掲示板に戻る /戻る /全部 /1- /51- /最新10 /▼ラスト

妻・郁子 初めての寝取られ物語

[1] スレッドオーナー: スミタニ シゲル :2021/09/24 (金) 11:15 ID:quYBcg4E No.29289

「妻が自分公認で他の男性とセックスをしている」

こんなにも異常で、こんなにも興奮するシチュエーションを私は他に知りません。

もう5年前になるでしょうか、なんの目的もなくボーッとネットサーフィンしていて本当に偶然このサイト「妻と

勃起した男たち」に巡り合ったのがすべての始まりでした。


5年前ですから昭和50年生まれの私は41歳。昭和55年生まれの妻郁子は36歳でした。

子供は高校生の娘が一人。建設関係のどちらかと言えば職人系の仕事の私。

19歳の若さで嫁に来た妻はズッと専業主婦。仲良しで賑やかな家庭を築いています。

朝が早く、そのかわり帰宅が早い私はほとんど寄り道もせずに真っ直ぐに帰る真面目亭主。

妻と一緒に料理を作ったり、掃除などの家事も子供の世話も必ず積極的に分担します。

そして一日の終わりに子供も寝かせて妻と差し向かいの晩酌が何よりの楽しみなのでした。

そしてそのままの流れとムードでセックスになるのです。結婚以来、妻が生理の週以外はほぼ毎日です。

今でもほぼそれに近いリズムです。

そんな幸せ一杯な、妻のすべてに大満足だったはずの私に「寝取られ願望」が芽生えてしまったのです。

自分で自分のことを「真面目亭主」とか言いましたが、浮気もありましたし風俗にも行ったことはあります。

しかし決して続いたことはありません。嵌ったことなどありません。妻がイチバンだったからなんです。

本当に最高の妻なのです。母としても、妻の対外的役割としても、その若々しさも、明るさも、そしてベッドの

中での妖艶さも、もう何も言うことはない妻なのです。

それなのに、そんな最高に大切な妻なのに、他の男性に差し出したい、他の男性とセックスしてほしい。

このどうしようもない欲望が日増しに膨れ上がっていきました。

しかしそんなことを妻に言えるはずがありません。ひとり悶々とサイトを開けてはオナニーに耽るのです。

妻とセックスするときは自分が自分ではない他の男性なんだと想像するのです。

今まさに妻は自分以外の男性とセックスしているんだ、と思いながら自分が妻を抱くのです。

そんなことで「寝取られ願望」を満足させようとしていました。

「パパ最近スゴいねぇ!新婚の頃に戻ったみたいだよ。どうしちゃったの?」

「エッ?そうかな?きっと郁子がますます艶っぽくなって来たからだよ」

「まさか!まぁパパが頑張ってくれるの私は嬉しいけど、無理しないでネ」

なんとか誤魔化しましたがさすがにドキリとしました。

そんな状態が半年も続いたでしょうか、遂に我慢出来なくなったのです。

その最中です。

「郁子、俺以外の男としたいと思わないか?」

「今してるのが俺じゃなくて、他の男だと想像したら興奮しないか?」とか口走ってしまったのです。

失敗でした。今まで悶えていた妻が瞬間で正気に戻り、サッと上体を起こして私を睨み付け、

「何言ってるの!そう言うことだったの!最近スゴいと思ってたら私を他の女と思ってしてたのね!」

「ハッ!?ち、ちがう!ちがう!そうじゃないよ!そんなはずないじゃないか!」

「だったらなんでそんな変なこと言うの?おかしいじゃん!」

「イヤッ俺がそんなはずないじゃないか、その逆なんだよ」

「ハッ?ハァ?逆?逆ってどういう意味なの?」

「だから、あの、郁子が他の人としてるの想像したら堪んないんだよ、俺!」

遂に言ってしまったのです。まさに一か八かのヤケクソだったのかもしれません。

その瞬間の郁子のなんとも言えない複雑な表情を私はきっと一生忘れることはないと思います。

                                         つづく


☆この下手くそな文章は実際に経験したことをベースにはしておりますが基本的にフィクションです。
 しかもダラダラとなかなかストーリーが進展せず皆さまをイライラさせてしまいそうです。
 ですが「寝取らせ実現」までにはやはり一朝一夕ではどうにもならない現実がありました。
 その時々の葛藤や興奮、そして虚脱。そういった事をなるべく細かく表現したいのです。
 お付き合いいただければ幸甚です。宜しくお願い致します。


[2] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  tetu :2021/09/26 (日) 06:39 ID:Q.qAg7pg No.29294
名作の予感ですね。
完結まで宜しくお願いします。


[3] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/09/26 (日) 10:16 ID:Fw6vD8.c No.29296
tetu様 
わざわざのコメントありがとうございます。過分なお言葉、恐縮です。
名作にはとても及びもつかない駄作なのは間違いないところですが、実体験をもとにしたお話です。
書きながらその時のことをリアルに思い出して興奮している変態オヤジですが宜しくお願い致します。
それでは続きを始めさせていただきます。


この時の私はきっとどうかしていたのだと思います。

セックスの最中でしたから二人共真っ裸です。郁子が怒り出さないのを良いことに必死になってしまいました。

「変なこと言って申し訳ない!ちょっとそのまま待っててくれ」と言ってタブレットを取りに行きます。

大慌てでベッドに戻るとタブレットで「妻と勃起した男たち」を開きました。

「これ見てくれ。この女の人たちは皆んなご主人公認で他の男とセックスしてるんだよ。このサイトを偶然みつ
 
 けちゃってさ、最初は信じられなかったんだけど、これってリアルなんだよな。こんな夫婦が実際に居るんだ

 よな。そのうちにさ、郁子がこんなふうになったらって思っちゃってな、そしたらメチャクチャ興奮しちゃっ

 って、もう堪んなくなっちゃったんだよな。それからズッと妄想っていうか想像してエッチしたらさ、スゲェ

 興奮でさ、あの、ゴメン!変なこと言って、ゴメン!だから他の女としたいからとか、そんなんじゃないんだ

 よ。ホントだよ。俺が興奮するのは郁子だけなんだよ!本当なんだよ!」

その時の妻の表情は明らかに私をまるで不思議な生き物を見ているような、という表現がぴったりでした。

「ごめんなさいパパ、ちょっと待って。理解出来ないし、そんな勢いで捲し立てられても困るし、とにかく、

 ちょっと待ってネ。そんな、喰らい付くような顔で、怖いよパパ」

「あ、あの、ごめん、本当にごめん。なんか必死になっちゃった。怒んないでくれよな、ごめん」

「怒らないけど。パパちょっと冷静になろうか、ねっ!お水飲んで落ち着こうね」

「ありがとう、ヘンなこと言ってホントごめん。でも郁子が他の男と、って想像したらマジでメチャクチャ興奮

 出来ちゃうんだよな。変態だよな、わかってるんだけどどうにもならないんだよ」

「パパ、それって私に飽きてきたっていうことだよね?」

「エッ!ちがう!ちがう!そんなこと絶対ない!てゆうかますます新鮮になったんだよ!ホントだよ!」

「それって新鮮っていうのかなぁ?普通は妻が他の人とどうにかなちゃったら夫は怒り狂うよね。それがパパは

 逆にそうなって欲しいっていうこと?それっておかしいじゃん!有り得ないじゃん!絶対ヘンじゃん!」

「そうなんだよ、そう言われて当然なんだ。おかしいんだ、変態なんだよ。でも興奮するんだよなー」

「そしたらパパはマジで私に浮気して欲しいの?私が浮気しても怒らないの?」

「うーん、ちょっと違うかな。勝手に浮気されるのは違うくて、相手は一緒に探したりしたいんだよな」

「えー!?ますます理解出来ないよ。あ、そうか、それが公認っていうことなんだ!」

「そう、そうなんだよ。俺がちゃんと知ってないとダメなんだよ」

「それってさ、パパは私を誰とでもエッチしちゃう女になって欲しいっていうことなの?」

「イヤ、そうじゃないんだ。そういうご主人も居るみたいだけど、俺は郁子と一緒に探して、郁子が気に入った
 
 相手で、しかも俺としても好感持てる人にお願いしたいなっていう感じなんだよ」

郁子はもう、完全に呆れ返って物も言えないという様子になってしまっていました。

「ごめんパパ、ちょっと私、もうイイわ。とにかくシャワーして来る」

ベッドに残され、画面が明るいままのタブレットを抱え、勃起させたまま呆けていた私は、きっと世界一間抜け

な顔をしていたことでしょう。

寝室に戻った郁子と入れ替わりでシャワーを使いに行きます。その時はもう後悔しかありません。

熱い湯に打たれながら「早まった!焦りすぎた!」と繰り返し呟いておりました。

完全に怒らせてしまった。いや、それ以上に軽蔑させてしまったに違いない。俺が興奮してる様をみている時の

郁子の目は完全に俺を軽蔑し、気持ち悪がってたんだ。嫌われた!もし出て行くとか言われたら・・・

ビクビクしながら寝室に戻り、郁子の横に体を滑り込ませます。

郁子はこちらに背中を向けたままです。その夜、マンジリとも出来なかったのは当然でありました。


よく朝、いつもの時間にベッドから出た郁子はいつものように服を着替え、いつものように私の弁当を作り、

いつものように朝食を準備してくれました。そしていつものように他愛もない話をしながら朝食を摂り、笑顔で

私を仕事に送り出してくれたのでした。「あいつ怒ってないのかな?何とも思ってないのかな?」「それとも実

はけっこうその気になりつつあったりして?」「イヤ、やっぱりそれはないよなぁ」とか仕事中もそんなことば

っかり考えていたのです。

「おかえりなさーい」仕事が終わって帰宅して玄関のドアを開けるこの瞬間の幸せはこの日も健在でした。

どれだけホッとした事でしょう。いつもと変わらない妻の立ち居振る舞いに心から安堵したのでした。

しかし今から思えばそんな事は当たり前なんです。娘に不審がられてはいけませんから、腹が立ってようが嫌い

になってようが、取り敢えずいつもと変わらず平静を保っているのを分からない馬鹿亭主でした。

妻と娘のマシンガントークが中心の一家団欒タイムも終わり、娘は自分の部屋へ、私は風呂に入ります。そして

風呂上がりの晩酌タイムです。この日はビールが抜かれておりました。

実はここで我が家には2つのパターンがありまして、私が食卓につくと同時に妻が風呂に入るパターンが1つ。

そこで私はゆっくりと晩酌を楽しみます。そこへ風呂から上がって髪も乾かし終わった妻が合流して乾杯です。

妻はあまりアルコールは飲めませんので、しばらくすると2人で食卓を片付けて消灯。寝室へ移動して濃密な夜

を楽しむわけです。娘が居るので声は出せませんが、それでもほぼ毎日楽しみます。

もう1つのパターンは私が風呂から上がって食卓につくと妻も風呂には入らずに一緒に食卓につくパターン。

このパターンは晩酌が済んだら私だけが寝室に入って、妻はそれから風呂に入ります。妻が寝室に来る頃はもう

私は眠ってしまっています。毎月の生理の時など、セックスがない日のパターンです。

さてこの日、妻は風呂に入らずにスグ食卓につきました。

「アッ!やっぱり怒ってるんだ。まだ生理じゃないはずだしな、エッチするのイヤなんだ!」

たちまちにドキドキしてしまいます。「どうしよう?もう一回謝ったほうがイイかな?」とか悩みながらグイグ

イ呑んでしまってます。「こうなったら酔っちまうか」とか姑息なことを思ったりしてました。

「ねぇパパ、昨日の話なんだけどさ」

これにも驚きました。怒ってはいたとしてもまさか妻から切り出して来るとは思っていなかったのです。

「私にはやっぱり無理だよ。なんでパパ公認で他の人と浮気しなくちゃいけないの?って思っちゃうよ。まして

 お相手をパパと一緒に選ぶなんて狂気の沙汰じゃん。考えられないよ。でも、そうしないとパパ、もう私のこ

 と抱いてくれなくなっちゃうの?興奮しなくなっちゃうの?」

なんと妻の目に涙がいっぱい溜まっているではないですか。「しまったぁー!俺はなんて申し訳ないことを言っ

てしまったんだ!」大変な後悔の念、そして只々申し訳ないという気持ちでいっぱいになりました。

「郁子、そんなことないよ!俺が悪かった!もう言わない!ちょっとおかしかったんだ、俺!もうあんなことは

 二度と言わないよ!封印するから!絶対言わない!誓うよ!なっ!機嫌なおしてくれ!」

「ホント?ホントにホント?もうあんなこと言わない?約束してくれる?」

「約束する!約束する!もう絶対言わない!俺は郁子がイチバン大切なんだって知ってるだろ!約束する!」

もう命がけで謝りました。心の底から誓いました。こんな事でもし妻を失ってしまったら、失わないまでも

シコリみたいなのが残ってしまったら一生後悔するでしょう。いや、後悔どころではなくなってしまいます。

私はとにかく妻が大切なのです。愛しているのです。妻の意に沿わないことは絶対に排除するのです。

私の乾坤一擲の訴えに妻もなんとか了承してくれました。「わかった、パパのこと信じる」

その日は朝までズッと妻を腕枕して抱きかかえながら眠りました。

「郁子、俺が悪かった。許してくれ郁子。ホントに封印するから」心の中で何度も何度も謝りながら、何度も何

度も誓いながら本当に反省したことでした。もう絶対に「寝取られ願望」は抹殺すると決意したのです。


しかし、このサイト「妻と勃起した男たち」をご覧の皆さまには御理解いただけると思います。

「寝取られ属性」というものが封印出来るものなのかどうか、抹殺が可能であるのかどうか?

関東地方の小さな街に住む、何処にでも居る夫婦が体験したそうそう何処にでもあるわけではない体験。

そこまでの長い道のりへ、この日がスタートとなったのです。


                                         つづく


[4] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/09/26 (日) 11:46 ID:lYe/QdEY No.29297
少し前の自分たちを思い出すようで楽しませてもらっています
引き続き期待しています。


[5] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/09/26 (日) 18:12 ID:Fw6vD8.c No.29301

田中様
コメントありがとうございます。
そうですか!田中様御夫妻、最近寝取られデビューなんでしょうか?
きっと奥様の説得にはご苦労されたことと思います。
これからもお付き合いよろしくお願いいたします。


[6] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/09/26 (日) 22:03 ID:LEqyWbts No.29303
わざわざお返事ありがとうございます
うちは最後に寝取られをしたのが約4年程前で、その前に7 8年程こうした事をしていました
妻の説得には2年以上は掛かりましたね
なのでお気持ちはお察し致します。


[7] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/09/27 (月) 07:41 ID:pJGgRkH6 No.29305
更新ありがとうございます。文章も丁寧で、行が空いてて非常に読みやすいです。いきさつが大事ですので、今がすごく興奮してます。続きお待ちしてます。

[8] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/09/27 (月) 17:13 ID:tYImfmtE No.29309

田中様
しつこくコメント返し申し訳御座いません。
2年ですか、、、根気強さの勝利でしょうか。
しかしもう4年実行されてないんですね。やはり難しい面もありますでしょうか?
私たちはやはりコロナ禍の影響もありまして・・・。

けんけん様
コメントありがとうございます。
有り難い御言葉に元気100倍です。
これからも宜しくお願い致します。


[9] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/09/27 (月) 23:25 ID:WizZgdys No.29311
お返事ありがとうございます
うちはコロナの少し前に妻から言われて止めています
説得に関しては本当に大変でしたね、まあ当然なんでしょうが、しつこく食い下がり承諾してもらいました
妻は私しか経験が無かったので、貞操観念が強くて、している時もそうでしたが
子供に対する罪悪感をずっと感じていたようです。
何とかそれを拭おうと色々してきましたが
残念ながら今に至るというところです
これからも期待して読ませていただきます。


[10] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  ユウキ :2021/09/28 (火) 01:31 ID:92tW6R9E No.29312
ちょっとずつ進むのがリアルでいいですね。奥様の一途で可愛らしさも伝わってきます。早く続きが読みたいです、ゆっくりでいいので。

[11] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/09/28 (火) 08:19 ID:Mi3I.gZI No.29313

あの夜の妻の涙を見てからというもの、私の反省は海よりも深いものでした。

「寝取られ」とか「公認浮気」とか以前の問題で、私の妻に対する愛情が疑われてしまったわけです。

「愛しているからこそ他の男性と」などという理屈が通るはずがありませんでした。

くどいようですが私は本当に心から妻を愛しています。もう、メロメロのベタ惚れなのです。

それがこんな事で嫌われたり、愛想を尽かされたりすることは絶対に避けなければなりません。

それからというもの徹底的に「寝取られ願望」を抑え込みました。

最初は正直言って苦しかったです。何度「妻と勃起した男たち」を見ようとしたでしょう。

「見るだけならイイじゃないか」「黙ってればイイじゃないか」何度思ったことでしょう。

しかしきっといつかバレるに違いないんです。絶対に私自身の態度や様子で分かってしまうんです。

そう思ったら恐ろしくて、自然に、段々と「寝取られ願望」から離れていったのです。


それからの約2年半ほどでしょうか「寝取られ」などと言ってられないくらい忙しい日々が続きました。

嬉しいことは一人娘が東京の某女子大に合格出来たことです。しかもさっさと学生寮に入ってしまいました。

逆に悲しいことは私の両親が2年のあいだに続けて亡くなってしまったことでした。

先ず母に癌の診断が下り、ものの半年ほどで亡くなってしまいます。そして父も母の後を追うように母が逝った

約3ヶ月後に亡くなったのです。

私は一人っ子でした。なので2人の一周忌を済ませてからその時住んでいた我が家を売却して、そのお金で両親

が住んでいた実家をリノベーション。妻と2人住み馴れた街を離れて現在暮らしている街に引っ越したのです。

それまでは「海なし県」に住んでいたのですが、今度は太平洋がスグそこです(スグとは言っても電車で7駅ほ

どありますが)なんだか人も車も多くなって、ゼンゼン雰囲気というか環境が変わってしまいました。両親が住

んでいた実家といっても私はこの家で育ったわけではないのです。元々の実家は東京都内にあったのですが、私

が高校を卒業して就職で家を出ると両親はスグにその家を売って今回私たちが住むことになった家を買って引っ

越してしまったのでした。

しかしそんな慣れない環境でしたが妻はあっという間に自分のものにしてしまいます。

先ずご近所付き合いを完全に掌握。そしてプールのあるスポーツジムを探して躊躇なく入会します。

中学・高校と水泳部だった妻は今でも週2回は本格的に泳いでいるのです。なにしろ妊娠中もプールに入ってい

ましたから筋金が入っています。まぁそのおかげで40歳を超えた今でもスタイルは維持しているんです。

そうなんです。イイ体なんです。身長は163cm。体重は48Kg。胸はCカップ(本人はDカップはあると言い

張っておりますが)のアスリートのような体型です。豊満熟女がお好きな方にはごめんなさい。

私の方も仕事がおおいに忙しくなりまして、毎日バタバタと追われながらも充実しておりました。

そして何よりも充実したのが夜の生活です。家が少々広くなった上に娘が出て行ったわけです。

もう完全に開放されてしまいます。いつでもどこでもOKだし、声だって出し放題です。

いつしか「寝取られ願望」を抑えることにも慣れ、なんのわだかまりもなく幸せいっぱいで2018年が暮れて

行きました。  

                                          つづく
 


 


