掲示板に戻る /戻る /全部 /1- /51- /101- /151- /最新10 /▼ラスト

満員御礼 m(__)m 超スゴイです!超感激です!超サプライズです!
爆発的大人気でこのスレッドは、なんとレス数が200を突破して満杯となってしまいました。
申し訳ありませんが新しいレスは書き込めませんので、続きは新しいスレッドでお願い致します。

寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3

[1] スレッドオーナー: ライフシェア :2021/07/15 (木) 12:57 ID:A8LNOrYs No.28959

「ハァハァハァハァハァ・・・」

『ドンドンドン、ドンドンドン!』
「うるさいっ!」
『ドンドンドン、ドンドンドン!』
「うるさいっ!
 今、何時だと思ってるのっ!
 いい迷惑だわ!
 したいんだったら、よそ行ってやりなさいっ!」
「・・・」
真由美さんの激しい息づかいに加えて、信也の耳に壁を叩く音と怒りの声が聞こえました。
「えっ???」
「あぁーっ、気持ちいいっ・・・
 ごめん、ごめん、大きな声出しちゃった。
 お隣さん、怒ってるみたい。」
「かなりで大きな声だったもん。」
「ごめん・・・」
「何時?」
「えっと、12時39分かな・・・」
「そりゃ、怒るよね。
 平日だし・・・
 もう、今夜は寝ましょうよ。」
「そっ、そんな・・・
 信也は出してないし・・・」
「フェラで出してもらいました!
 明日、起きたら、また、しよう・・・」
「・・・じゃ、そうする。」
真由美さんは名残惜しそうに言います。
「でも、抜かないでね。
 しばらくこのまま・・・信也のチ○ポ、入れたままで・・・」
「もちろん!」
信也は真由美さんの頭の下に右腕を入れて腕枕をとり、横向きに寝た真由美さんの背中側に添い寝をするように密着した後即位の姿勢になりました。
ちょうど背後から抱きかかえる格好です。
一旦、腰を引き、そして、腰を突き出すとオチ○ポはより奥に納まりました。
「ハァーンッ!」
「あはは、より奥に入った感じ・・・
 串刺し・・・
 離しません。
 ただし、大きな声を出したらダメですよ。」
真由美さんの口を手で覆います。
そして、その手を放し、両手でオッパイを摩ります。
やはり乳首ははち切れんばかりのビンビンです。
「ハァーッ、ハァーッ、ハァーッ、・・・」
「声出しちゃ、ダメだってっ!」
「はーい。」
腰は動かしませんが、そんな会話を交わしながら、今度は両乳首を弄びます。
「ダメッ、ダメだって・・・
 乳首はダメだって・・・
 感じちゃうから・・・
 ハァーンッ、ハァーンッ、ハァーンッ、・・・」
信也は乳首から手を放しました。
「大丈夫、それぐらいの喘ぎ声なら・・・」
「もうっ!
 こうしてるだけで身体が蕩けそう・・・
 こんな気持ちいいセックス、私、初めて・・・」
「ホントですか?
 リップサービスし過ぎ・・・」
「ホント、ホントよ。
 ずーっと、ずーっと、こうしていたい。
 アァ、気持ちいいっ・・・」
「よかった。」

しばらくすると「スーッ、スーッ、スーッ、・・・」と真由美さんの寝息が聞こえだしました。
信也は頭をもたげて真由美さんの寝顔を覗き込みます。
「気持ちよさそうな寝顔。
 イキ疲れたかな。
 もう1時過ぎか・・・
 真由美、おやすみ・・・」
東京から戻り、潤子へのお仕置きを一日先延ばしにして、真由美とのセックス・・・充実した今日一日の出来事を振り返っていると、信也も寝てしまいました。


[191] Re: 寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3  ライフシェア :2021/10/05 (火) 13:20 ID:ISw5QgnY No.29365

こまねち さん

銀座のお店は全く知らなかったです。
競馬で大儲けしたら、国産のラブドールを買うと心に誓って5年以上が経ちました(笑)
でも、10万円台なら買えそうでしょ!


