掲示板に戻る /戻る /全部 /1- /51- /最新10 /▼ラスト

義父 耕作

[1] スレッドオーナー: ふみ :2018/12/24 (月) 02:53 ID:5rhGXt5o No.26492
{あふっ・・んふっ・・・ん・・・}

そそり立つ極太の肉棒に丁寧に舌を這わせる・・
根元からゆっくりと丁寧に舐め上げて、
大きな傘を舐めまわすようにしながら大きく口を開いて
頬張っていく・・・・

「むぅぅ・・・」
仁王立ちする男から、声が漏れて・・
その声に応えるようにスロートを始めていく・・
ゆっくりと奥まで咥え込み、ゆっくりと戻り・・
あまりの太さに薄い唇は捲れ上がるように卑猥な形に歪む・・
「ん・・・んんっ・・・・」

目を閉じ、再び頬張ると、今度は激しく・・
「んっ・・んっ・・んっ・・んっ・・」
舌で滑りを良くしながらピッチを早めていく・・
「ん・・んんっ・・・ん・・ん・・ん・・ん・・・んっ・・・」

「むぅ・・・っ・・・」
低く太いうめき声が響くと、
「ブチュッ・・・」という音と同時に口から抜かれて・・
「ビュッ・・・」という音を響かせながら白濁液が美しい顔に撒き散らされて・・・
「ぁ・・・・・」
目を閉じたまま、小さな喘ぎ声を出して・・・


ハッと目が覚める・・
夢・・か・・・
また淫夢で目が覚めてしまった
朝5時半、朝の光で明るく照らされる部屋・・
隣では、まだ幼い息子が寝息を立てている・・
起こさないようにそっと立ち上がると、タンスから白いショーツを取り出し
湿ってしまったものと履き替えて、上は揃いのブラを着けて、
Tシャツを着て、鏡の前で溜息をつく・・・

杉本香苗35歳 1年前未亡人になってしまい
借金と幼い息子を抱えて一人になってしまった・・
途方に暮れているところに手を差し伸べてくれたのが義父の耕作58歳
義父も早くに連れ合いを亡くして田舎で一人暮らしをしていた
都会を離れて義父との生活が始まり、最初は慣れない田舎生活と気持ちの整理に
苦労をしていたが、だんだんと生活にも慣れて、気持ちの余裕も生まれてきていた・・
息子も幼稚園に通いだし、義父も孫の世話を嬉しそうにしてくれて・・
生活にも余裕が出てくると、忘れかけていた性への欲求が生まれるようになり・・・

35歳・・女盛りの年齢である・・・
精神的に安定してくるのとは裏腹に、身体の疼きは止めようがなくなり・・
身近な義父に「男」を意識してしまうくらいにまで・・・
実際、耕作はまだ50代、広い農地でいろいろな野菜を育てている生産農家
一人で切り盛りをし、まだ現役バリバリだった・・
日焼けした精悍な顔つき、畑仕事で筋力のついた引き締まった身体・・
とても50代後半とは思えない身体つきをしていた・・
そんな男くささ溢れる男がすぐ近くにいる状況に
女盛りの身体が疼いてしまうのも無理もなかったが、理性がかろうじて最後の一線を
守っていた状況だった

そんな春のある日、息子の幼稚園の入園式を終えて、義父と3人のお祝いを済ませると
いつものように息子を寝かしつけ、義父に挨拶し布団の中へ・・・
いけない・・とは思いつつも疼く身体を慰めるのが日課のようになってしまっていた香苗
ピンクのショーツに手を滑り込ませると、86のDカップの胸を揉みしだきながら
声を殺して、快感をむさぼっていく・・・
「ぁ・・・・ぁん・・・」
恥ずかしいくらいに濡れそぼる秘部のコリっとした突起を弾くと思わず声が漏れる・・
「ん・・・っく・・」
軽く身体をビクつかせて小さくイってしまう敏感さ・・・
「ふ・・・ぅ・・・・」
ため息を吐くと、襲ってきた睡魔に耐え切れなく・・・

