2219文庫


[新規スレッド作成]  [ホームに戻る]  [使い方]  [ワード検索]  [過去ログ閲覧]  [管理用]  [ケータイ用]
新規投稿はこの上のメニュー[新規スレッド作成]からどうぞ!  /  この掲示板は携帯からでもご利用出来ます。携帯用のアドレスは http://www.2219.net/m です。

告白体験BBS 「2219文庫」 へようこそ!

官拍ャ説作家志望の方や、趣味で官拍ャ説を書いている方。
もちろん現役プロの作家の方も大歓迎です。
「妻と勃起した男達」は、皆様のおかげで月間100万以上のアクセスがありますので、1行感想文もたくさん寄せられます。
勃起力&濡れ濡れ度満タンの力作をドンドン投稿してくださいね。

※男女書込可。
◇誹謗中傷、プライバシー侵害、宣伝等は厳禁です。
◇その他、留意事項を守って楽しくご利用ください。

お知らせ
この掲示板は携帯からでもご利用出来るスグレモノです。
携帯用のアドレスは http://www.2219.net/m です。
妻と勃起した男達では、3P・乱交チャットと2ショットを除き、ほぼ全てのメニューが携帯から利用出来ます。
お出かけ先からでも「妻と勃起した男達」をどんどんご利用くださいませ。

- 新着スレッド -
26099:未亡人遊戯 / まきろん (40)  26428:刹那の瞬間 / 光 (1)  26405:昭和の田園風景 / 新田晋作 (4)  23061:現実なのか / ナカガワ (5)  26092:男の娘 / 勇気 (4)  25976:コンビニエンス物語 / 野々村 (60)  26084:倒錯と現実 / いぬっころ (2)  26007:海よりも深く / ヘンリー未羅 (1)  15344:嵌ってしまって・・・11 / 美和 (133)  15162:欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年 / ヒロ (198)  25650:異界の者 / 孝弘 (14)  23086:愛する優子 そのV / ダスティ・ローデス (2)  25663:人妻ヒロコさん No.1 / taka (7)  25555:年上妻の露出過去 / 知ったら興奮夫 (20)  17179:母娘ちゃんぽん? / やるお (76)  24577:ある日の美代子 / 最後のティッシュ (15)  24890:色は思案の外 / 最後のティッシュ (52)  25241:幸せです♪ / だめ嫁 (5)  24375:狙われた母 / スリル (111)  24682:腐れ縁(あぁ復活のキャンパスライフぅ♪編) / 琢己 (21)  23798:”Gスポット”vs”pスポット” / ディーン藤岡 (199)  24432:乱交 / 百合子◇i2VapE (19)  24680:昔話を思い出しながら・・・ / kaz (2)  24403:先生 / まきろん (3)  24347:女神は派遣社員 / 翔 (11)  22967:由里子の妄想OLライフ(奪還ぁん!編) / 琢己 (37)  24065:本能 / バサラ◆CgujzM (13)  19866:サインはH / セッター (55)  20871:スナックのママさんとNEO / 匿名 (13)  22277:五つ星の女 / 見城 大翔 (199)  23399:叔母という淫らな淑女 / 怪盗グルー@執筆中 (45)  23198:父の再婚から。 / あきら (14)  23386:泥酔し帰ってきた妻 / 三枝 (4)  23416:再び出逢うのは運命的なもの? / 左門 (2)  23338: 農家の婿養子の刺激的な性生活 / 婿養子 (14)  23297:出逢いから10年 / たかや (1)  23091:教えてください / 読みたい男 (3)  22933:小柄のムチムチ人妻 / じいじ (3)  23074:めぞん二刻 / 高橋留男 (2)  22862:由里子の妄想OLライフ(悶絶ぅっ!編) / 琢己 (23)  22911:立ち位置の差 / なな (2)  16306:兄嫁・・・その後 / けい (8)  22686:大震災から / ひろ (1)  19211:妻の中に他人のザーメンを / 変態夫 (6)  21431:続、息子の先生[淫の章]、最終章・家族 / tttt (54)  22282:堕ち行く者 / 田平 (2)  20600:至福の時 Part⑵ / 西園寺 豪太 (194) 

未亡人遊戯 - 現在のレスは40個、スゴイ人気のスレッドです! -

[1] スレッドオーナー: まきろん :2018/08/02 (木) 01:33 ID:XZgTg6Qw No.26099
美枝子は3年前に不慮の事故で夫を亡くした。
悲しむ余裕さえなかったこの3年だった。
美枝子の夫は生命保険で彼女に再婚までは困らないくらいの家と金銭を残した。
彼(亡夫)は彼女を心から愛していた。

確かに、ここまでは2219にふさわしくないほどきれいな話である。
しかし、だいたいの夫婦がそうであるように、彼らにも人には言えない性癖はあったのだ。

彼(亡夫)は美枝子を心から愛していた。 ただ、身体も愛していたのである。
そして、美枝子のほうもそんな夫に応える妻だったのだ。
美枝子は生来 明るい性格であったから、3年という月日は彼女にとって 復活の充電期間だったのだ。
だから、3年を節目に 彼女は本来の姿を自分意思で 取り戻すことにしたのだ。



美枝子は、最初 パートに出て そこでの出会いを考えていたので、何件か 面接を受けていた。
明るい性格の美枝子である。 すぐに2,3件決まりかけた。
しかし、彼女の目的は 金を稼ぐことではない。 それは 順番で言えば 2か3番目のことである。
だから、即答はさけて 受かった中で決めるか はたまた 別の所を 受けるか 考えていた。

考えているところで、雅貴が 掛かってきた。 釣れたのだ。

それは、美枝子が まさに 考えながら窓の外を見ていると 一人の青年が 美枝子の洗濯物を見つめるのを発見した。
(あれは 隣の 雅貴君・・・・・、嫌だわ 私の 下着を 覗いてる・・・まさか 盗るつもりじゃ?)
しかし、いつまでたっても 盗るそぶりはみせない、だが、いつまでも見ている。
(この前まで、子供だと思っていたのに、もうそんな年頃なのかしら?)
そう考えているうちに、妖しい考えが 彼女に浮かんだ。
(良い仕事が見つかるまで、ちょっと 彼にいたずら しちゃおうかな!)

こういうとき、こじれたらどうしようなどと考えない明るさが彼女にはあった。
そして、不思議と悪いようにはならないだろうという予感もあった。
だから、彼女は次の日から やたらと露出度の高い服を用意するようになった。
大事なのは、雅貴以外の住人には 清そな大人しい服装で通し、彼の前だけは とんでもないものが見えそうで見えない いや 見える かどうか そういう服装にしなければいけない。


[31] 未亡人遊戯13  まきろん :2018/08/22 (水) 22:58 ID:jpmSGV06 No.26145
雅貴は囀る(さえずる)。
「美枝子さん、おっ やっやめてください・・・・」
美枝子が問いかける
「やめて欲しいの?」
雅貴再び 「だっだから そんな そんな やめてください、ぼく ぼく・・・」
美枝子が やさしい手を止める。 雅貴は目をつぶったままだ。 しかし すぐに耐え切れず・・
「どうしてやめちゃうのっ! お願いだよ! さっきみたいにしてっ!」
雅貴はそう言いながら腰をくねくねさせて 若妻のいたずらを催促する。
美枝子は からかって言う
「さっきって さっきどうしたっけ? わすれちゃったあ」
雅貴は 早くも降参したように
「ああ、だから 美枝子さんのその手で ボクのこれを すりすりして欲しいんだ!」
美枝子は、あらあら 困った ボク君ねえ などと言いながら、催促どおり 手を使ってやった。
再び 雅貴から 歓喜の声が・・・。
若未亡人は 手のひらを使ったり 指先を使ったり 耳元で囁いたり(ささやいたり)。
だがそうしてやればやるほど、男という生き物はもっとしたくなるものだ。
これが雅貴と同じ年頃の娘であれば まあ 今日はここまで だっただろう。
しかし、雅貴の相手は 手ほどき上手な(元)人妻である。
やわらかな手が 上手に するっと ブリーフの中に進入する。
すぐに 雅貴の若茸は包み込まれるように若妻の手に捕捉された。
そして、もう片方の手で雅貴のブリーフはあっという間にはぎ取られて、剥ぎ取ったあとに空いた手は すかさず 雅貴の 満タンの袋を優しく労わる様に 包み込んだ。
 一呼吸おいて 美枝子の両手が 動き出す。
待ちに待った人妻の 奉仕作業に 雅貴は 若茸の勢いで応える。
美枝子もそれに応えて、雅貴の耳元で 凄いね! ここはしかっり大人だね。 熱い、とっても熱いよ。 なんか出てきたよ? 
雅貴は 美恵子の手管に 理性がぶっとんでいる。 麻痺している、酔っていいる。
「ああ 大好きだよ 美枝子さんっ! 大好きだ! おっ おっ!!!」
雅貴は美枝子に オットセイ みたいだね♪ なんて言われながら その咆哮は段々と限界を迎えていることを 美枝子に 教えている。
当然 百戦錬磨の人妻に それがわからないわけがない。だから、雅貴の咆哮に合わせるように美枝子の両手が 踊る・・・。

激しいオットセイの鳴き声とともに若茸から 愛のミルク が若妻にプレゼントされた。
いささか 乱暴なプレゼントで 愛のミルクは 美枝子の顔面に 叩きつけられたのだ。
しかし、それを 美枝子は喜んで受け取った。 そして言った
「熱いミルク、こんなに たくさん出たよ。これ出すとこ間違えたら 赤ちゃんできちゃったかもね!」
美枝子は 精液だらけの顔面で 笑顔で雅貴にウインクした。


[32] Re: 未亡人遊戯  名無し :2018/08/23 (木) 21:38 ID:B/beAlio No.26146
ここまでくると、この先がどうなる
のか楽しみです、美枝子さんのカラダ
も味わってほしいです。


[33] Re: 未亡人遊戯  名無し :2018/09/04 (火) 00:06 ID:Zm1T1RpY No.26165
続きを待っています、読ませてほしいです。

[34] 未亡人遊戯14  まきろん :2018/11/15 (木) 23:24 ID:OB1wdAT2 No.26395
美枝子はここまでの首尾が上々なことに機嫌が良かった。
自分好みのチェリーボーイを誘惑して弄ぶ(もてあそぶ)ことがこんなにも生活に張りをもたせてくれるとは。
自分もまだまだイケる、そう実感できる。 いや むしろこれからいろいろなことで楽しみたい・・・。
だから、雅貴とのこともせっかくだから、もう少しやらかしてみたくなる というものだ。
そう考えると 自然に美枝子は秘密の引き出しの前に来てしまう。 夫がせっせと買い込んだ下着類は、美枝子が買ったものまであわせると 引き出しいっぱいにある。
その中から、次の仕掛けにどれを使おうか? わくわくしてくる・・・・。

さて、雅貴といえば、一度味わった手コキの快感を毎日でも味わいたいと足しげく美枝子のところに通ってくる。
美枝子も、とぼけて 家に上げてやるのだ。 そして、二回に一回位は、チェリーボーイのご要望にお応えしてやる・・・・。
だが、いけない若妻の心はもうそんなところにはいないのだ。
だから、数日後 頃合いを見計らって 美枝子は雅貴に ご相談を持ちかけた。
「ねえ、雅貴君・・・今度ね 友人が一緒に海に行こうって言うんだけど、私しばらく海なんて行ってないし、水着も古いからどうしようか迷っているの、良かったら水着選んでくれない?」
雅貴は、水着と聞いて少し胸がときめいたが、まあ どっちにしろ断る理由はない、だから
「ええ、いいですよ 買いに行くんですか?」
「うん、今もってる中でいいのがなかったらそうするわ、まずは 持ってるものから見て欲しいの、今 持ってくるわ。」
美枝子は そういうと 用意をしていた水着を3着ほど順番にテーブルに並べ始めた。
一番目は、いわば スクール水着のようで 雅貴がそっちの趣味なら瞬間的に選んだだろう。
二番目は、ビキニで少し色使いが古めだったが着れないことはないような感じ・・・・。
三番目は、・・・・・・・・・・!!!!!

三着目は、ビキニなのだが 果たしてこれは水着なのか? おそらくチェリーにはわからないと思うが、それは プレイスーツ という代物で、 アニマル柄でさえ 危なっかしいのに ブラの方は胸を覆う役目はまず不可能!それどころか おそらく乳首も全部は難しいであろう小ささで、パンツの方は、Tバック、前の切れ込みも半端ない状態もモノだった。
これは、雅貴の趣味である。 だから考えるまでもない。


[35] 未亡人遊戯15  まきろん :2018/11/17 (土) 17:50 ID:Md2KN1KM No.26399
雅貴はアニマル柄のプレイスーツを選ぼうとした。
しかしである。 ふといつものパターンを思い出す。ここいらで、美枝子が「雅貴クンはまじめで・・・」などと言ってくるのがいつものパターン。
そこで、一考。 少し間をおいて答える。
「美枝子さんはどれが良いと思います?」
美枝子は急に聞かれたので答えにつまっていると、すかさず雅貴が
「やっぱり、着てみたところを見てみないとわからないか・・・・、美枝子さん!順番に着てみてください。それでどれが良いか二人で決めましょう。」
この申し出に内心 元若妻は小躍りして喜んだ。 そうこなくてはいけないと。

まずはスクール水着から・・・・。
元若妻は脱衣所で着替えてそこから首だけ出して雅貴に言う・・「ちょっと恥ずかしいかも」
そういいながら雅貴の前に全身をさらけだした。 もじもじする仕草がなんとも言えず性欲をそそる。
そして、チェリーボーイは元若妻にリクエストするのだ。「いろいろポーズをとってみてください」
美枝子の顔がポッと赤くなる。「そんなこと言われたって・・・・こんな感じ?」
おずおずとぎこちなく身体をくねらせる、恥ずかしくてとても雅貴の目が見られない。目を伏せがちにポーズをとってみる。
美枝子の今着ているスクール水着は、美枝子がまだ中学生だったときのものだから当然ピッチピチで生地は伸びきってやっと着られている感じだ。しかも、アンダーは着ていないから乳首がどこにあるかがすぐにわかってしまう。下半身の方もずいぶんと引っ張られているからわれめちゃんの輪郭がはっきりと見て取れる。それでいてくねくねと動き回るものだからおしりのほうがめくれてTバック状態に・・・・。


[36] 未亡人遊戯16  まきろん :2018/11/18 (日) 22:47 ID:2Wd1eUy2 No.26401
雅貴はやさしい。 だから、美枝子のめくれた水着を直してやることにした。
水着がちゃんとお尻を隠すように広げてやる。 しかし、もともとピッチピチの水着だからそんなことをすれば他の部分が引っ張られてしまう。
当然、水着はわれめちゃんにくい込んで、美枝子の敏感な部分を刺激する。
思わず元人妻から喜びの声が・・・。
それを聞き逃さないチェリー。 さらに水着をこすれるように緩めたり引っ張ったりする。