[12] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/09/28 (火) 08:31 ID:Mi3I.gZI No.29314

田中様
御丁寧なお返事本当にありがとうございます。
うーむ、やはり女心・母心が微妙に絡み合うんですねぇ。難しいですねー。
後学のためにもしっかり肝に銘じておきます。
相変わらずの長い前置きで恐れ入ります。宜しくお付き合いください。

ユウキ様
ありがたいコメントありがとうございます。
ゆっくりと言いますかダラダラと言いますか、本当になかなか先に進まず申し訳御座いません。
これからも宜しくお願い致します。


[13] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/09/28 (火) 14:37 ID:Mi3I.gZI No.29319

さぁ2019年の正月です。

娘も帰って来るでしょうし、引っ越した家で初めての迎春だし、贅沢をしてデパートのお節料理を予約です。

他にもA5ランクのステーキ肉の塊を買ったり、いつも呑んでるのより高級な日本酒やワインも用意しました。

そして正月は家族で2019年の目標とか話したり、せっかく家が広くなったし、前の家よりもはるかに学校が

近くなったので娘に家に帰って来てもらってまた3人で楽しく、たまに旅行とか行ったりして暮らそうって提案

しよう、とか色々楽しみにしていたのです。

ところがその娘が年末年始、寮の仲間と旅行だと言って帰って来やしません。もうガッカリでした。

しかしまぁ、愛する妻と健康で幸せな新年を迎えられたのですから万々歳でした。

元日のお屠蘇にほろ酔いになりながら今年はああもしよう、こうもしたいと色んな話しをしました。

「そうだパパ、新年早々にね、猫ちゃんをこの家にお迎えしたいんだ。イイかな?」

「ほーっ、じゃぁあの小豆(あずき)って言ったっけ?あの子もう大丈夫なんだ?」

実は前の年の年末、妻と2人で保護猫の譲渡会に行きまして、そこで小豆と名乗る雌猫を妻が気に入りまして、

「もう少し人慣れしたらウチの子に」ということになっていたのです。我家も里親として合格だったのですね。

「娘が出てった代わりに猫ちゃんが来るわけだネ、俺も大歓迎だよ」

「それだけじゃなくてねパパ、私あそこのボランティア・スタッフに登録してもイイかな?」

「ヘーっ、じゃあ保護活動とか本格的に関わるんだ?」

「そう、それと譲渡会とかイベントのお手伝いとか、日頃の猫ちゃんのお世話とかなんでもネ」

「なんか大変そうだなぁ、でもやると決めたんだろ?俺はゼンゼンいいよ、頑張んなよ」

「うん!頑張る!パパありがとう」

そんな訳で正月明けから妻の更に忙しい新たな日常がスタートしたのです。


私はと言いますと相変わらず仕事に追われてばかりで別に何の変わり映えもありません。あの日までは。

そうなんです。まだ街にも正月気分が残る初出から数日後のあの日。仕事の合間にフラッと古本屋に立ち寄った

のです。元々私は歴史物や時代物を読むのが好きで、時々古本屋に寄っては文庫本を物色しています。

この日の古本屋は初めて入る古本屋でした。狭い店内はあっという間に一周出来てしまいます。

残念ながらこの店は小説とかよりもマンガやエロ系に重点を置いている店でした。

「もう出るか」と思って外へ出ようとした時、目にしたタイトルに足が止まってしまいます。

「真夜中の性告白 妻と夫の投稿手記」というなんとも生々しいタイトルでした。

いくつかの作品を収録した文庫本。パラパラとページをめくると「妻と社長は愛人同然」という作品に何故か引

き付けられてしまいました。いったい何年前に発行された本なのか、紙の色も変色してきておりました。

古本ですからそれはしょうがない事ですね。値段は確か¥100でしたか、¥200でしたか。

内容は30歳代の御夫婦が夫の必死の説得で「寝取られ」の世界へと踏み込んで行き、交際誌の募集で知り合っ

た社長さんに奥さまが見事に開花せられ、その社長さんのコントロールのもと清楚だったはずの奥さまが多くの

男性に身を任せ、晒されていく。そして夫はなすすべもなく家で妻の帰りを待ち続ける、というものでした。

忘れていたはずの「寝取られ願望」が轟然と息を吹き返してしまいました。

家に持って入って妻に見つかったらシャレになりません。車のダッシュボードに隠しました。

この車は仕事に使う私専用。妻専用の車もありますので、このエロ本が妻に見つかることはないのです。

そして仕事帰り、途中で車を止めて読み耽るのです。頭から煙が出そうなくらい興奮いたしました。

「3年近くも封印してきたのに俺は何をしてるのか!」と後悔はしましたが、もう後の祭りでした。

あとはまたぞろ「変態亭主」に舞い戻ったことを妻にバレないように万全の注意を払わねばなりません。

もう二度と妻の涙は見たくないのです。慎重に、慎重に、その上に更に慎重に生活するのです。

そうです。このタチの悪い「寝取られ願望」という性癖を深く静かに潜行させ、二度と再び浮上させてはいけな

いのです。                     
                                           つづく


[14] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/09/28 (火) 22:01 ID:7Wvv9eas No.29324
更新ありがとうございます
本当に女心は難しいですね
ご家庭の事や背景を書いていただくと、より話に入っていけて読みやすく楽しませてもらっています。
これからもご自身のペースで綴っていただければと思います。


[15] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/09/29 (水) 07:51 ID:zBPKsgzI No.29328
更新ありがとうございます。こういう家庭の日常も書いていただけてる為、夫婦関係も良好なのが目に浮かびますね。そんな中で、古本屋に入って禁断の本を見てしまったのですね。続きお待ちしてます。

[16] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/09/29 (水) 11:08 ID:7Y3HYMUE No.29329

田中様
いつもコメントありがとうございます。お言葉沁みます。
投稿を書くことにかまけ、書きながら当時を思い出して興奮し・・・
仕事が少々疎かになっておりました。
「自身のペース」をちゃんと作って続けさせて頂こうと思います。宜しくお願い致します。

けんけん様
「普通の日常なんか要らねぇよ!」って思っておられる方も多い思うのですが・・・
いつもありがとうございます。
そうなんです。あの本はガチで禁断でした。
でも遅かれ早かれ寝取られ願望は復活していたとは思うのですが。


[17] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/09/30 (木) 20:52 ID:C98cvp0E No.29340

あの日以来復活してしまった「寝取られ願望」のおかげで仕事帰り古本屋に寄るのが楽しみになっていました。

仕事の合間や移動中に「妻と勃起した男たち」を見るのも日課となりました。

しかしとにかく家には持ち込みません。必ずクールダウンしてから帰ります。バレないようにバレないように。

「これでイイんだ。バレたら大変だから、俺はもう一生これでイイんだ」自分に言い聞かせておりました。


その事以外は何の憂いもなく過ごしていました。妻も保護した小豆も、もちろん私も元気に暮らしています。

もうそろそろ桜の便りが聞こえて来そうな、確か3月の御彼岸の頃です。いつもの晩酌の時でした。

「ねぇパパァ、もう一匹猫ちゃん引き取っちゃダメかなぁ?」

「えー?もう一匹?気になる子がいるのか?」

「気になるのは保護した子皆んな気になるんだよね。ホントは皆んな引き取っちゃいたいくらい」

「皆んなはちょっとなぁ(笑)でも郁子が特に心配な子とかでイイよ俺は」

「うん、パパありがとう。で、そこからなんだけどね、どの子にするかパパに決めて欲しいのよ」

「えっ?なんで?そんな、小豆との相性もあるだろうし、どの子がイイとか俺には分かんないよ」

「そこは小豆もそうだったけどトライアル期間があるじゃん。私だとね、迷っちゃってダメなのよ。どの子かを

 私が選ぶでしょ、そしたら他の子たちが悲しんだり恨んだりするような気がしてね・・・」

「そんなことはないだろうけど、うーん、わかった。じゃあ俺が選ぶよ。どうすればいいんだ?」

「よっしゃ!やっぱパパは優しいね!実は今度の土曜、日曜2日間で譲渡会をやるのよ、そこへ来て!」

なんだか面倒くさいことになってしまいました。たまたまその土日は私も休みでしたので仕方なしです。


そして譲渡会の当日。妻は早くからその準備のために出かけてしまいます。

車で15分ほどの所にあるホームセンターの大駐車場の一角で行われる譲渡会。ホームセンターの営業時間に合

わせて開催と聞いていましたので、10時前に着くように家を出ました。幸いまだ空いており、譲渡会の会場に近

い所の駐車スペースに愛車のミニバンを滑り込ませます。ちょうど会場が見渡すことが出来る位置でした。

一番乗りで行くのも恥ずかしいので暫く様子を見ます。エラいもので次々とお客さんが来るんです。

結構な賑わいになったので私も気楽に会場に入ることが出来ました。

「会場に着いたら呼んでくれていいからね」とは妻に言われてはいたのですが、それもまた何となく恥ずかしい

ので敢えて「一人で来た猫好きオヤジ」の態でブラブラ見て歩いておりました。

ジッとこちらを見ている子。隅の方に逃げようとする子。愛想良く「ニャー」とか鳴いて寄ってくる子。

「なるほど、これじゃぁ迷うのも無理はないよなぁ」とか大いに感じ入ったことでした。

スタッフさんたちも懇切丁寧に説明してくれたり、こちらの要望を聞こうとしてくれたり一生懸命です。


そんな時です。向かい側のケージの更に向こう側から「工藤くん!今日はスミタニさん来てるよ」という女性の

声が聞こえたんです。一瞬「エッ!オレ?」と思ってしまいましたが、違いました。

そしてもう1人違う女性の声がします「よかったねー、あさ美ちゃん来てるんだって工藤くん!」

そして「キャッキャッ」と女性2人が楽しそうに笑っているのです。

これは明らかに妻のことを噂しています。妻は色んな人に女優の臼田あさ美に似てると言われるのです(私はあ

まり思わないんですが)。私の古い友人などは「あさ美ちゃん」としか呼ばなくなってしまっている始末です。

そしてこの「工藤くん」はなんで妻が来たらからってかわれてるんだ?「エッ?ちょっと待てよ」

私は慌てて、しかし努めて冷静になって静かに、その声の近くに移動します。隔てるケージは一列だけの所まで

来ます。さすがに先程みたいな大きな声は抑えていましたが、それでもまだ何かからかわれていたのでしょう。

ケージを通して見えた青年の顔が真っ赤になっていたんです。歳の頃なら20代前半。大学生という感じです。

身長は私よりも少し高く、180cmくらいでしょう。スタッフが着けるエプロンが短く見えました。

お客さんがこちらに近づいたので会話はそこで終了です。工藤くんをからかっていた女性も仕事に戻ります。

工藤くんは「おはようございます」とお客さんのところに寄り添っています。爽やかで清潔な好青年です。

私は、固まっておりました。目の前で起きていた他愛もない雑談と工藤くんの、あの赤面を反芻しています。

この青年、妻のファンなのか!それともおばさん達のイイ加減な勘違いなのか?

待てよ、なんで俺がこんなドキドキしてるんだ?なんで慌ててるんだ?ひとまず自販機でお茶か何かを買って、

車に戻りました。「フーッ」と深呼吸です。「ホントなのかな?でも顔真っ赤だったもんな」狼狽しています。

車に乗ったまま譲渡会の会場に目を凝らします。もう一度工藤くんを探そうと思ったのです。

ところが先に妻が眼に入りました。さっき私が居たとこら辺に居ました。しかも工藤くんと一緒に。

しかも、もの凄く楽しそうなお互いの雰囲気を振りまきながらです。もう体が動かせません。

どれくらいの時間だったでしょう?きっとほんの少しの時間だったはずなんです。

それから妻はお客さんと話したり、スタッフと話したり、あっちへ行ったりこっちへ来たり。大忙しです。

工藤くんは、やはりお客さんと話したり、スタッフと話したり、そしてその合間に妻をチラ、チラッと。

なるほど、こんな調子では「工藤くんはスミタニさんを気に入ってる」と思われても仕方ないですねぇ。

きっと素直というか、真面目というか、ウソのつけないイイ奴なんでしょう。皆んなに好かれてそうですね。

そこへ妻がまた工藤くんの所へ戻って来ます。仲良さそうに喋っています。

しかしこれは珍しいことではありません。妻は人見知りがないんです。誰であろうと仲良くなれますから。

ですが今回はちょっと距離が近くないか?ちょっと笑顔が弾け過ぎてないか?と突っ込んでいました。


次の瞬間です。

「アッ!」っと声を出してしまうほど、いきなり気が付いたことがあったのです。

もうウチに引き取る猫を選ぶどころではなくなりました。「帰ろう。とにかく帰ろう」。

何度も書きましたように、ウチはほぼ毎晩、妻を相手に晩酌を楽しんでいます。私の最大の楽しみです。

今日の仕事の話しを妻に聞いてもらったり、妻の今日の出来事を聞いたり、殆んど妻が喋ってますが。

なので妻に関わる人はスポーツジムの人も保護猫関係の人も、私が会ったことはなくても全員知ってると言って

も言い過ぎではないはずなのです。

ところがです、何故か今まで一度も妻の口から「工藤くん」のことを聞いたことがないのです。

「なんでなんだ?ヘンだよな!おかしいよな!」手が震えました。

考え過ぎかもしれません。しかしやはり「ひょっとして」と思ってしまうのでした。

「どうしよう、どうしたらいいんだろう?俺はどう動けばいい?動きようがあるのか?」


「妻と工藤くん」

猛然と妄想が襲いかかって来ます。千載一遇の大チャンスかも知れません。

「落ち着け、俺!冷静に、冷静にだ」

熟慮の上に熟慮を重ねて、とにかく妻に気取られないように行動開始します。初めての寝取られを目指して。


                                            つづく


[18] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/10/01 (金) 00:34 ID:ARgA4w5U No.29343
更新ありがとうございます
奥様はお綺麗な方なんでしょうね
寝取られ性癖には願っても無い状況で色々頭に考えが巡ってしまう事が想像出来ますね
これからも期待して読ませていただきます。


[19] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/10/01 (金) 01:53 ID:X83dpraA No.29344
更新ありがとうございました。今回はいつも以上に興奮しました。奥様は完全に工藤くんを意識してますね。ご主人に報告しないことをみると。しかし、女性が働きに出ると少なからずそういうのはありますよね。しかも奥様が可愛いとなると。問題はこれからですね。私もご主人同様ドキドキしてきました。続きお待ちしてます。

[20] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/01 (金) 13:09 ID:Im1Q4hlc No.29348

田中様
毎度ありがとうございます。
いえいえ、妻は決して美人ではありません。男好きするセクシーなタイプでもありませんし・・・
目がクリクリと動いて、いつも賑やかな元気印です。
本来「寝取られ」とは対局にいるタイプだろうと思います。それを・・・。
これからも宜しくお願いします。

けんけん様
いつも有難うございます。
女心は摩訶不思議なものですね。まさかあんな若い男子をねぇ。
これからも宜しくお願いします。


[21] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/05 (火) 14:28 ID:og8BuItY No.29367

「ただいまー」

夕方のいつもの時間、いつものように沢山の買い物袋を抱えて妻が帰って来ます。

「パパ今日来てくれなかったの?どうしたの?」

「イヤ、行ったんだよ。行ったんだけどさ、◯◯建設の△△さんから電話あって急いで帰ったんだよ」

「えー!来てたんだ」

「そうなんだよ、急いでデータ送ってくれって言われてな、ゴメン、ゴメン」

「じゃぁ、どの子にするとか決められないなー、どうしよう?」

「明日もう一回行くよ、行ってちゃんと決めて来るからさ、大丈夫だよ」

「ホントに?お願いネ!明日来たら私のこと呼んでくれてイイからね」

それから食事をして、お酒を呑み。ゆっくりと、いつものように色々と話しをしました。

しかし妻の口から工藤くんの話しはまったく出て来ません。私も敢えて工藤くんの事は言い出しませんでした。

その夜のセックス。私は一方的に、圧倒的に燃え上がってしまいました。

皆さんにはお分かりだと思います。

イヤでも妻と工藤くんがセックスしているところを思い浮かべてしまいますから。

妻の初めてのお相手のビジュアルがはっきりとしたのです。(そうと決まった訳ではありませんが)

