掲示板に戻る /戻る /全部 /1- /51- /101- /最新10 /▼ラスト

嫁が濡れる時

[1] スレッドオーナー: 4代目 :2021/09/12 (日) 12:26 ID:jClmFOmo No.181889
 現在、私47才 嫁39才の夫婦です。

少し古い話で申し訳ありませんが、嫁(真緒)との刺激的な日々の出来事を書いてみたいと思います。

嫁の真緒と知り合ったのは今から18年前の真緒が21才の時でした。

当時、29才の私は人口30万くらいの街で家業である店の4代目として仕事をしていた。
元々、家業を継ぐつもりはなかったのだが、他の兄弟がいち早く自分の仕事を見つけ独立していったので、私が必然的に店を継ぐことになった。

サラリーマンと違いある程度 時間的自由もあり、女性との付き合いもそれなりに謳歌していた。
中には人妻も何人かいて寝取る快感も覚えていたが、一方 恋人になりかけの女性から二股をかけられ、一時 女性不信に陥ることもあった。

しかし、その頃から好きな女が他の男にやられる本やビデオを好んで見るようになっていった。
特に今は廃刊になっている交際誌などを親に隠れて覗いては、どす黒い快感に浸っていた。

30才近くになると、さすがに将来のことも頭をよぎり、結婚について意識するようになった中で運良く真緒と出会った。
真緒とは あるサークル活動の中で出会った。
瞳が大きく一見 ロリ風な可愛い小顔とスレンダーな体型ながら服の上からでもわかる豊かな胸をしていて、いつも目で追っている私がいた。


 サークルの中でも一番目立つ女性だったので、かなり他の男にもモテていたが、逆に私は自分の欲望をあえて表に出さず、紳士的な男を演じていた。

真緒は当時、市民病院のナースで夜勤などの勤務のため毎回会う事は出来なかったが、
知り合って半年ぐらい経った頃のある打ち上げで、思い切って映画へ誘ったことが気っかけで付き合うようになった。

初めの頃は、当然 私のスケベな性格はひた隠し、大事にデートを重ねていった。
付き合っていく中で真緒はその日にあった出来事などを包み隠さず話してくれ、又、仕事柄 行動もテキパキしていた。
明るく少しは天然な一面もあったが、透明感のある美しさに益々好きになっていった。

しかし、私に結婚を決意させたのは、人柄以上に不純ながら服に隠れていた真緒のエキゾチックな身体が大きな要因だった。

初めて結ばれた時に見た真緒の全裸姿は感動すら覚えた。
処女ではなかったが、血管さえ浮き出て見える白い肌と敏感な身体。
私の愛撫に自然に反応し、喘ぎ声も大きかった。

当時、155p、41sの引き締まった身体とアンバランスなEカップの胸。
この女を離したくないという感情が初めて生まれていた。

 普段の清らかな容姿とセックスでの乱れる姿のギャップに、直ぐに私は虜になっていた。

ある時、公園の駐車場の隅に車を止めてイチャついている時、警察の職務質問を受けたことがあった。
警官は真緒を見て18才未満と疑い、身分証を提示するハメに!
デートを邪魔されたことより、真緒が若く見られた優越感の方が勝って特にイヤな気分になることはなかった。

当時、真緒の処女を奪った男のことを少しは気にしていたが、それよりも これからこの身体を自由に出来ることに満足していた。


[93] Re: 嫁が濡れる時  旅人 :2022/04/21 (木) 08:06 ID:AbSRSM3Q No.186350
 妻、真知子の彼氏は185センチ、90キロの元水泳のオリンピック選手でした。身体が大きいということはあれも桁外れてでかいでした。自称26センチ砲で太いところはコーラ缶ほどありました。真知子は160センチ、46キロの小柄な身体なので抱き付いている様は、大木に蝉が止まっている感じです。
 真知子と彼の熊さんと出会った夜から極太に虜にされてしまいました。呼び出しが来るとニコニコして新品の下着で出かけていきました。最初の夜は、前日の12時に会い、一夜を過ごし次の日の0時過ぎに戻ってきました。戻るとすぐにバスルームで肉体を洗い、
「疲れているけどパパは興奮しているのでしょ」
 と言って咥えてくれ、口の中に発射して、更にお腹の中に2発目を吐き出しました。真知子の素敵なことは、彼とどんなに激しく交わってきても私に尽くしてくれることでした。だから、「会うな」とは言えないままでした。
 毎週逢瀬を繰り返して2ケ月を経過したとき、二人に同行しました。食事を摂り、ホテルに入ると入り口のところで真知子を全裸にして咥えさせました。唖然と見ていましたがカメラで真剣に咥える真知子を撮影しました。20分経過後に口の中にミルクを注ぎ込みました。