今、美枝子は快感の中で、夫との性戯を思い出していた。
夫は美枝子にこのスクール水着を着させると決まって「先生と女子高生ごっこ」を始めた。
プールに見立てた浴槽で、しつこくネチネチと水着の上からさわってくる夫。
「先生〜 やめてください〜♪」
美枝子がそういうとさらに夫の指使いがエスカレートしてくる。 そして、唇が奪われ 熱烈なキスが始まる。 先生の指は巧みに水着の下に入り込むとピンクの花びらがひっそりとたたずむ秘密の泉に入り込む。 それに応えるように舌をからめる美枝子。
それでも、最後の力を振り絞ってそれをふりきり 「やっぱり先生 こんなことしちゃダメ!」
そう言いながらプールから逃げる。それを追う先生。
美枝子は、保健室に見立てた寝室に逃げ込む。
保健室の扉の前に先生は立ちはだかると もう逃げ場はないぞ とばかりに全裸になる。
そして、いよいよ 生徒を犯すのだ。
スクール水着のまま 犯される女子高生美枝子。
しかし、寝室に響くのは悲鳴ではなく、歓喜の声。
ベッドの軋む音さえ 楽しげにリズムを打つ。

久しく忘れていた楽しい性戯。それを今 雅貴が思い出させてくれている。
「お願い 許して 雅貴クン。」
「いや僕は水着を直しているだけですから、許してって言われても。」
そう雅貴は言ってはいるものの雅貴の目はいやらしく、手はしつこくお尻をさわっている。
「わかったわ。 やめてくれたら手でするより気持ち良いことしてあげるから ねっ お願い」
雅貴の顔色が変わる。 「えっ! 手でするより?」
美枝子はやさしく雅貴の耳元でささやく 「お口でしてあげるから♪」


[37] Re: 未亡人遊戯  斜氏ゴーン兵衞 :2018/11/21 (水) 12:08 ID:8WMHHJc2 No.26403
未亡人を人妻に、遊戯を痴戯に置き換えて、
且つ美枝子を◯◯子と嫁に置き換えて妄想しています。
三着目の水着・プレイスーツでのプレイ?痴戯を早く読みたい希望もあるが
美味しいものは最後にとっておき、順番にお披露目される事希望もあります。
いずれにしても早く知りたい、興奮したいと更新・投稿を待ちわびています。


[38] 未亡人遊戯17  まきろん :2018/11/21 (水) 23:58 ID:8X0c8z1E No.26404
雅貴のそれは美枝子をうっとりさせる。
びんびんに張った それはそれは硬そうな代物。
角度は雅貴の腹が邪魔でそれ以上反り返ることができない。
それは天空を睨む蛇。
兎さちゃんを狙う悪魔。
美枝子は傅いて(かしずいて)そのお口でやさしく包み込む・・・・。
チェリーボーイからうめき声がでる。
喉まで聳える(そびえる)肉の暴力に懸命につかえる(元)人妻。
早くも先走り液が鈴口から漏れる・・・。
「こくり」と音がして美枝子がそれを飲み下したのわかる。
むしろ もっともっとと吸い上げる。
青年から歓喜の悲鳴が。
美枝子は裏筋から浮き出る血管の輪郭にそって舌を走らせる。彼女の目は青年を見つめて離さない。
その手はたんまり種のつまった袋をやさしく揉みしだいている。
青年から理性が飛んだ。 乱暴に(元)人妻の喉に生意気なサラミを突っ込む。
頬の内側にこすりつける。 美枝子から涙がこぼれる。乱暴な扱いにそれでもそれを受け入れている。
健気な女は 男を奮いたたせる。
いよいよ その時が来た。
(元)人妻はそれがわかった。だから、尚のこと やさしく熱の塊を頬張り受け取る算段をする。

白い爆弾が、炸裂した。
口の中が火傷しそうに熱いそれを(元)人妻は飲み下していく。


しばらくして、雅貴が我に返ると美枝子が耳元でささやいた。
「あんなにたくさんどこにしまってたの?凄かったよ。だから、もう あんなに溜めちゃだめ。
溜まったらすぐに私に相談すること。 わかった?」
雅貴は 返事をする気力ものこっていない だから ただ 「ああ〜」 と吐息を声に出すしかなかった。


[39] 未亡人遊戯18  まきろん :2018/11/23 (金) 01:14 ID:BuID.Dzo No.26411
次の日。
今日は順番からすれば普通の水着の番である。
その次に来るのがわかっているだけに、少し残念な気持ちもある。
だが、今日もフェラチオしてくれるのでは という期待もありながら、美枝子の家へ行った。

美枝子は、約束どおり二番目の水着を着て、雅貴の目の前でポーズをとってくれる。
「!!!」
雅貴はさっきまでの考えが間違っていることを知った。
美枝子の水着は確かに普通の水着である。
しかし、着方というかとにかく目を奪われた。
アンダーを着用するべき水着でそれをつけていないとどうなるか?
そう、乳首がポチッとかわいく飛び出ている。しかもその輪郭が少しだけ透けて見えるのだ。
美枝子のちょうどよい大きさの乳首が、美枝子の恥ずかしそうな仕草が、
そして、手入れされているであろう陰の茂みもわかるから、
もはや、雅貴の妄想の中では(元)人妻は若茸に犯されまくっている。
美枝子には雅貴の妄想が手に取るようにわかる、だから童貞君を浴室に誘い込み水着を濡れる様に仕向ける。
そんなことをすれば、ただでさえ透けている水着がもっと透けてしまう。
もうはっきりと、陰毛の1本1本がわかるほど透けている・・・・。
雅貴は美枝子に手玉に取られているから、美枝子が用意した夫の水着を着させる。
亡き夫が美枝子との性戯のために買ったものだ。
それは、ひどく切れ上がったシャープなカットで、雅貴は勃起しているから横から見れば完全にモノといい袋といいはみ出たようになってしまっている。バックは当然Tバックである。
普通なら雅貴が恥ずかしがるような状態だが、チェリーは完全にスイッチが入った状態になっているので、むしろこれ見よがしに(元)人妻に見せ付けるように振舞う。


[40] 未亡人遊戯40  まきろん :2018/12/12 (水) 23:14 ID:MXxvK7wU No.26454
雅貴のしぐさを見て、美枝子は夫との痴戯を思い出していた。
この水着のときは決まってスイミングスクールのコーチと人妻に二人は没入した。
コーチ役の夫が、人妻の美枝子に言い寄る・・・・・。
「やめてください、私には夫がいます。」拒むしぐさに夫の心がざわつく。
「いいじゃないですか、黙っていればいいんです。僕は美枝子さんのことが好きになってしまったんです。」
「やめて、そんなつもりはないから・・・・」
コーチの目が妖しく光る。
「じゃあ、どうしてアンダーをつけないでスクールに来たんですか? そのつもりがあったんでしょう? ボクにはわかってるんです。 奥さんもボクのことを好きになってくれているって。」
美枝子が夫の目を見る。
「そんな、決め付けないで・・・・アンダーを忘れただけです。」
すると夫は箪笥からアンダーを取り出して言った。
「じゃあ、これはなんですか? バッグの中にちゃんと持ってきてるじゃないですか!」
「あっ、勝手に開けないでください。」
それには答えず、コーチは人妻ににじり寄って指先で水着をポチっと持ち上げている乳首を摘んだ。
「あー こういう格好されると困るんですよねぇ。 ほらっ こんなに目立って!」
コリコリッと指先で人妻の乳首をいじるスイミングのコーチ、その股間は激しく盛り上がって今にも水着を突き破りそうである。
「やめてくださいコーチ・・・・あっ」
コーチが人妻の顔を覗きこむ。
「どうしたんですか? まさか感じていらっしゃるんですか? ここをどこだと思ってるんですか?」
人妻は困ったように言う。
「だって、コーチの手が・・・・」
「私の手がなんだといんですか? そんなの関係ありませんよ。 それより下の方が問題です。輪郭がはっきりしちゃってるじゃないですか!」
コーチの手がいやらしく人妻の子猫ちゃんに伸びる。
その瞬間人妻から喜びの声が・・・
コーチが耳元でささやく。
「やめて欲しいですか? やめて欲しいなら反省の印にボクのモノを換わりに握ってください。」
今度は人妻のやわらかい手がコーチの股間に伸びた。



▲トップ /全部読む /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

刹那の瞬間 - 現在のレスは1個です -

[1] スレッドオーナー: :2018/12/04 (火) 18:14 ID:pgIy.WoQ No.26428
「いよいよ、今日だよ」
 妻、美咲の耳元で囁く
「本当に、いいんだよね」
 私の腕の中で、伏し目がちな視線を合わせる美咲。
 黒目勝ちな瞳、厚めな唇、乱れたセミロングのボブヘヤー。
 156センチ、52キロの肉体は、小柄ながら、むっちりとした重量感で溢れている。
 結婚三年目の私たちには、まだ、子供はいない。

 仰向けになっても弾力を失わない80センチ、Dカップの乳房、その頂点には、やや黄土色の乳輪と、控えめな乳首が、私の唾液で濡れ、てらてらと光っている。
 大きく開かせた美咲の両足に下半身を押し込んだ私の分身は、極限まで膨れ上がって、美咲の最も敏感な膣穴に、根本まで埋め込んである。
 それを、少し動かすだけで、美咲が、とろけるような、甘い吐息を漏らす。
「いうこと聞いたら、また、こうして可愛がってくれる?」
 私の唾液と、美咲自身の唾液でどろどろになった厚めの唇が、呪文のように言葉を発した。
「もちろんだよ。美咲が、言う通りにしてくれたら」
 言質をとったつもりなのか、美咲が、満足気な笑みを、苦悶で歪める眉間の端に浮かべた。

 それからの美咲は、忙しかった。
 これから、家へ遊びに来る私の友人。詳しくは、私が勤めていた元職場の先輩、同僚、後輩の三人のため、キッチンで酒肴を作り、部屋の掃除をし、来客で見苦しくない程度の化粧を施す。
 それらの準備がすべて終わると、今度は、着替えだ。
 この日のために私がW乱打見S抱きの服は、胸元と脇が大きく開いた、タンクトップ風のミニワンピースだった。
「どう、見えないかしら」
 着替えた美咲が、私の前で、ポーズを取る。
 スカート丈は、ひざ上というより、股下で測ったほうが早いだろう。
 だが、だからと言って、下着が見えるほど短くはない。
 もんだしは、タンクトップの部分で、かなりゆったりとしていながら、ブラの着用を許していないので、少でも屈めば、大きく開いた胸元から、豊かな乳房の谷間は垣間見ることができるし、横から見れば、美咲の乳房は、すべて露出してしまうだろう。
 それでも、私は、平静を装い、
「いいんじゃない」
 と応えると、美咲の体を引き寄せ、優しくキスをした。
 むっちりとしてはいるが、小柄で、思ったよりも細い腰。
 餅のように白い、露出された肩の肌、そして、今更知った、むせかえる女の匂い。
 美咲の髪からは、男の理性を奪うがごとく、濃厚なシャンプーの香りが、私の鼻孔を支配していた。



▲トップ /全部読む /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

昭和の田園風景 - 現在のレスは4個です -

[1] スレッドオーナー: 新田晋作 :2018/11/22 (木) 08:08 ID:vmquzQZQ No.26405


フミと新作



村外れの鎮守の森、通称〈天狗神社〉の麓を流れる恩智川周辺に広がる田畑の彼方此方に点在する農作業小屋がある。
本来農機具の保管場所と作業の合間の一服場所ですが、時折目的外使用をする輩も居るようです。

昭和33年オリンピック景気に湧く東京、その波は大阪、京都、名古屋などへ波及し、建設ラッシュに人手不足を呼んだ。
そんな頃、大阪河内の新田村(しんでんむら)からも働き盛りの男達が高給に釣られて東京へ出稼ぎに出て行った。


『しんちゃん…おめえ、やった事あるんか?』
田畑の真ん中の農小屋での事、眼の前の新作にフミが聞いた。
『おめぇ まだ中学だろ?』
「ねぇ…ねぇから頼んでんだ」
『あのな オバちゃんいくつと思ってんだ。おめぇの母ちゃんより上なんやで』
「そうなんか…でも俺やりてぇんだ、頼むからさ」
必死の形相で顔の前に両手を合わせて拝むようにした。
『アホな事言わんといて』
「1回だけ…… 頼むよう」
亭主が出稼ぎに行って半年にもなるフミの心の隙に新作の必死さが突き刺さる。

志水フミ42歳、子はいない、小柄だが肉付きの良いトランジスターグラマーだ。

田中新作14歳、中学2年、小柄で見ようによっては小学生に見えなくも無い。
そんな新作は近所の先輩から聞かされた〘オメコ〙がやりたくてやりたくて仕方無かった。
目に付けたのが、優しそうで気の良さそうな近所のフミだった。