燃え上がり方が異常になってしまいました。

何度も何度も求めてしまいました。何度も射精して、それでも勃起し続けました。

妻もずっと、ずっと感じ続けていました。

それまでは、妻の最初の寝取られ相手は断然年上の人をイメージしていました。

優しく落ち着いたテクニックで妻をリードし、いつの間にか虜にしてしまう年上のベテランさん。

しかし年下の若者はどうなのでしょう?妻に年下嗜好があるとは思っていなかったですが。


翌日も昨日と同じぐらいの時間に家を出て、昨日と同じ場所に車を止めます。

居ます、居ます、工藤くんが。さぁ、作戦行動の開始です。今日は工藤くんと仲良くなろうと思っています。

ケージを順に覗き込みながら工藤くんに近づきます。予定通り工藤くんもこちらに近づきます。

「おはようございます。猫ちゃんお探しですか?」

「はい、おはようございます。そうなんです、今、家には一匹保護猫が居るんですがね、もう一匹と思って」

「そうなんですね、それでしたら先住猫との相性が大切ですからね。」

「ですよね、お試し期間みたいなのありましたよネ」

「はい、もちろんです。先ずはお気に入りの子を決めていただくところからですね」

それから工藤くんは親切にそれぞれの猫の個性・特徴を教えてくれたり一生懸命です。

(なんだよ、この好青年ぶりは!爽やか過ぎて腹立つなぁ)寝取られ関係なしに嫉妬しておりました。

「ところで貴方はまだお若いようですが、やっぱりボランティアさんなんですか?」

「はい、そうなんです。まだ学生やってます。□□大学の獣医学科です」

「なるほど、将来は獣医さんですか。そりゃここの猫ちゃんも心強いですねぇ」

「ありがとうございます。僕も凄い勉強させてもらってます」

「どうでしょう、今回も必ず引き取るって決めてますし、これからズッと相談させて下さいよ」

「あ、はい、まだ半人前の学生ですが、獣医の先輩も居ますし、出来るだけの事はさせて頂きます」

「イヤァーとにかく皆んな可愛くて目移りしちゃって、決められません。明日以降は施設の方に伺っても猫ちゃ

 んに会えるんですかね」

「大丈夫です。会えますよ」

「貴方はいつも施設に居るとは限りませんよね?」

「それはそうなんですが、週に3、4回は行くようにしてますので。あ、僕、工藤って言います」

「わかりました。今日はこれから用事がありますので、近々必ず施設の方に伺いますので宜しく頼みます」

この時はまだ自分の名前を名乗りません。郁子の夫とはまだバラしたくなかったのです。

その日もまた妻には「決められないよぉ」とか言いながらゴマかしておきます。

明くる日の月曜日も含めてその週は4回施設に行き、2回工藤くんに会うことが出来ました。

「今度晩飯でも行かないか?ご馳走するよ」徐々に布石を打っておきます。

その翌週。そろそろ猫ちゃんを決めないと怪し過ぎます。工藤くんが居る日に可愛い雌猫に決定です。

先ずは「お試し期間」の申し込みからです。私が書類を書くのを見て工藤くんの驚くまいことか。

「えっ!?スミタニさんって??ここのスタッフにもスミタニさんて居るんですけど・・・」

「あれ?言ってなかった?郁子の夫です。宜しくです」

「イヤイヤ聞いてなかったですよ。驚いたなー、いつも奥さまにはお世話になってます」

「イヤこちらこそなんですが、それよりどう?猫ちゃん決まった記念に土曜日に晩飯行きましょうよ」

「わかりました。土曜日宜しくお願いします」


こんな風に書いてしまうと如何にも順調にサッサと物事が進んでいるように感じられますよね。

しかし、なかなかどうしてヒヤヒヤもので御座いまして。

妻にはなかなか猫ちゃんを決められない優柔不断をなじられ、工藤くんが何曜日に来るか分からないのでその分

多く施設に顔を出すもんですから恥ずかしいですし、その工藤くんは晩飯に誘うと遠慮するし、なによりも妻に

私の下心をバラしたくないですし、とは言っても妻と工藤くんが私の話をしてしまえばバレるでしょうし、あれ

やこれや考えて眠れない夜も何度かありました。妻と工藤くんは雑談したりするだろうか?「あの人スミタニさ

 んの旦那さんだったんですね」なんていう会話はあるだろうか?「今度の土曜日旦那さんと晩飯行くんですけ
 
 ど奥さんも来るんですか?」とか言わないでほしいなぁ。そんなの無理かなぁ。


そして一か八かの土曜日を迎えるのです。

行きつけの寿司屋に工藤くんを連れて行きます。この店はカウンター8席だけの庶民的な感じがお気に入り。

値段も良心的で妻ともよく来る店です。ビールで乾杯のあとは私は刺身盛り。工藤くんは握りへ行きます。

「スミタニさん、美味いです!正直、廻ってない寿司って何年振りかって感じで!」

「そっか、じゃぁ遠慮しないでジャンジャン喰ってよ」

獣医学科って6年制なんだというのはこの時に知りました。工藤くんはその6年生、来春は卒業との事。

卒業後は郷里の新潟に帰って、先ずは勤務医に。もうその就職先も決まっています。そして行く行くはやっぱり

開業医として頑張りたい。寿司をモリモリ喰いながらそんな夢を語ってくれました。

そんな楽しい雰囲気の中、工藤くんの隣の空席に客が入って来ます。そうです、妻の郁子でした。


                                            つづく
              


[22] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/10/05 (火) 15:22 ID:jIV42KOY No.29368
更新ありがとうございます。ご主人の工藤くんへの接し方上手ですね。寿司屋で奥様の登場ですね。奥様からは一切ご主人に話をしてない工藤くんのこと。ご主人かどうやって奥様をイジるか楽しみです。続きお待ちしてます。頑張ってください。

[23] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/10/05 (火) 23:00 ID:Cxz5G/cs No.29371
更新ありがとうございます
いや、色々とご苦労されて大変だったでしょうね。
ここからの奥様のお気持ちも気になりますし、これからも続きを期待してお待ちしています。


[24] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/07 (木) 13:27 ID:LoC/K7IA No.29387

けんけん様
いつもコメントありがとうございます。
おかげでまた頑張る元気が横溢して来ます。
妻をイジるのか、結構的には馬鹿旦那がイジられる事になるのか?
これからも宜しくお願いいたします。

田中様
いつもコメントありがとうございます。励みになります。
必死で考えて必死で段取りをして、今になってこうして文章にして見てみますと、
なんともアホみたいと言いますか、良く言えば涙ぐましいと言いますか・・・
これからも宜しくお願いいたします。


[25] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/10 (日) 10:33 ID:ioGazD6w No.29401

「あらっ!もう1人いるって工藤くんだったの!?驚いたなー!いつの間に仲良しになったの?」

「アハハハッ!ビックリしてるよ、まぁ座れよ。なかなかどの子引き取るか決められないんで相談乗ってもらっ

 たりさ、世話になったんだよ。それで前から晩飯行こうって誘ってたんだよな」

「スミマセン、厚かましく来ちゃいました。お先に頂いてます」

「どうぞ、どうぞ。大将、わたしお茶下さい。車なんで。でもパパと工藤くんがねぇ、ゼンゼン知らなかった」

「言ってなかったかなぁ?逆に郁子と工藤くんで話題にならなかったのか?」

「だってわたしは夕方までには帰るし、工藤くんは夕方以降に来るからほとんど接点ないもの。それに毎日行っ

 てるわけでもないしね、あんまり喋った事ないもんね」

「そうですよね、喋るとしたら業務連絡の時くらいですよね」

(ふーん、その割には譲渡会の時は仲良さそうに喋ってたけどなー)とは思いましたが口には出しません。

気のせいかも知れませんが妻の顔がいつもより華やいで見えます。どんどん上機嫌になっています。

工藤くんはビールのせいでしょうか?急に顔が赤くなってしまってます。

もりもり食って、ガンガン呑んで、賑やかに楽しく喋りました。

「工藤くんは来年の春には新潟に帰っちゃうんだろ?だったらこれからちょくちょくウチに飯食いにおいでよ。

 なぁ、郁子イイだろ?」

「うん、工藤くんさえイヤじゃなかったらわたしはゼンゼンオッケーだけど」

「いやぁ、そこまでご迷惑はかけられませんよぉ」

「毎日ってわけじゃないし、一週間に一度でも十日に一度でもイイじゃないか。親戚付き合いみたいな感じで、

 その方が賑やかになって俺たちも嬉しいんだよ。それに郁子の手料理はなかなかイケるんだぜ」

「ありがとうございます。正直言って6年間コンビニ弁当ばっか食べてた感じなので嬉しいです」

「よし決まった。それじゃ早速来週くらいどうかな?最初はローストビーフがいいなー」

「パパ、工藤くんの都合もちゃんと聞いてあげなきゃダメだよ。」

「また改めて連絡取り合おうな、よし!大将、ごちそうさま。郁子、車だろ?工藤くん送って帰ろうや」

「うん、分かった。じゃ、先に車に乗ってるよ。この並びのパーキングに止めてるから」

一気呵成に話を進めてしまいました。とにかく工藤くんをウチに招待したかったのです。予定通りです。

支払いを済ませて外に出たら工藤くんが最敬礼で「ごちそうさまでした!」と来ました。てっきり妻と一緒に車

に乗ってると思っていたのでビックリです。この礼儀正しさ。この爽やかさ。ますます気に入りました。

(やはり郁子の最初の相手は工藤くんしかない。彼だったらなんの心配もない)深く深く決意したのでした。

工藤くんは後ろの座席に、私は助手席に乗り込みます。テンションが上がって私だけ大騒ぎです。

「お酒クサー!これじゃわたしまで呑んでるみたいに疑われちゃうよぉー」大笑いしながらスタートします。

妻は窓を全開にしながらハンドルを右へ切って行きます。工藤くんに何か聞いたわけでもないのに。

(なんで右ってわかるんだ?)知らん顔しながらも心臓がドキドキしました。

「工藤くん家って何処なん?」

「◯◯町なんです。宜しくお願いします」

「リョーカーイ。じゃあそんなに遠くないね」

二人の会話が白々しく聞こえます。(ホントは送って行ったことあるんじゃないか?)

(ひょっとしてもうデキちゃってたりして?それじゃぁ順序が逆なんだよなー)

そんな小さな疑惑も生まれてしまいましたが、間違いなく一歩前進の夜になりました。


その翌々日だったと思います。工藤くんに連絡をして次の予定を無理やりに決めます。

ゴールデンウィークの少し前でした。我が家での初めての食事会です。私が工藤くんを迎えに行きます。

リクエスト通りのローストビーフ。ワインもビールも用意されてますし工藤くんは恐縮頻りの様子です。

私もワクワク、ソワソワが抑えらません。この日も確かに本当に楽しい時間を過ごせました。

しかし、私のワクワク、ソワソワは空回りです。ゼンゼン普通なんです。健全なんです。

よく体験談で見るように彼が来る日は妻の化粧が変わるとか、いつもより露出度の高い服をチョイスするとか、

彼の方も妻の胸とか尻とかを見てしまってるとか、そういう卑猥な瞬間など皆無なのです。

「工藤くんはカノジョ居ないのか?」と話を振ってみます。

「今は居ないんですよねー」と明るく答えが帰ります。

「慌てなくても出来るって。工藤くんイイ子だし!こればっかりは「縁」だしねー」

(近所のおばちゃんじゃないんだぞ!)

どうも話しが艶っぽい方へ行きません。しかし焦りは禁物でしょう。(ここは我慢だ。焦るな)

それから本当に一週間乃至十日に一度、食事会を開きました。

その度に妻は一生懸命に料理の腕を奮います。工藤くんも気をつかってスイーツを買って来たりします。

楽しい食事会なのは本当にいいんですが、私は肝心のキッカケが掴めません。

工藤くんが妻の目を盗んで妻をチラ見するのは前からのことですが、そこにイヤらしさは加わって来ませんし、

妻はと言えば、工藤くんが来るのは嬉しいようですし張り切るんですが、そこから先の変化はありません。

そんな食事会が3回続きまして、もうすぐ梅雨も明けちゃいそうな時期になってしまってます。

こんな調子じゃ何回食事会をやったって同じだぞ。「イイお友達」っていうだけじゃ意味がないんだよ!

焦りました。最初に寿司食いに行ってから約3ヶ月。ジッと観察しておりました。余計な事を言わないで普通に

普通に二人に接しておりました。このままだと絶対に進まない。もう辛抱も限界でした。腹を括る時でしょう。

考えに考え、悩みに悩みました。でもやっぱり、どうしても妻を寝取られたいのです。

「もうこの手しかない」スマホを手にしてラインを送ります。妻にではありません。工藤くんにです。

「今日、昼でも夜でも時間取れませんか?急で悪いけど工藤くんにお願いがあるんです」

夕方の5時約束でした。工藤くんの学校と保護施設のちょうど中間くらい、車の中で待ちます。

「お疲れさまです。失礼します」いつもながら礼儀正しく爽やかな工藤くんです。

取り敢えず車をスタートさせます。「急で悪かった、ごめんね。どうしても頼みがあってさ」

「なんでしょう?改まって頼みなんて。なんでも言って下さいよ、どうしたんですか?」

車は目的もなく進んでいます。私は工藤くんを見ることが出来ません。ハンドルを握り前を見たままです。

「こんなこと言うとビックリすると思うんだけどさ、もし良かったらなんだけど、あくまでもね」

「ハ、ハイ、なんでしょう?」

「工藤くんがもしもね、もしも郁子のことイヤじゃなかったら、郁子と付き合ってやってくれないかな?」

「・・・」

「とんでもないこと言ってるのは承知の上なんだ。郁子の恋人になってやってくれないか?」

                                        つづく


[26] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/10/11 (月) 07:11 ID:bHRs4tDI No.29406
更新ありがとうございました。奥様が寿司屋に来たのはご主人が誘ったのですね。失礼しました。しかし、私もご主人と同感で、奥様と工藤くんの仲を疑ってしまいます。本当は工藤くんの家に行ったことあるんじゃないかとか。あまり接してないなんか嘘ですよね。怪しすぎます。いよいよご主人動きましたね。続きお待ちしてます。

[27] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/10/11 (月) 16:07 ID:Qn47J15E No.29408
更新ありがとうございます
とうとう動かれましたね、奥様の態度の怪しさが寝取られ性癖には何とも言えない感情になって、二人に秘密があるのか無いのか知りたくなりますね。
引き続き楽しみに待たせていただきます。


[28] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/11 (月) 19:43 ID:blPsUQ0s No.29411

けんけん様
毎度お世話になりましてありがとうございます。
希望的観測も込みで2人の間を疑いました。
しかし、なかなか思い通りに進まないもんでして・・・
明るく楽しい食事会にはもうウンザリしてしまいまして、行動起こしてしまいました。
前置きが長過ぎて本当にスミマセン。これからも宜しくお願いいたします。

田中様
ダラダラと長い前振り、誠に申し訳ございません。
小心亭主がいよいよ動き出したのであります。
今になって思い出しても冷汗ものでして・・・。
工藤くんに「なに馬鹿なこと言ってるんだ!」とか言われたら一巻の終わりですから。
これからも宜しくお願いいたします。


[29] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/12 (火) 16:44 ID:hf2WlpzQ No.29414

考えに考え、悩みに悩んだ結果でした。工藤くんに妻を口説いて貰うのです。

小心者の私は、妻に工藤くんとの事を提案するのはどうしても不可能でした。

「間違ってたらゴメンなさいだけどさ、工藤くん郁子のこと気に入ってくれてるんじゃないかな?どうも俺には

 そう見えてね。それに郁子の方も間違いなく工藤くんのことが好きなんだよ」

妻は(間違いなく)工藤くんが好き、なんて正直確証も何もありません。(たぶん)に過ぎないのです。

「ただ、やっぱり郁子にしたら遠慮するよな。人妻だし歳も15くらい上だろ、普通はムリだもんな」

「イエッ、歳なんて!奥さんは素敵だと思います。憧れてます、でもスミタニさんからそんなふう言われると正

 直ビックリしてしまって・・・」

「そうだよな、わかる。でもさ、郁子が高校生の時に出会って卒業して次の年19歳で結婚して、スグに子供が

 出来てもうすぐ20年。子育てや俺の面倒見るのに大変で、しかも俺の仕事が上手く行かない時なんか経済的

 にもえらい苦労させたりしてさ。誰でもが経験してる色んな恋愛とか、例えば合コンとかそういうこと何にも

 知らなくて今まで来たんだけど、今になって工藤くんていう好きな人が出来たんだよ。俺はそれを大切にして

 やりたいっていうか、出来たらその思いを成就させてやりたいんだ」

なんという勝手な、なんというおかしな理屈でしょう。しかしこの時は本当に必死だったのです。

「どうだろう?それに郁子と工藤くんは実は結構イイ感じになってるんじゃないか?」

ここで今までの幾つかの疑惑も確認してみます。場合によってはそれが突破口になるかも知れないからです。

「たとえば初めて3人で寿司食った時、帰りに工藤くんを送っただろ、あの時って郁子は初めて送るみたいに言
 
 ってたけど本当は初めてじゃなかったんじゃないか?それに施設では接点がなくてあまり喋らないとか言って

 たのも違うよね、どう?」

「あっ、ハイ、あの時は、その、決して奥さんのせいにするんじゃないんです!ただ奥さんがあんな風に言われ

 たので、あの、話を合わさなきゃと思って・・・」工藤くんシドロモドロになってしまいました。

「イヤ、ゼンゼンいいんだよ。怒ったり気を悪くしたりしてないから」

やっぱりでした。(よし!もうひとつ!)私は「大ヤマ」を張りました。

「それに工藤くん、ウチに来てくれた時に帰りには必ず郁子が車で送って行くじゃん、今まで3、4回かな?