身体に重量感を感じ、目が覚めると、暗い部屋に浮かぶ人影が・・
「ひっ・・・・」
声が出そうになると、いきなり口を塞がれて・・
「しっ・・・静かにしてくれ、香苗さん・・」
義父だ・・義父が私に覆い被さるようにしてゴツゴツとした手で口を塞いでいた・・
恐怖で怯えた目で見つめていると、小さな声で・・
「すまん・・香苗さん・・少し、少しでいいんだ・・」
パジャマのズボンは脱がされていて、ショーツも片足脱がされ左足に引っかかっていた・・
「少しだけでいいんだ・・感触を・・感触を確かめさせてくれ・・」
そういうと、秘部に当たる硬いものの頭が、ズっと入り込んでくる・・
「ん・・んん・・」
塞がれた口から声を出そうとするが、大きな手に塞がれて・・
「文也が起きてしまう・・静かに・・頼む・・」
そういうと、ゆっくりと・・それが入ってきて・・
「ぐっ・・・」

ゆっくりと・・ズンっ・・ズンっ・・と入ってくる義父・・
「ん・・・っぐ・・」
味わったことがない圧迫感に思わず声が出る・・・
「ん・・ふっ・・・」
「ん・・むぅ・・・キツイ・・な・・」
ゆっくり・・確実に腰を沈めてくる義父・・
「ん・・ふっ・・・」
初めて味わう太さ・・久しぶりの硬さ・・それ以上来たら・・・
というところまで来てからゆっくりと引き抜かれていく・・
「っぐ・・・」
大きな傘のカリ首に擦られるように引き抜かれて、ビクビクと反応してしまう・・
そしてまたゆっくりと・・入ってきて・・・・
自分の愛液が初めての極太に絡みつくようにして奥まで導いているのがわかる・・

あああ、、だめ・・それ以上来たら・・・
と思った瞬間、いとも簡単にソコを突かれて・・・
「んぐっ・!・・・・」
ビクビクと身体を震わせて、電流が走るような感覚に・・

「イってしまったか・・すまんな、香苗さん・・」
ゆっくりと引き抜かれると、まだビクビクとしている私の耳元で
「よかったよ香苗さん・・すまないことをした・・忘れてくれ・・」
そう言って静かに部屋を出ていく義父・・・

しばらく震えが収まりませんでした・・
こんな逝き方は初めて・・・
あんなので・・突かれたら・・・
シーツは恥ずかしいくらいに濡れていました・・・


[76] Re: 義父 耕作  ふみ :2021/01/17 (日) 17:47 ID:RwaL99QM No.28219
「あ、、う、うん・・そ、外に・・・」
耳に息を吹きかけられ、仰け反りながら返事をする・・
ニットの上から両乳房を揉みしだいていた手は、
左手だけを残し、もう一方はショーツの上から・・・
(わっ・・すげえ湿ってる・・・)

「すげ、、香苗さん、、グショグショ・・」
「あんっ・・いやっ・・言わないで・・・・ぁ・・・」
たまらず、ショーツの中に手を滑り込ませてゆく・・
(わ・・すげっ・・・・」
ヌチャっとした感触が指に絡みついてくる・・
「あ、、ん・・・・」
ビクっと反応する香苗・・・
(だめだ・・我慢できねえ・・)

短パンとブリーフを一気に降ろすと、、
「つ、突き出してください・・」
興奮で声を震わせながら、息を荒くする・・
一瞬ビクっと反応した香苗が、言われたとおりに、
シンクに手をついて、尻を突き出すように・・・
「・・ふぅ・・・・・」
興奮でため息を吐きながら、臀部を覆っているピンクベージュのショーツに手を掛け・・
一気にずり降ろしていく・・・・
「ぁ・・・・ぁ・・・」
小さく吐息を漏らし、頭を下げるようにする香苗・・
肩幅ほどに開かれた脚の間に、ずり降ろされたショーツが引っかかっている・・
クロッチには大きなシミを作って・・・・