『なんで そんなにしたい?』
「気持ちええからや、先輩に聞いてん、滅茶苦茶気持ちええって」
『悪い先輩やな、ええか? やらせろって言われて…はい、どうぞって言うてたら村中の噂になるわ』
「そんなん言わんかったら分からんやん、俺は言わんけど、オバちゃん言うんか?」
『言う訳無いやろ』
「ほんだら噂にならんし」
(このガキ生意気言うて、ちょっと辛こうたろか)
『せやけどな、勃たんかったら出来へんよ。しんちゃん勃つんか?』
「た…勃つに決まってるやん」
『ホンマか? 見せてみ』
「見せたらやらしてくれる?」
『そうやなぁ、勃たな出来んし』
(恥ずかして見せられんやろ)
フミの予想を裏切って学生ズボンとパンツを一緒に足首まで下ろした。
「どや?!」
下腹に貼り付いた魔羅をフミに突き出して見せた。
(一丁前に勃ってるよ、この子)
『へぇ ちゃんと勃ってるな、しんちゃんセンズリはかいた事あるのんか?』
「この前先輩に教えてもうて初めてやった」
(センズリもやっとるんか、近頃のガキはマセとるな)
『どうやった?』
「気持ち良かったで… せやけどオメコの方がもっとええって先輩言うてた」
(まぁ 手よりオメコの方がええに決まってるわ)
『ちょっと触ってもええか?』
新作は黙って頷いた。
下腹に貼り付いた魔羅を剥がす様に握った。
(硬いなぁ… 熱いし… 久しぶりやこの感触)
『どうや?』
皮被りの魔羅を優しく擦る。
「気持ちええよ、でも俺オメコしたいねん、なぁオバちゃん」
(アカン ウチしたなるわ。この硬い魔羅を好きにしたいわ)
『なぁ さっきの話守れるか?』
「さっきのって?」
『誰にも言わへんか?って事や』
「言わんて」
握った魔羅をゆっくりと扱き始めた。
『ホンマか?約束やで』
大きく頭を振った新作がフミの扱きに声を漏らす。
『ええか?』
聞くフミにウンウンと頷く。
魔羅を扱きながら空いた手でモンペの紐を解いて脱ぐ。
ズロースは大きく滲み濡れていた。
土間にゴザを敷くと新作に寝るように言った。
いきり勃つ魔羅を掴んでゆっくりと巨尻を下ろしてズロースのままオメコに擦り付けた。
(硬いわ ホンマ久しぶりにええ感じや)
『しんちゃん 入れるで』
ズロースの布をずらして魔羅をオメコに充てがいヌルリと入れ込む。
「オバちゃん あ 入った?! ヌルヌルや」
『ウン 入ったで、オメコに入ったよ。しんちゃん どうや?』
「気持ちええ、先輩の言う通りや」
『じっとしときよ、オバちゃん もっと気持ち良くしたるから』
言い終わるまでに巨尻が新作の魔羅を扱く様に蠢く、フミは久しぶりの若魔羅を味わおうと新作の服を脱がすと自分の服も全部脱ぎ捨てた。
これからという時に新作がアカンと呻くとフミの蜜壺の奥に子種を一気に吐き出した。
フミは熱い子種の急襲にオメコが収縮をくり返し不覚にも気をやった。
(呆気ないな、若いからしゃぁないか)
『しんちゃん 抜くよ、始末せんと子出来たらエライことや』
新作はあまりの気持ち良さに呆然とゴザに寝ている。
フミは立ち上がって荷物の中から手拭いを取り出して新作に背を向けてオメコを覗き込み後始末をした。
後始末が終わるとまだ寝ている新作の横に座って手拭いで魔羅を拭き触り始めた。
『しんちゃん 初めてのオメコ良かったか?』
「ウン 良かったわ、おおきに」
『しんちゃん オバちゃんは子が出来にくいからええけど、子供が出来んよう気を付けや』
「分かった……気付けるわ。オバちゃんのオメコ気持ち良うて我慢出来んかった」
『そんなに良かったか?』
新作が頷く、先程から触っている魔羅はまたギンギンに勃っている。
『そんなに気持ち良かった? オバちゃんも良かったよ、もう1回するか?』
フミは久々に火がついた身体がまだ足り無いと疼き続けていた。
自分から誘えば断る訳はない、新作の魔羅から子種が枯れるまで搾り取る事にした。
どうせ乗り掛かった船だ、自分の性欲の解消にもなる。
『もう一つ 気持ちのええ事教えたろか?』

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[2] Re: 昭和の田園風景  新田晋作 :2018/11/22 (木) 17:29 ID:vmquzQZQ No.26408

それからの新作



夏休み前に土下座までしそうな必死の願いで、フミに筆おろしをして貰った新作も、あれから半年程過ぎ、学校帰りの農小屋で、竹藪の中、河原の橋の下など、人気の無い場所でフミに性の手解きを受けていた。
勿論、人目を避けてフミの家に忍び込んでは夫婦気取りで、それも新婚の様に性に耽った。
学校帰りの農小屋でフミのオメコに二回子種を解き放った夜でも母親の目を盗んで家を抜け出しフミの家に夜這いさながら忍び込んだ。
その頃にはフミもいつやって来るか分からない新作の為に、裏木戸は鍵を掛けなくなっていた。

学校帰りに農小屋で三発抜いて帰った夜、流石に今夜は来ないだろうと戸締まりをして寝ようかと思っていた時に、裏木戸が軋み音を立てた。
裏木戸の鍵の音の後、新作がフミのいる寝所に障子を開けて入って来た。
『しんちゃん どうした?』
「オバちゃん したなって」
『したなってって、昼三回もしたやろ。それどころか、昨日も一昨日もしたし、初めてしてから3日に空けずさせてくれって、オバちゃん オメコ擦り切られるわ』
「ごめん そやけどオバちゃんのオメコ気持ち良うて」
悪びれる気配も無く、フミの母性本能を
くすぐる事を言う。
フミも満更ではない、近頃は農作業をしながら新作の学校帰りを待っている事もある。
今では農小屋には、大き目の水瓶とゴザ、要らなくなった座布団を運び込んでいた。
どれも新作の性の手解きの為に用意をしたが、今ではフミにも欠かせない必需品になっている。
肌を合わせ、身体を重ね、性技を教えると乾いた手拭いを水に浸した様に新作は吸収していった。
二、三ヶ月もすると毎回フミもイカされる事が多くなり、新作とオメコをする事が楽しく、新作を見るとオメコがキュッとして熱くなった。

「しゃぁないな、おいで」
蒲団に寝転がって新作に肌けた寝間着から伸びた脚を大きく開いて見せた。
新作が四つん這いになってオメコに舌を伸ばして毛まみれの亀裂に這わせた。
前戯は、フミの尺八、新作の貝舐めで始まり、相舐めに、その後マラで捏ね突き挿し、上になり下になり、横や後ろ取りなど子作りとは程遠い快楽の為だけの行為だ。
鶏冠やサネ(豆)を吸い甘咬みする、フミがイキ易く最初のように新作も大人のオメコに怯むことも無い。
両脚を肩に乗せて手でオメコを左右にパックリと開いて吸い舐める、フミの巨尻が浮き上がって宙を泳ぎ始める。
『ぁあぁぁ しんちゃんええわ 気持ちええ、もっと吸うて… 咬んで… サネもっとぉ』
新作は余裕綽々で貝舐めを続ける。
(2、3回イカせたろ)
『ホンマに巧なったなぁ たまらんわ もうチョット…強咬んでぇ イキそぅゃ』
新作の頭を両手でオメコに押し付けて巨尻を下からしゃくり上げてくる。
フミの要求通りサネを強く吸い出して歯を当てる、短い淫声を連続で洩らし身体を震わせるとイクッーと果てた。

果ててハァハァと息を乱しているフミに構わず貝舐めを続ける。
今まで習得した事だ、フミは連続してイカされる事を好んだ、一回目より二回目二回目より三回目とイク間隔が短くなりイキ方が深く大きくなり痙攣と嬌声をあげ失神をする事もあった。

今夜の新作はしつこく舐め続けた、フミが三回目にイッタ後に、いつもなら我慢出来ずに突っ込むが四回、五回とイカせた。
『あぁぁん し·し·んちゃ·ん もぅ アカン… ア·アカ·ンって…死にそうや』
「もう エエんか? 死にそうって、ほな挿れんとく?」
『チョット…チョット一服させてぇな』
「オバちゃん 貝舐めだけでエエんか? ヤリたいやろ? ヤラレたいやろ? 言わな挿れへんで」
『もぅ 言わなアカンの?』
新作は黙ったまま立ち上がった。
「帰ろかなぁ」
『し  しん·ちゃん』
フミには分かっていた、最近の新作のお気に入りだ、そしてこの後何をどう言えば良いか、年端も行かない男に出稼ぎ後家の女が我慢出来ずにマラを強請る、そんな安いエロ本紛いの振る舞いだ。
『しんちゃん なぁ して、その太っいマラで なぁオバちゃんのココ 突っ込んでぇな』
「ココ? ココって?」
『 ァン オバちゃんのオ·メ·コゃ』
その言葉が合図だ、躍りかかった新作のマラが添え手も無くフミのオメコにヌルっと滑り込んだ、フミが大きく嬌声をあげて新作を羽交い締めにして巨尻をガンガン突き上げる、新作はそれをいなし、迎え撃ち、ふたりの性宴が夜明け迄続いていく。

翌朝 鶏の鳴き声が帰る新作を見送った。


[3] Re: 昭和の田園風景  LS☆60歳 :2018/11/23 (金) 00:58 ID:tgRXBL.Q No.26410
とってもいいです。
続きを期待しています。


[4] Re: 昭和の田園風景  とら :2018/11/25 (日) 06:54 ID:UsEF9/No No.26414
最高です。映画化希望。


▲トップ /全部読む /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

現実なのか - 現在のレスは5個です -

[1] スレッドオーナー: :2016/05/27 (金) 04:16 ID:9NNTb8Fc No.23061
これが妄想なのか、現実なのか・・・妄想であってほしい気持ちがあるのか、こちらへ寄稿しようと決意しました。
 まず、私の妻 恵子、一人娘の愛実が私の家族です。愛知県の少し都市部から離れた町に住んでいます。今まで住んでいた大阪から、仕事上の都合で3ヵ月前に引っ越してきました。ようやく近所の方々と馴染んできたと思います。恵子は、当時35歳、娘は幼稚園に入ったばかりです。明るい性格ですが、おとなしく、少し引っ込み思案な恵子は、見た目は地味ですが、スタイルは私が言うのもなんですが、抜群でした。特に大きく張り出した大きな乳房と、細くくびれた腰と大きな尻は、当人は恥ずかしがっていますが、通りすがりの男たちは、必ずその乳房と臀部を注視します。中にはガン見しながら振り返る男や、酔っ払いなんかは、声をかけてからかうそうです。恵子は怖がって、足早に逃げるようですが、揺れ動く乳と尻に、男たちはさらに欲情が高ぶるようで、後をつけられた事などあるようです。私はどちらかといえばSEXは淡泊な方で、ナイスバディな体は、お見合いの時に気づきましたが、それ程気持ちが昂ることはありませんでした。私たちというより、最初は親同士が意気投合して、勝手に結婚が進んでいった感があります。しかし、子供ができ、それなりの幸せな日々が、愛情を強めていきました。今では、愛する妻 恵子がいとうしく、たまりません。
 私の仕事は、車の部品関係の営業をしており、普段は部品のカタログを車に県内を走り回っています。車関係の仕事である為、交通事故はもちろん、違反などが発覚したら、会社からペナルティを課せられます。スピード違反をした同僚は即座に減給と、配置換えの処分を課せられました。そんな環境で、悪夢が始まりました。

 ある得意先との会合後、普段は車通勤なので滅多にアルコールを飲まない私は、案の定すぐに酔い、前後不覚になりながら、電車で家に帰りました。最寄り駅に着き、自宅の妻へ車で迎えに来るよう連絡しましたが、ペーパードライバーの恵子にとって、暗い夜道で、しかも小雨が降りだしている中へ車を出すことは、怖がりの恵子にとって、恐怖そのものだったと思います。しかし、酔いで居丈高になっていた私に押され、どうしようもなく、自宅の車で駅まで迎えに来てくれました。酔いで気持ちが大きくなっていた私は、遅くなった恵子を罵倒しながら、後部座席へ乗り込み、すぐに爆睡しました。

深い眠りの中で、体に鈍い衝撃を感じました。でもそれもわずかな記憶で、はっきりと覚えていません。目覚めると、自宅のベッドの中で、翌日の日曜の昼を過ぎていました。ひどい二日酔いで、目は一旦覚めましたが、その日はトイレとベッドの往復で、完全にグロッキー状態でした。その日、恵子や子供たちはずっと家にいたと思いますが、全く顔を会わせませんでした。
更に翌日の月曜日、朝 目覚めるともう頭はすっきり、完全に二日酔いから覚めました。同じベッドで寝ていたはずの恵子は、もういません。下のキッチンで、朝食を作っている音が聞こえます。寝室からリビングへ降りると、恵子はてきぱきと朝食を作っていました。あら、起きたの。こないだは、酔いつぶれたわね。皿を並べながら、話しかけてきました。
うん、でももう大丈夫だ。よく眠ったよ。答えながら、椅子に座り、テーブルの上の新聞を読み始めました。
「大分飲んだなあ・・・久しぶりだよ、記憶が全くないくらい飲んだなんて・・・」
後から思い出せば、この時、一瞬恵子の動きが止まったようでした。
「・・・そう、まあいいじゃない、たまには飲みつぶれたって・・・」
少し上ずった声で恵子が答えたとなんとなく覚えてますが、その時は全く気が付きませんでした。いつも通り、朝食をとり、いつもの社用車で家を出ました。いつも通りの生活でした。

 自分の家の車に傷がついていたのに気が付いたのは、翌週の日曜日でした。大きな凹みではありませんが、フロントバンパーの右側が明らかにぶつけられています。
「おい、どうしたんだよ、これは?」
家の中にいる妻に声をかけました。
「こないだ、あなたを迎えに行ったときに、ぶつかったじゃない。覚えていないの?」
「?まったく、覚えがないよ!本当か?どこでぶつかったんだ?」
「いやね、家の前じゃない。駐車場に入れるときに、前に止まっている横田さんの車にぶつけたじゃない。」
「!前のお宅にか!」

 妻の話では、家に着いてなかなか車庫入れができない恵子に、私がしびれを切らして、家の前だからいいだろうと、運転を無理やり代わり駐車しようとしたときに、ハンドルを切り損ね、道路向かいの横田さんの家の車にぶつけたとの事でした。酔っぱらっていた私は、悪びれず、駐車をしたらさっさと家に入り、爆睡したとのことでした。深夜でしたが、ぶつかった音で横田さんのご主人が外に出てきて、私に代わり妻がひたすら謝ったそうです。
 妻には申し訳ないが、全く記憶にない。そんなことをした自分が信じられず、ショックでした。横田さんは怒っておらず、警察も呼ばず、内々で処理をしてくれるようで問題はないと恵子は言いますが、とりあえず近くの店でお詫びの品になるような菓子折りを買い、ご主人に改めて謝罪しようと、伺いました。

 まだ、越してから日も浅い為、私は横田さんをあまり見かけたことはありませんでした。呼び鈴を押しても反応がありません。しょうがないので、近所の目もありましたが、外から呼びかけました。しばらくしてから玄関が空いて、50前後の男性が出てきました。無精ひげをはやし、中年太りしている体は、相撲取りのようでした。
「向かいの中川です。ご主人様ですか、この度は、申し訳ないことを・・・」
私は平謝りに謝り、菓子折りを差し出しました。
 いきなり訪問した私にいぶかしい警戒する目つきをしていましたが、少し離れて私といる恵子を見ると、状況が呑み込めたらしく、態度が軟化しました。
「ああ、あの件ね。もう奥さんに謝ってもらったよ。」
横田さんは恵子を見ながら、笑顔で答えました。とりあえず、恵子が言うように揉めてないようなので、ほっとしました。ぶつけた車は横田さんの家の前にあり、こちらもバンパーが少し凹んでいます。私は、車関係の会社に勤めていることを話し、最短で修理し、お詫びに他にもサービスをすることを約束しました。横田氏は自分も車関係の仕事についており、修理も自分で行うから気にするな、と言いました。車だけでなく、家の呼び鈴も壊れているんだ、と冗談めかして話します。
「それより、ご近所なんだから、仲良くしましょうや・・・」
笑顔で私たちに言いました。態度の端々からなんとなく、品はなさそうな印象は受けましたが、私たちは深くお詫びをして、向かいのわが家へ帰りました。