[192] Re: 寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3  ライフシェア :2021/10/05 (火) 13:22 ID:ISw5QgnY No.29366

4月30日に『少し早くなりましたが、本日、発送しました』とのメールが届き、翌日の5月1日にFUMIEが大きな段ボール箱で届きました。
伝票には家具と書かれています。
配達員は丁寧に扱い、玄関に上り框にそろりと段ボール箱を置いてくれましたが、40キロ近くあって、信也は持ち上げることができません。
仕方なく、そこで横に倒して、段ボール箱を開きます。
毛布に包まれ、それを開くと、半透明のビニールに包まれた身体の肌色がうっすら見えました。
ドキドキしながら、抱きかかえ、箱から引きずるように出します。
かなり冷たいのですが、ビニールの上からでも柔らかいプルプル感はありました。
「寒かったかな、FUMIE。」
ビニールを外すと首から上のない女体が現れました。
「えっ?
 あっ、頭は装着式だったのか。
 あぁビックリした。」
信也は首から上のないFUMIEの脇の下に手を入れ、抱きかかえます。
肌の色は普通肌を選択しましたが、結構、色白で、ヒンヤリしてはいますが、想像以上のオッパイは大きく、かなり柔らかい肉感です。
5センチのダークブラウンの乳輪はかなりエロい雰囲気で、一体式の膣と薄いアンダーヘアを選択したオマ○コはパット見た感じ、本物と言ってもいいぐらいの精巧さでした。
「よかった。
 やっぱ、この色・・・乳首と陰唇は濃い色にしてよかった。
 メッチャ、エロい!
FUMIE、もうすぐだからね。
ちょっと、待ってね。」
一旦、床に置き、椅子を持ってきました。
「よいしょ、よいしょ、・・・
 もっちもちだね、FUMIE。
 じゃ、ちょっと、ここにえんこしててね。」
 とりあえず椅子に座らせます。
腕や足の関節は何となく押すとうまく曲がりました。
箱に残った頭部は、全体を覆う半透明のビニールを外すと、顔は怪我のサッカー選手するフェイスガードのような梱包材で保護されています。
それを外すと、ブラウン色のお目目ぱっちりの坊主頭のFUMIEとご対面でしたが、生首みたいで気味が悪く、とにかく身体への装着が先でした。
ここは失敗しないよう添付のマニュアルで確認します。
付属の手袋で作業することが注意書きにあったのでその白い手袋をしました。
ねじったりする必要はなくグッと差し込むだけでOKとのことです。
『カチッ!』
「よし、これでOK!
 ご挨拶はウィッグを付けてからね。
 もうちょっと待って!」
ウィッグは2つ同梱されていました。
色は同じナチュラルブラウン色で、長さはミディアムのナチュラルボブとナチュラルウルフでしたが、その2つを両手で持って、どちらにするか、見比べます。
かなり迷いましたが、結局、今日のところは、可愛いというよりはカッコよく見えるナチュラルウルフにしたのです。
ウィッグを付けると雰囲気が一変しました。
「FUMIE、初めまして!
 信也です。
 よろしくお願いします。」
軽く唇にキスをしました。
さすがに冷たく人肌とは明らかに違う感触ですが、不思議とそそられる色気があってオチ○ポはもうビンビンです。
椅子での座り方がしっくりしていなかったので、マニュアルで確認すると、詳しい図解による関節の曲げ方の説明があり、時間はかかりましたが、何とか違和感のない着座姿勢に落ち着きました。
マニュアルを見ながら、各部位を動かし、関節の使い方を頭にインプットします。
「なるほど、なるほど、よくできてる。
 概ね、理解できた。
 最初が肝心だもんね、FUMIE。」
両方の足首を持って一気に開脚M字にしようとしますが、さすがにこれは現時点ではむずかしく、結局、片足ずつ折り曲げて、オマ○コを確認できる姿勢にしたのでした。
「よいしょっと・・・
 開脚M字!
 FUMIE、ご開帳・・・」
よく見るとアンダーヘアと大陰唇に若干の不自然さがあります。
オマンコを開いてみるとクリトリスの剥け方、膣内の構造は、やはり本物との違いがあり、決定的なのはアナルでこれはイマイチでした。
「まぁ、でも、これだけ精巧にできてれば、文句はないです。
 オマ○コ一体型じゃなく、着脱式を選択する人の気持ちがわからない。
 しっかし、清潔感のない、身体のケアも怠るようなブス女よりは、FUMIEの方が絶対いい。
 あっ、ごめん、比較して・・・
 FUMIEは今日から私の大事な大事なパートナーだから・・・
 よろしくお願いします。」
見た感じでいえば、生身の女性でこれだけいい女とセックスしたことがないと思えるほどの美人です。
それが素っ裸の状態で、その姿はとっても刺激的でした。
そして、予め、ネットで購入しておいたネイビー色に大きな花の刺繍が施されたブラジャーとショーツを着せます。
ショーツは足元から入れて上に上げれば簡単でしたが、ブラジャーはなかなか思うがままにいきません。
悪戦苦闘の末、腕を万歳の格好にしてストラップを通し、何とか背中のホックを止めました。
そして、腕を下ろします。
「フーッ、いいじゃん!」
生身の女性がそこにいると間違えそうなぐらいの存在感です。
「うん、ネイビーがよく似合う。
 ぼやけた色より、赤、いやワインレッドの方がいいかな・・・
 黒とかハッキリした色がお似合いだね。
 FUMIE・・・
 これから、いろいろ買ってあげるからね。」