 ベッドのところに行くと「浣腸」をしてバスルームで排泄させていました。1回排泄して2回の浣腸をすると膣とアナルに媚薬クリームを何度も塗りつけました。5分も経過すると、
「身体が熱い---射れてください。お願いします」
「真知子は俺の何なのか、パパの前で告白しなさい」
「真知子は、熊のつまです。
 真知子は、露出が好きです。
 真知子は、淫乱な女です。好きなだけ調教してください」

 真知子を熊さんの妻として調教され、X1の男の肉便器にされていました。


[94] Re: 嫁が濡れる時  4代目 :2022/04/22 (金) 16:12 ID:WPIVq7/E No.186359

 トモさん、太郎さん、遼太さん、ありがとうございます。
現在 仕事が忙しく少し時間がかかりますが、最後まで書きたいと思いますので待っててください。

旅人さん、凄い体験されているのですね!
嫁とゴリラ男との関係は この後書いていきますので、ここでは省略させていただきます。
これからもよろしくお願いします。


[95] Re: 嫁が濡れる時  ryoma :2022/04/22 (金) 17:17 ID:dL4OnQOc No.186360
4代目さま

一気読みさせていただきました。
そして愚息を握りながら楽しませていただきました。
途中、筆を置かれたのですね。

お帰りいただきありがとうございます。
どなたかが記しているように、事実は小説よりも奇なり、です。
なので、人生は楽しい…。

奥さまと濡れる時、末永い投稿をお待ちしております。


[96] Re: 嫁が濡れる時  太郎 :2022/05/16 (月) 06:59 ID:LvMdLVxE No.186728
待ってます

[97] Re: 嫁が濡れる時  4代目さん奥様ファン :2022/05/16 (月) 10:42 ID:pUNY3NvM No.186734
これほど勃起する内容はないです。
是非続きお待ちしてます。
奥様のM性とされたことを素直に
報告されるところに


[98] Re: 嫁が濡れる時  親父 :2022/05/16 (月) 13:23 ID:jIbx8S1c No.186735
4代目さん、一読しました。奥さんの事をすごく愛していらっしゃるですね。
男にとって妻が他の男に抱かれるなんて、結婚前後を問わず、興味もありますし
いい意味で刺激になります。

私も妻の結婚前の事、何人とから誰と誰、何処で何歳の時と問いました。何故と問う妻
まさか私が親しくしていた同級生に妻が処女を、結婚式にも招待した男なのに、既に妻は
遊ばれていたんです。正直に話してくれた妻なのにショックでした。

結婚後はもうないと思っていたのが、子供の少年野球の監督に子供可愛さに応じていたんです
あの子のお母さんも何人かの名前をあげて子供がレギュラーになるには当然のように語ったのです。
息子が高校生になった時、妻に告げられ、監督コーチに母親が体の提供するんです。

妻を責めるよりもどうだったと問うと、お父さんより若いので元気だったよ、二度も射精されたわと話す妻、女でした。


[99] Re: 嫁が濡れる時  ひで :2022/05/19 (木) 07:41 ID:arUP5VGI No.186755
親父さんの記述、興奮しました。
奥様も監督コーチからの責めに快楽を貪っておられたかもですね。


[100] Re: 嫁が濡れる時  4代目 :2022/05/22 (日) 12:29 ID:WPIVq7/E No.186773

 ryomaさん、太郎さん、4代目奥様ファンさん、親父さん、ひでさん、レスありがとうございました。

なかなか先に進めず 申し訳ありません。忙しい日常生活でエロい気分に戻れない日が続いて・・
焦っても仕方ないので、のんびり書かせて頂きます。

親父さんも似たような体験されていたのですね。
スレを作って、改めて詳しく書かれては? 大変ですけど・・(笑)


[101] Re: 嫁が濡れる時  4代目 :2022/05/22 (日) 16:20 ID:WPIVq7/E No.186776

 静かに部屋の中へ入ると、すぐ私は隣の部屋との壁に耳を押し当ててみた。

何か物音はしているのだが、会話らしき声は漏れてこない。
頭の片隅では、男はもう50近くだし、嫁が語った程 強くないかも知れない。ひょっとしたら嫁の方がタフかもと漠然と考えていた。

まだ入室してから間もないので私は一旦壁から離れ、なぜか急いでシャワーを浴び 気持ちを落ち着かせた。
シャワーを終え、バスローブ一枚の姿で再び壁に耳を当てた。自分の鼓動が聞こえるぐらいの緊張と興奮の中 隣の様子を伺った。