「フウ・・フウ・・・」
息を荒げながら、ガチガチに硬くなっている肉棒を握る・・・
自分でもびっくりするくらい太く、硬くなっている・・・
(すげえ・・な・・)
パンパンになっている亀頭のカリ首を、濡れそぼった濃いピンクに光る秘部にあてがう・・
ビクっと反応し、頭が一瞬持ち上がるが・・
「い、、入れます・・」
その声に、身構えるように頭を垂れる・・・
「・・んっ・・・・」
(ああ、、、温かい・・・・)
カリから亀頭全体がまずゆっくりと、挿入されていく・・・
ビクンッ・・と反応する香苗・・・
そのまま三分の一程度までゆっくりと進んでいくと、
それに反応するように香苗の頭が持ち上がってくる・・・
「ハ、、ア・・・・・」
吐息を漏らす香苗・・・

(ああ、、、すごい・・太い・・・)
(うわ・・気持ちいい・・)
柔肉と愛液に包まれて、快感が走る・・・
上から見下ろす白い臀部、ハート型を反対にしたような綺麗なライン・・
自然に細くくびれた腰のライン・・
(ああ、、すげ・・・)
ゴク・・・・
息を飲むと、その腰を両手で掴む・・・
そして、さらに奥へ・・・半分ほど挿入し・・・
「あ、、・・・・ハ・・ア・・・」
(ああ、、すっげ、気持ちいい・・・)

すごい快感だが、射精感は襲ってこない・・・
(よかった、、さっき抜いてもらったからだ・・・)
さっきの香苗のフェラチオを思い出す・・・
あの、丁寧なフェラ・・
乳首ビンビンにさせてたっけ・・
その人が今、バックで俺にハメられてる・・・
「フ・・ウ・・・・」
興奮しすぎて、息が苦しくなってくる・・・
(イカせたい・・・・)


[77] Re: 義父 耕作  ふみ :2021/01/17 (日) 23:02 ID:o1HBP3qk No.28220
(ああぁ・・・太い・・・)
ググっと、柔穴をこじ開けるように入ってくる・・・
「あ、、ぁ・・・・・」
顎を上げ、口を半開きにさせて、吐息を漏らす・・・

「あっ・・・あぅっ・・・・」
グッ・・また、奥に・・・
「ハァ・・・ァ・・・」
快感に、甘い吐息が漏れて・・・
(ああ・・・・いい・・・・)
腰を掴んでいる手に力が入ると、、
根元まで一気に入ってくる・・・・
「んっ!・・・・」
「ああぁっ!・・・・あぅっ・・・」
(ああ、、届いてる・・・・)

根元まで入れてみると、それに反応するように喘ぐ香苗さん・・
男の本能のスイッチが入る・・
根元まで刺したまま、ニットのセーターをめくりあげて・・・
上から覆いかぶさるようにして、乳房へ手を伸ばす・・
柔らかな乳房の先の乳首は、いい具合に硬くなっていた・・
「あっ・・・・ああっ・・・」
乳首を指で転がしながら、柔らかな乳房をわし掴む・・・
乳首を転がすたびに、香苗の身体がビクビクと震え・・
「あっ・・・いやっ・・ああっ・・・・」
顎を上げて叫ぶ香苗・・・

「突いてもいいですか・・」
喘ぐ耳元で、ぼそっと伝えると
両乳首を摘まみながら、腰を前後に動かす・・・
「あっ・・あああっ・・・・ダメッ・・・ああっ・・」
(感じてくれてる・・・)
身体を戻して、再度腰を掴むと、
尻に打ち付けるように動き出す・・・
「ああっ・・・いやっ・・・あああっ・・・」
パンパンパンパンッ・・・・
「あああっ・・・ダ・メッ・・ッグ・・・」
(あああ、すげえ・・・気持ちいい・・)
パンパンパンパンッ!・・・・
「ああぁっ・・・・ダメッ・・届いてるっ・・届いてるのぉっ・・・」
パンパンパンパンッ!!・・・
「あああっ!・・・・」
乳房に手を伸ばし、乳首を摘まむ・・・
「あああっ!・・・ダメッ・・そこ・・ああっ・・・・」
(ああ、、すげ・・熱いのが・・・)
太く硬い肉棒に絡みつくように愛液が溢れ出し、、
白い内ももを伝って、床に滴っていく・・・・
半分ほど引き抜くと、愛液がねっとりと絡みつき、糸を引いて垂れる・・・
(すっげ・・・・エロぃ・・・)