 その時に手を握ったりハグしたり、ひょっとしてもうキスとかしちゃったんじゃないか?」

「あ、あの、キスなんてしてません!ゼッタイにありません!ただ、あの、もう我慢できなくて郁子さんのこと

 が好きですって言って、手を握ってしまいました!スミマセン!本当にスミマセン!」

「だからいいんだって、ていうかよくやったよ。それって何度目だったの?郁子はどうしてた?」

「二度目に送ってもらった時でした。郁子さんは、あの、ありがとうって言ってくれて、でも、もっと若くて工

 藤くんに相応しい人を探しなさいって言われました」

「そうか、そうか、きっと郁子も本心では嬉しかったと思うよ。イヤだったとか困ったと思ったんならそれから

 あと、工藤くんのこと送って行ったりしないって」

ここまで聞き出すのに1時間はかかっています。予想以上にお膳立てが出来ているじゃありませんか。キスまで

行ってないのは少々残念ですがまぁイイでしょう。急がなければ帰りが遅くなり妻に不審がられてしまいます。

「来週また食事会があるだろ。その時にまた郁子にコクってくれないか?但し絶対にこの事は内緒だよ」

勝負でした。もし工藤くんにイヤだと言われてしまっては作戦は終了です。第一段階にも進みません。

しかし、もし工藤くんがもう一度その気になってくれれば第一段階はクリア。そこで妻が結局また断ってしまっ

たらその時点で終了します。ですが妻のことです、決して工藤くんが傷付かないように上手くやるでしょう。

そしてもし妻が工藤くんのことを受け入れたら、その時こそ「寝取られ願望」の成就へ大前進となるのです。

なんて狡っからい作戦でしょうか。なにしろ私は知らん顔してれば傷付かなくて済むのですから。

「あの、スミタニさん、僕はどうすれば、あの・・・」

「工藤くん、慌てなくていいよ、ゴメン、ゴメン。食事会まで一週間ほど時間あるし3、4日したら連絡するか

 ら考えといてよ。クドいようだけど郁子にはこの事は絶対に内緒にね、宜しく頼みます」

工藤くん、さすがに大混乱しているようでしたし、実は私も疲れてフラフラになっていたのです。

工藤くんを近くの駅まで送ってから私も急いで帰宅しました。


「おかえりー!」

いつも通りの妻の明るくて元気な声です。そうなんです、いつも通りの妻なんです。

15も歳の離れた大学生と手を握り合った、でも何も変わらないいつもの妻なんです。

そしていつも通りの生活が続いていきます。私はもう内心は毎日ドキドキ、ソワソワでした。

4日が経ちました。工藤くんにラインします。「食事会、予定通りです。待ってますよー。ところで工藤くん、

 この前お願いしたことなんですけど、どうですかー?」あえて軽い感じの文面で送ります。

15分ほども待ったでしょうか、返事が来ます。

「わざわざの御連絡ありがとうございます。食事会いつも楽しみです。ありがとうございます。それとお願いさ

 れた件ですが、僕はやっぱり郁子さんが好きです。スミタニさんに言われて告白するなんて卑怯者なのかも知

 れませんけど、もう一度頑張ります。宜しくお願いします」

なんてイイ奴なんでしょう。本当にこんな真っ直ぐなというか馬鹿正直な好青年は見たこともありません。

「こりゃ何とかして工藤くんの思いを遂げさせてやりたいよなー」心底そう思ったことでした。


                                            つづく


[30] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/10/12 (火) 17:21 ID:rHl9ezIQ No.29415
更新ありがとうございます。そして、私たち、ご主人が怪しいと思ってた質問をぶつけていただき、ありがとうございます。モヤモヤがとれてスッキリしました。私はキスしてなくて良かったです。キスしてたら、奥様の硬いイメージが崩れてたとこなので。このジワジワ感最高です。慌てず急がずお願い致します。奥様が機嫌が良いのは、告白されたからですね。納得しました!

[31] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/10/14 (木) 00:35 ID:9U8T6TMA No.29417
更新ありがとうございます
しかし、大学生の彼も真面目な子なんでしょうが、奥様は本当に堅い方なんですね。
それなりに好意を持っていて、手を握られてそれだけとは、旦那さんのご苦労が伺い知れますね。
性癖が普通ならば、最高の奥様ですが
まあ中々難しいですね。
これからも楽しみにしています。


[32] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/14 (木) 10:34 ID:/Ko4np1U No.29418

けんけん様
いつもいつもコメントありがとうございます。
モヤモヤが解消して良かったです笑
そうか!妻の機嫌が良く見えたのはそういう事だったんですね!気づいてなかったです・・・
女心は永遠の謎ですねー。確かに妻の方も工藤くんを気に入ってたのは間違いなかったんですねぇ。
冷静に、計算通り進めてるつもりでしたが、見えてなかったんですねぇ。
これからも宜しくお願いします。

田中様
毎度コメントありがとうございます。
「硬い」と言いますか「何も考えてない」と言いますか、本当のところはどうなんでしょうか?
確かに仰る通り私に面妖な性癖がなければ、とも思ったこともあるのですが、
もし私が普通だったとしたら工藤くんとは果たして何もなかったのだろうか?
結婚以来浮気したことないのだろうか?工藤くんに限らず他の男性に心動いたことないのだろうか?
この時は必死でそんなこと考えたことなかったのですが、今になって思ってしまいます。
これからも宜しくお願いします。


[33] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/16 (土) 14:02 ID:58H7q6qA No.29428

そしてやっと食事会の日が来ました。たった3日だけがもう一日千秋の思いとはこういう事だったのですね。

その日は朝からソワソワ。燃えないゴミ出しをして、洗濯物を干し、掃除を手伝い、買物も一緒に行きます。

とにかく私が手伝わない家事は料理だけなのですが、この日はいつもにも増して一生懸命でした。

「いつも郁子に工藤くん送らせちゃってるから、今日は俺、工藤くん迎えに行って来るよ」

「なんだか今日はVIP待遇だよねぇ。お迎えまで?」と妻は少々呆れています。

「イヤイヤ、今日はサクラが無事にウチの子になった記念てゆうか感謝の意味もあるからさ」

サクラというのは二匹目の保護猫。工藤くんに相談して決めた雌猫です。

しかしわざわざ迎えに行くのはVIP待遇などという事ではなくて、食事会の前に工藤くんに最終の念押しとゆう

か激励をしたかったからでした。

私は待ちかねたように工藤くんに連絡をとり、夕方5時の約束をして、またソワソワした一日を過ごしました。

昼飯時もうわの空。本を読んでもテレビを見ても心茲に在らず。入念に洗車をしたりして誤魔化します。

結局、工藤くんのマンションの前に来たのはまだ4時半を少し過ぎた頃でした。

5時少し前、工藤くんがマンションから出て来ます。私の車に気付いて大慌てで走って来ます。

「わざわざ迎えにまで来てもらっちゃって、本当にスミマセン。ありがとうございます」

「いいんだ、いいんだ。それよりしっかり腹減らしてるだろうね?今日も盛り沢山だぜ」

「ハイ、昼ご飯はセーブしときました」

「アハハハッ、そう、そう、それでいいんだよ。食い物残ったら持って帰ってもらうからな」

先ずは冗談を飛ばしておきます。いきなり告白作戦の事を言い出すのもガッツキすぎですもんね。

工藤くん家から私ん家まで道が空いてたら20分くらいです。家に着く直前まで世間話をしておりました。

「さぁ、もうすぐだ。俺も腹減ったよ。今日も楽しくやろうな。帰りは郁子が送るから宜しく頼むな」

「あ、ハイッ!頑張ります!」

しかし何度聞いてもこのシチュエーションで(頑張ります!)には笑ってしまいます。

「もしイイ感じだったら手を握るとかだけじゃなくてハグとかキスとか頑張るんだぜ、何も気にしないで!」

「ハ、ハイ、ゼンゼン自信はないんですけど頑張ります」

「たとえば今夜帰らせなくたってイイからね。工藤くん家に泊まらせて最後まで行っても俺は大丈夫だから」

「そこまで・・・、ありがとうございます。でもそこまではさすがにムリだと思いますので」

「無理やりにだったらそりゃムリだろうけどさ、いいムードになったら帰らせたくない、とか言ってさ!」

「いやぁ・・・でも僕、その、女性とその、最後までって経験ないんです・・・」

「エーッ!!でも工藤くん彼女もいたことあるって言ってたよね」

「あ、ハイそうなんですけど、最後までは行ったことなくてですね・・・キスとかはあるんですけど・・・」

これには驚きました。工藤くんは確か24歳。いくら真面目とはいえ童貞とは夢にも思っていませんでした。

という事はです。もし妻が工藤くんを受け入れたならばそれは「筆下ろし」という事になるじゃないですか!

こんな「おまけ」と言っては失礼なんでしょうが、望外の喜びと言いましょうか、新たな興奮の誕生でした。

「そうなのか・・・でも工藤くんの最初の相手が郁子でも、工藤くんはそれでもイイのかな?」

「そんな、モチロンです!夢みたいなことです!もしそうなれたら、一生の記念です!」

家に着きました。「工藤くん、とにかく俺が知ってるとかオッケーしてるとか絶対ナイショだよ、絶対だよ」

車を家の車庫に入れるのに、ハンドルが手汗で滑って焦ってしまいました。

家に入ると食事会の準備は完璧です。「おかえりー!お腹空いたでしょー、さっ食べよ、食べよ」

この日も和気あいあいで楽しい食事会でした。妻もホントに上機嫌で会話のほとんどを占めています。

工藤くんがぎこちなくならないか心配してたのですが、なんとかギリ大丈夫な感じでした。

「パパ、今日ちょっと呑み過ぎじゃない?もうすぐワイン空いちゃうよ」

そう言えばガンガン呑んでました。最初に缶ビールを3本ほど呑みましたから確かに呑み過ぎですね。

しかし酔わないんですね。イヤ本当は酔ってるのかも知れませんがテンション上がってしまってるんですね。

妻は車で工藤くんを送って行きますから呑めませんし、工藤くんもこの日は何故かあまり呑みませんし、

私が一方的に呑んでいたのです。

「ごちそうさまでした。いつもマジでありがとうございます。失礼します。おやすみなさい」

「じゃ工藤くん送ってくるけど、パパ、その辺で寝ちゃわないでよ」二人が出て行きます。

「フゥゥゥ、ガンバレ工藤くん」さぁどうなることでしょう。約束通り工藤くんは妻にアタック出来るのか?

ジッと待ってるのは辛いのでテーブルを片付け、洗い物をして、その食器も片付けて、テーブルを拭きあげて、

ゴミを分別して片付けて、そしてシャワーを浴びました。それでもやっと1時間が経ったくらいです。

工藤くんを送ってさっさと帰って来るんでしたら、もう帰って来ている時間です。

何かお話をしているんでしょうか?お話だけなのでしょうか?工藤くん、頑張ってくれてるのでしょうか?

イヤ、上手くいって妻が工藤くんを受け入れて工藤くん家に泊まることになったりして、最初は優しく妻が工藤

くんをリードして・・・そして遂に記念すべき工藤くんの童貞卒業と妻の初寝取られの悲願が・・・

そんな妄想が膨れ上がって、股間も負けずに膨れ上がって今まさにオナニーを開始せん、としたその時でした。

残念ながら妻の車が駐車場に帰って来たのでした。時間は、1時間と10分ほどしか経っていませんでした。

これでは当然セックスは有り得ません。キスならばどうか?それとも、またぞろ手を握るだけとかだったのか?

それとも工藤くんは何も言えなかったのか?なぜ工藤くんは連絡をくれないんだ!?

「パパ片付けてくれたんだー!酔っ払って寝てると思ってたよ。助かるー、シャワー浴びて来よっと」

妻の様子は普段となんにも変わりません。どうした工藤!ダメだったのか!?それとも言い出せなかったのか?

滅茶苦茶イライラしました。妻がシャワーしてる間に、と思ってスマホを手に取りましたが、やはり作戦失敗だ

ったらあまりにも工藤くんには酷じゃないか、と自分に言い聞かせて我慢したのでした。

この時になって急に酔いが回って来てしまいます。さっき迄の大きな興奮が大きな虚脱になってしまいました。

先に寝室に入ってノックアウトです。明くる日は強烈な二日酔いでした。工藤くんからラインは来ていません。

仕事は休みでしたので良かったのですが、頭はガンガンするし、イライラするし、最悪でした。

「こりゃ上手く行かなかったかな・・・落ち込んじゃって報告どころじゃないかぁ」

しかしです、やっぱり工藤くんに連絡するのは我慢しました。こんな精神状態ではマズいと思いましたので。

妻は本当にいつもと変わらず「パパ、ゴールデンウイークの後半は奈央子(娘です)帰って来るってよー」とか

言い残して、この日は保護猫施設のボランティアに出かけて行きました。

工藤くんからはまだ連絡はありません。「待てよ、工藤くんも保護施設のボランティアに行ってるかも」

もう時間は午前10時になろうとしています。思い切って工藤くんにラインして見ました。

「今日どうしてる?もし良かったら昼飯でも一緒にどう?」なんとスグに返事が来ます。

「了解です。宜しくお願いします」まるで私からの連絡を待ちかねたような素早さでした。

日曜日だったこともあり、どこへ行っても混雑です。ドライブスルーでハンバーガーを買って車の中で食おう、

ということにします。


ハンバーガーを買い込み、適当な場所に車を止めて食事の開始です。この時まで敢えて妻の事には触れません。

「工藤くんさぁ、なんか申し訳なかったねぇ。今日もこうやって呼び出したりしてさぁ」

「とんでもないです。いつも御馳走になってばっかりでスミマセン」

「イヤイヤ、昨日から工藤くんから連絡ないから心配でさぁ、落ち込んでるんじゃないかって思ってさ」

「スミマセン、そうですよね、連絡しなきゃダメですよね、申し訳ありません、なんて言ったらイイのか?」

「イイってイイって、俺がけし掛けたのもあるしさ、でも郁子も怒ったりしなかっただろ?」

「あ・・・イエ、怒るとかじゃなくて、あの、スミマセン。あのキスをあの、キスが出来ちゃいました!」

「ハッ???キス出来た!?ホントに?工藤くん、マジでキスしちゃったの?ホントに!?」

「あの、ハイ。昨日も送って頂いてスミタニさんと約束した通り、やっぱりまだ好きです、って告りました」

「うん、うん、それで?それで!」

「そしたら道を逸れてひと気の無い様な所に車を止められまして・・・」

「なんだって?ひと気の無い所へ郁子みずからが??」もう一瞬で喉がカラカラ、心臓バクバクです。


「困ったなぁ、工藤くん、わたしも工藤くんのこと好きだよ。でもわたしにはパパがいるし歳も上過ぎでしょ」

「でも好きなんです。ダメだなんて百も承知です、でも好きになっちゃいました。黙ってられなくなりました」

「うーん、じゃぁ、工藤くんはどうしたいの?わたしと付き合いたいの?パパがいるのに?」

「あ、いや、どうしたいかって言われましたら、その、ただ僕が郁子さんが好きだってわかって欲しくて!」

「それはもう充分わかってるつもりなんだけどなぁー。ね、工藤くんキスしようか?」


「それからはもう無我夢中でした。夢見てるみたいでした。スミタニさんホントありがとうございました」

文字どおりの「茫然自失」でした。キスしたんだ・・・しかも妻から言い出したんだ・・・マジで???

「工藤くん謝らなくてもイイんだってば、そ、それで?昨日はそこまで?それ以上は行かなかったの?」

なんて間抜けな質問でしょうか。時間的にそれ以上はムリなんです。声は裏返るし馬鹿丸出しじゃないですか。

「イエ!それだけです。でもそれだけで僕は充分幸せです!ありがとうございます」

「それで、郁子はそれから何か言ってた?なんて言ってた?」

「えっと・・・これで許してねって、また食事会しようねって言ってくださいました。それでマンションの前ま

 で送って頂きました。以上です!」

(以上ですって・・・イヤ!これは大きな前進じゃないか!大きな第一歩じゃないか!)

「工藤くん、良かったじゃないか!俺も嬉しいよ。そうだよ、郁子の言う通りまた食事会おいでよ。」

「ハイッ、ありがとうございます。お願いします。それにスミタニさんに報告出来てホッとしました」

「気を遣わせちゃったよなー、ゴメンゴメン。それと、俺が知ってるのは呉々も絶対に内緒だぜ。イイね!」

「ハイッ、分かってます!ありがとうございました。これで今日はぐっすり眠れます。昨日寝てないんで」


なんと言うことでしょう。私は工藤くんからコクって迫ればひょっとして、とは思っていましたが、まさか妻の

方からキスしよう、とか誘うとは思っておりませんでした。げに測り難きは女心であります。

さぁ、これからです。大きく踏み出したかも知れない「寝取られ」への道。

もうこうなったからには逡巡してる場合ではないでしょう。 

これはどうしても「寝取られ」を実現させねば、そしてどうしても工藤くんの筆下ろしを実現させねば!

愛する妻に嫌われるのを覚悟して、もう一度私自身が動くと決めました。三年前は泣かれてしまいましたが、

もう我慢が出来ません。後戻りも不可能です。ゴールデンウイークが明け梅雨入り前の爽やかな季節が来ます。

工藤くんに負けないだけの勇気を奮い立たせるのです。

次の食事会だ!次の食事会をその日にしよう!深く深く決意したのでした。

                                           つづく
 


                       


[34] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/10/16 (土) 15:17 ID:IGXIMiJo No.29429
更新ありがとうございました。最高でした。しかも奥様からキスを。やはり女性は告られると嬉しいんですね。しかも相手は工藤くん。次のステップがいつになるか楽しみですね。ただ奥様が意外と軽かったのは少し残念です。でも、軽いキスならいいかな。私の奥さんみたいに言ってすみません。続きお待ちしてます。頑張ってください!