 それから1週間後位の事、夕方4時頃車で外回りをしている最中、恵子から電話がありました。普段あまり仕事中に電話をしてこないのですが、今日の夕食の都合で帰りが何時になるかという内容でした。あと打合せが1件遅い時間に予定していたため、帰りが大分遅くなること、家の鍵のロックはせずに、先に寝ているようにと伝えました。
「わかったわ。お仕事がんばってね」妻の明るい返事でした。
ところが電話を切って、10分後位に客先から打合せの日程変更の連絡が入りました。会社からも離れていたため、直帰を上司へ連絡し、家路に向かいました。途中、コンビニに寄った際、自宅へ電話しましたが誰も出ません。さっきの夕飯の用意で買い物に行っているものと思い、そのまま自宅へ帰りました。

社用車の駐車場は、自宅近くの月極駐車場を契約しています。車を駐車し、自宅に帰りました。ドアノブの鍵はかかっていましたが、鍵は持っているので開けて玄関に入りました。子供番組の音が聞こえてきます。リビングに入ると、娘の愛実がテレビを見ながらソファで寝ていました。妻の姿は見えません。恵子の名前を呼びながら、家の2階、風呂場など行きましたが、いないようです。まだ買い物から帰っていないようでした。
私の声で、愛実が目を覚ましたようです。
「愛実、ママ しらないか?晩御飯の買い物か?」
まだ小さい娘が寝ている間に、買い物に行っていると思っていました。
愛実は、目をこすりながら、
「パパ、ご飯はもう食べたよ」
「?そうか・・・じゃあ、ママはどこに行ったのかな?」
「おじちゃんちだよ」
「?おじちゃん?」
大きく伸びをして、愛実はまた眠りそうです。おじちゃん・・・誰だろう?全く思い当たる節がありません。
「よこたさんのおじちゃんちにいくってママは言ってたよ」

驚きました。何のために?

「そうか・・・なんでだろうね・・・」

本心から出た疑問を、思わず口に出してしまいました。

「最近、よく行ってるよ。愛実 知っているんだ」
「えっ」

疑問が、疑惑になっていきました。
落ち着きません。愛実を布団に寝かせて、リビングで水を飲みました。
喉を通りません。
決心して外へ出ました。向かいの横田氏の玄関の電気が点いています。外はもう真っ暗でした。恵子との電話から2時間位経っていました。暗闇に紛れるように、横田氏の玄関の前に行きました。


[2] Re: 現実なのか  Kei :2016/05/27 (金) 08:22 ID:WWH80A.c No.23062
さて、どんな展開になるのでしょう?
続きを待ってますよ〜。


[3] Re: 現実なのか  :2016/05/27 (金) 23:55 ID:9NNTb8Fc No.23066
横田氏宅の玄関の呼び鈴を押そうと思いましたが、心の中で葛藤がありました。しかし、呼び鈴が壊れていることを思い出し、それを自分の良心への理由にそっと玄関を開けました。埃っぽく、煙草のヤニ臭い匂いがします。玄関の先の廊下の奥の扉から明かりが漏れています。そして、玄関には間違いない妻のサンダルがありました。

頭に血が上りました。心臓が苦しいです。私はゆっくり靴を脱ぎ、ゆっくり明かりが漏れる扉へ行きました。人の気配がします。まるで私は泥棒です。

扉からゆっくり中を覗きました。そして、妻はいました。


「うぐ、うぐ・・じゅぽじゅぽ」
横田の前で全裸の妻が、跪いて尺八をしています。横田は鷹揚に椅子に座り、足を投げ出しています。煙草を吸いながら、上下に動く妻の顔を満足そうに眺めている。時折、苦しそうに妻が動きを止めると、許さないように妻の頭に手を伸ばし、フェラを強制させています。ゲホゲホ妻はえづきながら、フェラチオを続けます。

自分の足元が崩れていくような感覚でした。眩暈がしました。時間はどれだけ経過したか、わかりません。ただ、立っているだけで精一杯でした。私のいる場所は、妻の斜め後ろにあり、妻の表情は直接見れません。部屋はリビングで、電気は豆球だけ灯っており、薄暗い中に、にやけた横田の顔と、でっぷりした汚い腹、そしてその下に生えている太い男根とその前に座る妻の白くて大きな尻がフラッシュのように一瞬に鮮明に頭に刻まれました。

「おい」
横田があごをしゃくり、妻に合図をしました。何回もえづき、嗚咽している妻はよろよろと立ち上がり、座っている横田の上に座ろうとします。

「違うだろ」
バシッと平手で妻の大きな臀部を平手打ちしました。

「ああ・・・ごめんなさい・・・ぶたないで・・・」
妻は泣きじゃくっていました。そして、よろよろと椅子に座っている横田に後ろ向きになり、四つん這いで高く尻をかかげました。大きな乳房が果物の実のように揺れています。

 今は妻の横顔も見れました。涙と、涎で化粧は崩れています。嗚咽で肩が小刻みに震えていました。
 横田は満足そうな表情をしています。奴の目の前に、妻の秘唇と菊穴がさらけ出されています。しかし、満足そうな表情はすぐにまた不満そうな表情へ変わりました。
バシッ
「ヒッ」
また妻の臀部を平手打ちしました。

「何か言うことは無いんか?」
低い、ドスのこもった声でした。
体を震わせて、顔を伏せながら妻は信じられない言葉を口にしました。

「恵子の穴をいじってください。悪戯してください・・・お願いします・・・」
「全く、何回言っても覚えないよな。頭悪いんじゃねえか?」
またにやけた表情になると、両手で恵子の腰を掴み、自分の目の前へ引き寄せます。恵子は、顔を伏せて尻を突き出すような体勢です。横田は秘部をクンクンと匂いを嗅いでいるようでした。屈辱で恵子の表情が歪みます。
「やらしい匂いがぷんぷんだ!それに大洪水だな。なあ、奥さん」
「・・・そんなこと、ありません・・・」泣きながら小さい声で答えます。
「奥さんからの頼みなら、しょうがねえよな。ご近所さんだからな!困ったときは、助け合いだな!」
横田は言い放つと、恵子の双臀をぐっと押し広げ、いきなり秘部へ指を押し入れてかき回したようでした。
「あっ・・・あー!だめー!」
いきなりの行為に、顔を伏せていた妻は弾かれたように背中を反らせて顔をあげました。横田はがっちりと双臀をつかみ、妻を離しません。
バシッ
また、平手が飛び、妻は前に崩れ落ちました。
「はやく立ち上がらんか!」
崩れた妻の股間に足を入れて嬲っています、
「わかりました・・・わかりましたから・・・」
のろのろ妻は体を起こし、さっきと同じ姿勢をします。
ふんっと横田は鼻をならし、また指を入れていきます。

ぬちゃぬちゃ  くちゃくちゃ

間違いなく、濡れている音がします。妻の表情は見えません。ロングヘアーと豆球の陰影が妻の表情を微妙に隠しています。横田は、まるで何かの作業をしているかのような態度でズボズボと悪戯をしています。

ぐちゅぐちゅ びちゃびちゃ

濡れている音が少し変わった気がします。すると横田は大きく息を吐いて、また平手打ちをしました。うっと妻は呻き、ゆっくりと横にあるちゃぶ台に手をかけ、尻をまた高くかかげました。妻の右の臀部は叩かれて赤くなっています。横田はゆっくりと椅子から立ち上がり、手でしごきながら妻へ向かいます。たるんだ腹から見える横田の男根はまるで切株のようです。私より大きいことはもちろんですが、太さが驚愕でした。太いコーラの缶があるような感じです。
後背位の姿勢の妻の双臀を押し開くようにすると、ゆっくりと腰を入れました。
「あっ・・・あっ・・・」
妻はいやいやするように左右に顔をふっています。妻の長い髪が、右左へ揺れています。
横田はゆっくりと腰を入れて、奥まで入れるとゆっくり腰を引いて一旦止めました。そしてふーと息を吐き、
「ふんっ!」
と腰を妻の尻へくさびを打つように、大きく打ち込みました。
「あっあっ〜〜」
パァンと横田の腰と妻の尻がぶつかる大きな音と共に、妻の口から感じていることを証明している高い喘ぎ声が漏れました。
こんな声は、私たちの夫婦生活では聞いたことがありません。
パン パン パン
リズミカルに横田は腰を打ち込みます。こんな腹が出て、動きは鈍そうなのに、クイクイ腰を器用に動かしています。影で妻の表情ははっきり見えませんが、リズムに合わせるかのように、左右に、上下に髪が動きます。声は押し殺しているようですが、あっ、あっと小さく漏れています。
 しばらくすると、横田は急に動きを止めました。そして、今度はゆっくりと出し入れします。
「あっ・・・」
 急にテンポが変わったため、妻は狼狽したようでした。そして、あっ、あっ、あっと小刻みな喘ぎから、あ〜あ〜と長い喘ぎへ変わりました。
「まだ、覚えていないようだからな、また、復習するかな。なあ、奥さん」
少し息を切らしながら、横田が妻へささやきます。妻は聞こえていないのか、返事はありません。
「車をぶつけたのは誰だ」ゆっくり男根が出入りします。
「・・・私の夫です・・・」
「警察へ言わなかったのは、誰のおかげなんだ?」
妻の背後で横田はごそごそ手を動かしていますが、太った体で手元は見えません。
「横田様のおかげです〜ああっお願い、お尻の穴はっ・・・指を入れないで下さいっ」
妻は逃げようとしますが、横田はがっちり腰を掴んでいます。バシッ平手です。
「表ざたになれば、どうなるのか、言ってみろ!」
パァン また深く腰を打ち込みました。のけぞる妻。
「・・・あう・・夫の会社にばれたら・・・ああ・・・困ります・・・ああぅ」
「そうだよな。ご近所さんのよしみで、助けてやるんだからな・・・あぁ!おい、もっとケツを上げんか!」
バシッバシッ!
「い、痛い〜〜ゆ、許して〜〜」
スパンキングの痛みと恐怖で、恵子の大きな臀部が跳ね上がりました。真っ白い尻は、叩かれて桃のようです。
挿入しやすくなり、急にピッチを上げてパンパンと叩き込みます。
「優しいだろう、俺は。感謝してるだろう、なぁおいっ」
その瞬間に、恵子の肛門にまた指を入れたようです。エビぞりに背中を反らし反応します。
「あ・あ〜〜ありがとうございます・・・感謝しています・・・修理もしていただいて・・・あ〜あ〜」ガクガクと上下に頭を揺らします。
「そうだよ、どんだけかかると思っているんだ!もっと奉仕してもらわなくては、割りがあわねえぞ!しかも、こんなドスケベな奥さんの相手をさせられているのだからな!」
「あ〜〜ありがとうございますありがとうございますありが・・・あ〜〜〜もう・・イク〜〜」
妻は叫ぶと、背後の横田に後背位の姿勢から振り返りました。

妻の顔は完全に恍惚としており、まさに「おんな」でした。その表情を見た瞬間、ぞくぞくと電気が体を通った感覚がしました。・・・そして、私は、ズボンの中で射精していました・・・

 しばらくすると、獣の咆哮のような声と共に、横田が絶頂を迎えたようでした。
「おおっ、いくぞ!受け止めろ!」
太い男根を引き抜くと、妻の髪を掴んで、力づくで顔に近づけます。引き抜かれた瞬間、あぁっと声にならない喘ぎを出して、妻も従います。大量の精液が、妻の白い顔へ飛び散ります。そんな妻は、快感を迎えて満足そうな表情で受け止めています。顔から顎を伝って、精液は妻の大きな乳房に垂れていきます。やがて、横田は大きなため息とともに、ゆっくりと妻の横へ寝転がり、2人は抱き合っていました。妻は失神しているのか、動きません。

 2人の様子を見届けた私は、そのままゆっくりと玄関に戻り、音が漏れないように扉を閉めて、外へ出ました。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[4] Re: 現実なのか  誠人 :2018/10/20 (土) 16:30 ID:E1YY4n6E No.26314
続きがありましたら、お願いします。

[5] Re: 現実なのか  てつ :2018/10/27 (土) 12:21 ID:5W0SdZsE No.26337
・弱みを握った隣人
・弱腰の夫
・M気質のある妻

大好きなシチュエーション。

屈辱の寝取られ支配か、はたまた復讐劇か
今後の展開が楽しみ。



▲トップ /全部読む /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

男の娘 - 現在のレスは4個です -

[1] スレッドオーナー: 勇気 :2018/07/24 (火) 12:35 ID:kcdoA2Jg No.26092
僕は、15歳の中学3年生。父は、僕に男らしく、勇敢な男に育って欲しいと勇気と名付けたらしい。
それは、上の4人が姉だからだ。
でも、母も姉達も僕を男としては見てくれなかった!
幼稚園まで、服は姉のおさがりばかり。たまに、父が男子っぽい服を買ってくれても、みんなにすぐに着替えさせられていた。
僕は、そのせいか顔立ちも女の子と間違えられる事も多かった。
でも、制服を着ている時だけは自分でも男として落ち着く時間だった。
そんな、中3の夏休み、勉強していると、すぐ上の姉が部屋に来て「ゆうき、これに着替えなさい!」といつもの様に服を持ってきた。
「嫌だよ!勉強忙しいんだよ!」しかし、姉には通じなかった。「ほら、早く着替えなさい!」と、僕の服を脱がして、ズボンを剥ぎ取ってしまった。そして、嬉しそうに「今日は、これね!」と服を見せてきた。
ここで、反抗しても無駄な事だと思い、言われるがままに着替えて「ほら、もういいでしょ!満足したでしょ。」姉は、僕に抱き付いて「やっぱり、可愛いわ。勇気が本当に妹だったら良かったのに!あっ、そうだ。買い物に行くわよ!ほら!」
強引に姉に連れ出された。
こんな学校で、外に出るのは何年ぶりだろう?小学校4年くらいが最後だった。僕は、下を向いて友達に会わない事を願った。