やがて ”お砂糖は? ”という女の声が僅かに聞こえた。
嫁の声なのか、今ひとつ確信出来なかったが、それでも確かに嫁とあの男が隣にいる状況に私のペニスは既にバスローブを持ち上げていた。

コーヒーを飲むということは もう少し時間がかかるなと思い、私は壁から離れべッドの上に横になった。
しかし、ものの数分もしない内 我慢し切れず、壁とべッドの往復を繰り返す私。


 やがて僅かに男の野太い声が聞こえた。
慌てて壁に耳を押し当てると、二人がべッドの近くに来たことが覗えた。
しかし、やはり会話は聞きずらく内容まではわからなかった。

唯一 聞き取れたのは、男の ”いい女に なったな! 真緒ちゃん! ”という言葉だった。
やっぱり 嫁だ!
私は耳が痺れる程 耳を壁に押し当て、隣の音に集中した。
そして、とうとう嫁の声を聞いた。

「 や、やさしく してください! 」

「 何 言ってる!   前の時も 縛られて 感じたくせに・・ 」

「 あっ!  ィャ、  ハァ〜 」

断続的に嫁の吐息に似た喘ぎ声が聞こえてくる。それに続いて衣服の擦れる音が僅かに聞こえた。

” 前の時も 縛られた! ”

初めて聞く嫁の過去の色事に私のペニスは完全に勃起し、堪らず手で擦り始めていた。

何をされているのか わからないが、嫁の吐息は徐々に大きくなってくる。

「 ハァ〜  ハァ〜  あ〜〜ん 」

そんな吐息に混じって 舐められているのか ”クチャ、クチャ ”と卑猥な音も。

嫁が息を吸い込む時にも ”ヒャ! ”という喘ぎ声になっているのに気がついた。
私とのセックス時の甘い喘ぎ声ではなく、何か切羽詰まったような 私との経験では一度もなかった
喘ぎ声だった。

「 あ〜〜ん、 シャワーを・・ 」

「 ダメだ! いい女の匂いだ!  コレ、コレ! 」

「 もう イヤだぁ〜〜  匂わないで〜〜 」

男の口調は徐々に S の言葉遣いに変わってきている。それに反応するかのように嫁の喋り方は弱々しく聞こえる。
断片的にしか聞こえなかったが、男に舐められながら服を脱がされている様子だった。

「 おやおや・・  こんなエロチックな下着を着けて・・・  期待してたのか? 」

「 ハァ〜 ・・・・・・・  で、電話で   あんなこと させるから・・ 」

「 それにしては 何回も 逝ってたじゃないか! 」

「 ・・・・・・ いじわる! 」

「 旦那は 出張だったな!  時間はたっぷりあるから・・ 楽しみだ! 」

「 ・・・・・ ああ〜〜〜  もう〜〜〜 」

「 子供二人産んだ割には・・ いい形してるな! この おっぱい! 」

「 うっ、  そんなに強く・・・ 」

「 好きなくせに・・  なんだ!  パイパンか!  旦那の趣味か? もうベトベトじゃないか! 」

壁一枚を隔てて嫁と他の男が絡んでいる状況に私は既に射精しそうな程高まっていた。
声が大きくなったせいか 会話もクリアに聞こえてくるようになり、いつでも出せるようホテル備え付けのスキンを被せ耳を当てていた。


 近所でも可愛い奥さんと評判の嫁が、他の男 ましてやゴリラのような大男に抱かれている現実に私のペニスは触れば発射してしまう程 ギンギンになっていた。

後に嫁の報告によると、1時間ぐらい身体中を吸われ、舐められていたと言っていた。
その間に7、8回 逝かされフラフラになってしまったとも。

ジュル、ジュルというアソコを舐める音と共に明らかにオーガズムに達してる嫁の悲鳴が私の耳に入ると堪らず私は震えながら放出していた。

「 そんなに されたら・・ イヤ〜〜  もう〜〜  あっ!あっ!  また〜〜 ヒィー 」

と同時にべッドの軋む音や嫁のすすり泣く声も聞こえてきた。
それは延々と続き、隣に静けさが戻ったのは入室してから1時間半以上経ってからであった。

しかし、この時点でも未だ挿入はされていなかった。


[102] Re: 嫁が濡れる時  太郎 :2022/05/22 (日) 19:42 ID:dSWUXFC. No.186783
待ってました  ありがとうございます。
続きが気になって硬くなってます
またボチボチとお願いします


