります。

「沙羅、いいね、その下着、」
「いいでしょ、こんな色も、」
「欲情しちゃう?」
「ああ、いいよ、素晴らしい、」
「それじゃ、出かける前にまたする?」
「沙羅、」
「あ、あん、」

沙羅を抱き寄せ、舌を絡ませる、
すべすべした肌の感触と下着の感触を楽しむ。
沙羅は、毎日抱かれ続けて、敏感になっています。
愛液が乾く暇がない、そんな日々ですから。

しばらく下着姿を楽しんだ後、
脱がせて、沙羅の陰部を舐めます。
沙羅の匂いは、汚れていても、
シャワーの後でも、少し時間が経過した後でも、とにかく素晴らしい匂いです。
美人の沙羅の女性器の匂い、勃起させる匂いです。

「あ、あん、あっ、あ、は、はん、」
「あん、あああ、あぅ、うっ、は、はん、」
「あっ、はっはっ、ああ、あん、ああん、あん、あぅ、・・」

絶え間なく感じ続ける沙羅の喘ぎ声、
感じる沙羅の陰部を貫き、
その熱湯のような膣を楽しみ、大量に射精します。



●ホテル支配人との会話



出かける時に
フロントで支配人と話をしました。
沙羅が気になってしかたなかったようでした。
無理もありません、こんな美貌の日本人なんて見た事ないでしょうから。

「xxxxxx、xxxxx、」
「・・・・・・・・・・・・・・」
「xxxx、xxxxxxx、」

しばらく話してから、
沙羅の所に戻り、腕を組んで出かけます。

「ねえ、何を話してたの?」
「ああ、君の事だよ、」
「えっなんで?」
「ホテルのプールで沙羅の水着をみて、感動したらしい、」
「高遠さんのWifeのような美しい人は今迄見た事がない、芸能人にもいなかった、」
「いったいどんな人なんだ、と言うから、
 沙羅は、クールなロイヤーさと言うとさらに驚き、
 信じられない、芸能人でもこんな人見たことない、という、だから、当たり前だよ、
 彼女は人間じゃなくて、ビーナスだから、というと、」
「おお、それなら納得だといったのさ、」
「もう、オーバーね、」
「じゃ、あなたはビーナスの下着の匂いを嗅ぐ唯一の人(笑)、」
「ああ、世の中にたった一人、ビーナスの臭い陰部を舐められる権利を持つ男(笑)、」
「もう、いやだ、」
「それじゃ、出かけますか、ビーナスの奥様、」
「出かける前に、あの言葉をささやいて下さい、」
「もう、嫌らしいんだから、」
「オ・マ・ン・コ、」

沙羅が耳ともで囁きます。
下半身がぞくぞくするような言葉でした。



●帰りの飛行機



5日間の新婚旅行が終わりました。
毎日本当に沙羅を抱き続けました。
愛液が乾く暇もない状態が続いた沙羅、
少し戸惑い、精力抜群な夫に驚き、
何度も逝くようになっていった沙羅、嬉しそうに夫の求めに応じました。

帰りの飛行機の中、

「沙羅、支配人が寂しそうだったよ、」
「ふふふ、そうね、」
「ホテルの皆が沙羅のファンになったみたいだったね、」
「もう、そんな事ないわよ、」
「鼻が高いよ、沙羅のようなビーナスが妻で、」
「ふふ、じゃ、ビーナスは大事にしないと駄目よ、」
「まかせておけ、淫乱なビーナスにするから、」
「もうなってしまったみたい、」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[18] Re: 美少女の匂い  霧積謙 :2018/10/12 (金) 04:16 ID:DNwud0v6 No.26288


●新婚生活



沙羅との新婚生活が始まりました。
当面住む所は私のマンション、
自分の部屋を改造してダブルベッドを入れ、
客間は沙羅が自由につかえる予備の部屋としました。
沙羅は料理も出来るし、セックスも抜群で
申し分ない女ですが、弁護士なので家庭の負担をかけないように二人で考えました。

「沙羅、生活のリズムなんだが、」
「はい、」
「週末以外はなるべく仕事に専念できるように夜は無理して料理を作らなくても構わない、
 近所の居酒屋で一緒に食事をしても良い、」
「セックスは週末以外にはしなくて良い、ウイークデイは仕事、週末は生活をエンジョイ、
 という切り替えをした方が良いと思う。だから、金曜日と土曜日は淫乱な沙羅になる、
 というのはどうだろう、」
「賛成、めりはりが効いていいわ、」
「でも、普段の日でもセックスして、といったら嫌がらずに抱いてくれる?」
「もちろん、あくまで君の仕事優先という意味だから、沙羅がしたといえば俺はいつでもいいよ、」
「それならいいわ、週末だけだと寂しいから、」
「よし、それなら沙羅しだいで、」
「はい、あなた、」

こうして新婚生活がスタートしましたが、
沙羅は新人弁護士で大変だろうという心配は、見事に裏切られました。
沙羅は並みの新人ではなく、問題解決能力がずば抜けて高く、
仕事で披露困憊という感じじゃないのです。
根本的に他の弁護士と能力が違うのです。

だからセックスなんかしてる余裕はないだろう、という予想はあたりませんでした。
居酒屋で二人で食事して戻ると、
その日の出来事を話し合って、
ベッドに入ると求めてくるのは沙羅の方、思い切り逝ってから寝ると、
朝もすっきりという沙羅、なんだか拍子抜けする程元気なのです。
特別な才能を持ったからでしょうか。



●素肌の沙羅



沙羅と一緒に生活を始めて、
客間の窓際に沙羅の下着が干してあるのを見ると、妙な生活感が湧いてきます。
普通に食事して、普通に風呂に入り、普通に抱き合う、
当たり前の生活が、沙羅と一緒だと、心がざわつくのです。

なぜだろうと思って改めて考えてみると、
沙羅程の美貌の女性と付き合った事がなく、
顔をみているだけでときめく、というような事が無かったからだと気付きました。
沙羅の風呂あがり、化粧を落とし、
素肌を見せながら私にじゃれついてくる沙羅、ただただ、美しい、・・・
もちろん、いつもときめいていては、
拙いと思い平静を装ってはいますが、・・・

(なんて美しいんだろう、)

時々夢かと思います。
少女の面影を残し、輝くばかりの美しい顔、
芸能界にもTVにもこんな顔の人はいません、・・・
やはり、ビーナスなのでしょうか(笑)、・・・・



●沙羅の甘い匂い



毎日、沙羅が同じベッドにいる幸せ、
それは、当初予想していたより、ずっと甘美なものでした。
少し恥じらうようにベッドに入ってくる、待ちかねたように抱きしめる、

「あん、・・」

沙羅の身体からは、風呂上りでも、汗をかいた後でも、
沙羅独特の甘美な匂いがしてきます。
女の匂いですが、前の妻などともまったく違う、とにかくいい匂いなんです、・・・
もちろん、陰部の妖しい匂いも 素晴らしいですが、全部が素晴らしいんです。
抱きしめて舌を絡ませ、長い間キスを続けます。
そうすると、それだけで勃起して痛くなる程なんです。
ペニスの硬さは沙羅に伝わり、嬉しそうに反応します。