[2] Re: 男の娘  ゆきお :2018/08/03 (金) 12:39 ID:iVwpeym6 No.26102
続き、楽しみですよ。

[3] Re: 男の娘  勇気 :2018/08/18 (土) 14:07 ID:WZdw11wk No.26135
暫くすると向こうから「由香」と声がした。友達のりかさんだ!何度かうちにも遊びに来てるから顔をしっていた!
「どこいくの?あれ?」りかさんは姉の手を引いて僕から離れた。
嫌な予感がした。すると、姉が「予定変更ね。」と、僕を置いて先に行ってしまった。
りかさんが僕に「勇気君!行こうか!」「えっ?」りかさんはにっこりすると「友達に知られたくないでしょ!勇気君が女装が趣味だなんて。ほら!」
りかさんは僕の手を強引に引いた。
「手も女の子みたいだね!勇気君を知らなければ、本当の女の子だと思うよ!」「あの、りかさん。何処に?」「いいから付いてきて。」
すると、一軒の家に入った。「ほら、上がって。私の家だから気にしないで。誰も居ないから安心して。」と、りかさんの部屋に上がらされた。「ほら、ベッド座ってて。ジュースでも持ってくるから。」
りかさんの部屋は姉とは違い、綺麗に整理され至る所にぬいぐるみが置いてある。りかさんが戻って来ると
「勇気君は、女装の趣味があるんだって?」と顔を覗き込んで聞いてきた!「違いますよ!姉が無理矢理させるんですよ!」
「そんなにはむきに成らなくていいよ!由香から、聞いてるから。由香も妹が欲しかったみたいよ。可愛がりたいだけらしいよ!」「そんな事言われても僕には迷惑なだけですよ!」
暫くは、そんなたわいもない話をしていた。
すると、「でも、勇気君は、本当に女の子見たいだよね!本当に男の子なのかな?」と笑いなが聞いてきた。
「僕は、男ですよ!」と言うと「そう。それなら、証明してもらおうかな!ほら、服を脱いで!」
僕が、面食らった顔をしていると「ほら、早く。男の子なんでしょ!」と、服を脱がしてスカートを捲り上げた。
「えっ!下着までちゃんと着けてるのね!本当に、嫌なのかな?」「これは、無理矢理姉が。」「そうかな?嫌ならここまでしない気がするけどな!本当に嫌なら全部自分で脱いで見なさい!」
僕は、しょうがなくりかさんに背中を向けて裸に成った。「ほら、男の子ならこっちを向きなさい。やっぱり、女の子なのかな!」「男でも恥ずかしいですよ!」僕は、どうしていいか分からなかった。
「ほら、こっちを向いて!」と、振り向かされて両手を万歳させられた「あっ、ちゃんとオチ・チンついてる!」「ちょっとりかさん」両手を振り払い前を隠して座りこんだ。

[4] Re: 男の娘  勇気 :2018/09/17 (月) 10:53 ID:EUt8pr.M No.26203
「そんなに恥ずかしがらなくていいでしょ。ねっ。」りかさんも悪いと思ったのか、優しい口調で言った。僕の横に座ると
「私ね、男子が苦手なのよ!女子同士なら平気何だけどね。だから、勇気君に協力してほしいの!駄目かな?」そう言って、悲しそうな目で僕を覗きのんできた。「僕に、出来る事なら・・・」
すると、りかさんは「ありがとう!それじゃさっそく!」クローゼットを開け、見覚えの有る制服を出した。中学の制服だ。「はい、これと後は」引き出しから何か探して出してきた。
「まずは、これに着替えて!」りかさんの下着を渡された。「あのっ?でもっ」「協力してくれるよね!」
僕は、訳が分からない。でも、言う事を聞くしか無いと思った。「分かりました。あの、着替えるから向こうを向いてて下さいよ」
りかさんは、向こうを向いた。ブラジャーに、パンツ、ベージュのパンスト、キャミソール。それに、中学の制服。
「これでいいですか?」「勇気君凄い!可愛い!これなら、女子としてやっていけるよ!ほら、こっちに立って!」
りかさんは、僕の回りを一周して「制服は、脱いでいいよ。ほら。」そう言って制服を脱がされ下着姿に成った。
「勇気君は、そんなに大きく無いから私のでちょうどいいわね。胸は、無いけどね!」
僕はベッドに座らせれ、りかさんは前に座った。
足を触りながら「足も女の子みたいね!私ね、この、肌触りが好きなのよ。自分の足もパンスト履いてる時はよく触るのね」
りかさんは僕の足を撫で始めた。くすぐったくもあり、何だか変な感じだった。
「あの、りかさんくすぐったいですよ!」


▲トップ /全部読む /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

コンビニエンス物語 - 現在のレスは60個、スゴイ人気のスレッドです! -

[1] スレッドオーナー: 野々村 :2018/05/31 (木) 12:58 ID:aEBkz3s2 No.25976
この物語は半分フィクションもう半分ノンフィクションの物語です。妻を誰かに寝とらせたい願望を持っていた私【野々村孝49歳】と妻【野々村朋子40歳】そして【高橋信心55歳】の物語であります。

[51] Re: コンビニエンス物語  :2018/06/03 (日) 19:33 ID:SMZyg62g No.26031
天を仰ぎながらも【あのぺニス】が頭から離れない。私は服も下着も脱いで全裸になった。手が自然に乳房にいってしまう。『ンンッ!アアッ!だ、駄目!』頭には鈴木さんに辱しめられる自分の姿…指の腹に唾液をたっぷりつけて自分でクリトリスの皮を剥いて上下に擦る。
『アアッ!イイッ!イイッ!ヒッ!』私は…2度、3度と登り詰めた。
シャワーを浴びにバスルームに入ると私は【たわし】のような自分の陰毛に脱毛シェービングをタップリつけた。去年の夏前に腕の毛を除毛するために購入したのだ。値段は高かったがVゾーンなどにも使えてかなり強力だ。15分ほど泡に浸けた後にシャワーを流すと陰毛は全て流れ落ちてツルツルになった。手鏡で陰烈を確認すると鶏のとさかの形した黒い大陰唇が見える。かなりグロテスクだ。
シャワーから上がり寝室に戻るとベットに横になった。明日…どうなるんだろう。。


[52] Re: コンビニエンス物語  :2018/06/03 (日) 20:25 ID:SMZyg62g No.26032
『朋子さんおはようございまーす』
坂崎さんは何時も通りの笑顔でタイムカードを押すとニヤニヤしながらロッカーから制服を出して羽織った。
『もー!大丈夫ですよ!朋子さん!私は誰にも言いませんから!おあいこ、おあいこてやつですよ!』
『ちょっと待って!おあいこて?どういう事?』
『だから〜私と鈴木さんの動画みたんでしょ?あのホテルの。しっかし朋子さんも激しいね〜こんな可愛い顔してるのに。鈴木さんチンコメチャクチャでかいしテクも最高っしょ?嵌まるよあれは。まあ安心していいよ。鈴木さんは回りにバレるへまはしないよ。凄く頭いいから。』
ふう…聞けば4月から関係があると言う。合意の上での話も聞いた。私も業務に入るためにカーテンを引いてスカートからジーパンに履き替える。キャア!坂崎さんがまだ下着姿の私に近づいてこう言った。
『偉そうな事言っても鈴木さんのぺニスが欲しくて剃ってきたんだろ?ん?このスケベ。』
私は…余りにも図星をつかれて何も言い返せませんでした。


[53] Re: コンビニエンス物語  :2018/06/04 (月) 05:46 ID:uj/f5m9g No.26033
『そろそろ出てくる頃かな?』
車内の時計を見ると昼の12時をさしていた。朋子がこれから何を俺に言わんとしてるか分かる。私がくわえてたタバコを吸い終え消した所で朋子は窓ガラスを軽くノックした。中々、厳しい顔をしている…が!私は、そんな女が大好きだ。私は、助手席を指さして乗るようにうながした。
『何か話があるみたいですね。車では人の目がつくし移動しますか?』
怒っているのか朋子は無言だ。私は何時ものホテルの駐車場に車を滑らした。
『どうしてホテルなんですか?私が何を話したいか分かりますか?』
ふう…やれやれだな…まあいいか。苛めがいがある。
『私は話ならここしか聞きたくないのですがね?それにフェアに私はしたんですよ?』
私は、朋子のスカートに手を入れて脚とショーツをゆっくり撫でる。脚を閉じて抵抗する朋子に力を入れてグイッと開き続けて撫で回す。ふふっ。毛の処理してるじゃねーか。
『だってそうでしょ?朋子さんは私と真奈美のあんな動画を持ってるんだから。あんなのばらまかれたら私の人生終わってしまいますよ?まあ、それでも今日は話がしたくないならそれでも仕方ない。』
私が車のハンドルを握ろうとすると朋子の細い手がそれを止めた。やれやれと思いながら二人で車を降りてホテルに入った。


[54] Re: コンビニエンス物語  :2018/06/04 (月) 13:20 ID:uj/f5m9g No.26034
ホテルのエレベーターに乗り込むと直ぐに抱きしめられて唇が重なった。私は夢中で激しく動く唇と舌の動きに自ら答えた。大きな体に抱きしめられてその手は私の身体全体を激しくさすった。私はその行為だけですでに濡れていた。部屋に入ると鈴木さんは一人用のソファーに腰をかけた。
『ふふっ。スカートを捲ってみなさい。ショーツが良く見える位置まで』
私はこの期になっても恥ずかしさで手が震えながら言われた通りにスカートを捲る。
『セクシーなショーツじゃないか。よし服とブラを脱いでショーツだけになるんだ』
私は言われた通りに脱いだ。鈴木さんは全部脱いで逞しいぺニスを勃起させて仁王立ちだ。
『ピンクで前がスケスケのいやらしいショーツか。しかも陰毛も剃ってある。』
その通りだ身体は欲しくて欲しくて堪らない。そんな事は鈴木さんは百も承知だ。
『よし、口を大きく開けろ。入れてやる』
私が口を開けると鈴木さんはぺニスを突っ込み自ら腰を使って口腔内を楽しみ始めた。
ング!ゴエッ!喉の奥に突っ込んだぺニスをさらに突っ込むために頭に手をかけてグリグリする。
ゴエッ!ゴエッ!私は苦しさから嗚咽した。
『中々気持ちいいぞ!よし朋子!教えた通りにしゃぶれ!』
いつの間にか呼び捨てにされてる事など気にもせずにフェラチオを始めます。


[55] Re: コンビニエンス物語  :2018/06/05 (火) 05:47 ID:832nO/mo No.26036
ン…チュッ…チュッ…チュッ…
よほど欲しかったのだろう愛をしそうにキスをしている。私も自分がさらに気持ち良くなる為に陰毛は全部綺麗に剃り上げてきた。この方が視覚的にもでかく見えるはずだ。
ベロベローン、チュッ…カポカポ…ジュル…ジュル…
時折、上目ずかいで私の顔をみて私の反応を確認する朋子。本人は気が付いて無いかも知れないが顔やスタイルは全然芸能人にも負けてない。背が低い事を覗けば特にセックスに溺れてる姿は特有のオーラがある。フェラチオのテクの飲み込みもいい。教えて無いのにぺニスをくわえて顔をローリングさせている。
よし、さらに辱しめてやるか。
『どうだ?朋子?このぺニスは美味しいか?この椅子に座って脚を開きなさい。』
私は一人ようのソファに朋子を座らせると持ってきた鞄からまずはローターを取り出して朋子の前でスイッチを入れた。ブィーン、ブィーン、振動しながら機械音が響く。私はそれを朋子の手に握らせた。


[56] Re: コンビニエンス物語  ヨゥです。 :2018/06/07 (木) 00:57 ID:q6jBmmF2 No.26041
朋子さんどぉなったのかなぁ

[57] Re: コンビニエンス物語  :2018/06/07 (木) 06:42 ID:npz91i2E No.26042
ヨゥさん、おはようございます。
拙い文なので中々進みませんが皆様から応援されながら頑張りますね。


[58] Re: コンビニエンス物語  元CVパート :2018/06/22 (金) 04:32 ID:96LqLSMk No.26061
その昔、嫁がコンビニでパートしていました。
弱小コンビニだったので大手711に淘汰され閉店してしまいました。
そんな事でタイトルが目に留まり読ませていただきました。
妄想の域を出ませんが嫁を置き換えて興奮しています。


[59] Re: コンビニエンス物語  八兵衛 :2018/08/02 (木) 10:30 ID:aAY9UcaU No.26101
続きが気になります。

[60] Re: コンビニエンス物語  かいと :2018/09/05 (水) 06:13 ID:RHP675Gk No.26167
続きが気になって仕方ありません。
宜しくお願いします。



▲トップ /全部読む /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

倒錯と現実 - 現在のレスは2個です -

[1] スレッドオーナー: いぬっころ :2018/07/15 (日) 16:47 ID:JlRI/HsA No.26084
営業職の私は週に1度は外回りを早めに終えていつものハプバーに通っていた。営業といってもルート営業の、どちらかと言うとあまり積極的ではない私がハプバーに行っても何かいいことがいつもあるわけでもなく、大抵はカウンターの端に座って店のバーテンダーと焼酎のロックをちびちび飲みながら、積極的な常連とそれを目当てにやってくる女性たちのハプニングを遠目に見ながら飲むのが常だった。

もちろん初めてネットでハプバーの存在を知り、通い詰めた頃には、勇気を振り絞りながら、ぎこちなく常連たちの話に乗り女性たちとも話をして、少しの可能性を拾おうと躍起になっていた頃もあるし、流れに乗って一緒にやり部屋までお供させてもらったこともある。ただ、いざ他の人がいる前で裸の女性を前にしても息子が役に立たず、すぐに謝ってその場から去るしかないことが続き、いつしか自分からは行動もできなくなりカウンターで眺めるほうが居心地がよくなってきた。

お店でセックスこそしないが、それでも必ず同じ曜日にいる私は、常連の女性たちとも顔見知りになり、店に男性客が少ないときの女性たちとの話相手になるのは、私にとって社会では考えられないほど魅力的で、会社でも目立たない自分にとって、週に1度の誰にも知られていない秘めた趣味の1つとして、毎週行くことはやめられないでいた。

ある日、カウンターで独り焼酎を飲んでる私の隣に座ってきた初めて見る男性が、
「ここは何曜日が盛況なんですか?」と声を掛けてきた。私は、
「その日によって違うみたいですけど、いつも仕事の関係で木曜しか来ないので他の曜日はよくわからないんですよね」と答えた。
他の客もちらほら来てたが数少ない女性を口説くのに躍起になってる様子で、ぼーっとカウンターで飲んでる私は、初見の人には声を掛けやすかったのだろう。男は続けて、
「ここは初めてなんですけど、こういうところは平日はさすがに人が少ないのかな。あ、はじめまして、かずと言います。」と自己紹介をしてきた。