「あぅっ・・・・」
張り出すカリで柔肉を引っかかれ、思わずのけ反る香苗・・
「ハア・・・・・・・ハゥッ!・・・・・」
のけ反って息を吐き、整えようとした瞬間に再び入ってくる猛・・・
「あああっ・・・・いやっ・・・・」
パンパンパンパンッ
「ああぁっ・・・・ダメ・・・ああっ・・またっ・・」
パンパンパンパンッ
「あああっ・・・また、、来てるっ・・・すごい来てるぅっ・・・・」
パンパンパンパンッ
「あああっ!・・・来てるっ・・届いてるからっ・・ああっ!・・・」
(ああ、、すげ、、気持ちいい・・・)
パンパンパンパンッ
「ああっ・・・・待ってっ・・ダメっ・・いやっ・・あああっ!・・」
(ああ、イキそうだ・・・)
パンパンパンパンッ
「あああっ!!・・・ダメッ・・イクッ・・・イクからっ!・・ああっ・・」
「あああっ・・俺もイクッ・・ああああっ・・」
パンパンパンパンパンパンッ!!・・・・
「あああっ!!・・・・イっちゃうっ!・・・イクッ・・イクゥッ!!・・・・」
「あああっ・・・俺もっ・・・・ック!!・・」


[78] Re: 義父 耕作  塩人 :2021/01/18 (月) 07:38 ID:e0bTzdiE No.28221
更新楽しみに待っていました。
続きもまた楽しみにしてますので
宜しくお願いします!


[79] Re: 義父 耕作  ふみ :2021/01/22 (金) 00:55 ID:zSJobOF2 No.28239
「あああっ!・・イクッ!・・・」
顎を上げて弓反りになりながら叫ぶ・・・
「ああっ・・・・っく・・」
勢いよく柔穴から引き抜くと、愛液が絡みつきながら糸を引き・・
ビュンッ・・と勢いよく跳ね上がりながら、ビュンッ・・と白濁液が
先端から発射されて、白桃のような尻にぶちまけられていく・・・
激しい突きに堪えて少しピンク色に染まった尻は、精液を浴びながらブルブルと震え、
ピンッと伸ばされたその下の肉感的な太ももからスラっと伸びたふくらはぎは、
耐え切れなくなったように膝を閉じるようにして落ちていく・・・
「ハア・・ハア・・ハア・・ハア・・」

今日2度めの射精を香苗の臀部にぶちまけて、座り込む後ろ姿を上から見下ろす・・
男としての征服感、満足感、快感に浸りながら、大きくため息を吐く・・
「ふう・・・・・・」
座り込む香苗に寄り添うようにすると、、
「だ、大丈夫ですか?」
「ハア・・ハア・・・ハア・・・え、ええ・・・大丈夫・・・」
「た、立てますか?・・・」
「す、少し・・待って・・ハア・・ハア・・ハア・・・」
乱れた髪が頬に纏わりついてなにかエロく・・
目はうつろで、イッてしまった感がハンパない・・・
「ここだと汚れちゃうから、椅子に座りましょう・・」
「え、、、・キャッ・・やだっ・・」
尻を着いていた床は香苗の愛液と潮、猛の精液が飛び散っていて・・
「やだ・・ごめんなさい、、こんなに・・汚してしまって・・・」
「い、いや・・大丈夫です・・」
「あ、あとでちゃんと掃除しないと・・・ああ、、やだ・・もぅ・・・」
恥ずかしがりながらも、腰は抜けているようで、
やっとの思いで椅子に腰かける・・・
「ごめんなさい、、猛さん、お風呂・・・」
「そうですね、、入りましょうか・・・じゃ、掴まってください・・」
猛さんに掴まり、立ち上がると、フっと身体が浮いて・・・
お姫様だっこ・・・・
「キャッ・・・・ちょ、・・猛さんっ・・」
「この方が早いです・・・」

お姫様だっこで脱衣室で降ろされて、、
「立てますか?」
「大丈夫です・・・」
香苗はニット1枚の姿・・
猛は全裸・・・
「すごいカッコ・・・」
恥ずかし気に微笑みながらニットを脱ぎ全裸になり、浴室に入っていく・・
追いかけるようにしながら・・
「だ、大丈夫ですか?・・・」
「一緒に入りましょ・・・」
「あ、は、はい・・・・」