「ふふ、元気ねえ、」
「ねえ、痛い程でしょ?」
「ああ、沙羅とキスしてるだけで、こんなになるんだ、」
「触ってくれ、」

ペニスを握ってくれる沙羅、気持ちいいです。
フェラはまだ慣れなくて、あまりしませんが、徐々に慣れるでしょう。
ペニスを弄るには好きですから、
沙羅の乳房は、この世のものとは思えない程、綺麗です。
甘い舌を味わい、乳房を舐め、そして陰部を舐めまわします。

好きで、好きで、どうしようもない沙羅の肉体です。
結局、毎日毎日沙羅を抱いて離しません、
沙羅が大変だから、週末だけにしようと言っていたのですが、

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[19] Re: 美少女の匂い  直美 :2018/10/13 (土) 03:05 ID:oMROAKQA No.26290
素敵な情景が浮かんで羨ましいです。

[20] Re: 美少女の匂い  霧積謙 :2018/10/13 (土) 04:41 ID:d7LH7H8. No.26291


●沙羅の極上の匂い



沙羅がいっていた何日も履いたショーツと
生の陰部は味わった事がありませんでした。
高校生の時、プレミアムとして2日履きのショーツは貰った事はありましたが、・・
そんな事を忘れていた、週末の金曜日、
沙羅も私も遅くなり、私が帰ったら12時近くになっていました。
沙羅は、まだ着替えておらず、リビングで私を待っていました。

「ただいま、」
「おかえり、あなた、」
「沙羅、」
「むっ、・・・・」

沙羅を抱きよせ唇を重ねます。
二人ともアルコールの匂い、少し酔った沙羅もそそります。

「ねえ、私の匂いを嗅ぎたい?」
「ああ、猛烈に嗅ぎたい、沙羅が欲しい、」
「ふふ、3日も抱けなかったから?」
「ああ、出張だったからね、」
「今日は、プレミアム付きよ、」
「え、ひょっとして例のプレミアム?」
「そうよ、あなたの出張の間、洗わないでおいたの、」
「だから、凄い事になってるわ、」
「そっ、それは楽しみだな、」
「じゃ、寝室にいく?」
「ああ、沙羅、もうカチカチだよ、」

私のズボンをさすり微笑む沙羅、
もつれるように寝室にいき、服を脱ぎます。
沙羅はショーツだけ、私は全裸です。
きつく抱きあい、沙羅の唇を重ね、舌を絡ませ、甘い沙羅の、唾液を飲みます。
少し入っているアルコールの匂いがブレンドされ、身体全体から甘酸っぱい匂いが漂います。
白のショーツの上から顔を埋めると、強烈な匂いがしてきます。

「沙羅、凄いよ、素晴らしく臭い、」
「ああ、凄いでしょ、恥かしかったけどあなたのために、」
「3日も我慢したのよ、」
「臭いわよ、味わって、」
「素晴らしいよ、沙羅、いい匂いだ、」

汚れに塗れた陰部は香水の匂いと
ミックスされ、最高の匂いに包まれています。
この匂いだけで逝きそうです、・・
しばらくショーツに顔を埋めて、匂いを楽しんだ後、
ショーツをずらして、生の陰部を眺めます。

(す、凄い、)

白濁した汚れに塗れた沙羅の女性器、
それはまさに汚れたオマンコ、そのものでした。
溢れる強烈な臭気、それは男を興奮させ、勃起させ、
野獣のように犯したい、
そんな気持ちにさせるような刺激に満ちていました。
始めてみる汚れに塗れた沙羅のオマンコ、素晴らしい眺めと匂いです。

「沙羅、凄いぞ、凄い、」
「興奮する、」
「ああ、ひどいでしょ、臭いでしょ、」
「自分でも判るくらいだから、」
「恥かしいけど、あなたのためよ、」
「沙羅の汚れたオマンコを舐めて、」
「ああ舐めるよ、沙羅、」
「あ、あぅっぅぅ、」

沙羅の汚れたオマンコの臭気は凄く、
痛い程ペニスが硬くなってます。

(ぬちゃぬちゃ)

と舐める、臭気が強くなり、
ぬるぬるの柔らかな陰唇をしゃぶります。
ショーツも取り払い、沙羅の陰部をさらに、舐めまわします。

「お、美味しいよ、沙羅、」
「ああ、汚れたオマンコがそんなに美味しいの、」
「変態、あなたは変態よ、ああん、」
「き、気持ちいい、もっと舐めて、」
「あ、あん、は、はあう、あ、あん、・・・」

素晴らしい匂い、
美味しい汚れ、溢れ出る愛液、止まりませんでした。

「ああん、あなた、逝っちゃう、逝くぅぅぅぅ、」

沙羅が、舐められるだけでアクメに達しました。
また、官能の扉を開けたようです。

何度か沙羅を舐めて逝かせた後、カチカチのペニスを差し込みます。
ずぶ、・・・
沙羅のオマンコにペニスが呑みこまれるように入って行きました。

「あ、あう、ぅぅぅぅ、」
「ああん、あん、あああ、あん、はぅはぅ、・・・」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[21] Re: 美少女の匂い  誠人 :2018/11/11 (日) 02:42 ID:F5SqsUgc No.26387
こう言うのを名作と呼ぶんでしょうね。
仄々として読み入りました・・ありがとうございました。


[22] Re: 美少女の匂い  :2018/12/04 (火) 19:19 ID:OqxNued6 No.26429
一気に読ませて貰いました。
愛するって素晴らしい、たとえそれが変態だとしても胸が熱くなります。
本当に名作です。


[23] Re: 美少女の匂い  ちゅうねんさん :2019/04/02 (火) 08:06 ID:GDWk7IO6 No.27024
おはようございます。
何か進展があれば、又再開してもらえないでしょうか。



▲トップ /全部読む /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

性感マッサージ - 現在のレスは4個です -

[1] スレッドオーナー: ケン :2019/03/29 (金) 19:23 ID:RVXLYvb2 No.27010
もう15年以上も前の体験談になります。

当時、仕事をしながらマッサージの勉強をしてました。
マッサージを覚えてくると妻や知り合いに勉強の為に実験台になってもらいました。

ある程度マッサージが上手になった頃に、妻の知り合いの奥さんに腰痛や肩凝りが凄く実験台になるから無料でマッサージして欲しいと妻を通して頼まれ、お互いに顔見知りと言う事もあり受ける事にしました。
施術の日を決めると土曜日は旦那さんがゴルフで子供は遊びに出て誰も居ないからと言われ土曜日の午前中に決めました。