その男は、見た目の年齢は40代後半で私とほぼ同じくらいに見える独身で、大人のパーティを趣味で開いたりしているということだった。私は男の話に少し興味が沸き、大人のパーティというのはどういうパーティなのか聞いてみた。大人のパーティというのは、いわゆる乱パ(乱交パーティ)でネットで会員を募集し月一程度で麻布界隈にある古い大きなお屋敷を借りて開いているということだった。その日は、ハプバーの店が徐々に多くなってきてるということで、いろんなハプバーを少し回って勉強してると言うことだった。

男性単独で参加できるか聞いてみると、普通はカップルのみの参加で年配のご夫婦が中心だと言うことだった。ただし世間一般では、願望はあっても奥様を誘ってそういう場所に行ける男性はほとんどおらず、そのために1次会は日本酒の試飲会や陶芸教室などご夫婦で参加しやすいイベントという名目でゲームを交えてカップルを引き離し、2次会では完全に誰だかわからないように顔を隠して服を着替えた大人のパーティになると言うことだった。

話はとても魅力的ではあったが、どう考えても連れてこられた奥様達が2次会に進むとは思えないと男に言うと、ほとんどが会員なのでそのまま2次会に流れるし、今会員になってるご夫婦もみんな最初は初めてのご夫婦だったと言うことだった。もちろん1次会で帰られる初めてのご夫婦もいるけど、ほとんどがそのまま2次会に流されるそうで、男から、もし興味があれば、特別に単独で参加して見てもらえば、どういうパーティかわかると誘われた。


[2] Re: 倒錯と現実  ひろ :2018/07/19 (木) 07:07 ID:SxjZZcYI No.26087
つづきをまってます。


▲トップ /全部読む /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

海よりも深く - 現在のレスは1個です -

[1] スレッドオーナー: :2018/06/02 (土) 08:35 ID:Qq1GNW8U No.26007

   ご指摘有難うございます。
   皆様と同じ様に一覧にしました。
   感想が励みですので宜しくお願いします。

【01】 -----# 1 ---5/12---
”鬼畜・・・”赤蛭竜二のこと一言で言えばこうなる。
竜二は最初はキャバクラを31才の時にS市で開いた。
店は地元では「ヤリ専」と噂され、ホステスが簡単に
やらせてくれるせいで客は毎夜1時間待ちの店になっていた。
客と同伴で出勤するホステスには1万円が手当てとして渡され
ホステスはそれを目当てで出勤前、客に同伴依頼の電話をした。

竜二は15人いる店のホステスとは殆ど肉体関係を持っていた。
新しく店に入った女たちはには暫くして、日当アップの餌を出されると
殆どが、竜二のマンションのドアホーンを押した。

なかには、閉店後帰りのタクシー代をが無い為に竜二のマンションに泊まる女もいて
その時女が二人でも竜二は女二人を一緒に抱き、競争させてセックスすることもあった。

当時は月に200万円くらい儲かっていて、まちきんをしてる悪友に
1千万円程貸し付けていた、

32の時、竜二は性器に真珠を3個いれた。
その頃から全くオナーニはしたことも無く、射精相手はいつも金で釣った女や
弱みに付け込んで物にした女達であり、友達に「空打ちはしたことないわ・・」と
自慢げに話していた。
しかし、女には不自由なかった竜二だが、次第に普通の主婦にを自分の女にする事に
嗜好が変わっていき、いい女を見ると、その女を寝取を想像して舌なめずりした。

竜二は25才の時に恐喝で1年半服役したが、その時は
ささいな事件で普通であれば執行猶予だと思われたが、恐喝した相手が
示談に応ぜず、また裁判官がその日機嫌が悪かったのか、執行猶予はなく、実刑となった。

服役中に竜二は死にたくなるほどの虐めを同じ服役者からうけた。
その事は、竜二のその後の生き方を変え、今している事が、絶対に刑法に
触れないように注意をする様になった。
それは、女に対する対処のし方にもおなじであり、刑法に触れない様に
狡猾に女を服従させる様になった。

3月2日東京に春一番が吹いた。
上河野奈津江は東西線G駅のホームで強風の中、一旦コートの裾を押さえたが
すぐに振り向き 西船橋行きの電車がくるのを見た
身長172cm長身の体をグレーのオーバーコートに包み、首にはチェックのマフラーが
巻かれていたが、コートの下は男に言われた様に黒のTバックの下着と同じ黒の
乳房丸見えのフルオープンブラジャーだけであった。

今日で4回目・・男に抱かれることになる。
奈津江だけではない、同じブティックを経営してる、浜島涼子も同じく抱かれているのだ。

巧妙に仕組まれた罠に奈津江と涼子は二人一緒に嵌った。
竜二が作った、あり地獄に奈津江が落ち、それを引き上げようと手を伸ばした涼子
も引き込まれた。
あり地獄の底には2つの扉があり、竜二は二人の前でそのドアを開け,その先を見せた。
一つのドアからは、家族を巻き込み暗黒の底に落ちる世界が見えていた。
もう一つのドアから見える世界は竜二が真珠入りの性器を勃起させ手招きしながら
「こちらに来れば・・明日からはいままでと同じ生活だ・・どうする・・」と言った。


【02】 -----# 2 -----06/01---
奈津江はN駅を出ると駅前のアーケイドを通り抜け、竜二のマンションに向かった。
マンションの手前の交差点に来た時に突然息子の声が聞こえてきた。
「ママ・・25メートル泳げたよ・・」との朝食の時の息子の声であったが、周りを
見回し空耳だと思い直したが、しかし涙が溢れ出た。
立ち止まり、引き返すことを考えた・・しかし、今は選択の道は無いのだと
再び歩き出し交差点を渡った。
竜二のマンションに入りエントランスの部屋キーを押すと、直ぐに「ああ・・」返事がきて
ロックが解除された。
14階までエレベーターで上ると青空の下に、春の香りのするI市の街が見渡せた。
ドアフォンを押すと直ぐにドアが開き竜二が全裸で片手にビールを持ったまま立っていたが
「突っ立つてんじゃねえよ・・」と腕を掴まれ中に引き込まれた。
玄関には見覚えのある赤いピンヒールがあり、涼子の物だとわかった。
竜二がいきなり奈津江の顔を引き寄せ、舌を入れようとしてきた。
煙草臭く、そして口の含んだビールを飲ませようと舌で奈津江の口をこじ開けた。
「開けろ!!」
口を閉じたままの奈津江に対し竜二は低い声で言ったが、その時ビールが毀れ
奈津江の首筋に流れ落ちた。
奈津江が口を開けると舌が入ってきて、同時に奈津江は持っていたバッグを床に落とした。
竜二は奈津江を抱きかかえ舌を入れたままの状態で奥の部屋に連れて行った。
奥の部屋には赤い皮張りのソファーがあったが、その上に涼子がいた。
涼子が腰掛けた男を背にして全裸で跨り挿入していたが、横に立つもう一人の男の
性器を咥えていた。
「この奥さんだよ・・この前話した女は・・どうだ・・上玉だろう・・」
竜二が奈津江から手を離しみんなの前に突き出した。

【03】 -----# 3 -----06/02---
「脱ぎな・・・」
「・・・・・」
「二度も言わせるんじゃねえよ!!」
竜二はビールを熱帯魚の置かれた台に乗せると奈津江を見た。
「ねえ・・奈津江・・もう二人で決めたことだし・・そうしよう・・」
「そして・・こうなったんだから・・もう割り切らないと・・そして遊ぼう・・」
涼子がフェラしていた性器から口を離し口を拭いながら言った。
遠くからの救急車のサイレンが聞き取れ、それはすこしずつ大きくなった。
その部屋にいる全員の目が奈津江に向けられた。
暫くするとサイレンは少しづつ小さくなっていったが、それを境に
奈津江は大きく息を吸い込むとグレーのコートのボタンを外していった。
大きな胸と長い足、そして黒のTバックとフルオープンのブラジャー姿が現れると
「おお・・」と男達が言い、「すげえ・・・・」涼子を乗せている男が言った。
竜二が奈津江を引き寄せ、舌を入れようした。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


▲トップ /全部読む /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

嵌ってしまって・・・11 - 現在のレスは133個、むちゃくちゃスゴイ人気のスレッドです! -

[1] スレッドオーナー: 美和 :2012/05/07 (月) 02:22 ID:Ch8vv.qk No.15344
こんばんは、よいちさん、ONEさん、しげるさん、ありがとうございます。
少し間が空きましたが、よろしくお願いいたします。。。


(す・・げ・・・)
敏感な部分を唇と舌、手で攻められて、最後にカリに唇が引っ掛かり・・
我慢できずに出してしまった・・・
ドクドクと遠慮無しに・・・
上から見下ろす熟女の顔に、今自分が放出した白濁液のラインが2本・・
1本目は顔を飛び越して行ったため左目にかすかに・・
2本目は濃い液が鼻から右目を通り、髪に掛かっていた・・・
口に出したのは今日が2回目・・
顔に掛けたのはもちろん初めてだ・・
しかも相手は、教え子の生徒の母親・・・
(す・・・げ・・・・)

快感と興奮に震えながらも、とんでもないことをしてしまった・・
と、罪悪感も湧き出てきていた・・・
それでも止まらない射精・・・・気持ちよすぎる・・・
美しい顔に掛かる白濁液が自分のものというのが信じられないが・・・
快感を遠慮無しに吐き出していた・・・
射精の快感も収まってきて、思い切って声を出す・・・

「す、すいません・・・」
「・・・・」
大きく開いた唇がゆっくりと離れると、そのまま手で口を押さえ下を向く教え子の母親・・・
(ああ・・・やばい・・)
「す、すいません・・・・」

口の中がいっぱいで、返事をできず・・・顔も上げられず・・
そのまま後ろを向き、洗面台に吐き出しました・・・
「す、すいません・・・」
「う、ううん・・大丈夫です・・・」
「あ、、で、でも・・・」
「・・大丈夫です・・・」
「・・・・・」
「ごめんなさい・・今日はこれで・・」
洗面台に顔を向けたまま声を掛けられた・・
「あ、、はい・・はい・・・」
慌てて服を着て、もう一度謝る・・
「本当にすみませんでした・・・」
「いえ・・また・・・いらしてくださいね・・」
ペコリと頭をさげて、そそくさと出ていった・・

脱衣室から出て行くのを確認すると、顔を上げました・・・
薄目を開けて見る顔には、白濁液のラインが・・・
(また掛けられちゃった・・・・)
片方の目の方は一筋のラインですが、もう片方は鼻から髪にかけてクッキリと・・
(あぁ・・・こんなに・・・・)
拓郎くんにホテルで掛けられて以来です・・・
あの時はもっとすごかったですが・・・
手で拭い取り、衣服を確認します・・
幸い衣服には掛かっていないようですが・・・
(シャワー・・浴びないと・・)
シャツを慎重に脱ぎ、スカートを見ると、スカートには少し飛び散っていました・・
床には最初の迸りが飛び散っています・・・
2回目なのに、これだけの量・・・
匂いにクラクラとしながら、急いで洗濯機に放り込み・・
浴室に向かいました・・・

熱いシャワーをを急いで顔に掛けて、髪を濡らし・・・
ぬるぬるの液を洗い流します・・・
鏡を見ると、いやらしい眼・・・
今日3回の射精を受け止め、最後は顔にも受けて・・・
唇を指でなぞると・・そのまま咥え込んで・・・
熱いシャワーを敏感な部分に当てて・・・・
十分に潤んでいるせいか、あっという間に登りつめて・・
指を咥えて声を殺して・・・・
硬い若棒を思い出しながら、何度も登りつめました・・・


[124] Re: 嵌ってしまって・・・11  美和 :2014/06/15 (日) 02:32 ID:FeYC7oB2 No.19403
こんばんは、よいちさん、ずうさん、のんさん、愛美さん、ありがとうございます。
続けますね、よろしくお願いいたします。。。



昼間、立て続けに熟女二人の口に発射させた拓郎・・
その夜はスッキリとして、熟睡できた・・
次の日は二人とも病室には来なかったが、メールでやり取りし、
次の訪問の日を確認でき、うきうき気分でいたのだが・・・
午後には隣のベッドに新たな患者が入ることになり、状況が変わってしまった・・

美和も景子も通ってくれたが、「普通」のお見舞いになってしまい・・・
またしばらく悶々とした日々が続いていた・・・

「禁欲」して1週間が過ぎたときだった・・
看護師の上原千里から、明日に検査があることを伝えられた・・
退院が近いのだろうか、それよりもベッドから降りられることがうれしかった。
看護師の上原さんは30代の前半、明るく元気な看護師さんだ。
その日は午後から車椅子に座らされて、レントゲンに向かい、
先生の話を聞いた・・

「大分いい感じだね、これならギプスをはずせるかな」
「ほんとですか? 退院ですか?」
「今のギプスからもう少し簡単なものに替えるよ」
「少しリハビリをして退院だね」
「ありがとうございます」
「あ、あと、ずっと風呂に入っていなくて気持ち悪いだろ?」
「上原さん、ギプスを外したら入浴手伝ってあげて、簡易ギプスに付け替えてあげて」
「はい、わかりました・・」

「じゃあ、松田さん、ギプス取りますね」
「あ、はい・・・」
「大分足が弱くなっているかもね・」
「ああ、そうなんですか・・」
「ええ、筋肉が落ちてきているから・・」
「そっかぁ・・」
「じゃあ、このまま入浴室に行きますね・・」
「あ、はい・・・」

「入浴といってもシャワーだけど、いい?」
「は、はい・・・」
(やば・・勃ってきちゃった・・)
「じゃあ、ガウンを脱ぎましょうか・・」
「は、はい・・・・」
(ああ・・・やばい・・・・)

「ぁっ・・・・・」
小さく声をあげる千里・・・
「す、すいません・・・・」
「う、ううん・・・し、仕方ないわよ、若いんだし・・・」

それにしても・・すごい・・太い・・・
シャワーのお湯を調節しながら、思い出してしまっていた・・
過去にも拓郎と同じくらいに立派なモノを一度見たことがあった・・
まだ20代の時、相手は40代のサラリーマンだった・・
単身赴任で、仕事中に事故に遭い入院した人だったが、
その時のことを思い出していた・・・

名前は佐藤という40代の男性・・・
若々しくて40代にはとても見えなかったので、よく覚えている・・
それよりも覚えているのが、奥さんのことだ・・
奥さんが病院に来たのは、入院から1週間後だった・・
清楚で上品そうな奥様・・やさしそうな顔立ちで・・
黒基調のワンピースがよく似合っていた・・

「佐藤の家内です、このたびはお世話になりまして・・」
「あ、い、いえそんな・・ご丁寧に・・」
「佐藤さんよかったですね、奥様に来ていただいて・・」
「いろいろすみませんね、上原さん・・」
「いえいえ、私は何も・・では、ちょっと戻りますね・・」
「ああ、はい・・」