[193] Re: 寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3  こまねち :2021/10/06 (水) 12:14 ID:EB78vPeE No.29374
ライフシェア様
FUMIEを使った今後が展開が想像するだけで楽しみです。


[194] Re: 寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3  ライフシェア :2021/10/06 (水) 13:36 ID:5yoCKkSE No.29375

こまねち さん

FUMIEとの関係を楽しみにしていただき、ありがとうございます。
ラブドールって文句言わないし、必要なときにだけ登場すればいいし、パートナーの一つの形態と言えるかもしれません。


[195] Re: 寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3  ライフシェア :2021/10/06 (水) 13:39 ID:5yoCKkSE No.29376

壁にもたれかけるように立たせてみました。
しばらく眺めたあと、今度はオリーブ色のユニクロのクルーネックTワンピースを着せようとしますが、これもまた一苦労でした。
大きめのチャームのネックレスもつけるといい感じです。
「うーん、いい。
 よく似合うよ!
 あっ、でも・・・」
ブラジャーを着けたことを後悔します。
「いいや、やり直し・・・」
信也はクルーネックTワンピース脱がし、ブラジャーを外し、あらためてクルーネックTワンピースを着せました。
「うーん、これがいい!
 ノーブラだね、FUMIE!」
クルーネックTワンピースの胸にポチっと乳首の突起が出ています。
信也はニヤニヤしながら、Tワンピースの上から乳首を突いたり、Tワンピースの裾を捲って、ショーツを見るという行為を繰り返しました。
「えへへ・・・
 こういうの、してみたかったんだ!
 FUMIE、最高!
 すっごくセクシー!!!
 もう我慢できないよ。」
FUMIEの身体を折り曲げ、上半身をうつ伏せの格好でテーブルの上にのせ、ちょうど下半身を突き出すような姿勢にしました。
そして、信也は上から覆いかぶさります。
「あっ、FUMIE・・・冷たい。
 体温がないって、こういうことなんだ。
 じゃ、電気毛布で温めてあげる。」
信也はFUMIEを壁にもたれさせるように立たせ、せっかく着せたTワンピースを脱がせます。
そして、カウチソファに寝かせ、ショーツだけのFUMIEをメルカリで買った電気毛布で包み、スイッチを入れ、設定を強にし、さらに上から毛布を掛けました。
ネットで調べたところ、電気毛布の仕様に左右されるようで、数分だったり、1時間近くという情報もあって、一体どれぐらい掛かるのかわかりません。
とりあえず、オナホールウォーマーは5分ほどで温まるので後回しにします。
「何事も経験だからね。
 えっと、それから生はまずいから、コンドームを準備しなくっちゃ!」
10分経って確認したところ、電気毛布は十分に温まってましたが、FUMIEの肌はまだ少しヒンヤリした感じです。
30分ほど温めると肌はいい感じの温かさになりました。
ところが体温計を脇の下に挟んで測ってみると、31度です。
「えっ、メッチャ低い!」
脇の下に手を入れると、そこはヒンヤリしています。
「あっ、そうか、電気毛布が直接当たっていたところだけが温度が上がってるってことか・・・
 やり直し・・・」
今度は脇の下に限らず両腕、両足、股間をしっかり覆うように、追加10分ほど温めると脇の下の温度は35度まで上がりました。
「ヨシッ、OK!
 じゃ、オナホウォーマーを入れよう。」
付属の膣ウォーマーであるオナホウォーマーの電源はUSB接続でケーブルが短く、また、自動電源オフや恒温機能はなさそうで、いかにもオマケといった感じです。
「今日はいいとして、もっと、いいものを買わなくっちゃ。」