[35] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/10/17 (日) 07:50 ID:qAstZBO2 No.29430
更新ありがとうございます
奥様からのキスは興奮したでょうね、
でもキスはしてもその先には自分から進まないのは、奥様も好意と貞操を守る気持ちとの葛藤が伺えますね。
それに童貞はポイント高いですよね
引き続き楽しみにお待ちしています。


[36] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/20 (水) 13:05 ID:VM56vgCk No.29435

けんけん様
いつもいつもコメントありがとうございます。
軽い妻でスミマセン(笑)
しかし工藤くんが何も言わなかったらどうだったのか?
今でも気になるところではあるのです。

田中様
いつもいつもコメントありがとうございます。
葛藤があったのでしょうか?
どの時点で吹っ切れたのか?
やはり女心は謎であります。


[37] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  ひで :2021/10/21 (木) 10:41 ID:IGJ9GhlU No.29442
シゲルさんはじめまして♪
フィクションとは思えない程、現実味があって凄く興味をそそられます
続きを今か今かと焦る気持ちは大きいのですが
お忙しいなか書き続ける難しさ…大変だと思います
気長に待ちますので、どおぞ楽しみに待ってるファンの為
最後まで投稿してやって下さいね


[38] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/21 (木) 12:54 ID:KxRkVz4c No.29444

ひで様
はじめまして。わざわざありがとうございます。
ダラダラとなかなか先に進まずイライラさせている事と思います。お許しを。
最後まで頑張ります。ありがとうございます。


[39] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/21 (木) 15:15 ID:KxRkVz4c No.29446

ところが何事もなかなか思い通りにはいかないもので、その頃から私の仕事があり得ないくらい忙しくなってし

まったのです。毎晩夜は遅くなり休日もなくなってしまうほどでした。食事会どころか家で飯を食うのもむつか

しい状況で、少なくとも週3はあった妻とのセックスも私が疲れて参ってしまって回数激減です。

最近工藤くんはどうしてるのだろう?妻と連絡は取り合ってるのだろうか?ひょっとして会ってたりして?

「最近どうしてますか?忙しくて食事会出来なくて申し訳ない。実は最近郁子がふと寂しそうな顔する時がある

 んだけど最近工藤くんと会ってないから寂しいんじゃないかな?」久々にラインしてみます。

もちろんそんなことウソです。郁子はまったく何も変わりません。なにか私の性格だんだん歪んで来てますね。

「お疲れ様です。僕も最近はサボってたツケが回って来てまして保護施設へ行く回数も減らして学業に励んでま

 してご無沙汰してスミマセン。奥さんともぜんぜんお会いしてませんがラインはやり取りしてて、でも寂しそ

 うって意外です。ビックリしてます」

これには少々驚きました。ラインのやり取り?そんなの私はぜんぜん聞いてません。当たり前ですが・・・

「寝取られ願望」はありますが勝手に連絡を取り合ってたりすると腹が立ちます。嫉妬してしまいます。

「そうなんだね、でもやっぱり会いたいはずだしデート誘ってやってよ。俺には内緒でね」

「ありがとうございます。でも郁子さんデート来てくれるかな?一度お誘いしてみます」

「強引に頑張ってよ!連絡待ってるよ!」

その返事はなんと翌日に来たじゃありませんか。「デートOKしてもらいました!4日後です。来週の月曜日。

僕がその日は休講が出て学校休みなので横浜でランチしようという事になりました」

「そりゃ良かったじゃん!でもランチだけじゃなくて郁子を色々と楽しませてやってよー」

「はいありがとうございます。頑張ります」

工藤くんは何を頑張るのか分かってるのでしょうか?どうやって妻を楽しませてくれるのでしょうか?

それからの4日間、当然妻からの報告はありません。そして前日になってもなんの変化もありません。

イライラ、ムラムラしてセックスを仕掛けましたが、いつものように受け入れます。何も変わりません。

「明日工藤くんとデートするんだろ?しかもわざわざ横浜まで行くんだよな。地元じゃヤバいもんな!

 ひょっとしたら明日工藤くんとヤッちゃうのかもな!工藤くんに抱かれるのかもな!」

心の中で1人で勝手に興奮して妻を責めました。イキまくりました。醜い早漏オヤジになっておりました。


そして当日、工藤くんの報告を待つのみです。

ランチタイムが過ぎます。それからどうするのだろう?もしホテルへ行くなら報告はズッと遅くなります。

ショッピングとかお茶とかお話しだけじゃねぇだろうな!仕事もうわの空でイライラして待ちます。

いつもの仕事のペースなら私の帰宅は6時過ぎくらいですが、この頃は必ず9時を回っておりました。

5時、6時、7時、連絡がありません。これはマジでホテル入ったか?まさか報告忘れじゃないよな。

頭が爆発しそうなくらいイライラの限界に達したかという時、来ました!工藤くんからの報告です。

「お疲れ様です。今奥さんと別れました。おかげさまで楽しいデートでした。ありがとうございました。

 予定通り横浜でランチしたあと映画観ようという事になりまして、1時間半ほど時間調整して映画観ました。

 「居眠り磐音」という映画です。映画を観ている間ズッと手を繋いでました。映画を観終わってお茶しながら

 感想を楽しく語り合いました。人目がある、っていう事で帰りの電車では少し離れて立ってました。本当にあ

 りがとうございました」

職場でひとり「中学生のデートかよ!」と大声で叫んでしまいました。呆れ果てて返事する気にもなりません。

この映画は松坂桃李主演の作品です。妻は松坂桃李のファンなのです。なんとまぁ工藤くんを付き合わせたか?

少し時間が経つとなんだか可笑しくて笑けてしまいました。

9時過ぎに帰宅します。「おかえりー」本当に普通に迎えてます。「今日はカレーだよー」と戯けています。

今日は出かけていたとか映画を観たとかは言いません。もちろん工藤くんと一緒だったなどとは言いません。

後ろめたい事がないんだったらなんで言わないんだよ、映画観ながら手を握ってただけじゃないか、とか思いま

すが、今さらそんなこと言うはずがありませんよね。

明くる日になって工藤くんにラインします。「昨日はお疲れ様でした。郁子も上機嫌でしたよ。だから工藤くん

 もっと郁子を誘ってやって欲しいんだけど、確かに人目って気になるよね。なので工藤くんの部屋に誘ったら

 どうだろう?」

「お疲れ様です。昨日は本当にありがとうございました。でもスミタニさん僕の部屋はちょっと・・・尋常じゃ
 
 ないくらいに散らかってましてですね、恥ずかしくて誘えないですよ」

「だからだよ!だからなんだよ!もうキスもして手を握り合って映画観たりしたんだぜ、もう付き合ってるのと

 同んなじじゃないか。最近食事会がないからロクなもん食ってない、おにぎりでイイから持って来てくれとか

 言って誘ってみるんだよ。そうしたら工藤くんも部屋を片付けるキッカケになるじゃないか」

「はぁ、でも、なんか申し訳なくて・・・」

「そんなこと言ってちゃゆっくり会えるシチュエーションがなくなるぜ、君の部屋ならゆっくり出来るだろ」

「はぁー、確かにそうですね・・・わかりました!一度そうお誘いしてみます」

「よっしゃ、工藤くん、また報告待ってるからね。頑張って!」


それから何日が経ったでしょうか、10日も20日も待ったような気持ちでしたが実際は5日後にラインです。

「お疲れ様です。昨日奥さんに弁当を持って来ていただけました。いや弁当っていうかタッパに料理をいっぱい

 詰めて持って来てくれたんです。メチャクチャ美味かったです。それに僕の部屋があまりにも散らかっていた

 ので奥さんの指示に従って2人で掃除もしました。その間に洗濯までしてもらったのです。スミタニさんに言

 われて、なかなか勇気が出なかったんですが思い切ってお願いしたら快くオッケーしてもらえました」

いや、美味かったじゃないよ!2人でお掃除もどうでもいいし!洗濯まで!?パンツとかも?

「工藤くん、それだけ?キスとかハグとかなかったの?せっかく2人きりだったんだよな?」

「あ、はいそうです。キス出来ました。今回はキツく抱き締めることも出来ましたキスはもう一度出来ました」

「えっ!?工藤くん、それだけ?俺、大丈夫だよ。怒ったりしてないし、本当にそれだけ?」

「本当にそれだけです。2回目のキスのあと、急いで帰ってパパの晩御飯作らなきゃって言って帰られました」

驚き呆れました。部屋に行った方も部屋に呼んだ方も、もういっぱしの大人じゃないですか・・・普通はどうに

かなるのが当たり前だろ・・・こりゃもうダメだ。もう仕事が忙しいとか言ってる場合じゃないと思いました。

このままじゃせっかくのキスが想い出で終わってしまいかねません。もう動き出しているのです。後には引けま

せん。ここで私はもう一度原点に戻ろうと思いました。食事会です。食事会からスタートです。

「工藤くん、ながらくお待たせしたけど来週の土曜に久々の食事会やろうと思うので開けといてくれる?」

「ホントですか!メッチャ久々で嬉しいです。来週の土曜日楽しみにしてます」

「いつも工藤くんのこと送らせてると郁子酒が飲めないからさ、その日は工藤くん泊まりの予定で来てよ」

「ありがとうございます。リョーカイです。ありがとうございます」


こうして工藤くんと話を決めておいて帰宅します。

「そうだ郁子、来週の土曜日食事会しようよ。工藤くんはオッケーだし」

「エー、久しぶりだねぇ。だけどパパ仕事ダイジョウブなの?早く終われるの?」

「うん、なんとか先が見えて来てるしね。少しくらい遅くなっても先に始めててくれればイイしさ」

「わかった。じゃ久しぶりに腕によりをかけますかねぇ」

「それとその日は工藤くん泊まってもらうよ。いつも送って帰ってたら郁子飲めないからな」

「そうなんだ、ふーん。わかったよー」

妻の表情に特別な変化はありません。何事もなかったように夕食の準備をしています。


                                          つづく


[40] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/10/22 (金) 02:35 ID:VksXjcvw No.29450
工藤君本気でヤバいですね、性欲とかないんですかね?
それと奥様もナゾですね、誘われて行っているのにキス止まりって、本当に二人ともナゾですね。
旦那さんの立場だと、いや〜キツイ進み具合で耐えられませんね。
これからも楽しみに読ませてもらいます。


[41] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/10/23 (土) 10:12 ID:GjtnsebI No.29453
更新ありがとうございます。確かに工藤君が奥手にしても、キスだけで終わってるのが、信じられないですね。既にキスは終わっているので、ステップアップしてるはずですが。もしかして、既にそれ以上のことを既にしてて、ご主人に虚偽報告をしてるのか、それとも工藤君が既ににご主人から公認されてることを奥様に報告してて、寝取られ性癖をくすぐらせる為に、色々な想像をさせるために、嘘の報告をしてるのも考えられます。読み手は面白いですけど、ご主人は不安が積もるばかりですね。奥様も態度に出ないし。しかし、素晴らしい展開ですね。間違いないです。頑張ってください。

[42] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/24 (日) 09:47 ID:quYBcg4E No.29455

田中様
そうなんです。メチャクチャ謎でした。
「草食系男子」というのは聞いた事がありましたが、ここまでとは・・・
妻にも確かに不思議でした。工藤くんをおちょくってるのかな?とも思いました。
私の焦燥感はここでもう限界に達しておりました。覚悟を決めた食事会のつもりでした。
いつも暖かい御言葉ありがとうございます。


[43] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/24 (日) 09:55 ID:quYBcg4E No.29456

けんけん様
私も真っ先にそれを疑いました。じゃないとおかしいって思いました。
健康な大人の男女がキスまで進んで、2人きりになって、そこでストップなんて有り得ない!
ですので私なりに慎重に観察したつもりでした。しかし、やっぱりウソじゃないようなんです。
私の文才が乏しいために、そこら辺の微妙な様子が表現出来ませず恐縮です。
いつも激励ありがとうございます。頑張らせていただきます。ありがとうございます。


[44] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/26 (火) 14:51 ID:Fw6vD8.c No.29461

食事会までの約10日間、その時間は私が覚悟を決めるには充分な時間だったはずでした。

食事会という和気藹々の雰囲気の中で妻と工藤くんの交際を公認してしまおう。

2人がもうとっくに相思相愛であるという事を認めさせて、その日から私に遠慮なく付き合うように話そう。

そして出来ればその日、私の見ている前で工藤くんの童貞卒業を実現させよう。

3年前、寝取られ願望を持ち出して妻は泣いて悲しみました。今回もそうなってしまったらどうしよう?

イヤ、もう2回も工藤くんにキスを許しているんです。それ以上発展して深い関係になるのに抵抗はないはず。

それでもやっぱり、夫の私が知っているとなれば、それは話が違ってくるのだろうか?