妻も知り合いの安心感からなの
「折角なんだから勉強しながら治してあげてね」
「独立をしたらお客さんになるかも」
色々な事を言われながら当日を迎えました。

施術する奥さんは40代後半の男好きする人で近所の旦那連中には憧れの奥さんで、その奥さんの身体を触る事を考えると興奮を覚えます。
マッサージをしながらお尻や太股を触れたらとか考えながら家に行くと、お茶を出して貰い世間話しをしながらリビングの隣に布団を引きました。
施術の流れを説明して
「軽い服装に着替えて下さい」
『軽いってどんなのが良いのかな?』
「パジャマとかが有れば...」
『私、ネグリジェしか着ないんだけど大丈夫かな?』
「大丈夫ですよ」

ネグリジェって言葉に透け透けのイメージで興奮してると普通のワンピースタイプのネグリジェで少しがっかりです。
布団にうつ伏せに寝て貰い背中からマッサージすると体温が手に伝わります。
普通なら手拭いを身体に掛けマッサージするんだけど奥さんの身体を触りたくてそのままマッサージを続けました。
「かなり肩が凝ってますね」
『そうでしょう、痛くて寝れないのよ』
「もしかして腰や脚も痛いでしょう」
『分かる?立ってるの辛い時があるのよ』
「肩凝りは足腰の問題が多いから腰や脚を重点的にマッサージしますね」
『お願いします』
これでお尻や太股を触り放題だと思いながら興奮を抑え冷静に対応しました。

腰を強くマッサージすると
『あっ~痛いけど気持ちいい』『そこ痛い~~』『あっ~~~キク~~』
喘ぎ声を想像するような声を出して身を捩ってました。
「強かったですか?」
『大丈夫、痛いけど気持ちいいの』
「次はお尻です」
柔らかいお尻を触りながらマッサージすると
『お尻って気持ちいいのね』『脚の力が抜ける感じ』『気持ちいいわ』
お尻を揉みながら、電車の中で女性のお尻を触ったら痴漢で捕まるけどマッサージは合法的な痴漢だと思いました。

綺麗な奥さんのお尻や太股を触りながらのマッサージで興奮MAXだけどそれ以上の事は出来ませんでした。
一通りにマッサージをして終わりになり
「これで終わりです」
『ありがとう、凄く楽になりました』
「まだ下手だけど、モデルをしてくれて感謝です」
『またお願い出来るかしら』
「こちらこそ、宜しくお願いします」

近所の奥さんでなかったらって考えながら自宅に帰りました。



[2] Re: 性感マッサージ  ケン :2019/03/30 (土) 16:57 ID:BRaSSfJs No.27015
何回か奥さんにマッサージの練習をして貰ってもうつ伏せだけの施術だけでした。

数回目のある日、家では都合が悪いから別の場所でとシティーホテルを指定されました。
『○○ホテルにデイパックで予約してあるから1019に2時にお願いします』
「分かりました、2にお伺いします」
ホテルでマッサージ...妻には内緒で期待をしながら約束時間にホテルに行きました。

部屋に入るとお茶を飲みながら家庭の愚痴など色々な事を一気に話始めました、よほど嫌な事があったのか愚痴が止まらなかったけど、スッキリするまで聞いてあげました。
愚痴が言いたい為のホテルなのかな?そんな気がしました。

愚痴を吐き出してスッキリした奥さんは
『今日は家から離れたし、ゆっくりマッサージして下さい』
「そうですね、家だと誰が来るか分からないから本格的にマッサージ出来ませんでした」
『じゃあ、本格的にお願いね』
「はい、それならシャワーを浴びて身体を温めて下さいね」
浴室に行きシャワーの音を聞いて脱いだら洋服を見るとピンクのブラジャーとパンツが置いてありました、パンツを取り匂いを嗅ぐと女の興奮した匂いで興奮してたのが分かりました。

しばらくすると備え付けの太股までの浴依を着て出てきました
『なんか恥ずかしいから暗くしてもいい?』
「大丈夫ですよ」
カーテンを閉じ、部屋の電気を消してベットに座りました
『せっかくだから貴方もシャワー浴びたら?気持ちいいわよ』
え、これはお誘い...
「じゃあ、僕もシャワーしてきます」
興奮するチンポを洗い全裸のまま浴依を着て出ていきました。

ベットを見ると奥さんにはうつ伏せに寝てました。
「スッキリしました、マッサージを始めましょうか?」
『お願いします』
肩から背中に指を動かすとブラジャーのホックが無く紐の感覚も無い...ブラは付けてないって感じでした。

この時点でドキドキでしたけど、腰からお尻に異動してもパンツの感触が有りません、それならと太股に異動した時に短い浴依だから素肌のままマッサージしました。
太股を揉みながら浴衣の中に指を入れ捲るようにするとお尻が見えます、奥さんが全裸で浴衣なら抵抗しないと思い大胆にマッサージするようにしました。

「次は上を向いて下さい」
無言で上を向くと浴衣がはだけ太股が露になりました、奥さんは直す素振りも無くそのままにしてました
完全に誘ってると思いマッサージどころではありません。

肩から胸の付け根を揉みながら
「女性は胸が凝るんですよね」
『それ分かります』
「ここは気持ち良くないですか?」
『痛いような気持ち良さです』
ここまで来たら直接オッパイを触りながら優しく揉むようにして
「痛いですか?」
『大丈夫です』
オッパイを揉みながら指先で乳首をコリコリしてると、息が荒くなり始めました

「浴衣が邪魔ですね、取りますよ」
何も言わず眼を閉じてます、浴衣の紐を外し前を拡げるとオマンコの毛も露になりました。
完全に浴衣を脱がし、僕も全裸になりマッサージを開始しました、オッパイを揉みながら乳首を舐めると小さな喘ぎ声を出し勃起したチンポを握ってきました。

もう完全にセックス体制で奥さんの脚を拡げオマンコを舐めるとビチョビチョに濡れてました。
「美味しいオマンコですよ」
『私もしゃぶらせて』
「上に乗って」
69になって舐め合ってから
『入れていい?』
「欲しいの?」
『もう我慢出来ない』
奥さんは上になりチンポを持ってオマンコに入れました。

『あっ~~気持ちいい』『お願い逝かせて~~』
腰を激しく動かしながら『気持ちいい~~』『逝くよ逝く~~』
騎乗位で逝って
『お願いバックで逝かせて』
四つん這いになりお尻を突きだしチンポを待ちます

『お願い入れて、奥まで入れて~』
『いっぱい逝かせて~~』
見た目が清楚なのにスイッチが入ったら貪欲になる奥さんの態度に興奮しながらチンポを突っ込みました。

「奥さんのオマンコ気持ちいいよ」
『貴方のチンポもいいわ~』
「チンポを締め付けるオマンコだね」
『ぶっといチンポで逝かせて~~』
「チンポ締め付けるよ」
『あっダメ~~逝く~~~』『オマンコ逝く~~~』
ゴムも付けてないからお尻の上に出して2人で逝きました。