「あなた・・大丈夫なんですか?・・」
「うん・・ご覧のとおりさ・・足は骨折、腕は切ったんだが10針縫った」
「もう・・びっくりしました・・入院なんて・・」
「すまん・・子供たちは?・・」
「お義母さまが来てくれたので、お願いしてあります・・」
「長くいられるのか?」
「いえ・・あさってには帰らないと・・・」
「そうか・・すまないな・・」
「ごめんなさいね、いられなくて・・・」
「いや、いいよ、仕方ないさ・・」
「あなたのお部屋も片づけにいかないと・・・」
「ああ、そうだな、今日は俺の部屋に泊まってくれ」
「はい・・・・」

「ちょっと、飲み物でも買ってくるわね・・」
「待てよ・・」
「え?・・・・」
「・・その・・久しぶりにお前を見たら・・・ちょっと、興奮しちゃって・・・」
「え?・・・やだ・・あなたったら・・・・」
「カ、カーテンを閉めてくれ・・・」
「あ、あなた・・・・」
「いいから、早く・・・」
カーテンを引く・・・
「触ってくれるだけでもいいから・・な?・・いいだろ・・」
「だ、だめよ・・・看護師さんが来ちゃうわ・・」
「大丈夫だよ、今戻ったばかりじゃないか・・」
「で、でも・・・・」
「お前見たらこんなになっちゃったんだぜ・・・ほら・・・」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[125] Re: 嵌ってしまって・・・11  よいち :2014/06/15 (日) 06:01 ID:vbb7odn2 No.19404
新たな女性が登場で今まで以上に楽しみです。でも、拓郎君は浮気性ですね。

[126] Re: 嵌ってしまって・・・11  美和 :2014/09/30 (火) 01:47 ID:sz3m1rb2 No.19748
こんばんは、大変ご無沙汰してしまいました・・
よいちさん、ご無沙汰してしまってすみません。。
また書いてみますね、よろしくお願いいたします。。。


淫夢を見て目が覚めた景子・・
今日は拓郎が退院する日だ。
昨日拓郎からメールがあり、退院を知らされた。
美和もPTAの会合で行けないとのこと、友達もみな忙しく時間がとれないのだそうで・・
景子は午前中のアポが終われば、午後は何も予定がなかったので、
二つ返事でOKを出した。

その晩眠りにつき、見てしまった淫夢・・・・
景子も、溜まってしまっていた・・・
拓郎によって目覚めさせられてしまった「女」の部分・・・
病室でちょっとだけ味わった硬い若棒・・
それが余計に欲しくなる原因になってしまい・・・
夢にまで見てしまうようになっていた・・・

(今日は、チャンスがあったら私から迫らなきゃ・・)
息子の朝食を作りながら、唇を舐めていた・・
慌ただしく朝食をすませ、息子を送り出す・・
化粧を整えて、(まずはお仕事・)と自分に言い聞かせて、スーツを着る。
下着は黒の上下・・白のインナーシャツを着て、紺のスーツに身を包む。
スカートは短めのタイト・・
ストッキングはナチュラル・・・
プラチナのネックレスをつけて、仕事に向かった・・

「いよいよ、退院ね・・」
看護師の上原千里に声をかけられる拓郎・・
1週間前、浴場での行為・・・
ガチガチに反り返る拓郎の若棒を手でやさしく扱き1回目を放出させ、
収まらない若棒をやさしく咥えてくれた・・・
千里の顔を見ながら、思い出す・・・

「なぁに?・なんかついてる?・・」
「え、、いや・・・」
「もう・・・」
恥ずかしそうにはにかむ笑顔がかわいい・・
「あの、、いろいろありがとうございました・・」
「ううん・・こちらこそ、いろいろいたらなくて・・」
「いえ・・ほんとに、ありがとうございました」
「まだ、診察に何度か来ると思うから、見かけたら声かけてね」
「はい・・」

荷物をまとめて、景子が来るのをまっていると、昼過ぎにスーツ姿の景子が現れた。
千里にもう一度挨拶をして、景子の車に乗り込んだ・・

「退院おめでとう」
「ありがとうございます。」
「遅くなってごめんなさいね」
「いえ、忙しいのにすいません」
「ううん、午後からは何もないの、だから大丈夫・・」
「そうですか、よかった」
「もう、大丈夫なの? まだ杖ついてるみたいだけど・・」
「あと何回か診察に行く予定ですが、大丈夫です、ひざはまだあまり曲がらないですけど・・」
「しばらくは杖の生活ね・・今日は・・まずアパートに行く?」
「はい、すいません・・そのまんまなので・・」
「そうね、わかりました・・」

約1か月ぶりの部屋はシンと静まっていた・・
「とりあえず、洗い物をするわね・・」
「あ、、すいません・・」
拓郎くんはPCをたちあげて、メールチェックをしています・・
「やば・・洗濯もしないと・・」
「うちに持ってくるといいわ、やってあげる」
「え、いいんですか? すいません・・」
「それと、今日はうちでご飯食べて、亮ちゃんもよろこぶと思うし・・」
「あ、はい・・すいません、ありがとうございます・・」
椅子に座る拓郎のまわりを忙しく動いて、片づけをしてくれる景子・・
ムッチリとした脚に思わず目が行く・・
こちらに背を向けてかがんだ時には、大きな丸い尻が目の前・・
思わず息を呑む・・・(すげ・・・)
窓を開けて、ベッドの上を直す時には、スーツの胸元から谷間が少し覗く・・
(・・・・)
こちらの目線に気付いたのか、やさしく微笑むと、、
「さぁ、こんな感じで今日はいいかしら・・」
「あ、、はいすいません・・いろいろと・・」
「あとは・・どうしたい?・・」
「はい・・シャワーを・・浴びたくて・・」
「あん・・じゃあ、それはうちで入るといいわ・・うちの方が入りやすいと思うし・・」
「い、いいんですか?」
「もちろんよ、じゃあ、行きましょう」
「はい、すいません・・」

車に乗り込むとき、拓郎を気遣い手伝ってくれるのだが・・
目の前でかがまれて、胸の何間がバッチリと・・
(黒だ・・・)
車内では、捲れ上がったスカートのムチムチの太もも・・
降りるときには、しゃがんで足を持ってくれて、スカートの奥に黒いパンティが見えて・・
もうたまらなかった・・・

「どうぞ、入って・・」
「はい、失礼します・・」
「すぐにお風呂用意するわ、ちょっと座って待っていて・・」
「あ、はい・・・」
急いでお風呂の準備をします・・
拓郎くんは顔を紅潮させています・・
その顔を見ると、私も・・・

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[127] Re: 嵌ってしまって・・・11  よいち :2014/09/30 (火) 05:47 ID:0gaLO.qU No.19749
美和さん、本当に首を長くして待っていましたよ。今回は久しぶりの拓郎編ですね。
楽しみにしてます。

[128] Re: 嵌ってしまって・・・11  美和 :2014/10/27 (月) 18:36 ID:.OLzPsZs No.19852
こんにちは、よいちさん、いつもありがとうございます。
続けますね、よろしくお願いいたします。。。



「あぁん、やっぱりその足じゃ危ないわ・・待ってて、着替えてくるから・・」
脱衣室に拓郎を残し、「着替え」にいってから約5分が経った・・
「お待たせ・・」
戻ってきた景子の姿はさっきと同じ服装・・
白いカットソーに黒い下着が透けている・・
下はムチムチの下半身を強調するようなジーンズ・・

拓郎の履くスウェットはさっきから大きく盛り上がっていた・・
「さあ、入りましょ・・拓郎さん、脱がないと・・」
そう言って上着を脱がせてくれ、跪かれる・・
「ぁ・・・・」
盛り上がりを見て小さく声が漏れる・・
「す、すいません・・・」
「ううん・・大丈夫・・」
スウェットを足首まで下ろされ・・・
「肩につかまって・・ズボン取るから・・」
「は、はい・・・」
テントを張るボクサーブリーフに手を掛けて・・
「これも・・・・」
「ああ・・は、はい・・・」

「バチンッ・・・」
開放された瞬間、跳ね上がり下腹部を叩く若棒・・・
「ぁ・・・・・」
(ああ・・・すごいわ・・)

「は、入りましょ・・待ってて・・」
潤んだ目と紅潮した顔で見上げられ、立ち上がる景子・・
目の前でカットソーを脱ぎ始める・・
現れたのは黒の・・水着?・・
Eカップの谷間を強調するかのような大胆な水着・・
「たらたらな身体で恥ずかしいんだけど・・」
前かがみになり、ジーンズも・・・
迫力のある胸元を見せ付けながら、ムチムチの下半身が・・
(ゴク・・・・すげ・・・・)

やわらかい身体にサポートされながら、浴槽の淵に座らされる・・
「ここならそんなに辛くないでしょ・・」
「はい・・」
「まずは・・頭を洗う?・・」
「はい・・」
「身体は・・洗ってあげる・・」
「え・・あ、はい・・」
泡立てたスポンジで首、腕、背中、胸、足・・と洗われていく・・
時折触れる柔らかな乳房がたまらない・・
揺れる谷間と小さな布の下半身をガン見していた・・
(ああ・・・すげ・・・・)

「ここも・・・洗うわね・・・」
拓郎の足の間に座り込むと、手に泡をとって・・
反り返る若棒に手が絡みついてくる・・・

「ああ・・・・」
両手でまんべんなく泡を塗りこまれて・・・
カリの部分は右手の親指と人差し指がやさしく擦り上げる・・
亀頭は親指の腹でやさしく・・丁寧に・・・
「あ、、・・っく・・・」
気持ちよくて思わずのけ反る・・・

「あん・・・気持ちいい?・・」
「はい・・あっ・・ああ・・・」

両手で包み込むようにやさしく扱かれていく・・・
「あああ・・・・っく・・・あっ・・」
(ああん・・・硬いわ・・・すごい・・・)
快感から反り返ろうとする若棒を手で包みながら、思わず口が半開きに・・
手に伝わる力強さに、唾液が下唇に溜まってくる・・
(あぁん・・・・)

「ああっ・・っく・・・で、出ちゃいますっ・・」
「あんっ・・いいわよ・・出しちゃって・・」
唇からツーッと滴る涎が谷間に触れると同時に、最初の迸りが谷間に・・
そこから谷間、胸、水着、太ももと至るところに飛び散る精液・・
「ああああ・・・・」
「ああん・・・すごいわ・・・」

ドピュ・・ドピュッ・・と何度も・・・
綺麗な胸元に撒き散らしながら、
目を瞑り、半開きの口から涎を垂らす景子のエロい顔に、ますます興奮する拓郎だった・・・


[129] Re: 嵌ってしまって・・・11  よいち :2014/10/27 (月) 21:03 ID:CezB5kDo No.19855
首をなが〜くして更新を待っていましたよ。
これからも楽しみにしてます。

[130] Re: 嵌ってしまって・・・11  ずう :2014/11/15 (土) 09:50 ID:egHybYGo No.19960
美和さん
更新されてたんですね・・・
楽しみにしています


[131] Re: 嵌ってしまって・・・11  よいち :2015/02/20 (金) 06:26 ID:0Qhs0trw No.20424
美和さん?
どうしましたかー?

[132] Re: 嵌ってしまって・・・11  よいち :2017/02/13 (月) 22:12 ID:xbvQ.B.c No.24321
復活を期待しまーす。

[133] Re: 嵌ってしまって・・・11  よいち :2018/05/11 (金) 22:59 ID:N2k1qT2M No.25954
復活を期待してますよー


▲トップ /全部読む /1-100 /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年 - 現在のレスは198個、むちゃくちゃスゴイ人気のスレッドです! -

レス数が180を超えました。200を超えると書き込めなくなりますので新しいスレッドをお願いします。

[1] スレッドオーナー: :2012/04/01 (日) 23:07 ID:aiU/ezN2 No.15162
 桜の蕾も膨らみ始めた春先、高校3年生の孝弘は、高校最後の夏休みを自転車旅行で過ごそうと費用を貯めるべく、バイト探しに没頭していた。

 (高校生だと中々、良いバイト無いよなぁ〜こ れじゃぁ旅行にも行けない…)

  孝弘は1人事をブツクサ言いながら閑静な 住宅街を一人歩いていると。

 「バイト急募、男女不問、学生可」

  貼り紙が目に飛び込んで来た・・・洋館風の 落ち着いた感じの喫茶店の壁に張り付けて  有った。

  孝弘が店の中へ入って行くとカウンターの 中に40代後半の女性(店のオーナーの恵子48 歳)だった。


[189] 欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年  ヒロ :2015/06/10 (水) 09:51 ID:tkPAecFo No.21079
 田嶋恭子43歳は、豪雨の中、車を走らせていた、5年振りの帰省、亡母の法要の為だっ、久し振りに会う親戚縁者との雑談や近況報告などで、あっと言う間に時は過ぎて帰路えと着いたのだった。

 台風の接近で帰宅する頃には、天候は大荒れと成っていた、兄には一晩泊まって明日、帰れば良いだろうとは言われたのだったが、嫁いでる身、義姉への遠慮も有り実家とは言え、決して居心地の良い場所では無かった…恭子は自宅に帰る事を決めた、雨足が更に激しさを増して、恭子の運転する車の視界を妨げる。

「凄い雨…大丈夫かしらぁ…風も凄いし…」

車の運転に不安を覚える恭子。
 「道…違うのかしらぁ…何時もと景色が違う気が…何処で間違えたの……」

 車は、どんどん山中に向かっていた、道幅も段々と狭まりカーブも増えて対向車も全く出会わなく成っていた。

 「○○温泉渓谷10q…そんな温泉が有ったのね…」

不安げにハンドルを握る手が汗ばんでいた…時折吹く突風にあおられて、走行は
かなり不安定に成っていた…大きな右カーブを抜けると目の前に倒木が狭い道路を塞いでいた、とっさに避けようと急ブレーキ!