そんな懊悩が堂々巡りする毎日。そんなことは知る由もない妻には本当になんの変化も見て取れません。

いつも明るく元気に家事をこなし、週に一度はスイミングに行って最低でも5000メートルは泳ぎ、保護猫施

設のボランティア活動も大忙しで、その上近所付き合いにもけっこう拘束されたりするのです。

そんな良妻の見本のような妻がホントに15歳も若い大学生にキスまで許したなんて・・・。食事の準備でバタ

バタしている妻を思わずマジマジ見詰めてしまいます。

臼田あさ美に似ていると言われるクリクリと良く動く眼。肩に届くかどうかの短めのサラッとした髪は今まで何

故か染めたことのない黒髪。163cmで50kgに満たない華奢な体付きにはスイミングの効果もあり贅肉は見

られませんが、その分「貧乳」ではあります。そしてその胸の感度は抜群と言ってイイほどの反応を示します。

調子のイイ時?は胸への攻めだけで軽く逝くことさえあるのです。以前も申し上げましたが娘が大学入学して家

を出て夫婦水入らずになってからは、その時の声も遠慮なく出すようになりました。最近はただ音量が大きくな

っただけでなく内容も具体的に「もっと突いて」ですとか「まだ逝っちゃダメ」ですとか色んな要求をするよう

になり、ますます妖艶と申しましょうかまさに40歳寸前の女盛りへと順調に性長してきたのです。

フェラも積極的にしてくれますし、そのまま射精もさせてくれます。但し精飲は未だにNGです。飲み込もうと

するとどうしてもオエッとなってしまいます。それともう一つNGがありました。アナルです。どうしても気持

ち悪いそうで、指の挿入も、舐めるのも絶対NGです。

そしてなんと言っても一番の性感帯はクリトリスでありましょう。指で優し目に愛撫するだけで逝ってしまいま

す。更に舐めてあげると声をあげて歓喜して逝ってしまいます。実はペニスの挿入では恥ずかしながら殆んど私

の方が先に逝ってしまいますので、早漏亭主はもっぱらクリ攻撃に徹するのであります。

セクシーで凝った下着を買って来て私を誘ったりもします。写真撮影もさせてくれます。公開不可ですが・・・

もう私にとっては申し分のない理想的な妻であり女性なのです。

そしてそんなかけがえのない妻をいよいよ本当に他の男性に委ねようとしているのです。

断固拒否されて嫌われてしまうかも知れません。妻には内緒で工藤くんをそそのかしている事、そしてその工藤

くんとキスしたのを私が知っている事がバレたら離婚を突き付けられるかも知れません。

しかし私はもう「寝取られ属性」の沼にどっぷり浸かってしまい、引き返す事が出来なくなっておりました。

食事会までの10日間をそんな事ばかりを考え、妻を見るだけで勃起させ、毎日毎晩妻に襲いかかりました。


その日、いつもの時間に仕事には出ましたが情けないことにまったく仕事が手に付きません。どうにも具合が悪

いと言って早退けしてしまいました。午後3時にもなってなかったので、あまりにも帰宅するには早過ぎます。

あっちをブラブラこっちをブラブラ時間を潰して午後6時過ぎにやっと帰りました。

妻は料理の真っ最中。私もサッとシャワーを使ってから妻の手伝いに勤しみます。この日は中華料理でした。

しかし、やっぱりと言うべきか久々に工藤くんが来るというのに妻に変わった様子はありません。

7月も末に差し掛かり、暑い日でしたが服装もTシャツにGパンというメチャクチャ普通なスタイル。せめてタ

ンクトップに短パンとかの挑発的な感じは出来ないものか・・・。

約束の7時が近付きます。工藤くんが時間に遅れたことは今まで一度もありません。心臓の鼓動がドクドクと聞

こえて来るようです。

「ピンポーン」聴き慣れているはずの玄関チャイムの音に汗が噴き出るような気がしました。

「こんばんわ、お邪魔します。今日もごちそうになります!」黒のポロシャツに綿パン。あくまでも爽やかな印

象が崩れない工藤くんです。「いらっしゃーい、工藤くん先にお風呂入ったら?汗かいてるでしょ?待ってるか

 ら。ねっパパいいよね」「そうだな、そうしなよ。汗流して風呂上がりのビールは最高だし」

いつもながら妻の気配りは私の一歩も二歩も先に行きます。ましてや私の目論見的にも工藤くんにシャワーを先

に済まさせておくというのは大切なことでした。

この日もおおいに食い且つ呑みました。とは言っても「呑む」方は私の独壇場でしたが、工藤くんもなかなかの

量を飲みましたし、妻も工藤くんを送る心配がありませんからけっこう飲んだのでした。

ですが肝心のことが言い出せません。キッカケが掴めない、というレベルにまでも行きません。正直言って勇気

が出ないのです。ビビッてしまって「こう言おう」と決めていたセリフが吐き出せないのです。

料理を食べ終わり妻と工藤くんはもうデザートとコーヒーだか紅茶だかを楽しんでいます。私だけがまだ呑んで

おりました。ビールから紹興酒、ワインを少しやってからウイスキーのハイボールへ。ゼンゼン酔えませんが。

「パパ今日も飲み過ぎだよ。工藤くんも眠そうだし、お開きにしようね」もう午前0時を過ぎていました。

肝心なことを何ひとつ言ってません。「なんでだよ、まだイイじゃないか。まだ早いじゃないか」

「ダーメ!キリがないんだから。工藤くん2階の奥の部屋に寝床敷いてあるからね、ゆっくりネ」

「はい、ありがとうございます。それじゃスミタニさんおやすみなさい」

最後まで爽やかな工藤くんです、が、今夜はそうじゃないだろ!叫び出しそうでしたが・・・。

小心者の私がやっと妻に言えたのは「俺が片付けとくよ。おまえ風呂入ってきたらイイよ」とだけでした。

「ホントに!?ラッキー!!じゃ、お願いしまーす」

圧倒的な自己嫌悪が私を苛みました。「なにが寝取られだよ、ビビッてなんにも言えないんじゃないか」

ガックリというんでしょうか、ションボリというんでしょうか、こんなに落ち込んだのは初めてでした。

先に寝室に入りダブルベッドの右半分、いつもの位置で横になってぼんやり天井を見ているしかありません。


シャワーを浴び終わって妻も寝室に入って来ます。私はもう眠っていると思ったのか何も言いません。

鏡台に向かって座り、髪を梳かし、顔に化粧水やらなにやらを塗っています。いつもと同じことなのです。

いつもと同じ、何気ない日常的な寝る前のルーティーンなのです。ですが何故かものすごい色気を感じてしまっ

たのです。あの時の感情をどう説明しても説明し切れるものではありません。ものすごく欲情してしまい、そし

てその次の瞬間、ものすごく「どうしても今夜工藤くんとセックスさせたい」とその欲情が沸騰したのです。

妻がベッドに入って来ます。私はスッと左腕を枕のところに差し入れ腕枕状態にし、右手を妻の左胸に当てがい

ました。妻は何故かブラジャーを着けていたのです。今から思えばここで私の覚悟が決まりました。

「パパ起きてたの、ビックリするじゃない」私はその妻の唇を唇で塞ぎます。

そして唇を離したらそのまま頬ずりする様に妻の耳元に唇を近づけました。

「郁子、工藤くんのところへ行ってあげなよ。俺はダイジョウブだから。郁子のことゼッタイ愛してるから、

 行って工藤くんの初めての人になってあげなよ」

妻の身体が驚いたようにビクンッと反応したかと思うと、少しずつ震えが起こってきます。そしてその細い身体

が凍ったように固まってしまいました。どれぐらいの時間そうしていたでしょう。ただ心臓の鼓動だけが聞こえ

ます。


そしてゆっくりと妻が身体を滑らせて私の腕から少しづつ離れていき、遂にはベッドから出てしまいました。

何も言わず、振り返ることもせず、ゆっくりと静かに妻は2人の寝室を出て行ったのです。

気も狂いそうな悔しさと、そして達成感に襲われながらジッと耳をすませておりました。

妻が階段を登って行く音が微かに聞こえます。そして何も物音が聞こえなくなりました。

体を動かすことが出来ません。少しでも音を立てたくなかったのです。声が聞こえるかも知れませんから。

1階の私達の寝室と2階の工藤くんが居る部屋は端っこどうしです。声が聞こえるはずもないのですが・・・

まさかスグに戻って来やしないだろうか?無事に工藤くんに受け入れて貰えたのか?いや、受け入れないでくれ

工藤くん!妻を拒否してくれ!矛盾した思いが錯綜します。

恐ろしいまでの静寂の中、哀れな「寝取られオヤジ」は勃起することさえ忘れておりました。


                                           つづく


[45] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/10/27 (水) 07:54 ID:aK8yt0co No.29467
更新ありがとうございます。ご主人の気持ちお察しします。遂に言葉に発してしまいました。奥様は3年前の言葉を思い出したのでしょうね。そうまでして他人に抱かせたいのかと。内心悲しかったかも知れないですが、工藤君に告白されているのもあるし、キスを、した仲だし、童貞卒業と言う言葉に母性が働き、奥様にとっては最高の条件での公認浮気になったのではないでしょうか!夫婦の営みも定期的にされてるとの事ですので、思いきって楽しみそう気がします。また、旦那さんに気を遣うこともなく、むしろ見せつけてやるくらいにするかもしれませんね。次が楽しみです。頑張ってください。

[46] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/10/28 (木) 11:53 ID:stUO3tgw No.29471
更新ありがとうございます。
遂に思いを伝えてしまいましたね、このまま旦那さんの悲願が遂げられるんでしょうか?
私の妻のお相手には童貞の方はいなかったので、これからのお話しをとても楽しみに待たせていただきます。


[47] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/28 (木) 14:46 ID:Mi3I.gZI No.29474

けんけん様
いやはや全く、結果的にはけんけん様のおっしゃる通りにだったかも知れません。
女心は本当に永遠の謎であります。あの涙はいったいなんだったのか?
この日までの心の動き、変化は一体どうなっていたのか?
この投稿はあくまでも夫の私の視点でしか書けないのですが、
これが妻の視点ですとゼンゼン趣の違ったものになるのかも知れません。


[48] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/28 (木) 16:07 ID:Mi3I.gZI No.29475

田中様
いつもコメントありがとうございます。
まさに悲願でございました。虚仮の一念でございました。
この時から2年経って文章にして思い出してみて、改めて男という生き物はアホだなぁと思います。
相変わらずのダラダラ進行ですが、これからも宜しくお願いいたします。


[49] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/10/31 (日) 15:35 ID:hCchd6d2 No.29484

息を凝らして私は妻が戻って来るのを待っておりました。

そうなのです、スグにでも戻って来て欲しい、俺だけの郁子であり続けて欲しいから・・・。

あんなに妻が他の男性に抱かれることを希っていたはずなのにです。自分でも不思議な感情でした。

しかし妻は戻っては来ませんでした。これはもう間違いなしに工藤くんに受け入れられています。

工藤くんの腕の中に妻は顔を埋めてしまっているのでしょう。いや、それ以上に進展しているのかも。

家の中で、私と妻の「愛の巣」と言っても良い私達の家の一室で、しかも今ここで夫が待っているのに。

その妻たる郁子が赤の他人の男性に抱かれている。もう既に一糸も纏わぬ姿になっているのかも知れない。

そう思うだけで強烈な動悸に襲われます。生まれてこの方経験したことのない興奮でした。

しかし何故か二人の様子を覗きに行こうとは思わなかったのです。こっそり階段を登って行けばドアを開ける事

は憚られたとしても、その前でせめて声だけでも聴く事は容易いはずでした。

まさにこの心理が「被虐嗜好」だったのでしょう。決して遠慮したのでも、後で怒られるのを恐れたのでもない

のです。二人の居る部屋から離れたところで、その二人の様子を妄想しては悶々としている自分が哀れで馬鹿で

最高に興奮出来るのです。「寝取られ属性」そして「ドM属性」が遂に爆発して昇華した夜だったのでしょう。

すべてが終わり、妻が私のところへ戻って来たらどのように迎えようか?何も言うことなどない、他の男性を受

け入れてしまったヴァギナに有無を言わさずむしゃぶりつくんだ。イヤ、そういう乱暴ではなく労るように優し

く抱き締める方が良い。いったい何時間経ったのだろう?あぁ、まだか?早く戻って来てくれ!正確な時間経過

は分かりません。時計やスマホを見て確認したりはしないのです。只々、待たされている事が快感でした。

もう、息も絶え絶えになっておりました。苦しくて涙が出て来るほどの乱心に上体を起こしたその時でした。

遠くでドアの閉まる音が聞こえたのです。息が止まりました。妻が戻って来る!やっと戻って来てくれる!

叫び出しそうでした。しかしそうではありませんでした。階段を降りるのは妻だけではなかったのです。

なんで妻と工藤くんが一緒に降りて来るんだ?答えはスグに分かりました。二人で浴室へ向かったのです。


二人で風呂だって!?

俺のところに戻って来てくれるどころじゃない。なんと浴室で2回戦ということか!!

大袈裟ではなく気絶しそうでした。俺のことなんか忘れて楽しんでたんだな!俺なんか関係なしだったんだ!

ショックでした。どんな風に抱かれたんだ?どんな手順で童貞の工藤くんを導いたんだ?

大切な思い出として内緒にしたかったのか?恥ずかしくて?照れくさくて?なかなか言えなかったのか?

「寝取られ」の醍醐味でもある妻からの詳細な報告が聞けなかったのは辛い日々でした。

結局その時の様子は2年ほどが経って、最近やっと妻の口から聞く事が出来たのです。

「初めの頃は工藤くんとあんな事になろうなんて夢にも思ってなかったよ。そりゃ確かにイイ子だしネ、好感は

 持ってたよ。でも周りが工藤くんはスミタニさんのこと気に入ってるよ、とかスミタニさん工藤くんのお相手

 してあげなよ、とか言いだしてね・・・イヤでも意識するじゃない、やっぱり。でもそれだけで何にもなかっ

 たんだよ!ホントに!でもあの日お寿司屋さんに工藤くんが居たのを見た瞬間に全部分かった気がしたのよ。

 なんかあの頃パパのエッチ、また何年か前に戻ったみたいにスゴかったし、また変なこと言い出すんじゃない

 かな?って警戒してたんだよ。そしたら工藤くん連れて来てるじゃない。まさか!?って思うよね・・・。

 なるべく普通に振る舞ってはいたけど、困ったなぁって思ってた。パパが保護施設に何度も来てたのはこう
 
 いう事だったのか、工藤くんと仲良くなるためだったんだ。わたしと工藤くんをくっ付けたいんだって分かっ

 たの。正直言ってそれまでに工藤くんとは仲良くお話したり、車で彼のお家まで送って帰ったりしてました。

 でもそれはせいぜいお友達的感覚だったし・・・確かに彼の事をパパに話したことはなかったけど、でもそれ

 は何かやましい事があったとかじゃないよ。うん、でもやっぱり少しは意識してたのかも・・・。

 それから今度は月に2、3回のお食事会が始まったでしょ。それで、その頃からパパめちゃくちゃ優しくなっ

 ていったでしょ、自分で分かってる?

 毎回わたしに工藤くんを車で送らせて、それでわたしが家に戻ってからどんだけパパ優しくなったか、最初は

 不思議でしょうがなかったわよ。お片付けは全部終わってるし、お風呂にも一緒に入って来て隅々まで洗って

 くれるし、ベッドに入ってもめちゃくちゃ優しくて、わたしの全身をまるで初めて抱くみたいに扱ってくれる

 し、それが毎回だったからね。そう、車の中で工藤くんにコクられた。その次はキスもした。お家にお弁当持

 って行ってお掃除とかもして、そう、キスもした。でも罪悪感なんてなかった。確かに工藤くんの事は好きだ

 ったから、でもそれ以上にパパが望んでる事だからって自分に言い訳してた。そして本当にパパはわたしと工

 藤くんがそうなる事を望んでるっていうのが分ってたしネ。車で送るだけであんなに優しくなるんだもの。

 工藤くんは本当に意地らしくて正直で、彼には申し訳なくてしょうがなかったわ。それに若いしネ、彼のこと

 好きって言うお年頃のお嬢さんも絶対いると思うしネ、こんなおばさんに本当に申し訳なかった・・・。

 そしてあの日の食事会。パパに「工藤くんのところへ行ってあげなよ」って言われて震えちゃったわ。

「あぁ、とうとう来た。とうとう言われた」でも、やっぱりどうしよう?って思ったよ。工藤くんにもし断られ

 たら恥ずかし過ぎるし。パパわたしのこと嫌いにならないで、許してネ、そう言いながら階段上がったの。

 部屋のドア開けて「工藤くん、一緒に寝てもいい?」って言ってから答え待たないで走るようにお布団の中に

 飛び込んだ。郁子さん、って言って思い切り抱き締めてキスしてくれたからホッとしたの覚えてる。

 しばらくいっぱい、いっぱいキスしたの。それから「工藤くん脱がせて」って言った。

 工藤くんの手が少し震えてたかな、パジャマのボタンを一生懸命はずしてる工藤くん可愛かった。

 「ブラもはずしてくれる?」もう工藤くんはコクっと頷くだけ。後ろのホックがなかなかはずせなくて困って

 たみたい。ブラがはずれたら工藤くん大きな溜息吐いてネ、そして優しくおっぱいを揉んでくれたの。

 「工藤くん、吸って」って思わず言っちゃった。気持ち良かった。とうとうパパ以外の男の人におっぱい吸わ

 れちゃったのね。パジャマの下もパンティも脱がせてもらって、工藤くんのTシャツとトランクスはわたしが

 脱がせてあげた。「触ってもイイ?」って言っておチンチン触ったらネ、工藤くんスグに出しちゃったのよ、

 ビュッ、ビュッって。ビックリしちゃった。「ごめんなさい、ごめなさい」って必死で謝ってたけど可愛いく
 
 て笑っちゃった。それでティッシュで拭いてからネ、わたし、工藤くんのをお口で綺麗にしてあげたの。

 エッ?お掃除フェラっていうの?そう?パパにしたことなかった?ホントに?

 工藤くんの?うん、大きいっていうか硬くて長いの。何度もオエッてなったもん。

 でもね、それがね、挿れる前にネ、またお口の中で出ちゃったの。さっき出したのに多くてビックリした。

 え、えーと、うん、飲んじゃった。ごめんなさい・・・。

 それから少し休憩っていうか抱き合ってキスしてたらね、暫くしたらまた大きくなって来たの。だからね、

 「工藤くん、これ挿れてくれる?」って聞いた。そしたらビックリするじゃない!「僕はまだその経験があり

 ません。上手に出来ないと思いますがイイですか?」って言うのよ。それはこっちのセリフじゃない。

 「工藤くん、ホントに?初めてがわたしでイイの?」「ハイ!郁子さんが初めての人なんて嬉しいです!」

 これには参ったなぁ、まさか初めてとは思わなかったもの。だってキス上手だったんだもん。

 そんな罪悪感もちょっとあったけど、やっぱりもう止められなかったし・・・。

 正常位で挿れてもらったの。今まで当たった事のないような奥の奥まで突かれる感じだった。

 凄かった。凄く気持ち良かった。ううん、逝くまでは行かなかった。工藤くんまた出しちゃったの。

 終わってからも工藤くん感激してくれて私の全身を愛撫してくれて全身にキスしてくれて、あそこもネ。

 それがもの凄く心地良かったわぁ」


時計をまた元に戻しましょう。

二人で浴室へ向かったとはあまりにも意外で、悔しくて、今度はソーッと覗きに行きました。

まさか童貞青年相手に風呂場でヤルとか無茶なことはしないよな!!洗いっこだけだよな!!

それをどうしても確認したい、もう「嫉妬の鬼」になっていたのです。

ザーッ、ザーッ、というシャワーの音。話し声は・・・?

聞こえてきました。「あっ、あっ、当たる、スゴい、あっ、あっ」今まで聞いた事のない妻の切なげな声です。

次の瞬間「郁子さん、ごめんなさい、ごめなさい!」という工藤くんの声が響きます。

「ううん、ダイジョウブよ、すごくよかったよ工藤くん」そのあとは又、シャワーの音だけが虚しく響きます。

全身が綿のようになって私はやっとの思いで寝室に戻ります。また涙を流していたかもしれません。

もう何が何やら分かりません。大願成就して満足してるのか、それとも後悔してるのか、不可解な状態でした。

たぶん真夏の遅い夜明けが迫っていたと思います。私はあまりにも興奮したのか気を喪ってしまったのです。

なんという小心者か・・・。意識が戻った瞬間の自己嫌悪はとても言い表せるものではありませんでした。

今は何時頃だろう?二人はまだ部屋に居るのだろうか?俺はどうしたらいいのだろう?どんな顔をして妻や工藤

くんの前に出ればいいのだろう?

こんな情けない状態になるとは予想だにしていなかった「寝取られ達成」の朝だったのです。


                                          つづく

 


[50] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/11/01 (月) 07:50 ID:RuSNGxns No.29485
更新ありがとうございます。とうとうやってしまいましたね。奥様も既にわかってたんですね。ご主人の行動が全て不自然だったことを。ご主人が工藤君のところへ行けと言わなかったら、奥様は行かなかったでしょうね。自分てまいた種とはいえ辛いですね。奥様が、ご主人のところへ戻ってきてどう言葉を発しするか楽しみですね。続きお待ちしてます。頑張ってください。

[51] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/11/02 (火) 00:53 ID:pzC/zDNU No.29491
更新ありがとうございます
その時の話を最近聞いたとの事ですが、その間にご主人は奥様に尋ねたりされなかったのでしょうか? 
そして風呂場もそうですが、射精のコントロールが効かないという事はもしかして生で入れて中出しだったのかな? なんて勝手に妄想しております。
色々な性癖がありますが、私は目の前で見るよりも貸し出して今何をしているんだろうという状況が何よりも興奮しました。 
これからも期待して読ませていただきます。


[52] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/11/06 (土) 09:22 ID:zR40hwEU No.29506

けんけん様
いつもコメントありがとうございます。
はい、とうとうやってしまいました。
そういう風になるように仕向けたくせにめちゃくちゃショックでした。
私のペースで事を運んだようで実は妻のペースだったことが分かるのはもう少し後でした。
同じ「寝取られ」でも色んなパターンがあるんですね。


[53] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/11/06 (土) 09:33 ID:zR40hwEU No.29507
田中様
いつもコメントありがとうございます。
そうなんです。聞いたんです。聞いたんですが、言おうとしないんです・・・。
今回は文章にするためにまとめて、繋いで、一度に聞いたようにしていますが、
実は途切れ途切れの少しずつの報告だったのです。
そして、御指摘の通り生入れ・中出しです。
妻は時々生理不順になり、そういう時は体調が非常に悪くなったりします。
なので医者からピルを処方されておりまして、それで生入れ・中出しなのです。
つまり、この時、その準備にピルを服用したのではないか?そのように私は疑っております。
妻は否定しておりますが・・・。


[54] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/11/07 (日) 12:56 ID:LoC/K7IA No.29515

自分の家だと言うのに、恐る恐るリビングを伺ってみます。誰も居ないのですが電気は点いています。

トイレを済ませてリビングの椅子にドオォッと座り込みました。2階にも人の気配はありません。

重い体に鞭打って立ち上がり車庫を見に行ってみますと妻の車がありません。

「そうかぁ、工藤くんを送って行ったんだ・・・。スグに帰って来るのかな?」

ひょっとしたら工藤くんの部屋に上がり込んで、また抱き合うのかも知れない。一日中抱き合うのかも。

否、明日も明後日も。しばらく帰って来ないでSEX三昧の日々を過ごすのかも知れないぞ!