[103] Re: 嫁が濡れる時  光喜 :2022/05/31 (火) 11:37 ID:irbDbrnI No.186866
続きを期待してます。

[104] Re: 嫁が濡れる時  4代目 :2022/06/21 (火) 14:12 ID:tirL1b.M No.187167

 太郎さん、光喜さん、ありがとうございます。

なかなか更新出来ず 申し訳ありません。
文才がないもので表現の仕方に苦労しています。
これからも長い目でよろしくお願いします。


[105] Re: 嫁が濡れる時  4代目 :2022/06/21 (火) 17:07 ID:tirL1b.M No.187181

 前戯で散々逝かされた後、 しばらくしてから嫁がどうもフェラを始めたようだった。

「 なんか・・  前より  黒くなってる!  い、いやらしい・・」

その言葉に続いて ブチュ、ブチュと完全にペニスを吸い込む音が聞こえてきた。
あの嫁の長い舌が男のペニスに絡み付くのを想像しながら ゆっくり自分のペニスを擦っていた。

「 どうだ?  7年振りの チンポは・・ 」

「 チュ、チュ・・・ す、凄い!  まだ 大きくなってる〜 」

「 相変わらず 舌使いが いやらしいな〜〜 玉も 忘れるなよ! 」

どんな格好で男のペニスをしゃぶっているのか、見てみたい願望が生まれてきたが、この時は妄想するしかなかった。

嫁は しゃぶっている間も ハァ〜、ハァ〜と苦しいのか 荒い息遣いも聞こえ、その吐息だけでビンビンになった私のペニス。

やがて 長く続いた しゃぶる音も消え、べッドの軋む音がした。
私は その時を聞き逃さないように更に壁に耳を押し当てていた。

「おやおや  しゃぶって ドロドロじゃないか! これなら心配いらないな! 上に乗れよ! 」

そんな 落ち着いた男の声が聞こえ、騎乗位で挿入しようとしてるのがわかった。
やがて嫁の悲鳴が・・

「 あっ、あっ、 お、大き過ぎる〜〜  きついよ〜〜 」

「 頭だけ入れば・・ 大丈夫だ!  もっと腰を落とせ! 」

「 あああ〜〜  いやぁ〜〜  裂けちゃう〜〜〜 」

「 ほら、 もう少しだ! 自分で マンコ広げろ! 」

「 ぎゃああああああああ〜〜  ヒィ〜〜 い、いっぱいよ〜〜 ウウウ〜〜 」

「 なんだ! まだ半分も 入っていないぞ! 」

「 あああぁぁぁ〜  そ、そのまま・・ お願い〜〜 」

「 何言ってる! 腰が勝手に動いているじゃないか! 好きだな〜〜 」

すぐに私の耳に 嫁の噛み殺したような啜り泣きの声が聞こえ、それが段々と大きくなっていく。
私とのセックスでの甘い喘ぎ声とは全く質の異なる嫁の絶叫に近い声に、私は全身鳥肌が立つくらい興奮し足元が震えていた。

慌てて2個目のスキンを装着し、少しでも聞き逃さないように隣の音に集中していたが、
その頃には 耳を壁から離しても嫁のうめき声が私の耳に届くようになっていた。

それから2時間以上 とても文章に表現出来ない嫁の狂った淫声を聞かされた。
訳の分からない事を叫び、初めて聞く動物のようなうめき声や泣き叫ぶ声、男に
”もう出して〜〜 お願いぃぃ〜〜〜”と何度も訴えていた。

私は いつ自分が出したのか わからない程、ザーメンの溜まったスキンを見て呆然としていた。
一方で、興奮と同時に あれ程嫁を感じさせる男に敗北感に似た感情に囚われていた。


 やっと隣が静かになったのは 夕方5時を回っていた。

私はレンタカーの返却時間の6時を思い出し 重い気持ちで後片付けを始め、そして精算を済ませ部屋を後にしようとしていた。

そこに 嫁のあの うめき声が再び聞こえてきた。

” えっ、  また 始めたのか・・ ”

残りたい気持ちを押し殺して部屋を出るしかなかった。
漏れる嫁の啜り泣きを聞きながら、後ろ髪を引かれる思いでホテルを後にした。


 未だ嫁の喘ぎ声が耳に残ってる状態でレンタカーを返却し、店に戻り財務整理をして家に戻った。

既に時計は7時半を過ぎていたが、嫁が遅くなることは想定できたので、コンビニで夕食を買い食べていた。しかし半分も食べ残した。
もしかしたら まだヤッているのか! 再びあのホテルへ行きたい気持ちを抑えて家に中をウロウロする私。
興奮とは別にイライラする精神状態の中、嫁から連絡のメールが来たのは夜の9時を回っていた。

 ”パパ、 運転出来そうにない! 公園駐車場に迎えに来て!”