香苗がシャワーを取ると、猛と向かい合う・・・・
「熱くない?・・」
「大丈夫です・・」
褐色の厚い胸板・・・
割れた腹筋・・・
丸太のような腕・・・
筋肉質な太もも・・・
手を滑らせながら、お湯を充てていく・・
一旦力が抜け、下を向いてた肉棒は香苗に触れられることで、
ふたたび力が入る準備に入っている・・・
「貸してください・・」
シャワーを持ち替えると、今度は香苗の身体へ・・・
トロンとした眼差し・・
半開きにさせた唇・・・
背中からお尻にかけてシャワーをかけていくのを、
髪を後ろで束ねながらじっと待ち、
向かい合うと、猛の顔をじっと見つめる・・
猛がはにかんだような笑顔を見せると、、
「私が・・・」と、シャワーを持ち替える・・
猛のそこはもう力が漲ってきていた・・・

「ん・・・・」
唇を奪いにくる猛・・・
舌を絡め合う・・・
「ん・・んちゅ・・・・ん・・」
「ん・・・んはっ・・・んん・・・」
右手でシャワー、左手は硬くなった肉棒をやさしく握ってくる・・・
耳元で・・・
「したいです・・・」
「あのね・・・まだ、、中がジンジンしてるの・・」
「猛さん・・おっきいから・・・」

ググッと肉棒に力が入る・・・
「ぁ・・・すごい・・硬ったい・・・」
握っていた手に力が入り、ゆっくりと扱き出す・・
「ん・・・・んちゅ・・・・ん・・」
「ん・・・んちゅ・・・んはっ・・・・」


[80] Re: 義父 耕作  塩人 :2021/01/22 (金) 10:55 ID:5SVyBHfY No.28240
更新ありがとうございます。
日々チェックして楽しみに待っています。
今後、佐藤君参加の3Pなど想像しながら
続編期待してます!


[81] Re: 義父 耕作  みん太 :2021/03/22 (月) 06:14 ID:vSavM33M No.28553
続き、待ってますよ。
よろしくお願いしますm(_ _)m


[82] Re: 義父 耕作  みん太 :2021/04/27 (火) 05:41 ID:DCiPGfs6 No.28693
ふみ様
続きを首を長〜くして待ってますよ。


[83] Re: 義父 耕作  :2021/05/03 (月) 06:30 ID:ll/UNm4Q No.28712
続きを待っていたよ。

[84] Re: 義父 耕作  ヨゥです。 :2021/07/30 (金) 11:18 ID:ffkgnHLE No.29020
続きまってます。
カリ首なが〜くなってます。

[85] Re: 義父 耕作  塩人 :2021/08/14 (土) 15:29 ID:HV89AkIc No.29135
続き待っております。
何度読み返しても最高です!


[86] Re: 義父 耕作  ふみ :2021/12/14 (火) 18:00 ID:5IxS8TyU No.29619
大変ご無沙汰してしまいましたが、続けてみます。
よろしくお願いいたします。



「チュッ・・ん・・あのね・・まだ中がジンジンしてるの・・ん・・」
「だから・・もう少し、、ん・・チュッ・・待って・・・ん・・」
やわらかな手でガチガチの肉棒を愛撫されながら、舌を絡めあう・・
(ああ、、最高だ・・)
「・・んちゅ・・・」
糸を引きながら唇が離れると、トロンとした目で見上げながら微笑み、
そのまま厚い胸板に吸い付いてきてくれる・・・
「ん・・・・・」
乳首にキスをされると、チロチロと舌が這い出して・・・
舌先の向こうには、ピンっと尖った乳首が腹筋の辺りに触れて・・・
その先で左手がゆっくりと扱くように上下をしている・・・
(ああ、、すげ、、最高だ・・・)
仁王立ちする自分の身体を丁寧に愛撫する大人の女性・・
気持ちよくて、思わずため息がでてしまう・・・
「ふう・・・・・・・」

ため息に反応するように、乳首をペロンと舐め上げると、
トロンとした目で微笑みながら、浴槽の淵に腰掛けるよう促される・・
腰掛けたまま、またキスをして・・・
「ん・・・チュ・・・ん・・」
キスしながら、開いた足の間にひざまずき・・
トロンとしたいやらしい目で、はにかむように微笑むと、
いきり立つ肉棒の根元にキスをして・・・
「んっ・・・・んふっ・・・」
そのままゆっくりと亀頭の先端まで舐め上がって・・
開いた太ももに両手を付き、口だけで頬張ろうとした、その時・・