『また会ってくれる?』
「僕も奥さんとしたいですよ」
『既婚同士で秘密に会ってね』
「バレないようにしましょう」
次回の約束をしてホテルを出ました。


[3] Re: 性感マッサージ  ケン :2019/03/31 (日) 15:30 ID:.7jfg9n. No.27016
マッサージをするって合法的な痴漢だし、あわよくばセックスが出来る最高の行為と思いました。
知り合いの奥さんとは月に1度のセックスを楽しんでたけど、色々な女性とセックスしたい欲望が芽生え始めました。

あるサイトの募集掲示板に
《マッサージの勉強をしてます、練習をさせてくださる方が居ましたらメール下さい》
と投稿したら5件のメールが届きました。

5人の方とメール交換をしてると《性感マッサージは出来ますか?》との内容でネットで調べてみるとオイルを身体に塗り性的なマッサージだと書いてありました。
当時は性感マッサージって男性の風俗的な感じでしたけど、女性を対象にした性感マッサージ店が数件有るだけでした。

性感マッサージに興味が湧き体験する為にネットで調べて予約をしました
店に行ってみると普通の指圧マッサージ店で風俗の感じがありません、ビルの3階の一室に2部屋しかないこじんまりとした店舗で、施術師さんは40代位の普通の女性でした。

シャワーを勧められ、バスタオルを腰に巻き出るとベットルームに入り全裸になりうつ伏せにからのオイルマッサージです。
身体にオイルを塗られ10本の指が生き物のように動き始め、背中やお尻には舐められてるような指の動きに声が出そうになるような気持ち良さで自然と腰が動いてしまいます。
上向きになると胸や太股とオイルマッサージしてチンポにはなかなか触れません、ビンビンに勃起してるオイルが付いた手が触れた瞬間に思わず『うっ』と声を出してしまいました。

ゆっくり動く指が玉やお尻の穴の回りを刺激してチンポには弱い刺激で射精させません
竿を刺激して逝きそうになると他を刺激する、何回も逝かせないようにしてから最後には10本の指が生き物のように動き竿と玉とアナルを刺激して射精させます、射精する時には大きな声を出してしまう快楽が襲ってきました。

普段の射精よりかなり多くの量が出た感じです、これが女性なら逝く声も大きくなりチンポを欲しがるんじゃなかと思い研究しようと考えました。

性感マッサージを望む女性にメールをして、自分が性感を体験した事や女性に性感マッサージをしたい事を話し、練習台になってくれる事を約束して日時を決めました。


[4] Re: 性感マッサージ  ケン :2019/03/31 (日) 18:50 ID:lgfpnlpw No.27018
待ち合わせの日は人の多い駅『既婚だし怖いからとの理由』で待ってると30代の女性が声を掛けてきました。

そのままホテルに入るのもやっぱり怖いからとお茶を飲みながら会話して、近くのラブホテルに行きました。
部屋に入るまでは緊張してるのが手に取るように分かったけど、マッサージの話しや性感マッサージは今回が初めてだから上手に出来ないとか言ってると女性も落ち着いてきました。

結婚して以来、初めて男性とホテルに入ったとか旦那がセックスが弱くてオナニーをしてるとか性感マッサージはネットで見て興奮したとか告白すると完全に緊張がなくなった感じです。

マッサージするには身体を温めた方が効果的と説明すると
『一緒に入りませんか?』
「良いんですか?」
『その方が安心するから...』
「そっか、初めて会うんだし何かを持ち逃げされる心配もありますよね」
『そこまでは考えてなかったです』
女性は否定してたけど、お風呂に入ってる時にバックの中を見られる心配だと思います。

一緒にシャワーを浴び女性の身体を洗ってあげると乳首は敏感に立ち、オマンコはヌルヌルに濡れてました。
お返しにチンポを洗いながら
『凄い、カチカチになってる』
「奥さんの身体を見たら勃起しますよ」
『うちのなんてこんなに硬くならないです』
チンポの感触を楽しむように握って離しません、シャワーで泡を洗い流すとチンポを舐めます
『私、おちんちん舐めるの好きなの』
「そんなに舐めたら気持ち良くなっちゃいますよ」
『出しても良いですよ』
「それは後で...」
『うん、分かった』

ベットに異動してから性感マッサージの開始です
背中にオイルを塗り指を動かしながら弱い刺激で舐めるような感じを意識しながら愛撫しました。
『あっ~これ気持ちいい~~』
『ヌルヌルして舐められてるみたい』
お尻に指を這わせ脚を拡げるとオマンコが濡れてるのが分かります、僕が経験したようにオマンコには触りません。

お尻の穴の回りを舐めてるよに指を動かしながら穴に入れてみるとスッポト抵抗もなく入りました
『なに、なに、変な感覚』
「気持ち良いのかな?」
『なんか気持ちいい~』
「アナルの経験は?」
『無いけど、なんか気持ちいい』
指を一本出し入れすると喘ぎ声が大きくなりました、アナルにオイルを垂らし二本指を入れ出し入れすると叫び声を出して感じてます。

『お尻が気持ちいいなんて...』
「チンポ入れてみる?」
『興味はあるけど怖い』
「痛かったら止めるよ」
『それなら』
腰を上げ四つん這いになりチンポを入れやすい体制になりました。

チンポとアナルにオイルを塗りゆっくりチンポを入れると悲鳴のような声を出して
『お尻、お尻、お尻~~~』
『イヤ~~~』
『お尻が気持ちいい~~』
ゆっくり出し入れしたけど、だんだん痛くてなってチンポを抜きました。

そのまま浴室に行きチンポとアナルを洗いベットに戻りました。
もう性感マッサージも忘れベットではセックスに没頭してオマンコを舐めチンポをしゃぶり
『入れて~~犯して~~』
『気持ちいい~』
『逝く~~~』
正常位で逝きました。

2回目はバックでハメてから尻穴にオイルを塗り指をアナルに入れると「気持ちいい~」が止まりません
「どっちが良いのかな?」
『両方気持ちいいの~~』
「オマンコで逝きなさい」
『おまんこ逝く~~~』

オマンコからチンポを抜いてアナルに入れると
『気持ちいい~~』
『なんか変、気持ちいい~』
『イヤ~~ダメ~~』
逝ったような声でアナルに射精しました。

本人に確認を取ると
『オマンコの逝くとは違うような...』
『逝ったのか分からない』
『また、お尻を気持ち良くさせてね』
「アナルセックスが良かったの?」
『アナルを調教して欲しいの、その代わり私だけにしてね』
「分かりました、アナルは奥さんだけにしかしません」