もしそんな事になっても決して怒ったりしないでおこう。大人しく待っている事にしよう。

そんな妄想で頭がいっぱいになりながらボー然としているところへ妻の車が帰って来たのでした。

「起きてたんだ・・・」

「あぁ、うん・・・」

それ以上の会話が続きません。気不味いような、照れ臭いような、なんとも言い難い空気が流れていました。

「パパ、ちょっと休んで来てもイイかな?」

「あっ、うん、イイよイイよ、ゆっくり休んで来なよ」

「お昼とか自分でなんとかしてもらってイイ?ごめんね」

「ああイイよ、イイよ。気にしないでイイから」

時計を見たら午前10時半を少し過ぎたところでした。

肺の中が空っぽになりそうな溜息が出てしまったのを何故かはっきりと覚えています。

昨日から今日にかけての出来事が夢のようでした。只、あの浴室から聞こえた妻の声が耳の奥から離れません。


何やら人が動く気配で眼が開きます。リビングのソファでそのまま寝てしまっていたのです。3時過ぎでした。

「あっ、起きた?コーヒー飲む?」

「あぁ、うん、飲む、飲む」

まだ少々ボンヤリしながら熱いコーヒーを啜り、やっとマジマジと妻の顔を見ることが出来ました。

「そんなに睨みつけないで。パパ、怒ってないよね?腹立ててないよね?」

「ごめん、ごめん、怒ってない、怒ってるわけないじゃん!俺がお前にそうすすめたんだからさ」

「なんか、変な感じだね。いつもみたく普通にコーヒー飲んでるだけなのに、なんか恥ずかしいって言うか」

「お前こそ後悔とかしてないか?嫌な気分になってないか?」

「うーん、とにかく変な感じ。工藤くんは送って行く間もホントに喜んでて、パパはスゴい優しい顔だし」

私は勃起していました。

妻の腕を取ってソファに座らせ、抱きしめ、むしゃぶりつくようにキスをしました。

服も脱がせます。Tシャツ、デニム、そして下着。全裸になった妻はまさに神々しく光り輝くようでした。

私はその妻の裸身を舐めるように、そして傅くかのように慈しむかのように撫でさすりました。

胸を揉み、乳首を弄び口にします。「あぁー、パパ、あぁー」妻の切なげな声が響き、弥や増して興奮します。

そして遂に私以外の男性を受け入れたヴァギナに進みます。先ず触れてみて驚きました。まるで洪水の如く愛液

が溢れかえり、その周辺が濡れそぼっているではありませんか。妻がこんなに濡れるのは初めてでした。

私の興奮も昂まりに昂まっておりました。そこへ顔を近づけて行きます。それだけで妻は声が出てしまいます。

クリトリスも膣口もとにかく舐め捲りました。私の口の周りもベチャベチャになりました。

「あーー!パパ、イク!イク!イクゥーー!」そんな妻の1回目の絶頂まではスグでした。

妻に負けないくらい濡れていた、と言えば大袈裟になりますが、次はそんなペニスを妻に突き刺します。

互いに濡れそぼってしまっていた交合に抵抗などありません。ヌルッとばかりに挿入されてしまいます。

「郁子どうだ?イイか?工藤くんとどっちがイイ?工藤くんのチン◯の方がデカいんだろ?俺のもイイのか?」

「イイ、イイ!そんなこと言わないで。いじめないで!イイ、イイ!」

「いじめてるんじゃないよ、工藤くん良かっただろ?教えてくれよ、工藤くんにも挿れさせたんだろ?」

「イヤッ!知らない!言わないで!アァ、イイ!イイわぁ、イキそうよパパ、イクッ!イク!」

そして二人同時に逝きました。これは凄い事です。恐らく私がペニスで妻を逝かせたのは初めてだったのです。

こんなに妻を愛おしいと感じたことはありませんでした。熱い熱い口づけを交わしながら妻の全身をまた撫で

回しておりました。それでも暫くのあいだ私のペニスは妻の中で脈動を続けていたのです。

それから妻の手を引いて浴室に移動し、ボディソープをいっぱい泡立てて妻の全身を手で洗い流しました。

バスタオルで体を拭き上げるのも私の仕事?にしました。とにかく妻をねぎらい、慈しみたかったのです。


リビングに戻ってまたソファーに二人並んで座ります。

「ホントよくやってくれたよ郁子、ありがとう。工藤くん喜んでたって言うけど、俺もだよ、ありがとう」

「そんな言い方しないでよぉ、恥ずかしいったら。妻が他の男性とエッチしてありがとうって変だよー」

「だけど俺の素直な気持ちなんだよ。それで余計に郁子のことが好きになるんだ、ますます愛してるよ」

「なんかパパの顔とか態度とか、そういうパパの気持ち通じて来るんだけど、やっぱパパって変態だよねー」

「認める、認めるよ。俺は常識外れた変態だよ。結局、封印出来なかったんだ」

「でも今日でわたしも変態の仲間入りなんだネ。なんか工藤くんが可哀想になって来るなぁ」

「そうかもだけど、これからも工藤くん大事にしてやんなよ。またスグ家に呼んだげればイイじゃないか」

「でもさぁ、8月になったら奈央子(娘)帰って来るからネ、呼べないよぉー」

「あ!そうだったな!忘れてたなー。それじゃ工藤くん家に行くとかさ、なっ!」

「なっ、じゃないって。奈央子が居る間はダメだよ。分かっちゃったらマズいしね。女の勘って怖いのよ」

「えぇー、それじゃ工藤くん可哀想だろ、ていうかムリだろ、1ヶ月も我慢出来ないだろ工藤くん」

「でもしょうがないよ。奈央子と色んなトコ行こうって約束してるし、もし万が一バレたり疑われたら・・・」

「でも、その事まだ工藤くんは知らないんだろ?明日にでも会いたい!って感じになってると思うぜ」

「うーん、今日か明日にでも言うけど・・・。」


私の心配はまさに「案の定」でした。

翌日、ラインでその事を工藤くんに伝えると工藤くん、周章狼狽してラインはもどかしかったのでしょう。

電話をして来て「1ヶ月も会えないのは耐えられない。なんとかならないのか?是非とも考え直して欲しい」

泣くように訴えたのだそうです。そりゃそうです。SEX覚えたての健康な青年が我慢出来る訳がないですよね。

「なぁ郁子、やっぱり工藤くん可哀想だよ。それにやっぱムリだって。なんとかしてやれよ」

「えー!?パパの立場でそれ言うかぁ?逆にパパに責任とってほしいくらいだよ。パパが言って聞かせてよ」

「でもさ、郁子はまた工藤くんに会いたい、またエッチしたい、とは思わないのかな?」

「うーん、それは正直言って思うよ。会いたいなぁとは思うし、会ったらやっぱりエッチになるよネ」

「奈央子だって何もベッタリ家に居るわけでもないだろ?友達と出かけたりするだろうし、たとえば友達ん家に

 泊まりに行ったり旅行に行ったりしないかな?その時に工藤くんに会えばイイんじゃないか?」

「あのねー!奈央子にバレる心配ってネ、わたしはパパを心配してるんだからネ!パパ知らん顔してられるの?
 
 今のまんま明からさまな態度になってたら絶対に奈央子は気が付くからネ!」

「アッチャー!そうかぁ、俺かー!そう言われたら自信ないなぁ」

まさに一から十まで妻の言う通りです。娘の居る前で興奮しまくってたらアホ丸出しです。

「よし分かった。俺から工藤くんに連絡して説得するよ。任せといてくれ」

そうです。今回の「寝取られ」を仕組んだのは私ですから、工藤くんに言って聞かせる責任があるでしょう。

メールではありましたが、夏休みで8月になったら娘が帰って来る事。妻と娘が一緒に行動する日が多い事。

よしんば娘が何処かへ出かけて工藤くんと妻が会う時間が出来たとしても、夫である私の態度が変になってしま

って、結局娘に不審感を持たせてしまう。工藤くんと妻が相思相愛であることは絶対に娘に知られてはいけない

ことは工藤くんも分かってくれると思う。なので夏休みが終わるまでは妻と会うのは我慢して貰う。辛いかも知

れないが宜しく頼みます、という趣旨の連絡を入れたのです。

工藤くんは素直に「分かりました。それでは僕も夏休みは実家に帰ります。夏休みが終わったらまたよろしく

 お願いします」と返事を寄越しました。これを見て妻も安堵したようでした、その時は・・・。

ところがこれは後で聞いたのですが、それからの工藤くんから妻へのラインの数が異常な状態になったのです。

「スミタニさんから自粛せよ、みたいなメールが来たけど郁子さんから直接聞きたかった」から始まって、それ

からは毎日何本のラインが来るのかビックリするほどだったそうです。

家にいてもスポーツクラブに居ても関係なしでしたが、娘が居る時のラインにはさすがに閉口したようです。


そして当然の結果、娘が泊まりで出かけた日、私には内緒で二人は二度会っていたのです。

私が知った上で会えば間違いなく娘に違和感を感じさせてしまう。ならば私が知らなければ大丈夫じゃないか。

二人がそう考えたのは当然過ぎるほどの必然だったのです。

もちろんその事を知ったのは暫く後、夏休みが終わって娘も東京に戻って「さぁ、工藤くんに会って来なよ」

と私が言った時でした。「あのぉ、パパに黙ってて悪かったんだけど・・・、実は2回会ったんだよネ」と妻が

白状したのです。私は激した感情を抑えるのに必死にならねばなりませんでした。それほど腹が立ったのです。

「郁子、それはルール違反だよな。確かに工藤くんと付き合うように言ったのは俺だよ。そういうふうに工藤く

 んを仕向けていったのも俺だよ。だけど黙って会うのはどうなのかな?内緒ってどうなのかな?」

なるべく落ち着いて、大きな声にはならないように、冷静に言ったつもりだったのですが。

「パパごめんなさい。そんなに怒らないで。そんな怖い顔しないでお願い」気丈な妻が震えておりました。

これも後で聞いたのですが「あの時のパパは怖かった。あんな怖い顔見たことなかったし、冷静に話してるその

 話し方っていうか、とにかくメチャクチャ怒ってるのが分かって本当に怖かった」のだそうです。

確かにそうでした。この事を聞くまでは私は本当に心から工藤くんに済まないと思っておりましたし、同情もし

ておりました。1ヶ月も会えないのは「蛇の生殺し」以外の何物でもない。なんとかしなければ2人に申し訳な

い。お人好しにも私は何とかしようとして、時々妻に2人のデートを提案したりしていたのです。

ところが見事に騙されていたのです。正直に申し上げてまさに「怒髪天を突く」という状態でした。

怒るな、怒るな、冷静に、冷静に。思えば思うほどますます気持ちがどんよりと黒ずんでいくのです。

2人が私に内緒で会っていたのは確かにルール違反かも知れません。しかしそもそも、そのルールとは何なので

しょうか?工藤くんは「寝取られ」とか「夫公認浮気」の学習をしたことあるのか?ある訳ないですよね。

ではそれを私はちゃんと教え、教育したのか?それも別にしてません。只々、妻のことが好きで、会いたくて、

ヤリたくて、そして妻も工藤くんのことが好きですから会ってしまった、という自然な発露なのでしょう。

そもそも夫はこうなる事を願っていたのだ、事後承諾でも問題ないだろうと考えたのは無理もないのでしょう。

しかしなのです!寝取られ夫はそうじゃないんです!すべてを知ってなければ私の言う「寝取られ」じゃないん

です。私の言う「貸し出し」じゃないんです。私は間違っているのでしょうか?


「いや、ちょっと腹立ったけど、イイよ。こっちこそ悪かった。しょうがないよ。気にすんなよ」

私は敢えて許しました。しかし怒りは決して1ミリも収まってはいません。黒ずんだ陰謀が芽吹きました。

それから私は何事もなかったように、すべてを水に流した優しい夫に戻って振る舞いました。

9月の半ばだったでしょうか、食事会を再開しました。当然、その夜妻は工藤くんが独占します。

私はやはり変わらずに、覗きに行くこともせず一人悶々と階下の部屋でオナニーに耽るのみです。

10月になると食事会だけでは足りず、妻が工藤くんの部屋に泊まりに行くようにもなりました。

二泊三日になった時もありました。相変わらず妻は詳しいことを話そうとはしません。

どんな風にされたのか?どんな風にしたのか?恥ずかしいのかなんなのか、ほとんど語ろうとはしないのです。

それにです、工藤くんの私に対する接し方が微妙に変化して来ます。妻とのデートの報告をして来ないのです。

もちろんセックスの詳しいリポートまでは期待しておりませんでしたが、それにしてもデートの約束が決まった

報告もありませんし、デート後の報告もなくなりました。私が何か探りのメールを送りますと、形式的な返事が

返って来るだけで明らかに私から距離を置くようになりました。

そんな時でした。ある日のセックスの最中妻が「あのね、工藤くんがネ、パパとエッチしないでって言うの」

「ハッ?なんだって?」

「僕は年が明けて3月になったら新潟に帰ります。それまでは僕だけの郁子さんになって下さいって言うの」

なるほどなーって思いました。独占欲がそういうふうに出て来たかー、と少々驚きました。

「じゃあどうする?俺とは3月まではしないでおく?」

「えぇ?でもそれでパパ大丈夫?ムリでしょ?浮気しちゃダメなんだよ」

何ということでしょう?妻は私としなくても大丈夫だということじゃないですか!

何故かこの提案には納得が出来ませんでした。被虐属性が刺激されることはなかったということでしょうネ。

それどころか腹が立ちました。セックスの詳しいリポートもなく、映像も画像もない。その上これかよ!?

芽吹いていた黒ずんだ陰謀がまたまた蠢き出すのです。

「もう純愛は認められない。残念ながら郁子を独占させることは許されない。何故なら俺は寝取られ夫なのだ。

 そういう夫婦に純愛は不要なのだ。色んな男性と交わってこそ寝取られ願望は完遂するのだ」

新たな作戦、新たな行動がスタートしたのは11月、紅葉が美しい盛りでありました。


                                           つづく


[55] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  ひで :2021/11/07 (日) 16:21 ID:3yKeErdg No.29517
シゲルさん、こんにちは(/ー ̄;)
サイトを開くときっと今か今かと催促するようなコメントをしてしまいそうな自分がいて、しばらく読まずにおりました。案の定読み始めると続きを読み進めてしまった自分がいます(((^^;)
激しい描写はないものの興奮が治まりません。
続き…楽しみにしています(*´σー`)


[56] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/11/08 (月) 00:33 ID:/YuZmHSM No.29520
更新ありがとうございます。
いや〜ご主人のお気持ちは死ぬほどわかりますね、画像も映像も音声も無いでは本当にしんどいですよね。
しかも彼も奥様も、興奮させてくれる説明も報告もロクに無いでは、こちらからしたら何の為の寝取らせ 寝取られ なのかわからない状態ですものね。
だからこそ、これからのご主人の活躍に期待してこれからも読ませていただきます。


[57] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/11/08 (月) 07:32 ID:2GU4AiuA No.29522
更新ありがとうございます。私も同感です。なんかご主人だけ疎外で、損した感じになってます。ひどいですね。奥様は変わりましたね。罪悪感無さそうで、がっかりしました。ご主人、次の計画お願い致します!

[58] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/11/14 (日) 09:31 ID:/Ko4np1U No.29551

ひで様
御無沙汰しております。
わざわざのコメントありがとうございます。
優しい御配慮に恐縮頻りです。
激しい描写もしたいのですが、なにしろ実際に見てないものですから・・・。
少々バタバタしておりましてサイトを開く事も1週間振りでございます。
しかし、これからも頑張ります。駄作とのお付き合い宜しくお願いいたします。


[59] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/11/14 (日) 09:35 ID:/Ko4np1U No.29552

田中様
いつも有難うございます。
私の気持ちを御理解いただき嬉しいです。
工藤くんからも妻からもその時の報告がないのはキツかったです。
冷静に考えたらそれが普通なのかも知れませんが・・・。
田中様の奥様は報告してくれたのでしょうね。羨ましいです。
これからもよろしくお願い致します。


[60] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/11/14 (日) 09:41 ID:/Ko4np1U No.29553

けんけん様
がっかりさせてしまいましてスミマセン!
もちろん私もがっかり、そしてイライラでございました。
仰る通り妻の変わりようには驚いておりました。
しかし、貞淑と思っていた妻にも内在していた淫蕩な部分を発掘したのは、
やはり夫である私なのですからまさに自業自得ですね。
これからもよろしくお願いいたします。


[61] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/11/16 (火) 15:32 ID:58H7q6qA No.29558
「パパ抱いて。ねっ、しよ。パパとしたい」

「なんで?工藤くんが新潟に帰るまで俺とはしないんじゃないの?」

そうなのです。10月の中頃でしたか工藤くんが「旦那とエッチしないで」と妻に頼んだと聞いてから、私は妻

に一度も求めていなかったのです。意地になっていたのも確かです。腹が立って拗ねていたのも確かでしょう。

しかし一番の理由は興奮しなくなっていたからなのです。妻が工藤くんに抱かれて帰って来た直後でも・・・。

そうなってしまってからもう1ヶ月になります。その間も別に喧嘩した訳でもなく普通の生活をしていました。

ベッドも共にしておりましたしね。逆にそんな「普通」に妻は堪え切れなくなったのかも知れません。

「そんな意地悪言わないでよ。やっぱりパパ怒ってるんだね。内緒で工藤くんに会ってたの怒ってるんだね」

「そんなことないよ。それからだって郁子が工藤くんに会うのダメとか言ったことないだろ?」

「ウソだ!パパあれからゼンゼン優しくなくなったもん。それまでは工藤くんと会って帰って来たらすごく優し

 くしてくれたし、興奮してエッチもすごく良くなったし。それに工藤くんとそうなってからは普通の時間でも

 パパすごく優しくしてくれたし、いつもニコニコして超ご機嫌だったじゃん。次はいつ会うの?とか聞いて来

 て楽しみにしてくれてたし、私が工藤くん家行っててお家に居ない間にお掃除とか洗濯とかめちゃくちゃ協力

 的だったじゃない。 それが内緒で会ってたって分かってからまるで手のひらを返したみたいになっちゃっ

 た・・・。」

妻の言う通りでした。なにしろ二人がそうなるように仕組んだ張本人は私ですし、いきなり交際をストップさせ

る気にはならなかったのですが(無理やりストップしても内緒で続けられたでしょうし)、さーっと潮が引くよ

うに興奮と言うか情熱のようなものが消え失せてしまったのです。

「自分では自覚してないけどね、それに郁子や工藤くんが理解出来ないのもしょうがないんだけど、こういう事

 って3人の中に秘密とか内緒があっちゃダメなんだよ。郁子は飽くまでも俺の妻、俺のモノなんだよ。その大

 切な奥さんである郁子を、工藤くんがイイ奴だし、郁子も彼のこと好きみたいだったから、特別に付き合うの

 を公認した訳ね。だけどそれは俺自身の寝取られ願望あらばこそなんだよ。じゃなかったらオカシイだろ?