信也はオナホウォーマーにコンドームを被せ、自前のUSB用延長ケーブルをつないで、電気毛布で包まれたFUMIEの股間をそっと開き、そのオマ○コにゆっくり差し入れました。
「マニュアルによると5分ね。
 アレクサ、タイマー5分、お願い。」
「一番目、5分のタイマーを開始します。」
ほとんど抵抗なく奥まで入りましたが、残念なことが頭に浮かびました。
「あっ、しまった。
 突っ込んでしまった。
 これって、もしかして、FUMIEの処女を奪っちゃったんだよね?
 初めての貫通がオナホウォーマーって・・・ごめん、FUMIE!」
半起ち状態だったオチ○ポが萎えてしまいました。
しかし、FUMIEは変わらぬ笑顔で信也を見つめています。
「あぁ、その笑顔、癒される。
 ありがとう。
 そっ、そうだよね、そんなこと気にすることないよね。
 FUMIE、ありがとう。」
しばらくすると、タイマー通知時に設定したあいみょんの『マリーゴールド』が始まりました。
「アレクサ、タイマーストップ。」
「アレクサ、リラックスジャズかけて」
「Amazon musicのリラックスステーション、リラックスジャズを再生します。」
ちょうどサックスの何とも言えないムーディーなジャズ演奏が始まりました。
「ナイス、チョイス!」
信也はFUMIEの股間を弄ってオナホウォーマーを抜いて、横に置いてから、電気毛布を剥ぎ取ります。
萎えていたオチ○ポが一気に勃起状態になりました。
「FUMIE、とってもセクシー!
 今から、私とFUMIEの初めてのセックスだよ。
 痛くないようにするからね。」
そう言ってから、自分のオチ○ポにコンドームを被せました。
カウチソファで横たえていたFUMIEを座らせ、背中にクッションを2つ置いて腰をカウチソファの端まで前に引き出します。
そして、膝を曲げて、開脚M字にしました。
さすがに生身の女性のようにパックリとオマ○コが開くようなことはありませんが、オチ○ポを割れ目に当てがい、一気に身体を前に突き出しました。
『メリメリメリ・・・』
信也のオチ○ポはFUMIEのオマ○コに埋没します。
「アァーッ、入った。」
入口付近はかなり温度が高めで熱さを感じましたが、奥は方はヒンヤリしています。
「あぁ、これがFUMIEのオマ○コの感触なんだ。
 悪くない・・・
 いや、違う、とってもいい。」
そうは言ったものの、実際はオナホウォーマーでの温め方にムラがあったようで、イマイチだったと感じていたのです。
FUMIEの身体を抱くと、こっちはいい塩梅の体温の感触で、肌触りは生身の女性とは違いますが、このモチモチ感はサメ肌の女性、肌触りのイマイチの女性よりは明らかにいいのでした。
エロい色した大きな乳首を指で弄り、たまらず口に含みたくなりましたが、送られてきたままの状態でアルコール除菌もしていないことが頭に浮かび断念しました。
「まぁ、今日のところは仕方ない。
 初めてだから・・・
 どういう風に扱ったらいいか・・・
 これからもっともっと勉強するからね、FUMIE。」
信也は腰を振り出しました。
生身のオマ○コとは温度の感触に違和感がありましたが、感触は悪くありません。
締まりの悪いオマ○コよりは明らかにこっちの方が上と言えます。
久しぶりということもあって、すぐに射精感がやってきました。
一旦、腰を動かすのを止めます。
「ハァーッ、FUMIE、気持ちいいよ。
 いいオマ○コっ!
 FUMIE、ホント、来てくれてありがとう。
 大切にするから、これからもよろしくね。」
そう言うと、再び、腰を振ります。
上下左右、深く浅く、『の』の字を書いたり、小刻みに震わせたりと、信也はこれまでやってきた腰の動かし方をすべてFUMIEに試しました。
ただ、どんなにしても声を上げることはありません。
アレクサが奏でるリラックスジャズと信也のオチ○ポとFUMIEのオマ○コがぶつかり合う音だけが部屋に響き続けました。
「FUMIE、そろそろ出すよ!
 ウッ!」
『ビュンッ、ビュンッ、ビュンッ、・・・』
「アァーッ!
 久しぶり・・・」
信也はFUMIEの中で射精したのでした。