「ビッ、ビーーッ!・・」
突然車のクラクションが鳴り響く・・
「ビーーッ・・ビーーッ・・」

慌てて離れて、身体を手で覆う香苗・・
びっくりした顔で立ち上がり、窓の隙間から外を確認する猛・・
そこには軽バンのクラクションを鳴らす佐藤俊也の姿が・・
座り込んで固まっている香苗に、小声で・・
「さっき言った、友達の俊也です・・あいつ、なんで・・」
「ど、どうしましょう、、」
「と、とりあえず、オレがシャワー浴びてたってことで、あいつを2階に連れていくので、
そのすきに部屋へ逃げてください・・」
「わ、わかりました・・でも、大丈夫かしら・・」
「大丈夫です、、あいつ、悪い奴じゃないから」

脱衣所に干してあった生乾きのバスタオルで身体を急いで拭き、
そのまま下半身に巻いて玄関に出ていく猛・・
「あ、、わりぃ、わりぃ、来てたんだ・・シャワーしてて気が付かなかったよ・・」
「あ、やっぱお前か、シャワーの音がするけど、覗くわけにもいかんから‥と思って」
「ハハハ・・とりあえず服着るから2階行こう・・」
「え、、あ、ああ・・お邪魔しま〜す・・」
キョロキョロしながら上がり込み、階段を上がる・・・
服を着ていく猛には目もくれず、
「なあ、いないの?杉本さん・・」
「え、、あ、ああ、、自分の部屋じゃないかな・・」
「なんだ・・結構ドキドキしてたんだけど・・・」
「え?・・なんで?・・・」
「だって、、お前・・ノースリーブだろ?・・生で見れるんだぞ・・」
「生って・・・」
やば・・そういえば台所・・脱がせたまんまだ・・・あ、携帯も、あそこか・・
たしか、上は脱衣所だったな・・下だけ脱がせたんだった・・・
やばい、、もし、香苗さんがさっきと違う服着たら、ヘンに思われるかな・・
とりあえず携帯持ってこなきゃ・・・・

「それよりお前、来るなら連絡くれよな・・」
「したよ、LINEもしたし、電話も・・ぜんぜん出ないからさ、、それで直接来たんだよ・・」
そうだったんだ・・あの時に、ちょうど・・・
「そ、そうか、、わり・・シャワー中でわからなかったんだな・・・」
「長えシャワーだよ、、ったく・・・」
「ちょっと、携帯を下に置いてきちゃったから持ってくるよ、、待ってて・・」

台所に行くと、まだ片付けられてはなかった・・
脱ぎ捨てられていた自分の服と、香苗のショーツ、ズボンを持ち、
脱衣室の洗濯機に放り込む・・いろいろと飛び散っている床もその辺のタオルで
適当に拭きあげて、、すぐに香苗にLINEし、チェックをお願いし・・
それと、上はさっきの服を着るようにと一言添えて・・・

二人が2階に上がるのを確認してから、生乾きのバスタオルを身体に巻き、
ベージュのニットを持って部屋に戻ります・・
「ふう・・・・・」
あぶなかった・・・ほっと一息しますが、
すぐにキッチンのことなど思い出し、あわてて着替えます・・
外してあったピンクベージュのブラではなく。タンスからアイボリーのセットを出して着けなおします。上はさっきまで着ていた鶯色のノースリーブニット・・
下は・・仕方ないので、ブルーのスキニーに履き替えました・・
猛さんからLINEが・・・
「やだ・・・・」
思わず声を出してしまいますが・・・
「すみません、、ごめんなさい・・わかりました・・」と、返信します・・
そっとキッチンに向かうと、床を確認し、朝食の片づけをします・・
またLINEが届きます・・
「降りても大丈夫ですか?」
「大丈夫です。。」
「わかりました」
ドキドキしながら、洗い物を始めました・・・