 なんで自分の嫁さんが浮気して喜んでんだよ。そういう俺の性癖なんだよ。全部知ってなきゃダメなんだよ。

 次のデートはどんな風に相談して決めたのか?どんな段取りで待ち合わせたのか?どんな店に行ったのか?

 どんな風に話をして、何処へ行ってセックスをしたのか?工藤くんの部屋ばっかなのか?そしてどんな風に抱
 
 かれたのか?どんな風に抱いたのか?掻い摘んででもイイから聞かせて欲しいんだよ。共有したいんだよ。

 だけどお前たち2人とも何にも俺に言わないじゃないか。工藤くんなんて俺のこと避けだしてるぜ。郁子に聞

 いたって恥ずかしがってなのか、なんなのか、何にも教えてくんないじゃん。」

「・・・。」妻は黙って聞いています。寝室の常夜灯が点いているだけで仄暗く、妻の表情は見えません。

「そりゃぁさ、そういう性癖を最初に説明してた訳じゃないからな。ましてや工藤くんにはそんなこと言えない

 し、だから内緒で会ったのも責められないし、何も聞かせてもらえないのもしょうがないだろうし、そう、

 俺の自業自得だし・・・。でもこの性癖って奴はどうしようもなくてさ、興奮出来なくなっちゃったんだよ。

 郁子が工藤くんに会うのを喜べなくなっちゃったんだよ。」

しばらく沈黙だけが流れていました。妻が身体を横に向けて腕を私の腕に絡み付けます。

「パパちゃんと自覚してるじゃん、自分の性癖」

「してるさ、してるからこそ仕方なしにお前が工藤くんと付き合うの邪魔したりしてないだろ?」

「うん、うーん、だけどこんなんじゃイヤだ。こんなんじゃ意味がないよ。言ったでしょ?私も変態の仲間入り

 しちゃったって。パパが喜んでくんなきゃ、パパが興奮してくんなきゃ意味がないよ。」

「だけどお前、今まで工藤くんと楽しく付き合ってんじゃん。セックスもどんどん良くなってんじゃないの?」

「そんな・・・。そりゃぁね、最初のうちは新鮮で、ワクワクして気持ちも良かったよ。パパ以外の人のエッチ

 なんて経験したことなかったから、その違いにも驚いてたし。工藤くん好きだしね。それにそのあとパパがす

 ごく喜んでくれるし、すごく優しくしてくれるし、それがわたしもすごく楽しみで幸せだったの。

 でも最近はパパご機嫌斜めになっちゃったから悲しくって・・・。工藤くんが一生懸命に求めてくれるのが嬉

 しくって可愛くて、パパがご機嫌斜めなのがズッと気にはなってても工藤くん断れなくて今まで来たけどね」

少し話が逸れてしまうのですが、この時に私はふと気付いた事があります。それはセックス絡みのこういう会話

になる時、妻に明らかな「M性」が兆して来ることです。以前もそうでした。妻が「下手に出てくる」のです。

日常の妻にそういう面は見られないのです。友人などには「スミタニん家はかかあ天下だ」と言われますし、

私自身も自分が妻の尻に敷かれている事が嬉しかったりするのです。明るくて元気でチャキチャキの江戸っ子で

そしてかかあ天下、これが妻・郁子の不動のキャラクターなのです。私がご機嫌斜めで悲しいとか、怒ってるん

じゃないかとか気に病むとか、そんなことはないはずなのです。私はそこに乗じてみようと思いました。

「心配させて悪かったね。でも工藤くんにはこの性癖は理解出来ないよ。それには彼は真面目過ぎるし、それに
 
 郁子を愛し過ぎてるよ。要するに普通なんだよな、だから郁子を独占したくてしょうがなくなるんだな。

 そんな彼をこれ以上巻き込むのは可哀想だしさ、徐々に距離を開けて行った方がイイんじゃないか?」

「そうだよね、わたしを求めてくれるのは嬉しいんだけど、会うとベッタリになっちゃって勉強とかゼンゼンし

 なくなっちゃってると思う・・・。」

「ベッタリやりまくってるってこと?」

「バカ!そこ突っ込まないの!」

「でもそうなんだろ?」

「・・・うん、まぁそうなんだけど・・・。イイ加減にしとかないと2月になったら獣医師の国家試験もあるん

 だよね。獣医学科に6年行ってたからって自動的に資格が取れるんじゃなくて、ちゃんと油断しないで勉強し

 とかないと工藤くんの学校でも毎年受験する人の10%は落ちてるんだって」

「うーん、まぁ彼は真面目だし、普通にしてれば大丈夫なんだろうけどなぁ」

「それが普通じゃないから困るの。もう新潟で勤める動物病院も決まってるし、もし落ちちゃったらどうする?

 そんな事になったらわたしもイヤだもん」

「普通じゃないって、工藤くんそんなにヤリたがるの?」

「もうっ!そこじゃないでしょって!でも、確かにねぇ、1日一緒にいたらズッとしてる感じかもね・・・」

「それじゃぁ、どうだい?年末年始は奈央子(娘)が帰ってくるだろうし、その時期って勉強もヤマ場だろ?

 だからこんな付き合いは冬休みまでで終わりって言うことにしちゃえば、どう?」

「そうだよねー、そうすべきだよねー」

「それとも郁子、寂しくてムリ?工藤くん可哀想でムリ?」

「そこはパパが変わらずに優しくしてくれたらわたしは大丈夫だよ。でもわたしも言うけどパパも工藤くんに言

 ってくれる?」

「もちろん!この前、夏休みには会わないでくれって言って裏切られた分、今度は厳しく言うよ」

「ちょっと可哀想かもだけど、工藤くんのためには絶対そうすべきだもんね」

「うん、その代わりと言っちゃぁなんだけどさぁ、郁子の彼氏探そうと思うんだけど、ネットで。どう?」

「エーッ!ちょっと待って!どういうこと?彼氏?探すって?パパが?」

「2人でだよぉ。そういうサイトで募集すんだよ。郁子の顔は出さないでヌード写真付けてさ、募集すんだよ」

「ちょっとイヤだよぉー。てゆうか、話が飛躍し過ぎだってば」

「誤解しちゃダメだよ。誰でもイイんじゃないから。恐らくすごい数の応募があるとは思うんだけどさ、やっぱ

 冷やかしとかが多いとは思うんだよね。でもその中から余裕のある人ってゆうか、何度かメールで遣り取りが

 出来て、ガツガツしてなくて、郁子を大切にしてくれる紳士を探すんだよ、どう?」

「そんな・・・第一こんなおばさんに応募そんなに来ないよ。おっぱい小さいし、来年40歳だよ。ムリだよ」

「万が一気にいる人が見つからなかったらしょうがないって諦めるよ。一度募集してみようよ、イイだろ?」

「イイとか悪いとか・・・そんな問題じゃなくて、彼氏募集って、でもエッチ前提だよね?そんな人ばっかりが

 応募して来るんでしょ?この人って決めたら必ずエッチしなくちゃなんでしょ?」

「そうじゃないって。あくまでも郁子が好きになれそうな人と先ずはメール交換からスタートするんだよ。

 そんでもってメールの遣り取りで人柄がどうか?とかゆっくり判断して、もし良ければ会ってみて、そこでも

 し気に入ったらお付き合いスタートしてもイイし、会ってみて違うって思ったらそれっ切りで終わりだしね、

 そりゃぁさ、お互いに気に入って付き合う事になったら大人なんだからエッチにはなるよな。それでさ、その

 プロセスには必ず俺が見てるってことがキモなんだよ。特に一度会ってみようって事になったら俺も一緒に会

 うみたいな。メール交換も郁子とだけじゃなくて俺とも、みたいな!そうすれば郁子も安心だろ?1人で会う

 の怖いかもだからさ。なっ、そんな感じでさ、一度募集してみようよ。彼氏探そうよ、なっ!」

「なに?この展開・・・。そんな事になっちゃうの?パパはとにかくわたしと他の人とエッチさせたいんだね」

「そうなんだけど!でも誰とでもって言うんじゃないから!郁子にヤリマンになれって言ってるんじゃないよ!

 郁子が好きになれる人で、俺も好感持てる人で、しかもサイト募集だったら俺の性癖も理解してもらえるし、

 それに後腐れとかもないと思うんだよな。なっ!だからイイだろ?なっ!」

「どうせダメって言っても募集しちゃうんでしょ?てかパパ、おちん◯ん大きくなってるんだけど!」

「エヘヘ・・・久しぶりにしようか?めっちゃ興奮して来ちゃったよ」

「知らない!バカ!」

・・・とか言いながら、その夜のセックスはなかなかの盛り上がりでした。

「どう?郁子のここにまた違う人のち◯ぽ挿れてもらうんだぜ。何処の誰だか分からない人のち◯ぽ」

そんなことを言いながら妻最大の弱点であるクリトリスに舌を這わせます。もうそこはしとどに濡れ濡れです。

「アーッ、そんなこと言わないで、アーッ!ダメ!ダメェー!イクッ、イクッ!逝っちゃう!」

いつも感度のいいクリトリスですが、この日は史上最速の絶頂到達だったのではないでしょうか?

「郁子、俺のは短くてごめんな、工藤くんのは長いんだろ?奥まで届くんだろ?どうなんだ?」

「届く、届く、でもパパがイイの!パパが一番イイの!そんな言い方しないで!」

「ウソ言うなよ。ホントは工藤くんの長いち◯ぽ思い出してんだろ?突いて欲しいんだろ?」

「そんなことない!思い出してない!突いて!突いて!パパが突いて!もっと!もっと!」

「ムリ言うなよ、届かないよ。じゃあ新しい彼氏に突いてもらおうな。新しい彼氏欲しいだろ?なっ!」

「欲しい!欲しい!新しい人に突いてほしい!アッ、イク!イクゥー!!」


「妻の彼氏を募集させていただきます。

 当方♂44歳、自営業。♀39歳、専業主婦。大学生の子供一人の首都圏に住む夫婦です。

 妻のプロフィールは163cm、48kg。Cカップ。写真の通り細身で貧乳です。

 こういう募集は初めてですので、優しく、根気強く、ゆっくりとメール交換からお付き合い下さる紳士からの

 応募を心待ちにしております。

 正直申し上げて妻は他人棒経験がお一人だけ有ります。その方が故郷に帰られることが決まり、それをキッカ

 ケに今回妻を説得し、初めて募集させていただくことになりました。

 その方は妻の働く場所に居られた方で夫の私も知る人でした。2人のお付き合いはもちろん私も公認の上での

 ものでしたが、お相手の方が若い方だった事もあるでしょう、割り切って付き合っていただく事が難しくなり

 ましたのでお付き合いを中止させていただきました。

 その点、こういうサイトを通じて出逢える方は基本的なルール・マナーを熟知しておられると信じて妻を説得

 いたしました。

 地域や年齢は問いません。外見のみで判断するような失礼なこともいたしません。

 先ずはメール交換から互いを良く知り、その上でデートなどさせていただきつつ自然にカップル成立、という

 感じを理想として思い描いております。どうぞ経験未熟な愚妻を慮っていただきまして、御理解いただけるお

 優しい紳士の方の御応募を宜しくお願い申し上げます。」


時はもう師走の声を聞こうかという忙しない時期になっておりました。

しかし敢えて挑戦することにしたのです。二つのサイトに募集を掲載させていただきました。

顔の部分をカットした、妻がシャワーを浴びている全身を斜め前から撮っている写真も併せて添付しました。

「この募集を載せるのは工藤くんにちゃんとサヨナラしてからにして欲しい」という妻の希望がありましたので

12月にずれ込んでしまったのです。

先に妻が工藤くんに「もう会わない」と告げました。工藤くんはさすがに相当の抵抗をしたようです。

妻も決して工藤くんがイヤでそんな事を告げたわけではありませんから、スグに私にSOS を発出です。

「工藤くん!夏にも言ったよね。同じ事を何度も言わせるなよ!娘が帰って来るんだよ!今回は郁子にも厳重に

 言い聞かせたからもう諦めてくれ。俺のお願いを2人で無視して楽しみまくったよね、もう充分だろ!?

 違うかい!?もう2度と郁子に連絡しないでくれ!」メールではなく直電でした。工藤くんは返事も出来ない

 様子でした。少々かわいそうでしたが、恐らく何度かはこっそり会うんだろうと思っておりました。

 しかし何度会っても工藤くんの国家試験や帰省の事を思えばせいぜい年内いっぱいが限界でありましょう。

 それまではせいぜい妻の身体を味わい尽くしたとしてもまぁ、イイでしょう。

 もう既に次の作戦はスタートしているのですから。
                                       
                                        つづく


[62] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  田中 :2021/11/18 (木) 08:31 ID:RsT9Uu8g No.29564
更新ありがとうございます。
やっぱり童貞からのセックス漬けではサルにもなりますね、まあ若い時は他の事は考えられないでしょうから仕方ないですね。
ただ、奥様に関しては考えようによってはご主人にとって、今までの事はこれから有利に働くように思えますね。
他人棒を経験した事とご主人とのパワーバランスの変化は上手く使えそうですね
これからも楽しみにしています。


[63] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/11/21 (日) 08:38 ID:KxRkVz4c No.29568

田中様
いつもいつもコメントありがとうございます。
確かに工藤くんは完全にサル化していたようです。
でも私も初めての時からはサル化しましたもんね(笑)
それよりもなによりも妻の変わり様が驚きでした。なにしろメス猿化してたのですから。
それに新しい彼氏募集を嫌がらなかったのにも内心ビックリしておりました。
「これでわたしも変態の仲間入り」と言い放ったあの瞬間から、妻は明らかに変貌したようです。
フィナーレが近づいておりますが、これからもよろしくお願いいたします。


[64] Re: 妻・郁子 初めての寝取られ物語  けんけん :2021/11/21 (日) 18:55 ID:/wsrRfVo No.29569
更新ありがとうございました。工藤君は仕方ないですね。奥様がのめり込む前に切って良かったです。しかし、奥様は確実にステップアップしてますね。他人棒全然ウエルカムみたいですね。続きお待ちしてます。頑張ってください。

[65] 妻・郁子 初めての寝取られ物語  スミタニ シゲル :2021/11/24 (水) 16:36 ID:quYBcg4E No.29579
けんけん様 
いつもいつもコメントありがとうございます。
改めて自分の投稿読み直してみました。
仰るとおり他人棒ウエルカムに読めますよね。
実際には驚きと逡巡と抵抗がありまして・・・
「とりあえず募集を載せるだけは載せてみよう」と押し切ったという感じだったんです。
いやはや文章を書くとは難しいものです。申し訳ありません。



掲示板に戻る /戻る /全部読む /最新10 /削除依頼 /▲トップ
処理 記事No パスワード


お名前 *必須 *トリップ可
E-Mail
タイトル
コメント
パスワード (投稿文の削除や修正時に使用します。英数字で8文字以内)
文字色
  

・投稿前に、必ずTOPページの「初めに読んでね」をご覧いただき、全ての内容をご了承の上で投稿してください。
・氏名、住所、電話番号、勤務先等プライバシーが侵害されるような内容を含む記事等の投稿は厳禁です。(即時削除)
・日本の法律に違反するような投稿は厳禁です。(即時削除)
・他人を誹謗中傷する投稿は厳禁です。(即時削除)
・誹謗中傷には大人の良識に反するような「汚い言葉」等も当然含まれます。
・規約違反や違法な投稿を発見した場合に、レス投稿で攻撃することは厳禁です。(即時削除)
・規約違反や違法な投稿を発見した場合は、管理人宛に削除依頼等でご連絡ください。
・この掲示板は体験談や小説、エロエロ話等を楽しんでいただくための掲示板ですので、募集を目的とした投稿は厳禁です。(即時削除)
・投稿文冒頭から「メールをください」等の記載がある等、明らかに募集目的のみと思われる投稿も厳禁です。(即時削除)
・ただし、レスの流れの中でメールのやり取りをするのは全く問題ありません。
・ご夫婦、カップルの方に限り、交際BBSと組み合わせてご利用いただく場合は、全く問題ありませんのでドンドンご利用ください。
・なお、交際専用BBSにスレッドを作成できるのはご夫婦、カップルの方のみですのでご注意ください。
・お手数ですが、交際専用BBSと画像掲示板とを組み合わせてご利用いただく場合は、必ずその旨を明記してください。
 【例】「交際BBS(東・西)で募集している〇〇です」、または「募集板(東・西)の No.****** で募集している〇〇です」など。
・上記のような一文を入れていただきますと、管理人が間違ってスレッドを削除してしまうことが無くなります。
・万一、上記内容に違反するような投稿をされた場合は、妻と勃起した男達の各コーナーのご利用を制限させて頂きますでご注意ください。
・当サイトは安全で安心できる楽しい「大人のエロサイト」です。腹を立てるのではなく、楽しくチ●ポを勃ててくださいネ!