性感マッサージは次回にすると決めて、今日は別れました。



▲トップ /全部読む /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

愛妻 - 現在のレスは12個、人気のスレッドです! -

[1] スレッドオーナー: 修一郎 :2018/12/10 (月) 12:26 ID:9WkJYGeA No.26442
結婚して三年。妻の沙耶30歳。
スタイルも良く、愛想も良く、近所からの評判もいい。私を立ててけして、前に出ない。そんな、みんなから評判のいい自慢の妻だ。
でも、私には悩みがあった。それは、夜に成ると変貌するのだ!
「ほら、こっちに来なさい!そこに正座しなさい。」ベッドの前に正座で座る私には「昼間の態度は何?いったい何様なの?」
いつもの事だが、外では決して私の前に出ないのだが!夜に成るとその憂さ晴らしが私に向けられるのだ!それだけならいいがそこからが大変なのだ。
「まったく、人前では偉そうに!私に感謝しなさいね。ほら、感謝を込めて!」「はい。」
妻は、私の顔に足を当ててくる。私は、その足をふくらはぎを両手でマッサージしながら、足の指を一本づつ両足を妻が納得するまで舐めてていく。
最初は、戸惑っていたが最近はなれてきた。なれたと言うよりも、妻に調教されたと言う方が正しいのかもしれない!

[3] Re: 愛妻  修一郎 :2018/12/11 (火) 14:59 ID:9A63vLSo No.26446
ひろしさん、有難うございます。暇な時に更新していきたいと思います。

「もういいわ。ほら、ベッド寝なさい。」私が、ベッドに寝ると妻は顔に跨がり腰を激しく振ってくる「ほら、舌出して!あぁぁっ。もっと舌を動かして!ほら、ほら、もっと!激しく!」私は、妻の腰の動きに合わせて舌を入れたり出したり妻を早く満足させないと私が持たない。
「んっ。はっ。そう。そうよ!いいわ?あっ。いっ。いいっわ。そうよ!はっぅぅっ。あっっ。」
妻の腰の動きが止まり、私の横にきた。「ほら、早く!」次は、私の攻めの番だ。
逝ったばかりの、オマ・コに舌を入れてクリを上唇で刺激する。
「あぁぁっ。そうよ!いいわ。中をもっとかき回して!クリ・リスを吸って!もっと激しく!はぁあっ。舌で転がして!あっあっ。そう。ほら、指を入れて!あっっっ。いいっっ。そのままもっと、激しく!」
妻の指示通りにすると、すぐに逝ってしまう。
「そう。あっ。あっ。いい。いく。いくっ。いくっく。あぁぁぁ。はぁあぁぁっ。」妻の体の力が抜けた。
「はあっ、はあっ、いいわよ。あなたも気持ち良くなって!そのかわり、自分だけ満足したら許さないわよ!」
私は、妻を満足させていると思っていた。でも、この状態に成ってから妻は、演技で満足していただけだったと!
「はいっ。頑張ります!今日は、犯していいですか?」「私を満足させれるならね!」
妻は、ワタシだけが満足して、マンネリに成るからと
毎回、色々なパターンでセッ・スするように言ったのだ。

[4] Re: 愛妻  修一郎 :2018/12/11 (火) 15:26 ID:9A63vLSo No.26447
妻とのこの夜の性活が始まってから、逆に浮気をしなくなった。
大体が、結婚した後に浮気がバレて妻が本性を出したのだ。
バレた時は、ある帝都私は、開き直って「男はたまには、外で遊ぶんだよ!本気じゃないし、風俗くらい浮気にはならないだろ!」と。
すると、妻は私の顔にビンタをして
「はぁっ?あんたのあれで!だれが満足できるの?自己満足で、自分だけ気持ち良く成って!私一人満足感させなれないのに!風俗だ?金の無駄だろ!」
それから、二時間くらいは都万は私に罵声を浴びせ続けた!
そして、私のプライドは潰され、夫としての尊厳を無くしたのだ。
それから、妻の私への調教が始まったのだ。

「今日は、キッチンで犯したいです!」「いいわよ。それじゃ、着替えて行くからトイレでも入ってなさい。」「はいっ!あっ、それと黒いパンスト履いて下さい。出来れば破きたいです。」「いいけど。でも、興奮しすぎて早く逝かないでしょうね?」「頑張ります!」
こうやって、妻は私の要望を聞いてくれたり、妻が私を一方的に責めたりと、色々なパターンでセッ・スする様に成ったのだ!
そのせいか、責めるのも責められるのも好きに成ってしまった。
そして、妻を大事にする様にも成った。
私は、トイレに入り、津曲キッチンに逝くのを待った。どうやって犯そうか?ソファーに倒すか、キッチンで後ろから犯すか?考えてるだけでチ・ポが大きく成ってしまう。最後は、妻のパンスト足を精子で汚したいと考えていた。すると、キッチンから水の音が聞こえた!
トイレのドアをゆっくり開けて、ゆっくりと妻に近づき、後ろから口を抑えた。
「静かに!騒ぐと痛い目にあうぞ!」

[5] Re: 愛妻  修一郎 :2018/12/12 (水) 14:58 ID:AkBPy.5c No.26449
妻だとわかっていても私は、興奮していた。ポケットに入れていたネクタイで妻の両手を縛り「じっとしてろよ!気持ち良くしてやるからな!」
妻もいつものように演技をしてくれる「やめて、やめて下さい!」「騒ぐなよ!」後ろから服の中に手を入れて胸を揉んだ。
「いい胸してるな!おや、乳首が硬く成ってるぞ!何だ、ほら、期待してるのか!」「違います。やめてっ、あっ。」乳首を摘まむと声をあげた。
キッチンで、手首を縛り手をつかせ、スカートを捲りあげ!黒いストッキングを破いた。足やお尻の方へすぐに伝線した線が伸びた。この瞬間が何とも云えない興奮する場面だ。
「何だか、もうマ・コ濡らしてるじゃないか!」「やめて!触らないで!」私は、ズボンを脱ぎ捨て今にも逝きそうに成ったチ・ポを後ろから妻の中へと突き刺した!
「んっっ。だめ、やめて!抜いて!」「こんなに、簡単にチ・ポを咥わえといてやめてはないだろ!欲しかったんだろ、自分で慰めてたのか?ほら、どうだ!」私は、押し付ける様に後から突き上げた。
スカートを捲りあげ、お尻を突き出している。パンストが伝線している。それを見ているだけでも興奮してしまう。胸を揉みながら「ほら、気持ち良いんだろ!体は正直にチ・ポを喜んでるじゃないか!」「んんっ。ダメッ、はっ。」「ほら、素直に感じたらどうだ!」
私は、後から抱き付いたまま妻をソファーへと押しやった。
ソファーに座らせると両足をM字に開きチ・ポを入れた。妻の爪先を口に入れて指を舐めながら腰を振った。
「んんっ、あっっ、だめっ。」
妻の服を捲りあげ、胸を乱暴に揉んだ。妻を本当に犯しているような感じだった。
やばい。逝きそうに成ってしまう。でも、妻は満足していない!ここで出したら、何を言われるか!腰を振るのをやめて、クリ・リスを親指で激しく刺激した。
「いやっ、だめっ、やめて!はっ。ダメダメやめて!そんな事されたら。」私は、腰をゆっくりと振りながら親指を動かし続けた。
そろそろ妻は逝きそうだ!腰を激しく動かした。「ダメッ、ダメッ、やっ、やっ。んんんッはあっっうっ。」妻は我慢しながらも逝った。
私は、妻の両足を持ち上げ激しく腰を振った。
妻は、「んんッんっっダメッ。あぁぁぁぁっう。」とすぐにまた逝った。私も、「そんなに犯されて2回も逝くなんて淫乱な女だな!それじゃ、そろそろ俺も逝くぞ!」「いやっ、中はやめて、中だけは出さないで!アッッッッァッ」妻が3度目を迎え、私も限界になり「あっあっだすぞ!んんんっででる!あっ。」
そして、妻の足に大量の精子を放出した。
黒いパンストが、私の精子を弾きながら流れ落ちていく。
妻は、満足そうにソファーで息を切らしている。私も妻の足元に座り込んだ。
「今日は、頑張ったわね!許してあげるわ。まったく。こんなに、汚して。先にベットにいくからちゃんと片付けてくるのよ!」縛ったネクタイを離すと、妻は服を脱ぎ捨て全裸になって、ベットへ戻って行った。
私は、妻の脱ぎ捨てた服を片付けて洗濯機へと入れて、シャワーを浴びて妻の所へ行った。