[87] Re: 義父 耕作  HARUKA :2021/12/16 (木) 23:16 ID:uKTZ4ff. No.29626
再開していただきとてもうれしいです。

[88] Re: 義父 耕作  塩人 :2021/12/19 (日) 09:14 ID:DUTH/RQ. No.29632
もう投稿終わったと思ってましたが
再会ありがとうございます!
今後も楽しみにしております。


[89] Re: 義父 耕作  ふみ :2021/12/25 (土) 17:08 ID:VlWM2el. No.29654
「そういえば、お前なんで来たの?」
「え、、ああ、天気もイマイチだし、遊びついでにお前の畑でも見てやろうかと・・」
「それは助かるな、、あとあれだろ?、香苗さんにも会いたいんだろ?」
「ま、まあな、でもよく考えたら、会うのは初めてかも・・」
「え?・・集荷場で見てるんじゃ・・」
「見たことはあるけど、話はしとらん・・」
「なんだよ、、じゃあ、紹介とかしないとだめじゃん」
「ええ?・・なんか緊張するなあ・・」
「何言ってんだよ、、オナペットにしてるクセに・・」
「お前、それ絶対言うなよ。」
「言えるかよ、そんなこと・・」
「まあ、しばらくは集荷場にはこない方がいいって言っとかないと・・」
「組合長?」
「そうそう、あのジジイとんでもないからさ・・」
「そうなの?」
「とんでもねえセクハラジジイだよ」
「そうなんだ・・」
「まあ、そのへんはオレにまかせとけよ」
「悪いな、助かるよ、文也くんもいるし、、子供には迷惑かけないようにしないと・・」
「まかせろ、、で、でも、、なんか緊張するなあ・・」
「まあ、とにかくいろいろと世話になるからって、説明しておくから・・」
「お、おう・・・」
「下に人の気配があるからいるんじゃないかな・・降りよう、あと、畑も見てよ」
「わ、わかった・・・」

(やば、、緊張するなあ・・)
猛の後ろについて、階段を降り、リビングに向かうと、奥の台所に人の気配が・・
猛が呼びに行くと、水音が止まり、のれんをくぐって女性が現れる・・
(うわ・・香苗さんだ・・・)

さっきLINEで送られてきた薄い緑色のノースリーブ姿、
綺麗なバストの形が強調されていて、上を向くようになっている・・
ズボンはさっきの白ではなくブルーのデニム、
スリムタイプなので、綺麗に足首にかけてラインを作っている・・
髪も画像通りにアップにまとめている・・
顔は少し火照ったように頬を染めていて、薄めの唇が光っている・・
(すげ、、大人のフェロモンムンムンな感じ・・・)

「あ、は、はじめまして、、た、猛の友達の佐藤って言います、佐藤俊也です・・」
「あ、いつもお世話になっています、、杉本香苗と言います・・え、、と・・私・・」

(うわ・・いい声だなあ、、声だけでいけそう・・・)
「あ、香苗さん、こいつは杉本さんと仲がいいので、話がわかってるんですよ・・」
香苗に説明済の話をわざとらしく説明して・・・
「な、そうだよな、俊也・」
「あ、ああ、そ、そうだよ・・そうそう・・任せといて・・」
「すみません、、よろしくお願いします。。」
香苗が深々と頭を下げる・・
「はい、、集荷場とか組合のこととか、わからなかったら聞いてください・・」
「はい、、よろしくお願いします・・」
再度、頭を下げる香苗・・・
やわらかそうな生地のXネックのノースリーブの胸元から、
わずかに白い肌が覗いて、思わず凝視してしまう・・・
「い、いえ、、こちらこそ・・・」
頭を下げながら、胸元をチラ見する・・・
胸の谷間とやわらかな曲線がチラっと見えた・・
(やった!!・・)
心の中でガッツポーズをとる・・