 「キャア!……」「ドン!……」

 倒木への衝突は回避出来たものの、ハンドルを切ったせいで車は道路脇の側溝に前輪が脱輪…

 「あぁぁ…嘘…こんな時に…」

 車を前後に動かすも一向に側溝からは脱出できない恭子。
 「ダメだわぁ…どうしよう…そうだんぁ携帯…嘘…圏外だなんて…」

側溝からの脱出は諦めて、通り過ぎる車を待つ事にした恭子。

「待つしか無いわねぇ…携帯も使え無いし、何処にも連絡か取れないし…」

 恭子の考えも裏腹に、この道路は既に通行止めに成ってしまっていた規定の降雨量を超えた為だ、待てども1台の車も通過しない状況に恭子の不安は更に増しって行く。

 「ダメだわぁ…車ながら来ないじゃ無いの…」

車が停車した場所の山肌を伝い、水と土砂が流れ落ちて車の前を塞いだ。

 「危ない!逃げなきゃ!」

  恭子は車のグローボックスから懐中電灯を取り出し車外に飛び出した。

 (○○温泉て標識が有ったんだったわぁ…あれから8キロぐらいは走ってるから、少し歩けば温泉が…旅館が有るはず…)

 暴風雨の中を懐中電灯の灯を頼りに歩くのは凄く辛い…恭子の体力を、どんどん奪って行く。

(寒い…夏だと言うのに…山の中だから…もう少しだわぁ、頑張られ私…)

 人は窮地に陥ると意外に力を発揮する…どれぐらい歩いたのだろう民家らしき所から灯りが…

(有った!家だわぁ…助かった……)

 安堵したせいなのか、急に力が抜け落ち意識が朦朧して来た恭子。

(もう少し…もう少し…)

 最後の力を振り絞って歩く、そして玄関にたどり着いた恭子。

 「ドンドン!ドンドン!助けて…」

その場に力無く崩れ落ちる恭子だった。


[190] Re: 欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年  ひさし :2015/06/10 (水) 19:26 ID:/FkXlt62 No.21080
ヒロさん、お久し振りです。首と愚息を長くして、お待ちしておりました。今後の展開が楽しみです。宜しくお願い致します。

[191] Re: 欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年  ヒロ :2015/06/10 (水) 23:01 ID:tkPAecFo No.21084
  孝弘と女将は抱き合った間々、余韻に浸っ てた…孝弘の肉棒は女将の膣に収まった間  だ…その時、玄関の方から物音が。

 「何かしらぁ?」

  瞼を開き孝弘を見つめる女将。

 「風で枯れ枝でも玄関に当たったんじゃ…」

  女将と離れたく無い一心で、そう呟く孝  弘。

 「少し気に成るわねぇ…こんな天気だし何か  の連絡かも…私、見て来ます!」

 「なら僕が見て来ますよ…」

 女将から身体を離す孝弘。

 「それはダメ…知り合いだったマズイから私  が…」

 「そうですよね…わかりました、何か有った  ら大きな声で呼んで下さい!」

  女将は布団から立ち上がり全裸の上に浴衣 を羽織り玄関へと消えて行った。

 (女将さんの裸…綺麗だよなぁ…俺、まだ何  回でも出来るのに…)

  そんな事を考えていたら女将の大きな声   が!

 「孝弘君!来て早く!」

  慌てた女将の声に全裸の間々、玄関に向か う孝弘。

 「女将さん!どうしたんですか……」

  玄関先で倒れてる黒のワンピース姿で、ず ぶ濡れの女性に驚く孝弘。

 「孝弘君!早く部屋に運んで!急いで低体温  症に成ってるわ。」

  女性を抱き上げ部屋に運ぶ孝弘…取り敢え ず畳の上に寝かせる。

 「孝弘君は、その人の服を全部脱がせて!私  は服とお湯を取りに行くから!」

 「えっ!僕が脱がせるんですか?…それって  マズく無いですか…」

 「何言ってるの!緊急事態なんだから…早く  脱がせないと、どんどん体温を奪われてし  まうわぁ!」

 「はい!やります!」

  恭子の体を少し横向にして黒のワンピース の背中のファスナーを下げる…肩口から脱が せるも、濡れて身体に張り付いた服は脱がせ るのに苦労した。

  黒のスリップの肩のストリップを、ずらし 純白のブラの背中のホックも外しスリップと 一緒に足元から抜き取った。

 「パンティーもだよなぁ…良いのかなぁ    俺…」

  パンティーに指を掛けて一気に足首から抜 き取る孝弘…熟女の妖艶な全裸の姿に孝弘の 目は釘付けに成ってるいた、恭子の冷え切っ た体は青ざめていた。

  乾いたタオルで全身を拭く孝弘…女将が洗 面器にお湯を張って戻って来た。

 「孝弘君、タオルをお湯に浸して温まったタ  オルで身体を暖めてあげましょ!」

 「はい!」

  温まったタオルを全身に敷き、冷たく成っ たら取り替える作業を2人で繰り返した、恭 子を布団の上に寝かし替えて作業は続いた…

 「少し体温、上がって来たと思わない?」

 「ですね、女将って凄いですね!」

 「仕事柄、消防署のほうで色々と教わってる  んで、こんな時に役に立つのよ。」

 「ですね、関心しました。」

 「この人、凄く疲れてるわね…だいぶ歩いた  のね、車でも故障したのかしら?」

 「僕と一緒で女将さんに拾われたんですね!  この人も」

  女将は何を思ったのか、恭子の両脚を広げ 始めた。

 「女将さん!何を!僕が居るのにマズイで   すって!」

  恥毛に縁取られた陰部が孝弘の前に晒され た…淫裂に女将の指が這わされ、膣口を見付 け出すと指を膣の中に埋め込む女将。

 「体の中は未だ少し冷たいみたい…」

 「そうなんてすか…ならどうしたら…」

 「孝弘君が暖めてあげなさい!」

 「どうやって?」

 「体を密着させて抱いてあげるの!」

 「えっ!ダメですって!…そんなの…目を覚  ましたら、とんでもない無い事に成ります  よ!僕…訴えられますって!」

 「その時には私が、ちゃんと事情を説明する  から…私の指示だと。」

 「お願いしますよ…わかりました…」

  恭子の布団の隣に寝る孝弘…勿論、全裸  で…恭子に腕枕をする様な形で体を密着させ て抱きしめる孝弘…2人に掛布を掛ける女

 「体…冷たいです…女将さん。」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

[192] Re: 欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年  ツルキ :2015/06/26 (金) 18:15 ID:5u8F81NE No.21236
新展開、完結もしくは、新スレお願いします。

[193] Re: 欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年  ヒロ :2015/07/04 (土) 12:07 ID:VVeWjqoA No.21305
 今朝の朝食は気まずいものが有った…無言のままの食事……孝弘の方から話しを切り出し始める。

「昨日はゴメン…あんな事して…」

「孝弘は初めから母さんだと知ってたんでしょ?……どうして…あんな事を…」

「嫌だったんだよ!…母さんが他の男にヤラレルのが…我慢出来なくて…」 

「孝弘……あんな事…母子で、してはダメなの……」

 大粒の涙が久美子の頬を伝いテーブルの上に流れ落ちた。

「母さん…ゴメン…でも…母さんが、あんな会なんかに入って無かったら良かったんだよ!」

「会は辞めるから…だから…孝弘も忘れて…母さんとの事は…」

「そわなの無理たよ…忘れられるわけ…母さんだって…あんなに感じてたくせに…」

「そんな言い方しないで…孝弘だと知らなかったから…」

「だったら昨日は何だったんだよ!…俺だとわかってたくせに…あんなに感じて…声も出してたじゃないかよ!」

「もう言わないで!…母さんを苦しめないで…」

 そう言うと久美子は椅子から立ち上がり食器を片付け始める……

「忘れられるわけ…無いよ!母さん……」

 キッチンの流しで食器を洗う母の背後から抱き付く孝弘…

「孝弘!…ダメ!……離れて…」

「離れない…母さん…」

 両手で久美子の胸を後ろから鷲掴みにし荒々しく揉む…

「あぁぁ…ダメ…孝弘…許して…」

「はぁ、はぁ、はぁ……無理だよ……母さんを知ってから…理性の……コントロールが出来ないよ…」

 スカートの裾を捲り上げる孝弘…白いパンティーに包まれた母の豊満な臀部…

「イヤ!…放して…ダメ…」

 必死にスカートの裾を押し下げ様とする久美子…孝弘の指がパンティーのウエストに掛かると強引にパンティーの薄布を引き裂き久美子の豊満な臀部から無理やり剥ぎ取ってしまう。

「キャァ!…ダメ…乱暴な事しないの孝弘…」

「もう俺…我慢なんかしないよ…ヤりたい時に母さんとヤルんだ!」

「何言ってる!…」

 ズボンとパンツを慌ただしく脱ぎ捨てる孝弘…肉棒は既にフル勃起状態だった…母の臀部の割れ目に肉棒の先を押し当てる。

「ダメ!孝弘……」

 股間にゴツゴツとした違和感を感じながらもお尻を左右に振り、孝弘の肉棒の侵入を拒もうと試みる久美子。

「そんな事しても無駄なのに…母さん…」

 久美子の耳元で囁く様に言う孝弘…両手でがっちりと腰を固定されると、身動きが取れなく成った久美子…院唇の肉の合わせ目に埋没して行く孝弘の剛直…

「あぁぁ…嫌!…入れないで!」

 剛直の幹の部分が久美子の膣の中に入って行く様を、じっと見つめて居る孝弘。

「ほらぁ…また母さんの中に入ったよ!俺のが…あぁぁ…たまんない…」

 途中から一気に剛直の全てを押し込む孝弘。。

「あぁん!…乱暴にしないで…お願い事…」

「そうなの?昨日も結構激しくしてたのに、母さん凄い声出して感じまくってたじゃん!」

 激しく腰を振り立て後ろから突き上げる孝弘

「パン・パン・パン!」

 久美子の臀部に腰を打ちつける孝弘…
 


[194] Re: 欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年  ヒロ :2015/07/04 (土) 16:17 ID:VVeWjqoA No.21306
 今朝の朝食は気まずいものが有った…無言のままの食事……孝弘の方から話しを切り出し始める。

「昨日はゴメン…あんな事して…」

「孝弘は初めから母さんだと知ってたんでしょ?……どうして…あんな事を…」

「嫌だったんだよ!…母さんが他の男にヤラレルのが…我慢出来なくて…」

「ダメだよ…始めたばかりじゃないかよ!…母さんも気持ち良く成りなよ!…」

「あぁあぁ〜ダメ〜はぁはぉ…」

 孝弘の激しい挿入に身体を震わせて悶える母の久美子たさ…立ってるのか、やっとの状態でキッチンの 

「孝弘……あんな事…母子で、してはダメなの……」

 大粒の涙が久美子の頬を伝いテーブルの上に流れ落ちた。

「母さん…ゴメン…でも…母さんが、あんな会なんかに入って無かったら良かったんだよ!」

「会は辞めるから…だから…孝弘も忘れて…母さんとの事は…」

「そわなの無理たよ…忘れられるわけ…母さんだって…あんなに感じてたくせに…」

「そんな言い方しないで…孝弘だと知らなかったから…」

「だったら昨日は何だったんだよ!…俺だとわかってたくせに…あんなに感じて…声も出してたじゃないかよ!」

「もう言わないで!…母さんを苦しめないで…」

 そう言うと久美子は椅子から立ち上がり食器を片付け始める……

「忘れられるわけ…無いよ!母さん……」

 キッチンの流しで食器を洗う母の背後から抱き付く孝弘…

「孝弘!…ダメ!……離れて…」

「離れない…母さん…」

 両手で久美子の胸を後ろから鷲掴みにし荒々しく揉む…

「あぁぁ…ダメ…孝弘…許して…」

「はぁ、はぁ、はぁ……無理だよ……母さんを知ってから…理性の……コントロールが出来ないよ…」

 スカートの裾を捲り上げる孝弘…白いパンティーに包まれた母の豊満な臀部…

「イヤ!…放して…ダメ…」

 必死にスカートの裾を押し下げ様とする久美子…孝弘の指がパンティーのウエストに掛かると強引にパンティーの薄布を引き裂き久美子の豊満な臀部から無理やり剥ぎ取ってしまう。

「キャァ!…ダメ…乱暴な事しないの孝弘…」

「もう俺…我慢なんかしないよ…ヤりたい時に母さんとヤルんだ!」

「何言ってる!…」

 ズボンとパンツを慌ただしく脱ぎ捨てる孝弘…肉棒は既にフル勃起状態だった…母の臀部の割れ目に肉棒の先を押し当てる。

「ダメ!孝弘……」

 股間にゴツゴツとした違和感を感じながらもお尻を左右に振り、孝弘の肉棒の侵入を拒もうと試みる久美子。

「そんな事しても無駄なのに…母さん…」

 久美子の耳元で囁く様に言う孝弘…両手でがっちりと腰を固定されると、身動きが取れなく成った久美子…院唇の肉の合わせ目に埋没して行く孝弘の剛直…

「あぁぁ…嫌!…入れないで!」

 剛直の幹の部分が久美子の膣の中に入って行く様を、じっと見つめて居る孝弘。

「ほらぁ…また母さんの中に入ったよ!俺のが…あぁぁ…たまんない…」

 途中から一気に剛直の全てを押し込む孝弘。。

「あぁん!…乱暴にしないで…お願い事…」

「そうなの?昨日も結構激しくしてたのに、母さん凄い声出して感じまくってたじゃん!」

 激しく腰を振り立て後ろから突き上げる孝弘

「パン・パン・パン!」

 久美子の臀部に腰を打ちつける孝弘…

「あぁぁ…凄いよ…母さん…オ○ンコの中もう濡れてるやん…」

「堪忍して…はぁはぁはぁ…孝弘…」

 淫らな姿で母を犯し続ける孝弘…剛直に絡み付く母親の肉襞…

「凄いよ!母さんオ○ンコ…こんなに気持ち良いのに…我慢出来るわけ無いやんか!」

「あぁぁ…孝弘…もう許して…」

 


[195] Re: 欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年  ひさし :2015/07/11 (土) 10:11 ID:OitO0wMM No.21359
ヒロさん、お早うございます!場面が変わりましたね。女将さんとの絡みも気になりますが、お母さんとの関係も今後が楽しみです。時間の空いた時で結構ですので、投稿を宜しくお願い致します。本格的に暑くなって来ました。体調に気を付けて下さいね。

[196] Re: 欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年  名前なし :2015/08/05 (水) 19:55 ID:9osGMa0M No.21465
これは別パターンのお話でしょうか?
それとも別の人の投稿なのかな…


[197] Re: 欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年  ひさし :2015/11/13 (金) 20:53 ID:rJkh.NXw No.22066
ヒロさん!待ってます。

[198] Re: 欲望カフェ・・・満たされない妻達と少年  ツルキ :2018/05/01 (火) 19:14 ID:rHAlxanI No.25947
あと少しです


▲トップ /全部読む /1-100 /最新10 /レス投稿 /削除依頼
処理 記事No パスワード

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
新規投稿はこの下のメニュー[新規スレッド作成]からどうぞ!  /  この掲示板は携帯からでもご利用出来ます。携帯用のアドレスは http://www.2219.net/m です。
[新規スレッド作成]  [ホームに戻る]  [使い方]  [ワード検索]  [過去ログ閲覧]  [管理用]  [ケータイ用]

- Joyful Note + 2219.NET -