[6] Re: 愛妻  修一郎 :2018/12/15 (土) 12:37 ID:mtfboFME No.26461
ある週末の事だった。妻の友達の百合ちゃんが朝早くから訪ねて来た。
私は、妻にどこでもいいから遊びに行くように言われた。
そして、妻から帰って来いいと言われたのはお昼過ぎだった。
リビングに行くと、百合ちゃんが私を見て顔を真っ赤にして下を向いた!
「あなた、百合の前に正座しなさい!」「えっ?」何を言い出したのかと戸惑っていると「ほら、いつもの様に正座しなさい!」
私は、妻の命令通りに下を向いたままの百合ちゃんの前に正座した。
「ほら、百合!遠慮しなくていいのよ!恥ずかしいの何て最初だけよ!」百合は立ち上がり「沙耶、やっぱりダメよ。私には・・・今日は帰るね。」
私は、何が何だか分からなかった!
「百合、いいから座って。二人で納得したでしょ!」
「あのっ。」と口を開こうとしたら、妻のビンタが飛んできて「黙って座ってなさい!」
百合ちゃんが唖然としていた。「ねっ。嘘じゃないでしょ!この人は、これで喜ぶのよ!ねっ、あなた。私に、苛められて嬉しいわよね!」
その言葉に百合ちゃんも私の顔を見下ろしている。
「・・・はいっ。苛められたいです。」

[7] Re: 愛妻  修一郎 :2018/12/15 (土) 13:52 ID:mtfboFME No.26463
私には、いったい何なのか、さっぱり分からなかった。でも、妻に逆らう事は出来ないし、流れからして黙って従う方が無難だと感じた。
「あっ、そうだ!百合、ちょっとまってて!いい事を思い付いたわ!ほら、あなた、着なさい!」
嫌な予感だ!妻が嬉しそうに笑っている。何を思い付いたのか?ついて寝室に行くと「ほら、裸に成りなさい!たしか、前に注文しといたのよね!あった!」クローゼットから何かを取り出した。
「ほら、さっさと裸に成りなさい!」私は、服を脱ぎながら「いったい何なんだよ?」裸に成った私に、「ほら、前に買っといたのよ!」と首輪とリードだった。私は首輪をされて、リードで繋がれた。
「ほら、お座り!」リードを下に引っ張られ、私は犬の様にお座りをした。妻は、私の前に座り。
「前に、百合の事を可愛いな!って、言ったわよね。そんな百合とセッ・スしたいでしょ!ねっ、したいわよね!」「はぁぁっ?何を、するわけないだろ!」「はぁっ、百合の事嫌いなの?」「嫌いじゃないよ。何をいきなり」
妻は立ち上がり「時間がもったいないわ!いい、あなたは素直に言われた事をすればいいの!もちろん、百合の言うことを聞くのよ!ほら、行くわよ!」
リビングの前で、四つん這いにさせらリビングへと入っていった。妻は嬉しそうに!
「ほら、百合。これならいいでしょ!犬だと思えばいいのよ!ほら、何とか言いなさい!」リードを強く引っ張られて「はい。犬です!」「ほら、百合の前にお座り!」私は、百合ちゃんの前に裸で、首輪を付けられ座らさせた。
人前でのこれは恥ずかしい。妻はリードを百合ちゃんへと持たせた。

[8] Re: 愛妻  ひろし :2018/12/21 (金) 14:22 ID:yfSQNyB6 No.26484
続きをまってます。

[9] Re: 愛妻  修一郎 :2018/12/28 (金) 16:04 ID:w61gxFog No.26512
沙耶は百合に「好きにしていいのよ!欲求不満だったんでしよ。私は、向こうに行ってるわね。」
沙耶は、「いい、ちゃんと奉仕するのよ!」ニコニコしながらそう言って部屋を出た。
百合は私に「本当にいいの?」と訪ねてきた。「よく分からないけど、沙耶がいいと言うからね。」
それから、百合はリードを引っ張り「じゃ、足を舐めなさい!」と爪先で私の顎をなでた。
私は、百合の足を持ち爪先を口に入れて指に舌を絡ませ舐めた。
「はっ。へー。本当に足も舐めるのね!沙耶から聞いた時は信じられなかったけど!本当に舐める人が居るんだ!はっ、足の指を舐められるのも悪くないわね!」
私は、百合の指を舐め続けた。「ほら、反対も舐めなさい!」百合からすると、私の行動が信じられないだろうが、私にすれば百合がこんなタイプだとは思わなかった!
人当たりも良く、いつもニコニコして優しく大人しいタイプだと思っていた。でも、他の人からすれば沙耶も同じた!つくずく女とは分からない。
足を持って舐めていると、もう片方の足がチ・ポを擦り始めた。
「足を舐めて興奮するのね!いつもの堂々とした態度は何処に行ったの?恥ずかしくないの。足の指を舐めてチ・ポ大きくなるんだなするなんて!」
百合は、笑いながら「ほら、立ちなさい!」と私を立たせると「私ね、男の人のオナニー見た事ないのよ!射精する所を見たいからオナニーしなさい!」
私は「えっ、それは、ちょっと恥ずかしいです・・・」
百合はリードをムチの様にしならせ私の体を叩いた。「いいから、しなさい!見ててあげるから!ほら、しなさいよ!チ・ポ大きくしてるんだから、さっさとしなさい!」