「あの、香苗さん、お昼ご飯とか用意してもらっていいですか?」
「あ、はい・・どこか行かれるの?・・」
「ちょっと、畑に・・」
「わかりました・・いってらっしゃい・・」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「悪いね、これお願いするよ」
集荷場の事務所内、冷房の効いた事務所のカウンターに立つ耕作と
事務員の中山史恵54歳
「はい、あ、杉本さん、ご苦労様です・・」
ちょうど昼休みということもあり、事務所は史恵ひとりで対応していた。
「すまんね、昼休み中に・・」
「いえいえ、私、今日当番なので・・・」
170近い大柄な史恵がマスク越しに笑顔を見せる・・
(デカい女だな・・)
180pを超える耕作が見ても大柄に見える史恵だが、
この暑いのに、カーディガンを羽織っている・・
「大変ですね、杉本さん、まだ道って当分復旧しませんよね・・」
「ああ、まあ、仕方ない、けど、クルマを貸してもらえて助かるよ・・」
「お役にたててよかったですわ・・組合長から言われましたので・・」
「そうだったのか、、組合長が・・」
「まあ、おかげで出荷もできるし、買い物なんかも行かせてもらえるから、助かるよ」
「しばらく我慢ですね、、あ、ところでお孫さんとも離れ離れなんですよね・・・」
「ああ、まあ、仕方ない・・しばらくあっちで暮らしてもらうよ・・」
「寂しいですね・・早く治るといいんですけど・・・」
「うむ、、ところで、あんたのとこはどうなんだ?・・被害は?」
「あ、、はい、、実は、、屋根のどこかわからないんですけど、バタバタするようになってしまって・・」
「そらいかんな・・業者には言ったのか?」
「業者さんは今いそがしくて・・・・」
「そうか、、ワシでよければ見てやってもいいんだが・・・」
「本当ですか?・・助かります・・お願いしてもいいでしょうか・・」
「あ、ああ・・かまわんよ・・・」
「そしたら・・・」
周りをキョロキョロと確認すると、、スマホを取り出し・・
「あの、、電話・・番号を教えてください・・」
「すみません、、連絡させていただきますね・・・」


[90] Re: 義父 耕作  HARUKA :2021/12/26 (日) 07:00 ID:S/w615u6 No.29655
耕作にも新たな展開が・・・・・。楽しみです。


掲示板に戻る /戻る /全部読む /前10 /最新10 /削除依頼 /▲トップ
処理 記事No パスワード


お名前 *必須 *トリップ可
E-Mail
タイトル
コメント
パスワード (投稿文の削除や修正時に使用します。英数字で8文字以内)
文字色
  

・投稿前に、必ずTOPページの「初めに読んでね」をご覧いただき、全ての内容をご了承の上で投稿してください。
・氏名、住所、電話番号、勤務先等プライバシーが侵害されるような内容を含む記事等の投稿は厳禁です。(即時削除)
・日本の法律に違反するような投稿は厳禁です。(即時削除)
・他人を誹謗中傷する投稿は厳禁です。(即時削除)
・誹謗中傷には大人の良識に反するような「汚い言葉」等も当然含まれます。
・規約違反や違法な投稿を発見した場合に、レス投稿で攻撃することは厳禁です。(即時削除)
・規約違反や違法な投稿を発見した場合は、管理人宛に削除依頼等でご連絡ください。
・この掲示板は体験談や小説、エロエロ話等を楽しんでいただくための掲示板ですので、募集を目的とした投稿は厳禁です。(即時削除)
・投稿文冒頭から「メールをください」等の記載がある等、明らかに募集目的のみと思われる投稿も厳禁です。(即時削除)
・ただし、レスの流れの中でメールのやり取りをするのは全く問題ありません。
・ご夫婦、カップルの方に限り、交際BBSと組み合わせてご利用いただく場合は、全く問題ありませんのでドンドンご利用ください。
・なお、交際専用BBSにスレッドを作成できるのはご夫婦、カップルの方のみですのでご注意ください。
・お手数ですが、交際専用BBSと画像掲示板とを組み合わせてご利用いただく場合は、必ずその旨を明記してください。
 【例】「交際BBS(東・西)で募集している〇〇です」、または「募集板(東・西)の No.****** で募集している〇〇です」など。
・上記のような一文を入れていただきますと、管理人が間違ってスレッドを削除してしまうことが無くなります。
・万一、上記内容に違反するような投稿をされた場合は、妻と勃起した男達の各コーナーのご利用を制限させて頂きますでご注意ください。
・当サイトは安全で安心できる楽しい「大人のエロサイト」です。腹を立てるのではなく、楽しくチ●ポを勃ててくださいネ!