私は慌ててタクシーを呼び、待ち合わせ場所だった運動公園へ急いだ。

嫁の赤い車は 昼過ぎ止まった場所にポツンと1台あった。
手前でタクシーを降り嫁の車に近づいて行き、中の様子を伺った。暗い街灯でよく見えなかったが、助手席の方のシートを倒して寝てるような感じだった。

窓をコンコンと叩くと、虚ろな目で私を確認しロックを外した。
室内灯が付き車内へ入りながら嫁を見ると、化粧は落ち 昼間写メで見た綺麗な髪がボサボサの状態であったが、その横顔は今まで見たこともないような妖しい色気を醸し出していた。

しっとりとした肌に私を遠慮がちに見る虚ろな濡れた瞳。

ドキっとする程 綺麗だった。


 帰りの車の中では互いに言葉が出ず、嫁は再び目を瞑っていた。
家の中へ入り嫁を抱こうとしたが、

「 パパ、 今日は  もう 無理!  ゴメンね! 」

と言って、フラフラしながら寝室へ。

タイミングを外された私は、只 呆然とその場に立ち尽くしていたが、寝室を伺うと既に嫁は眠り込んでいた。
嫁の報告を楽しみにしていたが、ある程度 隣の部屋で盗み聞きしていたこともあり、また2回も出していたので
その夜は何とも言いようのない不思議な空気の中で嫁を見つめ、何故か無事帰ってきたことに安堵感さえ感じていた。


[106] Re: 嫁が濡れる時  こうた :2022/06/21 (火) 23:13 ID:ypVks5Us No.187187
復活されてたのですね。
文を読んでると、勃ってきます。迎えに行ったときの奥様の濡れた瞳。
これで勃ちます


[107] Re: 嫁が濡れる時  :2022/06/22 (水) 09:01 ID:JVdsA86Y No.187189
この日は上書きさせてもらえずほっとかれてしまったんですね。
昼間2回抜いてなかったら頭がおかしくなってしまったことでしょう。



掲示板に戻る /戻る /全部読む /前10 /最新10 /削除依頼 /▲トップ
処理 記事No パスワード


お名前 *必須 *トリップ可
E-Mail
タイトル
コメント
パスワード (投稿文の削除や修正時に使用します。英数字で8文字以内)
文字色
  

・投稿前に、必ずTOPページの「初めに読んでね」をご覧いただき、全ての内容をご了承の上で投稿してください。
・氏名、住所、電話番号、勤務先等プライバシーが侵害されるような内容を含む記事等の投稿は厳禁です。(即時削除)
・日本の法律に違反するような投稿は厳禁です。(即時削除)
・他人を誹謗中傷する投稿は厳禁です。(即時削除)
・誹謗中傷には大人の良識に反するような「汚い言葉」等も当然含まれます。
・規約違反や違法な投稿を発見した場合に、レス投稿で攻撃することは厳禁です。(即時削除)
・規約違反や違法な投稿を発見した場合は、管理人宛に削除依頼等でご連絡ください。
・この掲示板は体験談や小説、エロエロ話等を楽しんでいただくための掲示板ですので、募集を目的とした投稿は厳禁です。(即時削除)
・投稿文冒頭から「メールをください」等の記載がある等、明らかに募集目的のみと思われる投稿も厳禁です。(即時削除)
・ただし、レスの流れの中でメールのやり取りをするのは全く問題ありません。
・ご夫婦、カップルの方に限り、交際BBSと組み合わせてご利用いただく場合は、全く問題ありませんのでドンドンご利用ください。
・なお、交際専用BBSにスレッドを作成できるのはご夫婦、カップルの方のみですのでご注意ください。
・お手数ですが、交際専用BBSと画像掲示板とを組み合わせてご利用いただく場合は、必ずその旨を明記してください。
 【例】「交際BBS(東・西)で募集している〇〇です」、または「募集板(東・西)の No.****** で募集している〇〇です」など。
・上記のような一文を入れていただきますと、管理人が間違ってスレッドを削除してしまうことが無くなります。
・万一、上記内容に違反するような投稿をされた場合は、妻と勃起した男達の各コーナーのご利用を制限させて頂きますでご注意ください。
・当サイトは安全で安心できる楽しい「大人のエロサイト」です。腹を立てるのではなく、楽しくチ●ポを勃ててくださいネ!