[10] Re: 愛妻  修一郎 :2019/01/17 (木) 14:44 ID:0ZV15bCQ No.26552
百合の目が、ほら早く!と言うような感じだった。私は、覚悟を決めてチ・ポを扱きだした。
「男の人って、左手でするの?」「えっ、それは人それぞれだと思うけど・・・」「修君は、エッチな本とかビデオ見ながらそうやってするの?」「・・・若い時は見ながらしてたけど・・・最近は自分じゃしないから。」
百合は、興味深々でじっと見つめている。こんな、見られながらオナニーするなて・・・
でも、私の中で新たな目覚めがあった。恥ずかしいのに、興奮している。しかも、こんなにまじまじと見つめられてチ・ポを扱くなんて!
「あのつ、百合ちゃん。僕の手に唾を吐いてくれないかな!」と、手を出した。百合は、不思議そうな顔をしたが僕の手に唾を吐いた。
その手で、チ・ポを扱いた。
「あっ。百合ちゃんの唾で、チ・ポが・・・あっ。」グチュグチュと音を立てながら扱いた。
「はっ、百合ちゃんにそんなに見つめられてると!」
「何?見られながらして興奮してるんだ!思った以上に変態さんなんだね!私の前で自分のチ・ポを扱いて興奮してるなんて!」
百合から罵られているのに!興奮してしまっていた。
「あっ、出していいかな!もう、出ちゃいそう。」「いいわよ!出しなさい。見ててあげるから!ほら、出して!精子が出る所見せて!」
百合の顔がチ・ポに近い!「はっ、で、でる!あっ。」
チ・ポから、勢いよく精子が出ると、百合の顔にかかった。
「キャッ。凄い!こんなに勢いよく出るんだ!凄い、どんどん出てくる!」
自分でもビックリした。見られながらしてこんなに興奮して沢山出るなんて。
百合は、顔に着いた精子を手で拭いとりながら、「凄い。こんなに飛ぶんだ!ビックリ。」

[11] Re: 愛妻  修一郎 :2019/01/17 (木) 15:02 ID:0ZV15bCQ No.26553
百合は「ねっ、もっと私を気持ちよくしてくれるわよね!」「えっ、自信は無いけど・・・」
「沙耶と話してたらね、うちの人は自分勝手だって言うのよ。私は、そんなにセッ・スで気持ちよく感じた事ないのよ!沙耶が、そんなの一人で私を使ってオナニーする用なもんだって。そしたら、修君の事を色々教えてくれて、私の知らない事を教えてくれたのよ!
私からは、言えないし。そしたら、沙耶が修君を貸してくれるって!そしたら、私ももっとセッ・スが好きになるはずだ!って。だから、私を気持ちよくしてくれる?」
二人で、そんな話をしていたなんて。男は、夫婦関の夜の話はあまりしないのに、女同士は怖いとおもった。
「ほら、何してるの早くして!」
「百合ちゃんは、責めたいの?責められたいの?」
百合の前で、オナニーしたばかりで今さら百合を責めるのは、やりにくかった。「出来れば、このまま僕を責めて欲しいんだけど!」
「いいわよ。責めてあげる。でも、どうすればいいのかよく分からなくて!」「百合ちゃんのして欲しいことを僕に命令してくれればいいよ!さっき見たいに、足を舐めろとか。どこでも、何でも、して欲しいことを命令してくれれば。」

[12] Re: 愛妻  :2019/03/13 (水) 09:02 ID:A1RkmM2k No.26847
続きお願いします


▲トップ /全部読む /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

2人旅行 - 現在のレスは3個です -

[1] スレッドオーナー: id ken◆BwmzwU :2019/02/26 (火) 18:24 ID:qO353R5I No.26771
@
年末の家族旅行に続き暖かい南の島へ2人旅行
エアとホテルが格安!行った事無い島!即予約!
1月ですから夏日とは行きませんが半袖で気分は夏
レンタカーでドライブして観光して遊覧船に乗り
晩は島料理の店で美味しいもの沢山食べて
地酒沢山呑んで2人でいい気分
地元の人や女将さんとも話し楽しい店でした
お腹が一杯ですのでコンビニよってお酒とあてを買い
ホテルまで少し距離がありますがブラブラと歩きます
「ぜんぜん寒くないね」腕を絡めてきます
あまりこういうのは恥ずかしく私が好きではなく
普段あまり腕を組んだりと言うことはありませんが
旅行に来れば必ず甘えて腕にぶら下がってくる妻です
「そうだね。1月だけど初夏の夜だね」
リゾート用の明るい色の薄手のニット
大きく開いた胸元を見ながら答えます
妻は悪戯っぽく豊満なバストを押し付けてきます
いい感じに酔っ払いこれは楽しいに夜になりそう

部屋に入ると昼の暑さか少しムッとしています
高層階ですが窓は少し開きますので窓を開け
部屋のドアもドアストッパーで少し開けておく

昼の遊覧船で見たイルカや先ほどの店の地酒の話などを
しながらビールを飲みベットの隣に妻を座らせ
ニットの胸元から大きなバストを触ります
「もう、イヤん♪」
とは言うもののキスをするといやらしく
美しい唇を開き舌に吸い付き受け入れます
そのまま一緒に風呂に入り妻を念入りに洗い
妻も私の男根を挑発するように洗います
風呂から上がり髪の濡れたままの妻を
ベットにゆっくりと押し倒しタオルを取り
脚を広げていきなりのクリ責め開始
クリを吸い付き転がし舐め上げると
私の頭を抱えて甘い吐息を漏らします
先ほど風呂から上がったばかりなのに
匂いたつ雌の匂い
シコリ立ったクリを甘噛みすると嬌声をあげます
妻を抑え込みクンニしながら乳首を摘み上げ
大きくなったクリを指でシコってやると
私の顔にぐっと腰を押し付けて来ます
股間からバストに舐め上り乳首に吸い付き
大きなバストを強く潰し揉みしながら
両の乳首を弾き摘み遊びます
ヌルヌルの膣口から指を膣道に差し入れ
指の腹でゆっくりとかき回します
乳首をしゃぶり噛む度に膣口がキュッと収縮
膣の中を2本の中指の腹で押し上げ
大きく膨らんだクリは親指で押し潰し
膣の中と外からきつく挟み込み
指を腕全体でピストンしながらクリと膣内を擦る
嬌声のあげる妻にキスをすると私の舌に吸い付き舌フェラ
激しくピストンを繰り返しながら妻の口を舌で塞ぎ
くぐもった嗚咽とふっふっと鼻からの吐息
妻が気をやるまで散々遊び最初の昇天