その後、amazonでスタンドタイプの液晶ディスプレイ、恒温機能、生活防水、紫外線滅菌機能付きという高機能オナホウォーマーを購入するとオマ○コの温感は一気によくなりました。
使い方にも慣れ、お口でのご奉仕、セックスも正常位、バック、側臥位と様々な体位もある程度可能になり、ランジェリーや洋服も10着以上に増えました。
新型コロナウイルス渦の中、安全で安心なセックスはFUMIEによってもたらされることになったのです。


[196] Re: 寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3  ツルキ :2021/10/07 (木) 09:18 ID:tlwBoalk No.29386
待機中の2週間が、待ちどうしいです 潤子、真由美さんとの絡みが(笑)

[197] Re: 寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3  こまねち :2021/10/07 (木) 14:13 ID:5.Zh0Mqs No.29388
ライフシェア様
FUMIEの処女をいきなり破ってしまいましたね!
さぞかしFUMIEの処女は気持ち良かったことでしょう!!


[198] Re: 寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3  ライフシェア :2021/10/07 (木) 21:30 ID:BG2va8OA No.29390

ツルキ さん

お待たせして申し訳ありません。
FUMIEの話はこれでお終いです。
その後、潤子さんとの逢瀬が始まるまでは唯一のパートナーでしたが、
潤子さんとの関係以降はクローゼットの中に仕舞われてしまいました。

潤子と真由美の絡みですが、申し訳ありません。
書いてはみたんですが、読み返すとどうも気に入りません<(_ _)>
ちょっと行き詰まってます。


[199] Re: 寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3  ライフシェア :2021/10/07 (木) 21:41 ID:BG2va8OA No.29391

こまねち さん

いつもありがとうございます。
FUMIEの感度は間違いなく初期の真由美さんより締まりもよく、いいオ○コです。
なお、信也が大阪に来たばかりの頃の話なので関西弁のオ○コではなくオマ○コです。

ちょうど、キリがいいところで行き詰りました。
申し訳ありません。
しばらくお休みさせてください。


[200] Re: 寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3  ライフシェア :2021/10/07 (木) 21:42 ID:BG2va8OA No.29392

『寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った3』をご愛読いただき、また、数々のコメントもいただきありがとうございました。
ここまで来れたのはみなさんのおかげです。
感謝です。


真由美さんは2週間の自宅待機となりました。
そして、その真由美さんの新型コロナウイルス陽性者との濃厚接触に端を発し、信也もしばらくの間、自宅で大人しくすることになったのです。


私、ライフシェアは、新型コロナウイルスの濃厚接触による自宅待機ではありませんが、10月17日に宅建試験があり、いろいろ考えた結果、それが終了するまでしばらくお休みさせていただくこととしました。
続きが行き詰ったのは『勉強しなさい』という神の声、運命なんだと思ってやってください<(_ _)>

10月17日以降に『寝取られテラス_新型コロナウイルスが壁を破った4』を立ち上げますので、また、よろしくお願いします。



このスレッドはレス数が200を超えましたので書き込めません。
掲示板に戻る /戻る /全部読む /前10 /最新10 /削除依頼 /▲トップ
処理 記事No パスワード