果てた妻を起こし男根をしゃぶらせます
iPadで持ってきた輪姦動画を音量上げ再生
「何人もの男達に上も下も便所マラソンされる動画」
妻を四つん這いに引き立て
私も跪き勃起を顔の前に差し出します
この四つんばいのスタイルが私は大好き
高々と持ち上げたヒップにそり落とした腰
肘を突いてその間から覘く重く垂れたバスト
舐め回し吸い付いてぷっくりとした唇を
性器に見立てて亀頭を入口に当て擦ります
妻は目を瞑り美しい唇を少しずつ開き亀頭を迎えます
口腔内は涎を貯め暖かく潤っています
大きく重く垂れたバストを両手で揉みしだきながら
まず亀頭からカリ首の出し入れを楽しみます
妻も明らかに勃起を味わっている顔で鼻を鳴らし
出入りに合わせ逃さない感じで舌や頬を使い締め付け
いやらし音を動画に負けじと立てしゃぶります
私は少しずつストロークを大きくして口腔内の
感触を楽しみゆっくり打ち込んでいきます
妻はまだ喉奥が開通していないので
男根の2/3くらいまでしか飲み込めません
喉の奥寸前まで亀頭を滑り入れ舌の上に裏筋を擦り付け
吸上げる感触を楽しみながらカリ首まで引き抜き
入れる時はブッチュブッチュブッチュと
引き抜く時にはブボボボといやらしい音を立てます
躾通りに唇を塞ぎ口汁を溢さずにクチュクチュと音を鳴らす
私の先走りと自分の涎でグチュグチュになった口マンコ
動画のフェイスファックのいやらしい音と競演です
美しい顔の妻のいやらしい本気フェラ
このまま楽しみたいですが一度引き抜き
私はベッドに仰向けに寝転び
そのまま妻の顔をモニターに向けて騎乗させます


[2] Re: 2人旅行  id ken◆BwmzwU :2019/02/27 (水) 17:28 ID:YqbErTyw No.26779
A
仰向けの私の胸の上に手を付きゆっくりと
暖かい太ももを擦り付けながら騎乗してくる妻

鎖骨から綺麗なバスト、顎にかけてのラインを下から眺める
顔を引き寄せ先ほどの口腔性交でいやらしく緩んだ唇を合わせる
口の中は暖かく蕩けている
顎を持ち上げモニターのほうへ顔を向ける
髪を掻き揚げさせ美しい顔がよく見えるようにする
目を瞑っているがモニターからは激しい輪姦の映像と音声は流れる
勃起を握らせ自分での挿入を促す
自ら手を沿え勃起の上にそっと腰を落とし膣口に当てる
少し腰を浮かせ膣口の感触を亀頭に与えながら
ゆっくりと亀頭を膣口で嘗め回す
先ほどからのクンニとフェラ奉仕で熱く
ドロドロになった入り口の感触を楽しむ
妻の深いため息が上から聞こえる
妻は少し腰を落とし挿入を欲しがる
少しだけとズルリ亀頭を差し込むと
妻は鼻から大きく息を吸い込み甘い吐息に変えて吐く
少しづつ少しづつ挿入しカリ首まで埋没させ引き抜く
妻がふっふっと鼻を鳴らしながら唇を噛み
自ら腰を艶かしく丸く回しながら亀頭の感触を楽しむ
妖艶な顔の妻を下から眺めながらの亀頭の出し入れは私も楽しい
腰をクルリクルリと回すので亀頭全体が膣壁入口で擦られる
不意に大きく張り出したバストの頂を摘み捻ると
妻が嬌声を上げながら腰を一気に落とす
熱い熱い膣口から膣道を子宮口までドロドロの道を一気に滑らす
吐息と共に妻が大きく顔を上げ胸に付いた手を離しながら髪を掻き揚げ
自分の手を胸の前に回し大きなバストを揺らしながら仰け反る
子宮の口に亀頭が当たりグリグリと刺激される
その瞬間きゅうっと膣道全体が勃起を締め上げてくる
反った妻が一気に私の上に倒れこみ
淫らに唇を重ね私の舌を吸上げ熱い舌フェラをする
一気の深い挿入で一度果てたようだ

果てて私の胸に打っ伏する妻を
バストを押しつぶしながら体を押し上げる
眺めの良い大きなバストを下から存分に
揉み絞り上げ敏感な乳首を摘み弾き遊ぶ
妻は手を後ろ手に回し吐息を吐きながら腰を突き出し
ゆっくりと自分の好きに腰を前後に振りはじめる
恥骨にクリを擦りつけながら勃起を奥の子宮口に擦りつけ楽しむ妻
嫌らしい動画の音声が響き渡るので時々モニターに目をやる
「たくさんのちんぽで遊びたいか?」
「上の口も下の口も使われたいか?」
そんな私の質問に口では答えずに吐息を深め
腰の振り付けをますます強め恥骨を打ちつける
膣を収縮させ勃起を奥に奥にと咥え込む
子宮口も下り切って亀頭を飲み込もうと擦り付け
激しく犬のように腰を勃起を中心に前後左右に振り続ける妻
妻の手をバストに持っていくと見せ付けるように自ら乳房を握り潰す
そして再び今度は長い嬌声を上げながら大きく仰け反り果てます

大きく仰け反りいき果てた妻
後ろに倒れそうな妻を抱えながらゆっくりと寝かし
すっかり雌の顔の妻に唇を合わせ舌を侵入
妻は舌に絡め吸い付き私の舌を再びフェラ奉仕開始
ドロドロに蕩けた雌穴に正上位でゆっくりと挿入
亀頭の出し入れで収縮する膣口の感触を楽しむ
妻はさらに強く私の舌を嘗め回し吸い上げる
徐々に奥へ挿入しながら妻の大きなバストを両手で遊び
両の頂を真ん中に寄せて両乳首とも一気に噛み吸い上げる
妻は大きな嬌声を上げ腰を自ら下から突き上げ深い挿入を味わう
勃起はゆっくりと奥に奥に子宮の口に到達し
子宮の口をあけるべく奥でゆっくりと擦り付け
やがて硬かった子宮の口も受け入れ態勢になり
男を亀頭を迎えようと開花しようとします
奥から熱い熱い感触が亀頭に伝わります
子宮の口から亀頭に向けて熱いほとばしりがまとわり付く
妻は下からさらに腰を突き上げ振り上げる
子宮内に亀頭を精を飲み込もうとする
口が開花した瞬間嗚咽を上げながら昇天
挿入したままぐったりした妻に唇を重ね髪をなでる


[3] Re: 2人旅行  :2019/03/05 (火) 21:11 ID:/n2FAYEg No.26813
いつも魅惑的な奥様のご投稿ありがとうございます。
奥様画像をこの本文を読みながら見ていると、
奥様のお色気度がまたさらにアップしますね!
着衣裸体複数など色々な奥様をぜひ拝見してみたいです^^



▲トップ /全部読む /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
新規投稿はこの下のメニュー[新規スレッド作成]からどうぞ!  /  この掲示板は携帯からでもご利用出来ます。携帯用のアドレスは http://www.2219.net/m です。
[新規スレッド作成]  [ホームに戻る]  [使い方]  [ワード検索]  [過去ログ閲覧]  [管理用]  [ケータイ用]

- Joyful Note + 2219.NET -